5352494 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

狂人ブログ ~旅立ち~

PR

サイド自由欄

bn_120x120.jpg



 全人類待望のDVD

 『マイマイ新子と
 千年の魔法』


 

 絶賛

 発売中!

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

プロフィール


100SHIKI

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

 100SHIKI@ Re:おねがい(03/22)  ふじき78さん、いつもありがとうござ…
 ふじき78@ おねがい 最初のシェリル・ノームのライブ映像を佐…
 100SHIKI@ Re:TB、ありがとうございました。(03/14)  sakuraiさん、返答が遅れて大変申し訳ご…
 sakurai@ TB、ありがとうございました。 だいぶ、落ち着いてまいりました。 気持…

ニューストピックス

February 17, 2011
XML
wallstreet2.jpg
 1987年公開、実際の金融界にも影響を与えた大ヒット映画「ウォ-ル街」の続編。


 本作に限った話しではないが、どうもこの手の「一部の頭のいい人向け」の映画は、高卒低所得の小生には荷が重い。
 例えば、楽天からもやたらと勧誘のメールが来るFXなどは、どうやって利益が出しているのか、そもそもどういう仕組みなのかも、正直よく分かっていない。
 以前、実兄にそんな話しをしてみたところ「あれは、要するにレンタカーみたいなもんだよ。定価数百万の車を運転する権利を、一回何千円で買ってるのと、だいたい同じだ」との答えが返ってきた。
 なるほど、やっぱりさっぱり分からん。
 有望な企業に資金を貸して、その配当を得るのはまだしも、外貨の上がり下がりに金をかけて、一体なんの生産性があるのか。それとも、小生の与り知らない、世のため人のためになるシステムが成り立っているのだろうか。
 どうにもごく一部の人が儲けるため、下々の者達を躍らせるように仕組まれている観が否めない。そう思うのは、果たして小生だけか?

 その辺の事情に詳しい方、どうかご教授願います。


 まあ、そんな与太話はさておき。
 上記したように専門的な用語の多くは、ほとんどSFの世界と同義でさっぱりんこ星人(去年滅亡)だが、それを踏まえた上でも、なかなか面白く鑑賞できた。
 世界経済の中枢・ウォール街を、明晰な頭脳と崇高な志で渡り歩いて行く若き証券マン・シャイア・ラブーフ演じるジェイコブの好演もさることながら、脇を固める役者陣の、個性豊かすぎるキャラクターもまた素晴らしい。
 中でも特に小生が注目したいのは、ジェイコブの敵役ともいえるジョシュ・ブローリン演じるブレトンの、顔の濃さもとい人道より利益を優先する守銭奴っぷりと、悪玉のボス然とした風格。あの人がかつて「グーニーズ」マイキーのお兄さんを演じてた人だと思うと、月日の流れの恐ろしさを感じずにはいられない。

 二転三転するスピーディーなストーリー展開に加え、マイケル・ダグラス演じるゲッコーの、油断ならない危うさを感じさせる、しかし人を惹きつけずにはいられないオーラと、最重要プレイヤーにして狂言回しという離れ業も利いて、常に気の抜けない絶妙なバランスを保ったまま、ラストまで進んでいく点は、さすがベテラン・オリバー・ストーン監督といったところか。

 ただそれだけに、まったく個人的な事を言えば、ゲッコーには最後まで、ウォール街を陰から手玉に取るダークヒーローであってほしかった気もする。
 ネタバレ覚悟で書くと、オリバー監督は「過剰な資本主義による倫理観の崩壊を嫌悪している」そうであり、前作、本作はともに、そういった人達に対するアンチテーゼ的な意味合いが多分に含まれているように見受けられる。
 ために、本作でもゲッコーをああいう形で「真っ当な人間」に戻したかった監督の意向は分からなくはないが、もしそうであるならば、できればジェイコブに何らかの方法で徹底的に追い詰められる、あるいは完膚なきまでに叩き潰された後、本編のように「実はアンタと取引がしたい云々」としていただきたかった。
 例によって素人考えなのは重々承知しているが、人間の性根はそう簡単には直らない事も、よく存じているつもりなので、どうしても料簡できなかった。
 まあ、決して悪い終わり方ではないし、これはこれでいいのかもしれないが。


 しかし、全員が全員そうとは言わないが、自分の生涯収入以上の金を、日常的に右へ左へとしていたら、金銭感覚がおかしくならない方が難しいに違いあるまい。
 昔、「今日日のお偉い議員の先生方は、スーパーの大根が一本いくらか、電車の初乗り運賃がいくらかも分かっていない。そんな事で、経済の立て直しなどできるものか。庶民の目線に立てない政治家なんぞ、全員電流爆破じゃ!!」と吼えていた元(?)プロレスラーがいたが、電流爆破はともかく、言ってる事は至極もっともである。
 「お金より、大事なものがあるだろ」なんて世迷言を吐くつもりはないし、ましてそんなセリフを恥ずかしげもなくほざく輩は大嫌いだが(「じゃあテメェは、一人で山にでも篭って自給自足してやがれボケ。言っとくけど、最近じゃ山に入るのにも金取られるし、勝手に木の実とか野草とか取っても金取られるからな。結局、金がなけりゃ何にもできねぇように世の中できてんだバーカ」と吐き捨てたくなる)、この機会に今一度、銭金の価値を見つめなおすのいいかもしれない。

 
 ところで毎度毎度の事ながら、いいかげんCMで思いっきりネタバレするの、止めていただきませんか?「彼は全てを与え、全てを奪っていった」って、そのコピーだけで物語の7割ぐらいバレてるんですが。


 そんなわけで、小生の、この映画に対する評価は…、


 ☆☆☆★★+

 星3つプラス!!



【送料無料】ウォール街【Blu-rayDisc Video】


【送料無料】アレキサンダー【Blu-rayDisc Video】


Bungee Price Blu-ray 洋画トランスフォーマー / リベンジ 【BLU-RAY DISC】


Bungee Price Blu-ray 洋画ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション 【BLU-RAY DISC】


グーニーズ 【BLU-RAY DISC】


【送料無料】知識ゼロからの外貨〈FX〉投資入門


 よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






最終更新日  February 17, 2011 09:21:40 PM
[映画レビュー(☆☆☆★★)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.