5324460 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

狂人ブログ ~旅立ち~

PR

サイド自由欄

bn_120x120.jpg



 全人類待望のDVD

 『マイマイ新子と
 千年の魔法』


 

 絶賛

 発売中!

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

プロフィール


100SHIKI

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

 100SHIKI@ Re:おねがい(03/22)  ふじき78さん、いつもありがとうござ…
 ふじき78@ おねがい 最初のシェリル・ノームのライブ映像を佐…
 100SHIKI@ Re:TB、ありがとうございました。(03/14)  sakuraiさん、返答が遅れて大変申し訳ご…
 sakurai@ TB、ありがとうございました。 だいぶ、落ち着いてまいりました。 気持…

ニューストピックス

April 8, 2011
XML
カテゴリ:マイマイ新子
269335787.jpg

 午後の部スタート。新子ちゃんの家を目指し、今来た国衙の史跡手前の十字路まで、移動開始。

269339513.jpg

 さっきは南に向かった道を、今度は東に向かって進む。

269340309.jpg 269341234.jpg

 途中、貴伊子ちゃんが思わず「う~、苦っ…」ともらしたイタドリと、「マイマイ新子」国衙の象徴・青麦を発見。しきりにカメラのシャッターを切る人が、多数見受けられた。

 そこに暮らしている人にとっては、何でもない風景に違いないものが、まるで宝物のように写る。特別な場所じゃなくても、実はどこにでもある、ありふれた草花や景色の中に、四季折々の美しさ、その土地ならではの色彩が秘められている。
 そんな事に気づかせてくれるのも、本作の、あるいは「千年の魔法」の魅力なのかもしれない。


 まあ、ムダ話はさておき。

269342411.jpg
祠.jpg
 
 冒頭のワンカット、「え~ん!お姉ちゃんのバカタレ~」の前にチラッと登場する祠。しかしこの辺りは、やけに祠が多いな。やっぱり佐波神社天満宮が近いからか?

269345002.jpg
丁字路.jpg
丁字路2.jpg

 千年前からある丁字路。
 余談だが、吉村さんが乗っている通称「バタバタ」。うちの父方の祖父が生前、自分は本田技研工業より先にアレを発明していたと豪語していたが、だったら何故本田宗一郎より先に特許を取っておかなかったのか。
 もしかしたら今頃、うちの名字を冠した車が世界中の道路を走り回り、小生はそこの御曹司として悠々自適の生活を送っていたかもしれんが、なにせ小生の父が生まれる前の話し。
 真実を知る張本人と祖母はすでに他界し、他の一族の者は誰も信じていないので、…まあ、それ以前に多分ウソなので、問題あるまい(エ)。

 だいたい、もしそうなっていたらと考えるだけで、寒気がするわ(笑)。


 閑話休題。

 で、いよいよ新子ちゃん家に到着、…かと思いきや。

269346815.jpg

 新子ちゃん家は、今も一般の方が住んでらっしゃるためか(ちなみにその方を、小生は存じ上げていたりする。いつもお世話になっております)、具体的な場所までは教えてくれなかった。ちぇっ。
 写真の場所から、半径数m内という事なので、「メイキングオブマイマイ新子と千年の魔法」に収録されている設定資料と照らし合わせてみれば、だいたいの位置が割り出せるとは思うが、住民の方の迷惑になるので、ムリに探さないように(笑)。


 探検隊もそろそろ後半に差し掛かったところで、次の場所へ移動。

269350505.jpg
家出.jpg

 家出した新子ちゃんが、タツヨシの家まで走るシーンで、やはりワンカットだけ登場する祠(左側の、黒い小さな小屋みたいなヤツね)。

 そういや小生も子供の頃は、よく家出したなぁ(エ)。自転車漕いで、ものすごい遠くまで走ったつもりだったのに、今考えると家から車で30分ぐらいのところで野宿しようとして補導されたもんだ。
 最近の子供達は、家出とかした事ないのかな?盗んだバイクで走り出したりとか(ダメです)。


 …今回は余談が多いな。ともかく、再び南に向かって移動する一行。

269358809.jpg

 埋め立てられた海についての説明…している写真を撮ったはずなのに、なぜかどこにも残っていない罠!おかしい。ツイートもされてないし、どこに行ったやら…。

 さておき、畑を突っ切り、勝間神社へと向かう。思えば久しぶりに、こういう土の上を歩いたよ。
(注:ちゃんと承諾は得てます。多分)

269359840.jpg
 
 かつて旧山陽本線が通っていた場所。砕石は、その名残り。そしてその脇には…、

269361295.jpg
勝間神社.jpg

 ザッブーンザッブーン、の勝間神社に到着。「その2」で書いたとおり、ここの御神体は、佐波神社に移されたそうな。本編にも描かれている石碑に、なにやら説明文らしき事が書いてあったけど、漢文のうえに旧字体のため、さっぱり読めなかった…。

269361858.jpg

 敷石の間から生えたイタドリを引っこ抜き、ムシャコロ食べだす参加者の皆さん。中には草笛をピーピー吹く方もいらっしゃり、こういう遊びはいつの世も普遍なんだな~としみじみ。

269365134.jpg

 次の目的地へ向かう道の途中、船所橋なる橋を発見。名前のとおり、昔はこの辺に船を停めていたそうな。かつてここが海だった事の、証のような橋なわけだ。

269368783.jpg

 かつて貨物用線路が敷かれていたという道。今はすっかり舗装されて、面影なし。


 と、ここでアクシデント発生。ツイッターアプリをつけっ放しにしていたせいか、ケータイの電池残量が、10%を切る。
 すぐさま、非常用に持ってきた充電キットに繋ぎ、事なきを得たが、途中の「お旅所跡」の写真が、一枚も撮れず。
 そういえば、前回もここの写真は全く撮れなかった気がする。何か、道真公の逆鱗に触れるようなことしたかな、小生。


 そこからテクテクと歩き続ける事、数分。ようやく電池が回復してきたところで、タイミングよく次の目的地に到着。

269378332.jpg

 毛利家船倉跡毛利家当主が参勤の際は、萩から陸路でここまで来て、御座船で瀬戸内海に漕ぎ出したという。
 パネルを持っているお姉さんが、結構フラフラなのはご愛嬌。

 ちなみにこの後ろ側は公園になっており、この時も親子連れやお子達が数人、キャッキャと遊んでいた。そのうちの一人が、フェンス脇に生えた草を目ざとく見つけ、「これ、食べられる草じゃ~」と言いつつ、ムシャムシャ食べだしたときは、正直ちょっと驚いた(笑)。
 イタドリかどうかは確認しなかったが、今の子供も食べるんだ…、草。


269381030.jpg

 入り組んだ住宅街を抜け、次に我々が向かった先は、

269383534.jpg
港開地.jpg
 
 新子ちゃんタツヨシが、明日の敵討ちにやって来た港開地の入り口。今はまったく普通の住宅地で、酒飲んで暴れる常連客も、ハーモニカ吹いてる傷痍軍人も、当然ハリキリ娘も見当たらない様子(当たり前)。

269384768.jpg

 位置的に言うと、タツヨシの家はここより北側(つまり、写真から見て真正面)にあるので、二人は外のあぜ道を、大回りしてやってきた事になる。
 ちなみに、ここに出てくる外人達はアメリカ軍ではなく、スウェーデンかどこかの軍隊らしい。(詳しい国名は忘れちゃったなぁ。どなたか、ご教授願います)。

 
 さて。そろそろ参加者の疲れもピークに達しようかという頃、ようやく最終目的地が見えてくる。

踏み切り.jpg

 旧カネボウ前にして、新子ちゃん貴伊子ちゃんに初めて声をかけた踏み切りがあった場所…なんだけど、ここもなぜか写真が消失してしまったので、本編の絵だけで勘弁。

269387069.jpg

 ついに、旧カネボウ内へと足を踏み入れる探検隊一行。目指すは、最終目的地「貴伊子ちゃんの家」
 しかしそこで、我々は衝撃の事実を知る事となるっ!!


 …つーかコレ、前も書いたな(笑)。とりあえず、今回はこの辺で。






最終更新日  April 8, 2011 09:46:22 PM
[マイマイ新子] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.