5321701 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

狂人ブログ ~旅立ち~

PR

サイド自由欄

bn_120x120.jpg



 全人類待望のDVD

 『マイマイ新子と
 千年の魔法』


 

 絶賛

 発売中!

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

プロフィール


100SHIKI

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

 100SHIKI@ Re:おねがい(03/22)  ふじき78さん、いつもありがとうござ…
 ふじき78@ おねがい 最初のシェリル・ノームのライブ映像を佐…
 100SHIKI@ Re:TB、ありがとうございました。(03/14)  sakuraiさん、返答が遅れて大変申し訳ご…
 sakurai@ TB、ありがとうございました。 だいぶ、落ち着いてまいりました。 気持…

ニューストピックス

全4件 (4件中 1-4件目)

1

映画レビュー(☆★★★★)

March 31, 2011
XML
ランウェイ☆ビート.jpg
 原田マハ「maha」名義)原作のケータイ小説を、「NANA」「ジーン・ワルツ」大谷健太郎監督、「仮面ライダーキバ」瀬戸康史主演で映画化。

 
 ケータイ小説が原作という時点で、相当に強い地雷臭が漂ってはいたものの、ヒロイン役に今一押しの若手女優・桜庭ななみ、しかも、彼女も出演した去年のマイベスト映画「書道ガールズ」と同じFUNKY MONKEY BABYSが主題歌を担当と、気になる要素も多数。
 「気になったら、とりあえず観とく」のセオリーに従い、意を決して覚悟9:期待1で劇場へと臨んだ本作であるが、いやはや、まさかこれほどとは…。

 結論から書こう。

 まったくダメ。まるで話にならん。

 今日日そこいらの学生が趣味で作った同人アニメの方がまだマシなんじゃないかってくらい、ただただ観るのが苦痛なだけの映画。
 これで人から金を取ろうなど、全商業作品に対する冒涜に等しい。久々に心の底から「金と時間返せボケナス」と思ってしまった。


 まず第一に、ストーリーが絶望的につまらない。
 ファッションデザイン、謎の転校生、突然決まる廃校、親子の確執、病気の幼なじみ、さんま師匠の娘の微妙なDJ等、若者が好きそうなギミックに、御涙頂戴的な要素を適当にブッ込み、それなりに見栄えよくつなぎ合わせただけの内容で、ところどころに歪さが目立つ。
 加えて一つ一つの掘り下げも薄っぺらく、雑なために、観ていて白けるか、あるいは眠くなるばかりの出来で、その具合たるや、不眠症治療に覿面の効果を発揮しそうなほど。
 だいたいにして、「信じれば、自分を変えられる」というのが本作のテーマだそうだが、上記したほとんどが、そこに対してまったく機能的に働きかけていないのはいかがなものか。
 言い換えれば、本作に登場する要素の半分、否、8割強は蛇足と言っていい。それでいながら、必要なポイントは片っ端から外しまくるというミラクルな構図。作家としてのセンスを、強く疑う。

 次に、キャラクターポジショニングの拙さ。
 クラス全員が一丸となって、という割に、まともに動いていたのはメインを含む6、7人程度。他の連中は、言われるまま流されるまま、アッチになぁなぁコッチになぁなぁで、まるで個人意思なんてものが感じられない。あれなら、案山子かゴム人形でも代用できる。
 また、その6、7人に関しても、やはり大雑把なドラマツルギーと残念すぎる脚本のせいか、まるで魅力を感じられず。
 「プリキュアオールスターズDX3」でさえ、1時間半弱の枠内で21人全員の掘り下げに成功しているのに、なぜ2時間以上も使って、たかだかあれぐらいの人数もまともに動かせないのか。
 特に小生が首を傾げるのは、田中圭演じる、元引きこもりで留年生のいじめられっ子ワンダと、彼を取り巻く環境。
 冒頭、瀬戸くん演じる美糸「ビート」と読む。なんつーDQNネームだ…)に「彼をクラス一かっこよくする」と宣言され、スカート穿かされたり、ボサボサの髪を切られたりした結果、正直、まったくカッコよくならなかったのは、まあヨシとしても、突然クラスの人気者になったと思ったら、今まで軽蔑されていたクラスメイトのモデルの子と、CADを使って急接近とは、いくらなんでも突飛で虫が過ぎる。
 普通、今まで馬鹿にしてたヤツが突然人気者になったら、いじめてた側は面白くないはずだし、ましてクラスのマドンナに近づこうものなら、親衛隊気取りのあいつらは「てめぇ、なに俺のミキティにちょっかい出してんだコラァ!!」となるはず。
 そういう部分をすっ飛ばし、いきなりみんな仲良しこよしでは、リアリティもヘッタクレもあったもんじゃない。
 原作では、普通に同級生だったらしいが、なぜわざわざ留年生に設定したのかも、まったく謎。ナンセンス。ナーーーンセンス!


 本作の一番の見せ場にして、クライマックスであるファッションショーのシーンも、最悪のタイミングで別カットが入る要領の悪さで、すべてぶち壊し。せめてあれぐらい、すべてぶっ通しで撮ればよいものを、演出のヘボさがキラリと鈍く光る。
 これで後々、このシーンだけを3Dにしたバージョンを公開しようなどと、どれだけ恥知らずなのか。
 
 若者らしい抗いの果ての清清しさも、汚い大人に一矢報いて溜飲を下げるカタルシスもなく、そもそも「才能あふれるビート君のデザインした服」の完成物がすごく微妙と、ダメなところを挙げ続ければ、枚挙に暇がない。
 ぶっちゃけ、よくこんな内容で本が出せたな、と思うし、よくこんな脚本で映画を撮ったな、とも思うし、同時によくこんな映画を世に出す気になったな、とも思う。ラッシュの時点で、誰か気がつかなかったのか?
「ヤヴァイ。この映画、超つまんねぇ」と。

 強いて本作の良かった点を挙げるなら、委員長がメガネを外すところだけ。せっかくの桜庭ななみの才能を、完全に殺したまま撮り尽くすとは、ある意味逆に贅沢な使い方だ。

 無礼を承知で書く。監督が悪いのか、脚本が悪いのか、はたまた原作が悪いのかは存じ上げないが、本作の制作者には、映画を撮る技能とセンスをまるで感じない。はっきり言って弩ヘタ。
 ちょっとでも本作を観ようと考えているそこの諸兄姉。悪い事は言いません。止めときなさい。大切な時間とお金を、ドブに捨てるようなモンです。
 これを観るぐらいなら「プリキュア」「ラプンツェル」を観に行きなさい。あっちの方が1000倍面白い。
 もし、どうしても観ないのならば、DVDの旧作半額デーまで待ちましょう。それでも貴方は、きっとこう言うに違いない。

「金と時間返せ、ボケナス」

 
 そんなわけで、小生の、この映画に対する評価は…、

 ☆★★★★

 見せしめも兼ねて、今回は厳しく行きます。問答無用で星1つ!!



【送料無料】ランウェイ☆ビート


【送料無料】映画『ランウェイ☆ビート』オリジナル・サウンドトラック


ランウェイ・ビート (宝島社文庫) (文庫) / 原田マハ/著


【送料無料】劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王【Blu-rayDisc Video】


【送料無料】書道ガールズ!!わたしたちの甲子園【Blu-ray Disc Video】


 よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村






最終更新日  March 31, 2011 09:07:09 PM
February 21, 2011
パラノーマル2.jpg
 低予算制作で話題となった新感覚ホラーの続編。

 
 …とはいったものの、基本的にやってる事は前作とほとんど変わらず。
 カメラが6台に増えた以外、これといった新要素もなく、だいたい思ったとおりに物音がして、思ったとおりにドアが勝手に開き、思ったとおりに電気がついたり消えたり、思ったとおりに吹っ飛ばされたり引きずり回されたりと、もはやお約束展開のオンパレード。

 元々が出オチ覚悟の一発ネタ的手法の使いまわしなので、正直ストーリーもヘッタクレもなく、ただただ「今なんか動いたー」「変な音してるー、コワーイ」とバカップルがキャッキャウフフするためだけの内容。当然、高い金払って映画館で観るだけの価値はなく、せいぜい薄暗くした部屋でDVD鑑賞、そのあと願わくばファイナルフュージョン!ぐらいの用途しか思いつかない。
 もっとはっきり言ってしまえば、これを一つの映画としてカウントしてしまう事すら、個人としては躊躇われる。ちょっと興行的に成功してしまった映像作品のコピー&カット&ペーストで、オリジナリティの一欠片も感じられず、前作がカップルだったから、今度は家族にしよう、どうせならデカい家にして、カメラも増やして、犬と赤ちゃんなんかも出しとけば、ちょっとグレードアップした感出てね?みたいな、安直さが随所に見受けられる。

 まあ、そういうのが分かって観る人向け、と言われればそうだが、どうにも神聖な映画館を、お化け屋敷の代用品にされたようで面白くない。
 しかも今年の秋頃には、またさらに続編を出すというのだから、呆れてモノが言えない。たまたまウケた一発ギャグで、いつまでも食えると思うな。

 それでもやっぱり、世の中にはこういう安直な怖がらせ映像を好んで観たがる人が、結構いるもので、そういう意味では、世間のニーズにマッチしてる、と言えなくもない…のかな?うーむ…。

 
 繰り返すが、これは映画ではない。映画上映という形態をとった、単なるドッキリ映像集である。一応、それなりにショッキングではあるので、この手の話しが好きで、ワーとかキャーとか騒ぎたい人は、DVDを借りてご自宅でご覧ください。

 映画館で騒ぐヤツ、その場でぶっしばく!

 (注:ぶっしばく=広島弁で「全力で殴る」「フルボッコにする」の意)


 そんなわけで、小生の、この映画に対する評価は…、

 ☆★★★★+

 映画としては星1つ、ホラー映像としても飽きてきたんで星2つ。平均して星1つプラス!!





 アンタの顔の方が、よっぽど怖いわ(笑)。


パラノーマル・アクティビティ 【BLU-RAY DISC】


パラノーマル・アクティビティ第2章 / TOKYO NIGHT 【BLU-RAY DISC】


 よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






最終更新日  February 21, 2011 08:51:58 PM
July 20, 2010
シュアリーサムデイ.jpg
 人気若手俳優・小栗旬初監督作品。成り行きで高校校舎爆破犯となって以来、自堕落な3年間を過ごしてきた若者5人が、「バカで最強だった俺達を取り戻す」ため奮闘する、青春スラップスティックムービー。

 以前「TAJOMARU」の感想の時も書いたが、小生は別に小栗君が嫌いなわけでも、何か恨みがあるわけでも、まして嫉妬しているわけでもない。むしろ、同じ左利き同士、アニメ・CM音楽界の絶対王者・菅野よう子さんファン同士、勝手に親近感を持っており、密かに応援している。
 それを踏まえた上で、あらかじめ断っておくが、今から小生は、本作について結構ボロクソ書く。多分、いつも以上にキツい言葉で。
 なので、小栗君の熱烈ファンの方、本作をちょっとでも面白いと思った方は、今すぐ本ページを閉じ、下線より下の文章を読まないよう、お願いしたい。万が一不快な思いをされても、当局は一切関知しないので、そのおつもりで。


 ---------------------------------


 …。


 …マジ?


 …ホントに読んじゃうの?


 …後悔しない?


 …一応、警告はしたよ。


 …OK、じゃあはっきり言わせてもらう。これは映画として、というより、人から金を取って観せるレベルの映像に、まったく達していない。
 登場人物の動かし方、セリフ回し、キャメラワーク、照明、小道具の使い方、等々、全てにおいて素人丸出しで、今日日リハーサルをそのまま撮影しても、ここまで酷くならないだろうと思ってしまうくらい、おおよそ完成品とは言い難い出来。
 
 役者陣の中には、監督の人柄に惚れ、ノーギャラで参加したというメンバーも数人いるそうだが、そうした登場人物のほとんどが己の立ち位置を明確に把握しておらず、終始浮きまくり。ために、バカが本当にただバカな事を言って、バカな事をやっているだけにしか見えず、場の空気を完全に壊してしまっている。
 例えば、勝地涼演じる京平は、ムードメーカーに見えてただうるさいだけのKY。吉田鋼太郎氏演じる亀頭も、冷徹非情なヤクザの親分というオーラが一つも出ておらず、頭のネジのユルいオッちゃんにしか見えなかった。
 バカはバカなりに、物語を形成する重要なパーツのはずなのだが、その辺のパワーバランスが感覚的に理解できてなかったのは、痛すぎるマイナスポイント。
 画面の撮り方に関しても、素人目から見ても分かるぐらい、アングルや長回し、ロングショット、クローズアップの使い分けがヘタ。加えて光の当て具合による表情のつけ方、影の作り方も心得ておらず、全体的にゴチャゴチャ、モッサリとした印象に。
 さらに、スラップスティックの命とも言えるテンポとリズムが絶望的に悪く、オマケにギャグは寒くて笑えないと、ダメさ加減により拍車をかけている。天丼にせい下ネタにせい、この辺は生まれ持ったセンスも多分に影響すると思われるが、それにしたってもう少しなんとかならんかったモンか?

 やりたい事を全部詰め込んでみたけど、結局何がしたかったかよく分からなくなった挙句、気がついたら脚本をなんの工夫もなくなぞっていただけ、といった内容。それなりの監督が取れば、そこそこの作品になったろうに、なんとも惜しい。
 正直、小生がスポンサーのお偉いさんなら、本作のラッシュを30分観た時点で「もういい、止めろ」とキレて帰るに違いない。監督の人脈の広さはよく分かったが、残念ながら本作からそれ以上のモノ、例えば未来の名監督の片鱗のようなモノを感じる事はできなかった。
 彼の歳でメガホンを持たせてもらえた、その快挙は賞賛に値する。そのために、多くの人が協力を惜しまなかった彼の人柄も認める。しかし、彼の初監督作品という看板と、ムダに豪華な出演陣だけがセールスポイントでは、まったくもって話しにならない。

 北野武氏や岸谷五朗氏、また本作にも出演されている竹中直人氏も、役者やタレントの仕事をしながら、何年もかけて裏方の仕事を勉強されて、初めて映画監督デビューを果たされている。
 仲間達と楽しく映画が撮りたいだけなら、商業ベースなどに乗せず、それこそビデオカメラなり機材なり買って来て、自分達だけでやればいい。もし今後も監督業に挑戦する気があるのなら、専門学校に通うなり、誰かに弟子入りするなりして、もっと初歩の初歩から勉強し直すか、もしくはスパッとやめて俳優業に専念する事をオススメする。

 非常に酷な言い方だが、馴れ合いと勢いで何とかなるほど、映画も世の中もそんなに甘くない。繰り返すが、これが映画として、人から金を取るレベルにまったく達していない。



 つー事で、小生の、この映画に対する評価は…、

 ☆★★★★

 褒めるところナシ、本来なら採点する価値もナシ、オマケの星1つ!! 


 ついでに余談。いくらファンでも、この程度の映画に菅野さんを引っ張り出すのは控えていただきたい。名に傷がつく。

(な、酷いだろ?)


シュアリー・サムデイ

クリア!/どれだけの朝と夜を~シュアリー・サムデイ~

シュアリー・サムデイ/巧(小出恵介)with シュアリー・スターズ[CD+DVD]【返品種別A】






最終更新日  July 21, 2010 07:09:47 PM
December 23, 2009
THE-4TH-KIND.jpg
 「フォース・カインド」。訳して「4つの親切」(違)。
(ちなみに、Kindには「親切」の他に「種類、種族」という意味もあります)


 さておき。見終わった直後の、率直な感想を書く。

 「…で、だから何?」

 ホラーでもなければディザスターでもなく、かといってドキュメンタリーとも警告モノとも言い難い。
 もっと言うなら、物語としての起承転結も、ドラマツルギーも、カタルシスも、オチも、教訓も、何にもない。あるとすれば、観終わった後に残る嫌な残尿感のみ。ナッシング。ナッシング&ナンセンス

 アラスカ州ノームで起きた謎の集団不眠症と行方不明事件を、65時間以上の大事な場面で都合よく映りの悪くなる記録映像からの抜粋と、再現ドラマによって構成、映画化。…と言えば聞こえはいいが、そのどちらも中途半端。
 例えば、記憶映像ならそれとコメンタリーや専門家(がいるのか?)のインタビューだけで構成した方が、まだ説得力もあって見栄えもよかったのに、変な寸劇を挟んだせいで、お互いがお互いを蛇足し合うというよく分からない矛盾を抱えてしまっている(しかも部分的に、それを同時に流すというセンスのなさ)。
 また、実際の未解決事件を扱っているとはいえ、独自の調査結果なり何なりがあって然るべきなのに、ただ、不眠症患者が「ギャー!!」とか「ノォォォ!!!」とか「ギョェェ!!」とか叫ぶ倒すのを、約99分間観せられるだけで、それもナシ。客をビビらせるのが目的なら、それこそホラーか何かでも撮ればいいのに。まったく目的が分からん。

 結局、本作がしたかったのは何だったのか。「世にも奇妙な物語」なのか「本当にあった呪いのビデオ」なのか。せめてどちらかに特化してくれればまだマシになったのに、何故あんな撮り方をしてしまったのか、まったく理解に苦しむ。
 そもそも、冒頭からいきなり主演のミラ・ジョヴォヴィッチが素で出てきたかと思えば「みなさんこんにちは。ミラ・ジョヴォヴィッチです」なんて普通に挨拶された時点で、この監督は本作をまともな映画としてユーザーに提供する気がないように思える。旅の芸一座じゃあるまいし、そんな事言われたら興醒めしてしまうと気づかなかったのか?少なくとも、エンターティナーとしては失格である。
 
 しかしまあ、これだけ大袈裟にやって、何も得る物がない映画も珍しい。ノームでは年間数人の行方不明が出ますと。その数はアラスカ州最多ですと。中には記憶を操作されたり、身体に変な機械みたいな物を埋め込まれた人もいますと。

 で、それを聞いた我々はどうすればいいの?
 
 じゃあ、みなさんは謎の生物にアブダクトされないように気をつけましょうね、とでも?鍵かけてても家ん中に入って来れる連中相手に?目的も判断基準も分からんのに?
 例えば、それこそ消防士の映画観て「火事って怖いなぁ。今度から火の取り扱いには注意しよう」ってんなら分かる。警察官の映画で「やっぱり犯罪はいかんなぁ。これから戸締りをきちんとしよう。夜道は気をつけよう」ってんなら分かる。それは何らかの対処法あっての事で、この映画みたいに、まったく不作為の、しかも対処法も不明な事態を、あんな30年前のベータみたいな映像で観せられたところで、一方的に不安を煽られるだけで、どうする事もできんではないか。
 
 断っておくが、小生は何も、そういったまだ科学で解明されてない物や、未知の生命体なんざこの世に存在しないと全否定しているわけではない。どこぞの大学教授のように、何でもかんでもプラズマプラズマという気もない。が、しかし、それはある程度の確証の元に、という前提あっての事で、全部が全部鵜呑みするほどバカではない。
 つまり、映画として一定の完成度もなく、教訓も具体的な対処もなく、ついでに資料と呼ぶにはあまりにもインチキ臭いこういう作品が大キライである。
 ただ劇場でキャーキャー騒ぎたいドMの方々にはいいかもしれないが(つーか基本、映画館で騒ぐな。シバくぞ)、同日観た「スノープリンス」ともども、こう言わざるを得ない。

 金返せボケナス(怒)。

 サービスデーだったからよかったものの、これを定価で観てたら暴れてたわ。ついでに、当日は寒波の影響で車が使えなかったんで、電車で行ったんだけども、その往復運賃1640円も返せボケナス(怒)。


 しかしやだなぁ。こういうのがまた「超常現象スペシャル」とかでやり玉に挙げられて、「ほら、ここおかしい。ほら、ここもおかしい」とか言いながら鬼の首でも獲ったような顔するオッサン方が出てくるんだわ。で、相も変わらず「いや、実は私、彼等の住民票持ってるんです」とか言い出す、これまたわけ分かんないオッサンがいたりして、どんどんおかしな方向に行っちゃうんだよなぁ。ヤダヤダ。
 だいたい、「信じるか信じないかは、あなた次第です」って、ハロバイかっつーの。最後の最後で客に委ねんな。それ、丸投げって言うんだぞ。そんな事言ってるから、ハロバイが解散するんだよ(関係ない)。


 
 まあ、さておき。
 そんなわけで、小生の、この映画に対する評価は…、

 ☆★★★★

 記録映像の迫真の演技に、星一つ!!

 

ハローバイバイ関暁夫のコミック都市伝説

ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説

ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説(2)  

ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 GOOD PLAY! FUNNY PLAY!






最終更新日  December 24, 2009 06:20:42 PM

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.