016218 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

熱湯沸くの【過疎】ブログ

PR

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

全129件 (129件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

2019.09.14
XML
​​

第11話 凶悪の夢

少年院から柿沼が脱走した。逃走中に猟銃とダイナマイトも入手した。脱走の動機は窃盗をした柿沼を交番に突き出した長津田(長門裕之)へのお礼参りだ。

一方の長津田は住宅を購入した矢先に勤務先が倒産してそれどころではない。

が、これは計画倒産だ。長津田は社長と内通し、新会社へのポストと家の残金を報酬として得るはずだったが社長と連絡がつかなくなる。そして、自暴自棄になった長津田と柿沼がついに接触する・・が、その後の展開が・・
悪だw。

長津田は強いて言えば「周りを出し抜いたチョイ悪」だけど、視聴者側から見れば、さしたる共感も同情も得られない。なら徹底的に追い詰めて破滅させちゃえ。といった非情のライセンスらしい胸糞悪い悪ノリ(褒め言葉)の内容でした。当初の柿沼の兇悪ぶりなんかどうでもよくなるくらいの暴走ぶり。

にしても、この時代のマイホーム幻想の重さもヒシヒシと伝わってきます。


第12話 凶悪の空白

右田刑事は線路の上を彷徨っていたところを保護された。徘徊前の記憶を失ってしまったが、実際は会田刑事が拳銃で狙われた現場で居合わせていた。だがそのことは記憶にない。

右田刑事はリハビリのため街中をブラつく。その途中で三原りえと知り合う。
過去に会田刑事と三原りえには因縁があり、それは殺意を含んでいる。

右田刑事を巻き込みたくない会田刑事と、ズカズカと相手の心中に入ってくる右田刑事の対比ぶりに、さらに今回は右田刑事が準主役の活躍ぶり。
会田刑事と右田刑事、ともに自分流のやり方で相手を気遣う男臭いシーンがイイ。

負の感情で行き詰まった女性をどうカタルシスへ持っていくか、それは安易な共感ではなく、時には叱咤し、時には何も抵抗せず相手の意のままを受け入れ、時には非情な選択であったとしても、その先にある生命の賛歌を感じさせるのが非情のライセンスのもうひとつの見どころだとおもいます。
ズッシリと心に響く話でした。

右田刑事の存在感も見ごたえのある二話でした。
次回もお会いしましょう。 






最終更新日  2019.09.14 22:34:59
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.07
​​​​
ジュディ・オングに何があった!?

第9話 凶悪の口紅

レストランのマダム・沖山江津子が殺された。容疑者の西山が指名手配されたが、会田刑事は過去に西山を逮捕し、出所後の面倒を見ていた。何か事情があることを察した会田刑事は西川の故郷・鹿児島へ行く。そして鹿児島には沖山江津子の娘、河辺志津(ジュディ・オング)がいる。

沖山江津子は鹿児島での生活を嫌い家出した女である。河辺志津も、亡くなった父も、沖山江津子を深く恨んでいた。沖山江津子は誰に殺されたのか?そしてサブタイトルの「兇悪の口紅」の意味は?

見どころは桜島を背景に会田刑事がジュディ・オングに鉄拳制裁するシーン。
原爆で両親を失った会田刑事の母への想いと、非情で軽薄な母親から見向きもされなかった河辺志津の行動の結果を会田刑事が窘める。
雄大で大自然の力を見せつける桜島と、人と人の営みのスケールの違いを対比させたようなとても絵になる良い構図にみえました。



第10話 凶悪の星

アパートの一室で金融業を営む老婆・松本とよが絞殺された。
第一発見者は息子の松本富治。殺害の凶器はTVアンテナのフィーダー線。
アパートの管理人の証言によりTVの出張修理で電気屋に勤める育野久雄(佐々木剛)が殺害直前まで接触していたことが分かった。


育野久雄は夜間中学に通う21歳で兄弟4人と病気の父を一人で支えている。
殺害のあった日に育野久雄は学校を欠席しており、疑惑が深まるばかりだ。

状況証拠から捜査一課は育野久雄をクロと睨むが、会田刑事は夜間中学の女教師と行動を共にしクラスメイトのもとを訪ね育野久雄の事を聞きに廻る。
そうしているうちにポツリポツリと証言が集まりだしていく。

だが、今回の事件で夜間中学そのもの潰そうとする動きが出てきた。
育野久雄は本当に松本とよを絞殺したのか?


会田刑事の過去エピソードが割と語られるようになったなあと感じる二話でした。
次回もお会いしましょう。​​​






最終更新日  2019.09.08 06:04:45
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.31
カテゴリ:ホビー
​​
ビクセンから美術鑑賞用に使える4倍率の双眼鏡が出ておりまして気にはしていましたが思い切って購入してみました。最短距離55cmまで近づけます。
先日見に行った「マシーネンクリーガー展」で使用しましたが大活躍でした。
至近距離でみる4倍率は実物より二回りほど大きく見える印象です。
個人的には美術鑑賞用に使うのなら6倍より4倍だとおもいました。

開封の儀
説明書とクロスクリーナー、ポーチ状の収納袋とヒモ状のストラップです。


このポーチ状のケースは何かダサイので、100円均ショップでデジタルカメラクッションケースを購入しました。少々、大き目のサイズですがピッタリ収納できました。


あと、付属のヒモ状ストラップもなにかダサイので別でストラップを自作しました。


このブログではちょくちょく登場するビクセンの4倍単眼鏡ですが、実売価格は双眼鏡の方が1000円ほどプラスになります。正直言うと、片目で見る単眼鏡より両目でみる双眼鏡がはるかかかかかかに楽チンです。てな訳で4倍単眼鏡は使う頻度が減っちゃうな、どうしようかな。






最終更新日  2019.08.31 23:03:21
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.25
カテゴリ:美術展
​​
畦地梅太郎展に行ってきました


一見、プリミティブな括りと思いきや、じっくりみると味わいのある絵ですよ。
たとえば、どんな部屋に飾っても違和感を感じないであろう素朴な雰囲気です。


休憩所には投票用紙が?


山男総選挙ということで10作品の中から⑥きこりに一票を入れてきました。
夏休み企画とはいえ、ゆるゆるの雰囲気でイイね!


となりの部屋では同時開催の「インプリントまちだ展2019=田中 彰」がお出迎え。
ワークショップ連動なので子供にも見やすいレイアウトになってました。
こちらは撮影可能です。


「病魔を食らう邪鬼」2016年


「きおくのおくのき」 2019年


畦地梅太郎とインプリントまちだ展が同時に見れる企画でしたがそれぞれ毛並みが違うのでメリハリのある展示で、ゆるい雰囲気ながら創作性も刺激される内容でした。






最終更新日  2019.08.25 21:56:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.18
カテゴリ:美術展
​​
前日のマシーネンクリーガー展で、まったく目立たない所で大変興味深いポスターを発見しました。え?「智内兄助」が生で見れるのか?


一時期、坂東眞砂子をよく読んでおりまして死国や狗神 (角川文庫)のカバーアートが印象に残ってました。


村内美術館は「家具は村内」の私設美術館です。
駅から離れているのでスーパードリーム110で行ってきました。


エントランスでBMWとメッサーシュミットのバブルカーがお出迎え。
BMW イセッタ300のプリケツがカワイイ♡


メッサーシュミット kr201ロードスター
光岡のマイクロカーではない本物。初代ルパン三世(緑ジャケ)でパイカルが乗ってた車ですね。


第1章 椅子の森 デザインチェア
家具屋だけあって絵画と家具のコラボ展示です第1~3章の部屋は撮影可 


第2章 椅子の花園 デザインチェア絵画


東郷青児の作品が2点ほどありました。右側が「バラ」、左側が「緑蔭の歌」


第3章 花鳥風月 日本の雅び 西洋の華麗

第4章 懐かしのバビルゾン派と、第5章 印象派エコール・ド・パリと現代日本気鋭の画家は撮影不可。


第6章 水の都 ヴェネツィア賛歌 撮影可
ビュフェがたくさん並んでいます


隣の部屋にある「智内兄助」の作品がチラチラ見えてきました


第7章 フランスのエスプリと日本のモダニズム
智内兄助の作品は7点ほど見学できます。もちろん撮影可。
壁の反対側にはカシニョールが展示してありますが作風違いによる空気感が分断されていますw。
こういう趣味丸出しギャップ萌えが私設美術館の愉しみの一つですね。


ばこ(1987)


暁斎交換 百鬼 姑獲鳥 孕女 (1989)


天象(1987)
本人直筆の作品解説が読めます。

はる (1990)


桜狩遊楽図1 (1989)


想像してた以上にドロドロした世界感で、ドえらいものを見てしまったという印象です((混乱))YOKAIの文字は伊達じゃない。
見に行ってよかったです。大満足。






最終更新日  2019.08.18 21:22:39
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.17
カテゴリ:美術展

マシーネンクリーガー展へ行ってきました。


スターウォーズでもガンダムでもないオリジナル作品でこんなに立体作品が充実しているのはスゴイなと思います。


会場内の作品は撮影可ですが、全部収めようとすると大変です。
私は早々にあきらめました。


11歳で描いた「皿倉山の未来」。市内コンテストで大賞、のちに大阪万博でも展示されたとか。今に繋がる才能の片鱗が伺えますねえ。


ルナガンスのイラストと立体を並べてみました。


1/5スケールのクレーテ


この女子高校生は1/20スケールですが、まあ細かいところまで造形してあります。


仕事場のツールもこんな具合に・・・


仮に自分が小学生だった時にこの展示会を見ていたら、きっと狂喜乱舞していたに違いないとw思います。モデラーの腕も一流なだけあって一作品当たりの情報量の多さが半端ねぇ。
未来を夢見る男の子も、大人になりきれない人たちも、とりあえず見に来て圧倒されてください。​​​​目






最終更新日  2019.08.17 21:27:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.13
カテゴリ:美術展
​​​​
みんなのミュシャ展を見てきました


渋谷に来ましたよ。蒸し暑いですね。


とりあえず会場目の前にあるカフェ、ドゥ マゴ パリで休憩です。


今回のミュシャ展はおなじみのポスターに加え、下絵、素描、ラフスケッチなども展示してあります。


ミュシャ展といえば2年前の展示会もまだ記憶に新しいとこですね。

まさか日本でスラブ叙事詩が見れるとは思いませんでした。


ミュシャの再評価が高まったのが1968年の英国での回顧展からということを知りました。な訳で70年代からアフターフォロワーが出始めてきます。

今回の展示ではそんなアフターフォロワー達の紹介と、日本のマンガ界への流れも紹介してあります。

藤島武二の「みだれ髪」表紙デザインは、そこはかとなく漂うパチモノ臭が・・。

アフターフォロワー達の作品を見ると、本家『ミュシャ・スタイル』を超えるものをつくるのは相当難しいなと思いました。

それくらい本家『ミュシャ・スタイル』は完成の域にあるのかと。



下絵の鉛筆画がすでに上手すぎる。もう、これだけでご飯3杯行けちゃいそう。
柔らかい線と服、布のシワ表現がもう絶品すぎる。

こんな巨人が英国でもフランスでもないチェコから生まれたということが興味深い。

才能を開花させたのはパリですが、この小国生まれの生い立ちがやがて民族の歴史をビジュアルで残す「スラブ叙事詩」まで繋がり、現在の影響力を思うと​​​​才能だけでない別の何か特別なものを持っていた人だったのかと思いました。






最終更新日  2019.08.13 14:16:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.11
​​

第7話 凶悪の黒い天使

実業会のダニと呼ばれる大物の2人がライフル銃で狙撃された。
犯人は逃走中に転落死する。2人の大物は敵が多いし、狙撃犯の犯行も変な偏りがある。
誰か手引きをしている人物が居るはずで、第三の犠牲者がでるかもしれない?

会田刑事は製紙会社の社長だった上坂晶(影 万里恵)と接触する。
上坂晶は自分の会社を倒産に追い込んだ3人に恨みを持ち、その恨みをを晴らす事を糧にして生きている。2人はすでに死んだ。だが、もう一人いる。

会田刑事は上坂晶の滞在する高級ホテルで延々と尋問し、犯行計画を聞き出そうとする。

一方、残りの一人を狙う襲撃犯グループが最期の連絡を待ち続けていたが、連絡に不備があり対象者が分からない。だが、後には引けず襲撃作戦は実行される。

そして襲撃犯グループの中には特捜部の新人・南刑事が潜入していた。

襲撃作戦の行く末は如何に?

表では静かに、しかし心の奥底で激しく衝突する会田刑事と上坂晶。こちらは『静』
もう一方で社会に一泡吹かせたい過激派流れの襲撃犯グループの『動』。
この静と動の対比ぶりが見事。

ラストで残り一人と対峙する上坂晶のシーンがすごく印象的。
前半で上坂晶の恨み積みを聴いているからこそ際立つ。
セリフのない抑制の効いた些細な仕草が実に効果的でした。


第8話 凶悪の燦めき

右田刑事はインフレ対策の資産運用で迷っていた。純金?株?そんな中で目を付けたのが宝石だ。高級宝石店で一流鑑定士・伊能正幸の名を知り、彼の自宅を訪ねると葬式の最中だった。参列者の噂話から死因の交通事故には疑惑があるという。

伊能正幸には一人娘の伊能妙子(松尾嘉代)がいる。妙子は頑固な職人気質の父から宝石鑑定を受け継いで今は独立している。
本来なら数の少ない伊能正幸鑑定のダイヤだが、妙に数が出回り始めた。

伊能正幸の事故死と関係があるのか?

宝石鑑定の職を突き詰めて家族を苦労させてしまった父の正幸と、実は宝石を恨む妙子。
伊能家親子の悲しい話である。

土ワイの悪女役常連だった松尾嘉代が若い。さすが喪服もよく似合ってる。

上坂晶役の影 万里恵さんは1981年にお亡くなりになったと知りました。
次回もお会いしましょう






最終更新日  2019.08.13 13:33:24
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.07
​​​


第5話 凶悪のカナリア

清純派の歌手・蘭れい子(池 玲子)が事務所の移籍で世間を騒がせていた。
移籍とは言え関東から関西への暴力団の息の掛かった範疇での話だ。

蘭れい子は矢部警視のお気に入りの娘であるw。
会田刑事は「この移籍を契機に両方ともぶっ潰せ」との命を受けるw。
蘭れい子の囲み取材中に現れた会田刑事は今回の移籍に暴力団の影響を指摘する。

その後、蘭れい子の部屋に招かれ、誘惑と共にマネージャー・村井の殺害を依願される。何故だ?、そして事務所は何故、暴力団の間を行き来するのか?両組織の行く末はどうなる?

清純派歌手の蘭れい子が持つ裏の顔をソフトなエロシーンで堪能できます。
蘭れい子(池 玲子)が清水富美加に見えてしまいました。

と、まったくスキのない出来具合ですが今回は気持ち的に乗れなかったな、何故?
まあ、こういうこともあるさ。
​​​​

第6話 凶悪の母

朝の出勤時間帯、自宅そばで特捜部から任意同行を求められる工業省課長補佐の村田。
動揺する家族。村田には妻の文江と、結婚式を挙げる予定の姉、友子と大学受験を控えた弟、宏一が居る。

特捜部は選挙違反の件で、まずは小物の村田にプレッシャーを掛け証言を引き出すはずだったが、先を越され村田は自殺に見せかけて殺されてしまった。残された家族には次々と不幸が舞い込む。

会田刑事は村田が残した重要書類の提出を文江に乞うが文江は頑なに提出を拒む。
次の手として特捜部は村田の殺しにも噛んでいる上司の小沢を締め上げることにしたが、コイツもしぶとく何も吐こうとしない。
文江が重要書類を提出すればすぐにカタが付くのに何故・・?

転落していく村田一家と偽善な小市民の小沢一家の対比ぶりとか、弟の宏一に鉄拳制裁する会田刑事とか、久々の鬱要素満載の胸クソ悪い話で御座いました。(褒め言葉)

ラストはサブタイトルの「兇悪の母」にふさわしい締めでした。
冒頭では地味な服装がそれ以後はずっと和服なのは何かのメタファ?
 
小沢を演じた戸浦六宏は第1シリーズ 第28話でも出演しています。

 ⇒ ​第1シリーズ 第28話 兇悪の欲望 (過去の記事)

戸浦六宏の俗な小市民ぶりの存在感が素晴らしいです。(褒め言葉)

戸浦六宏のような役者がいるからこそ非情のライセンスの世界が成り立っているのだとしみじみ思いました。次回もお会いしましょう。









最終更新日  2019.08.13 13:33:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.05
カテゴリ:イベント
​​成婚祝いに仲人さんからランプを頂きました。

で、開封の儀ですよ


ほうほう、こんな形ですか。


シェードの形がパッケ絵とちがいますね。


ハイ、組み上げるとこうなりました。


同封されたメッセージカードと指輪のセットでパチリと撮りました。
新居が決まったときには是非とも飾らせていただきます。

ありがとうございました






最終更新日  2019.08.05 21:02:13
コメント(2) | コメントを書く

全129件 (129件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.