016427 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

熱湯沸くの【過疎】ブログ

PR

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

2019.04.21
XML
​​操作や設定に慣れていない中で、テキトーにパシャパシャ撮ってきました。
一枚当たり7~8MBの画像サイズ。とてもじゃないが原寸サイズじゃ載せられん。パケ死する。

使っていてリズムよく撮れるなあ、というのが第一印象。グリップも握りやすく、
シャッターフィールも良好。自然ともう一枚、もう一枚とシャッターを押しちゃいます。

ISO:100  f/4  1/640秒 800×533にリサイズ (原寸は6000×4000) 以下同じ

原寸のトリミング

RX100M3との主観的な比較になりますが、センサーサイズが大きいのか、
RX100M3で吐き出すであろうの色合いの予想より、(ずっと同じカメラを使っていると、ある程度は画像の予測がつきます。)

G1 X Mark IIIの方が階調が豊かな気がしました。
特にこのサボテンを撮った時の色合いなどは特にそう思いました。(主観です。)

ISO:100  f/3.2  1/1250秒 

マクロが得意なレンズではないのか画像は眠たいですね。


ISO:100  f/5.6  1/1250秒 800×533にリサイズ (原寸は6000×4000)

こんな花のマクロ写真でも、レンズのf値でボケ味がコントロールできたりと新鮮です。


ISO:1000  f/2.8  1/60秒 

カメラ任せの設定で撮りましたがもうチョイ、ISO感度をおさえたいと思いまして、


ISO:100  f/3.5  1/15秒 

コチラの写真では、シャッター速度を抑えて撮りました。手振れ補正があるので全然余裕です。

まあ、当然といえば当然ですが、画像は1インチセンサーのRX100M3よりも1ランク上ですね。​​






最終更新日  2019.04.21 09:11:50
コメント(0) | コメントを書く
[カメラ・PC・スマホ関連] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.