018117 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

熱湯沸くの【過疎】ブログ

PR

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

全3件 (3件中 1-3件目)

1

音楽

2019.07.01
XML
カテゴリ:音楽

もう終了したラジオ番組ですがTBSラジオ『菊池成孔の粋な夜電波』を熱心に聴いておりました。

2015年6月12日のスペシャルウィーク週に20代に住んでいた高円寺ロケの回で、当時、レコーディングに参加したということで高橋徹也の「ナイトクラブ」がオンエアされました。

この「ナイトクラブ」は、重苦しい空気、ささくれた感情、鬱陶しさ、ちょっとイヤな感じの心象をスローテンポで堂々と歌い上げるダークワールドの名曲です。
それまで、高橋徹也を知らなかったので、聴いた瞬間から、え、え?なんだ?この曲は?と、もう目から鱗の一目ぼれ状態でした。

慌てて検索かけるもSONY時代の作品は既に絶版でした。
まあ、マーケットプレイスでなんとか購入できました。

現在はインディーズレーベルで作品をリリースしています。
今のところの最新作が「STYLE」で発売が2017年。

そろそろ新作などはどうなのかしら?と思っていたら
なんとSONY時代の作品がBlu-Specで発売されてるじゃんかよ!気付かなかったよ、不覚。


『夜に生きるもの/ベッドタウン』はアルバム2作目と3作目をワンパッケージにしてボーナストラック4曲を加えたもの。

『夕暮れ 坂道 島国 惑星地球』は過去3作からのベスト盤13曲と、ビデオクリップ、TVスポットなどの映像を集めたDVDの2枚組の構成になっております。

夕暮れ 坂道 島国 惑星地球』は「老人と犬」からの歌詞の抜粋ですが、この曲も初めて聞いた時ぶっ飛びました。後半のサビから「老人と犬」と「この世ならざる者」の遭遇と観察を淡々とポップに歌い上げておりまして、すげえ世界観の作詞だなと、ただただただ感心しました。

ベスト盤には本人の曲解説があり、大変興味深く拝読しました。
なので、解説からその曲の生い立ちや印象なども共感できる部分が多かったのが嬉しかったです。
敬愛する作家がガルシア・マルケスだそうですよ。
あの、独独独特な詩の世界の傍流はガルシア・マルケスだったのか。

自分にとっては作り手の世界観、濃密な歌詞にどっぷり浸かることのできる数少ない人の一人です。






最終更新日  2019.07.01 14:12:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.02
カテゴリ:音楽
​​次のW杯決勝トーナメントの相手はベルギーだそうですが、
そんな、ベルギー出身のヴィブラフォン奏者のCDを買いました。

20世紀の終わりごろにインターネットに繋がる環境ができて、
当時、ヴィブラフォン奏者を検索していました。
そんな中で見つけたのが、Jan De Haas の FOR THE ONE AND ONLYというアルバム。
興味の半分はこの、アート志向のようなジャケットに引き寄せられた様なものです。
この、FOR THE ONE AND ONLY は、かなりのアップテンポな曲からスローテンポまで捨て曲なし。
個人的には大当たりの内容で、今でも時々、聞くたびに自分の世界にスッと入り込めるくらい相性の良いアルバムでした。


で、時々、検索かけて新作でていないかなと思っていたら2014年に出ていました。
で、今回買ったのが DREAMS AGO というアルバム。
内容は、ざっと聞いた感じだと、気の合う仲間と楽しそうに演奏してるな、との印象。

FOR THE ONE AND ONLYの頃より丸くなったなぁと思いました。

YOUTUBEにライブ映像がありました。
Jan De Haas Vibes Quartet - Far Ahead - Acoustique @JazzStation
いやあ、今回初めて、動画のHaasさんを拝見しました。
やさしそうなおじさんですね。
改めてヴィブラフォンのクールな音色はイイなと思いました。






最終更新日  2018.08.31 21:27:55
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.22
カテゴリ:音楽
​​

先日のことですが、25年振りぐらいかな? 曲目不明の詳細が分かりました。
あああ、生きていてよかった、なんてすごい偶然。感無量です。
当時、FM東京でFMトランスミッション・バリケードという番組を録音して聞いていました。
毎週分の録音はさすがに保存出来ないので気に入った曲をダビングして残しておくことをしていました。
今だと、テラバイトのHDDと、圧縮音源があるので全然余裕ですがね~。

そんな中で、フュージョンっぽい曲に心惹かれました。
でも曲の詳細がわからず現在に至ります。
抑止の効いたリズムで透明感のある曲のなのですが、
特徴になるヒントがなく​探しようがありません。
ちなみにその曲は「曲目不明」っていうタイトルでmp3プレイヤーに入れ愛聴しておりました。

ところが先日、InterFMの​「 JAZZ ain't Jazz 」​を聞いていたら、あの「曲目不明」が掛かっている?!
えええ、なんで?と軽く頭がパニクりました。

で、その曲というのがロニー・リストン・スミス&ザ・コズミック・エコーズの「Shadows」です。

んで、検索したらあっさり見つかりましたよ・・・
Lonnie Liston Smith & The Cosmic Echoes - Shadows
番組では、このアルバムが再発売されることでの紹介でした。
沖野さん、取り上げてくれてありがとうございます(涙

はい、ちゃんとCDを買いましたよ。
25年分の長~い想いがありますからね。
皆さんは最近、CDを買いましたか?






最終更新日  2018.08.31 21:23:24
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.