018750 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

熱湯沸くの【過疎】ブログ

PR

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

書籍

2019.07.27
XML
カテゴリ:書籍
​​世界的に有名で定番的な作品を読んでみようか、ということで一時期、レイモンド・チャンドラー 「長いお別れ」とか、 フレデリック・フォーサイス「ジャッカルの日」などを読んでおりました。

この「わらの女」もそんな定番本として積ん読状態でしたが、すっかり存在を忘れており、最近になってひょっこりと本棚の片隅から出てきました。一応、読んでおきます。

 <あらすじ>
翻訳の仕事をする知的で打算的なドイツ人女性ヒルデガルデ、34歳独身。
彼女が見つけた新聞の求縁広告は“莫大ナ資産アリ。
ナルベクはんぶるく出身ノ未婚ノ方、家族係累ナク…”というものだった。
こうしてすべてが始まった。そして彼女は億万長者の妻の座に。
しかしそこには思いも寄らぬ罠が待ち受けていた。
精確無比に組み立てられた完全犯罪。ミステリ史上に燦然と輝く傑作。

展開が速くてサクサク読めます。登場人物も少ないので「あの人、だれだっけ?」みたいなこともありません。事件発生場所も限定されており、途中から、話の筋が予想できました。

実際に読み進めていくと、予想道理にはなりましたが、さあ、ここから、どう逆転するのか?と思いきや紙面がどんどん減ってくる・・・あれ?

そうですか、そういう結末でしたか。そういう結末だから、ある意味、定番名作なんですね。
タイトルの「わらの女」とはそういう意味だったんですね。

クライム・サスペンスに情けは無用ってトコですかね。
なんか、切れ味悪いレビューになっちゃいました。







最終更新日  2019.07.27 09:41:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.19
カテゴリ:書籍

ジョン・ファウルズの名前を知ったのは「フランス軍中尉の女」の映画を見てからです。10代の半ばくらいの頃ですね。

そこから別の作品に興味が出たのはつい最近のことです。
ファウルズといえば他に「魔術師」「コレクター」が有名ですが、「コレクター」はブックオフとかでも入手可能なので読むのは後回しにする。

「魔術師」は絶版ですが、アマゾンのマーケットプレイスで入手は可能なんで、とりあえず「魔術師」から読んでみることにしました。
レビュー記事を検索すると絶賛する声が多いですね。​​

「BOOK」データベースのあらすじだと

『イギリスの中産階級に生れ、オクスフォードを出た青年ニコラス・アーフェは、すでに人生にある種の虚しさを感じていた。ある女性とのエロティックな恋が終ったのをきっかけに、英語教師としてエーゲ海の孤島に渡る。そしてそこで不思議な老人コンヒスに出会う。次々と起きる、複雑怪奇な出来事…。サスペンスあふれる恋愛小説、冒険小説、そしてオカルティズム哲学の稀有な物語。 』

絶賛される理由はコンヒスがアーフェに仕掛ける仮面劇(あらすじで言う『複雑怪奇な出来事』)が手間暇かけた壮大な物になっていること。

劇の内容がコンヒスの体験談をアーフェを巻き込んで再現される、よくわからん理不尽さとか。

自分の場合、興味の大半は「コンヒスの手間暇かけた仮面劇の動機は何?」だったが、結局、明かされなかった。

アーフェも混乱してるけど
アーフェの混乱はそのまんま読者の混乱と重なる。
アーフェに言わせるとコンヒスは途中で降りたんだと。

コンヒスがアーフェに語った体験談はいずれも心理学的な意味での「至高体験」であり、極限化での生命賛歌だった。
だからこそ、コンヒスはアーフェをどう仕立てたかったのか。

それが知りたかった。


ただ、ギリシャの
孤島での乾燥した気候の夏の描写、仮面劇の内容はじっくりと堪能しました。
こんな、断片的で中途半端だけどスケールが大きいことだけは感じさせる感想しかでない「魔術師」ですが、なんと!映画化されています。

(/ω\)イヤンな予感しかしませんが映画版「魔術師」を見てみることにしました。
予感は的中するのかしないのか、さあ、どうなるか。






最終更新日  2019.06.20 08:15:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.17
カテゴリ:書籍

前回に引き続き恋愛モノのストーリーです。


このパン屋の店員さんが今回の依頼人です。
はたしてこの娘はどんな依頼をしてくるのか?

気になった方は手に取ってお確かめ下さい。






最終更新日  2019.05.17 20:02:25
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.28
カテゴリ:書籍
​​リバースエッジ 大川端探偵社 最新巻が届きました。

楽天ブックスにはおなじみのお買い物パンダしおり(ポストカード)付きですよ。


収録話数は7ですが、雑誌掲載分と話数が違ってますねえ。
むむむ、どう言うことなの?


コマの書き換えとか差し替えがないかな~、とチェックしておりましたら、
雑誌掲載時には「勝利者インタービュー(前後編)」だった第79話と第80話が
第87話「馬鹿ものたち」と改題されておりました。興味深いですね。


構成が変更された為、雑誌掲載分の第80話の扉絵が消失。
かわりに1ページまるまる新作に差し替えです。ハイ、内容は自主規制デ~ス。
気になった方は手に取ってお確かめください。

これが本来の形の原稿だったのか、単行本の構成変更に合わせて、
新作ページ追加したのか不明ですが、
まあ、こんなこともあるんですね。






最終更新日  2019.04.28 09:22:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.08
カテゴリ:書籍

2019年の一発目掲載

単行本10巻が3月下旬に発売予定です。


今回の依頼人は、この娘。

直球ストレートでひねりなし、見開き2ページを使った内容でした。


気になった方は手に取ってお確かめ下さい。​​






最終更新日  2019.03.08 22:06:12
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.15
カテゴリ:書籍
​​​
今回の依頼人は、老婆と孫娘。

お婆ァちゃんが言う変な事とは・・?
​サブタイトル「オニギリ」との関係は・・?

次回の掲載予定の記述はありませんでした。​


気になった方は手に取ってお確かめ下さい。
​​​






最終更新日  2018.12.15 06:04:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.17
カテゴリ:書籍

前話から1カ月ぶり、第89話・・・神の気まぐれ



この男が今回の依頼人です。

今回の話は作者の日本社会に対する漠然とした不安かな、と思いました。
以前の作品の「奇跡のヒト」のラストにも同様のテーマがありました。


気になった方は手に取ってお確かめ下さい。


次回は12月14日発売号に登場です。






最終更新日  2018.11.17 13:13:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.10
カテゴリ:書籍
​​​​
人類って何なのさ?

そんな人類の歴史を、圧倒的な引用量と独創的な切り口の「サピエンス全史」ですが、
年表と化石であれこれ語る歴史書ではありません。

人類の歴史のなかでエポックメイキングな出来事を掘り下げて歴史を考察していきます。
人が人を語るのではなく、宇宙人が高等生物を分析するような語り口です。

上巻は「認知革命」と「農業革命」、この2つが積み重なり「人類の統一」へと向かいます。

この「認知革命」の切り口が自分にとっては物凄く斬新に感じました。
余剰分の脳ミソに虚像を造り、その虚像を通じて不特定多数のサピエンスと繋がっていく。
ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの分断のキーワードです。


下巻は「認知革命」からの虚像が宗教を生み、人間が神様?の「人間至上主義」へとなり、
「科学革命」が認知の拡大を加速させ、それが帝国へと繋がり、
帝国では経済と産業が栄え、近代~現代へと繋がります。

断片的に知ってる世界史の流れが、あまり馴染みのない概念で再構築されていきます。
そんなギャップ萌えも堪能しました。

古今東西、森羅万象を超俯瞰視点で考察、読む前と読んだ後では、
確実に世界の見方が変わる、そんな本です。

まあ、読め、とにかく読め、読んでみろ、話はそれから。

最終章で人類の未来がすこ~し語られてます。
あっあっあっ、それが知りたいのよ。もうちょっと書いてよ。と、最後は寸止めくらってモヤモヤ。



時空旅人 2018年1月号はサピエンス全史をビジュアル的に捕捉する内容になっております。
こちらもオススメです。


そして、あの時の寸止めモヤモヤを払拭する「サピエンス全史」の続編が出た!出た!出た! 
まってました~パチパチパチ

人類はドコに行っちゃうの?どーなるの?

で、続編の「ホモ・デウス」上巻なりますが、現時点で人とは何か?を考察。
人と動物は何が違うの?→自由意志の有無か?→自由意志って何?
→哲学とか心理学とかあるけど全容はわからない。

この奥深さが人間スゲぇっ!て事だったけど、

テクノロジーの発展から「人とは何か?」が膨大な行動様式の記録が可能になりジワジワと分かってくる。

下巻は人間もアルゴリズムの解析で解明か?
それは自由意志の否定と引き換えに人体の改造が飛躍的に可能になる・・とか

そうなると、是が非でも情報の収集が強化され、やがてAIは・・人類は・・今の社会の枠組みは・・?

「馬車から自動車へ移行した時、馬をアップグレードしなかったよね?」が、
そら恐ろしい比喩として書かれていてゾっとしました。まあ、そーゆうコトです。

これからの学生達への人生の指南書、教科書として是非、読んでほしい。
これからの社会の大変化におっちゃんは付いて来れるのか心配だわ。​​

そんな先のことを想定している訳ではありません。
ただテクノロジーの進歩が速すぎて20~30年先がどうなってるのがわからない。
今のままだとテクノロジーの進歩にイニシアチブを取られちゃうよ、と警告を促しています。


個人的にはオカルト領域からのぶり返しがあって、もう少しバランスが整うような事を
想像してはいますけれども、まったく根拠はありません。個人の感想です。








​​​






最終更新日  2019.01.09 23:10:38
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.19
カテゴリ:書籍
​​​
前話から2カ月ぶり、第88話・・・宝石の涙


この男が今回の依頼人です。
シンプルな人情モノのストーリーです。

気になった方は手に取ってお確かめ下さい。

次号掲載予定は明記されていませんでした。
​自分の予想だと年末ぐらいかな?​


​​






最終更新日  2018.10.20 09:58:31
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.01
カテゴリ:書籍
​​​​​マンガ原作者の狩撫麻礼が亡くなったのが2018年1月7日
不定期連載中の「リバースエッジ 大川端探偵社」はどうなるの? 未完?

と思いモヤモヤしましたが、
当分のストックがあると、編集部からコメントありました。

今年に入ってからの掲載分ですが6月に一本、
8月に盆休み挟んで二本の計三本。


不定期ながら開始は2008年なので連載期間は10年。
実は第一話から雑誌掲載分をファイリングしています。
タイトルロゴも現在とは違ってますね。

単行本は9巻まで刊行中。


初期の頃は、雑誌掲載版と単行本では、
数は少ないけどコマの差し替えがありました。
↑これは単行本1巻、第8話の「エルビスを探せ」


↑おなじく第9話「男の旅立ち」


2014年にテレ東でドラマ化されましたが、
これは、キャスト含め原作の雰囲気を忠実に再現した良作でした。


次回は10月12日発売号に登場ですが、
無事に完結するのかな?

遅ればせながら狩撫麻礼さんのご冥福をお祈りいたします。


​​​​​






最終更新日  2018.10.20 10:02:15
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.