593991 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

浜学園・日能研等を利用しながら名古屋から超難関合格を目指すには・・・

模試について

模試は、塾にとってはもうかる商品ですが、
なかなかうまく活用している生徒は少ないです。

塾の方はいろいろ活用してますが・・・
模試の結果が悪い場合は、言い方は悪いんですが、
塾にとってはビジネスチャンス。

あらたな、講座・商品を売り込むチャンスです。
本当にいい講座・商品が塾にあればお互いいいのですが、
現実にはなかなかそうもいかないようです。

生徒のみなさんは、是非模試の結果はしっかりとっておいて、
科目別に集めてみましょう。

弱点をはっきりさせることができるでしょう。
一回の模試の結果だけでは、自分の弱点ははっきりしません。


考えてみれば当たり前のことですよね。
だって、社会は重要語句だけでも600程度は軽くあります。

それをたかだか、50問程度の模試で何がわかるのか、
「プロだから・・・」とか言っている人は、嘘つきです。
もちろん、50問でも、学習の完成度合いははかれます。

確率を勉強してればわかりますよね。
でも、あくまで50問は抜粋なので、テストに出なかったその他の分野について
は、どこができて、どこができないのかは、当然はっきりしません。

だから、今までのものをまとめて見てください。
もちろん大昔のものはさすがに参考になりません。

ちょっと前の模試も、そのときは間違えたけど、今はばっちりという
分野は何かしるしをつけましょう。

そんなことをしながら、弱点をはっきりさせましょう。

でも、実はもっといい方法があります。
それぱ、また次回。







© Rakuten Group, Inc.