1064466 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

長編時代小説コーナ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


龍5777

Favorite Blog

Spear escape man(… New! fujiwara26さん

唐揚げ店が出来ました New! Pearunさん

^-^◆ 少年の頃 浪花… New! 和活喜さん

蒼き炎 -49- New! 千菊丸2151さん

キャッチボール!(… New! 韓国の達人!さん

Comments

 http://buycialisky.com/@ Re:士道惨なり(11)(12/10) cialis muscle paincialis daily use side…
 http://buycialisky.com/@ Re:改定  上杉景勝(12/11) cialis 5 mg prezzo in farmaciaanti cial…
 http://buycialisky.com/@ Re:騒乱江戸湊(04/28) cialis in spanien kaufenavoid counterfe…
 http://buycialisky.com/@ Re:「改訂  上杉景勝」(04/21) what happens if a woman takes viagra or…
 http://viagraky.com/@ Re:士道惨なり(11)(12/10) offshore viagra &lt;a href=&quot; <sma…
 http://viagrayosale.com/@ Re:改定  上杉景勝(12/11) waar kan je viagra pil kopen &lt;a hre…

Category

Freepage List

Calendar

Aug 9, 2015
XML
カテゴリ:つれづれの間に

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

 

「安倍総理が安保法制を急ぐ理由」(3)

ID:r8jas9

 今日は長崎に原爆投下され70年を経た暑い日です。

 日本は広島、長崎と核爆弾を投下され、無辜の市民が犠牲となりまし

た。70年を経ても、日本の左翼は核のトラウマに苛まれています。

 日本人として決して忘れてはいけない戦争の教訓ですが、そろそろ乗り

越える時と思います。

 世界は急速に変化し、戦争の脅威は世界中に拡散しています。

 軍拡競争は烈しく、戦争を求める国やテロ組織が戦火を求めています。

 戦後70年を平和に過ごした許が憲法にあると思う、平和ボケの左翼は

そこに在る危機から目を逸らし、見ようともしません。

 野党の国会議員もそうです。彼等の幼稚さは目を覆いたくなります。

 平和を守る議論をせず、枝葉末節な議論に口角泡を飛ばしています。

 まず領土と国民を守る、これが国会議員の努めです。

 併し、そうした知識を持たない議員を選んだのは我々です。

 中国の侵略の実態を学び、それを抑止するかを議論せずに安保法制を

「戦争法制」などと呼び、憲法学者の意見を拝聴し反対するなどは、 

亡国の道を辿ることです。

 こうした議員は次の選挙で選んではいけません。落選させましょう。 

 危機を回避する道は戦争を仕掛けようとする、覇権国の野望を抑止する

軍事力が必要となります。

 こうした事が分かる議員に投票しましょう。 

 兵器の進歩、核兵器の拡散、生物兵器の開発。これは現実の問題です。

 そのために安倍総理は安保法制の成立を急いでおります。

 最近の調査では安保法制を容認する国民が増えています。

 それに反対するサンデーモーニングは、したり顔の司会者と有識者 

モドキで反核の議論を行っておりました。

 一部の国会議員が核兵器を日本も保持し、抑止力の強化を図ろうとする

問題を憂いべき問題だと分かりもせずに、心配そうに語りあっています。

  こうした反日テレビ、反日新聞は観ないようにしましょう。

 このテレビの親会社は反日で有名な毎日新聞です。 

 こうした状況を私は、秩序なき自由、常識なき世論と鼻で笑ってます。

 私には安倍総理の心境が理解できます。日米同盟の強化は米国からの

脱却の一歩と考えています。

 もうそろそろ日本は米国の従属関係を解消し、真に自立した国家に

成らねばなりません。これが戦後レジームからの脱却です。

 米国のポチを辞め、自主独立国家に成らねばなりません。

 最近は米国も変化しています。日本の武器輸出を容認し、第五世代

のステレス戦闘機の開発に、反対意見を挟むことをしません。

 どこの国も自国の国益が最優先です。米国も漸く気づいたのでしょう。

 自国の経済業況の悪さを、それ故にTPPの決着も先送りになりました。

 間違いなく米国も疲弊してきています。

 日本は同盟関係を強化し、米国の信頼を得つつ従属関係から真の友好国

ならねばなりません。 

 これが中国の脅威に対する抑止力なのです。

 序に韓国とは国交断絶をしましょう。嘘、捏造、すり寄りの国家など、

隣国としての付き合いは止めることです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  







Last updated  Aug 28, 2016 02:12:31 PM
コメント(75) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.