000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

長編時代小説コーナ

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


龍5777

Favorite Blog

一つの段取りが始ま… New! 韓国の達人!さん

午後三時(^^)/ New! 月のひかり★さん

きのうは暑かったけ… New! 不思議な玉手箱さん

菅官邸自公政権に『… New! fujiwara26さん

懐かしい写真が出て… New! Pearunさん

Comments

 http://buycialisky.com/@ Re:士道惨なり(11)(12/10) cialis muscle paincialis daily use side…
 http://buycialisky.com/@ Re:改定  上杉景勝(12/11) cialis 5 mg prezzo in farmaciaanti cial…
 http://buycialisky.com/@ Re:騒乱江戸湊(04/28) cialis in spanien kaufenavoid counterfe…
 http://buycialisky.com/@ Re:「改訂  上杉景勝」(04/21) what happens if a woman takes viagra or…
 http://viagraky.com/@ Re:士道惨なり(11)(12/10) offshore viagra &lt;a href=&quot; <sma…
 http://viagrayosale.com/@ Re:改定  上杉景勝(12/11) waar kan je viagra pil kopen &lt;a hre…

Category

Freepage List

Calendar

May 15, 2008
XML
カテゴリ:伊庭求馬孤影剣
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ クール にほんブログ村 小説ブログへ 
 求馬、この地で斃れるか?

「加地三右衛門、ここがお主の墓所となるか」

 求馬の乾いた声を浴びた、加地三右衛門が不敵な笑みを浮かべた。

「その言葉、そっくり返してやろう」  求馬の脳裡に不審な念がよぎった。

 今の境地に立った、加地の言葉とは思えなかったのだ。

 加地三右衛門が細い目蓋の奥から、眼を光らせ懐中から右手を抜き出した。

鈍く光沢を放つ短銃が握られていた。

「卑怯ー」  「喚(わめ)け、動けば遠慮のう引き金を引く」

 見守っている、お蘭が蒼白となった。

「走狗(そうく)の犬、加地三右衛門。遠慮のう引き金を引くことじゃ」

 求馬が村正を垂らし、うっそりと佇みながら嘯いた。

「やい、加地三右衛門、侍なら侍らしくしなさいよ」 

「ほう、色っぽい姐さんじゃな、伊庭を始末して可愛がってやろう」

「馬鹿を云うんじゃないよ、これでも江戸子だよ。旦那になにかあったら舌を

噛み切って果てるまでさ」  お蘭が蒼白な顔色で必死に啖呵を切った。

「威勢のよい女子じゃ、伊庭ともども冥途に送ってつかわす」

 加地三右衛門の細い眼に残酷な色が刷かれた。

 瞬間、求馬の痩躯が宙に跳ね上がった。短銃の銃声が響き、求馬の躯が

わずかに静止をみせたが、加地三右衛門の頭上を猛禽のごとく飛び越え、

村正が鋭く青白い光芒を放った。

「ぎやっー」  獣のような声をあげた加地三右衛門が熊笹の中に転がった。

 短銃を握った右手が肩口から両断され、宙に跳ね上がっていた。
 
 求馬が跳躍し一瞬の隙をついて、村正で加地の右肩を薙ぎ斬ったの

だ。着地するや痩身を加地三右衛門に向け、村正の切っ先が咽喉をかき切っ

た。血が噴き上がり、断末魔の声をあげる事も叶わず、加地三右衛門が

もんどりうってのけ反った。

 求馬はその傍らに村正を杖として立ち上がっていた。

「旦那っ」  お蘭が転がるように駆けよってきた。

「お蘭」  二、三歩、お蘭にそばに歩みより求馬が地面に膝をついた。

「お怪我ですか」  駆けよったお蘭が求馬の躯を抱え起こした。

「奴の弾を食らった」  見ると左胸に銃弾の跡があり、鮮血で濡れている。

「確りして下さいな」  「そこの岩にもたせかけてくれえ、そして火を熾せ」

「はいな」  求馬は躯を岩にもたせかけ、乱暴に柳行李を開けた。

「旦那、火が熾りましたよ」  「小柄の切っ先を焼くのじゃ」

 求馬は、その間に三尺手拭を傷口に当て出血を止めている。

「小柄の先は赤く焼けたか?」  「はいな」  「着物を脱がせてくれ」

「弾を取り出す、取り出したら印籠の薬を傷口を埋めるように塗ってくれ」

「はい」  お蘭が蒼白な顔色をみせながら気丈に振舞っている。

 求馬が真っ赤に焼けた小柄を突き刺した、肉の焦げる異臭が漂い、お蘭が眼

を瞑った。求馬の額に脂汗が滲みだし、頬を伝って滴り落ちている。

 お蘭が手拭で懸命に拭いている。求馬が苦痛を堪え傷口から弾を取り出し

た。「頼む」  求馬が苦しげに岩に躯をもたせかけた、お蘭が血が噴出す傷

口に印籠の薬を塗り込んだ。  「出来ましたよ」

「傷口に手拭を当て出血を止めるのじゃ、その上から油紙を当ててくれ」

 失血の所為で求馬の顔が青白く見える。

「終ったら、三尺手拭を躯に巻きつけるのじゃ」  「こうですか?」

「もっときつく縛りあげよ」  「はい」  お蘭が治療を終え着物を着せかけた。

「良く遣ってくれた」  「大丈夫ですか」

「わしは死なぬ、そのうちに猪の吉がもどってこよう」

 ずるっと求馬の躯が岩から滑った、すかさずお蘭が抱きとめ膝に頭を乗せ、

道行き衣で求馬の痩身を覆った。お蘭には求馬の衰弱する様子が手にとるよう

に判る。 「確りなすってくださいな」 「そちに助けられたのは二度目じゃな」

 薄っすらと求馬が頬を崩した。  

「雲が綺麗じゃ」  擦れ声で空を見入っている。

(猪さん、早くもどっておくれよ)  お蘭が祈る思いで猪の吉の帰りを待った。

 益々、求馬の容態が悪化している。

「お蘭、わしは疲れた。・・・・暫く眠る」  求馬が眼を閉じた。

「旦那っ」  お蘭の問いに求馬の返答はなかった。

 信濃の空が青く輝きだす午後であった。          「完}

本日をもって血風甲州路は完了いたしました。皆様のお蔭で歴史部門

は1位となり、小説ブログランキングは4492の中で3位となりました。

 これも皆様の応援の賜物と深甚なる謝意を表します。

 今回で筆を置きますが、次ぎの作品もよろしくお願いいたします。

 有難うございました。


血風甲州路(1)へ

 







Last updated  May 15, 2008 12:03:49 PM
コメント(21) | コメントを書く
[伊庭求馬孤影剣] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 感動的なラストでした   sound_moon810 さん
お疲れ様でした。求馬は漢(おとこ)ですね。 (May 15, 2008 11:54:09 AM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   マリリンたちのパパ さん
お疲れ様でした
入退院された後もよく頑張って 完結まで引っ張っていただきました
後日譚を聞いてみたい気もします (May 15, 2008 12:34:30 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   youちゃん150 さん
こんにちは~ お疲れ様です。
休みに家でのんびり過ごすのは久しぶりです。
続きのあるような終わり方ですが、続きもあるのでしょうか?
強い求馬なので、目が覚める事もあるかも知れませんね。
ポチッと終わりました。o@(^-^)@o。ニコッ♪ (May 15, 2008 02:52:55 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   marin_kaze さん
こんにちは。
今日も一句をありがとうございます。
最終回ですね!
今回も楽しく読ませていただきました。
次回もありそうですね。続編、楽しみに待っています。 (May 15, 2008 03:21:04 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   kei30318274 さん
龍さま こんにちは。
いつも素敵な一句 ありがとうございます。
血風甲州路 余韻を残して見事な完結!
感服いたしております。
時代小説の魅力に誘われ、拝読の機会を得ました
こと深く感謝致しております。
次回作への期待が募っております。楽しみにして
お待ち致しております。
ゆっくりお休みになって下さいませ。
(May 15, 2008 03:22:22 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   諸行無常4141 さん
何時ものことながら「お疲れさま」でした。
大好きな求馬で、随分と長時間愉しませていただき有難う御座いました。少しお休みになって、次回作を期待しています。 (May 15, 2008 03:37:01 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   rakutendaisuki123 さん
龍さま

こんばんは!ご訪問遅くなりました(^^;)

薔薇とツツジ もう花が散っているのですか?
(^^;)
こちらはこれからですよ!!

ご挨拶の一句いつも感謝です。

ワインはシャブリが好きなんですか?
これからの季節に海老や旬の貝類などと一緒に
飲むのが最高ですね!! (May 15, 2008 07:10:19 PM)

 こんばんわ(^^♪   つり丸1975 さん
ツツジも終わりこれからは
春のツクシとかタンポポとか
キレイな花も咲いてきますよ(^^♪ (May 15, 2008 07:18:30 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   なふら さん
こんばんは♪
毎日読ませていただきありがとうございました
以前にも愛した女性を死なせているという文章があったので
もしや今回はお蘭さんが・・・と思っていたら・・・
求馬は今度は必ず守ると決めたとおりに・・・


毎日文章を読むのが楽しかったです
次回作品を楽しみに待っています(^▽^)/~~~~

でも ご無理なさいませぬように!!
(May 15, 2008 08:30:54 PM)

 血風甲州路最終回   NB和 さん
糾弾を受けながらも
確固としている求馬
勇ましきラストシーンでした。
長い間お疲れ様でした。
(May 15, 2008 09:26:50 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   風歌。 さん
求馬が大好きです。求馬のその後に想いが馳せます。
毎回楽しく読ませていただきました。ありがとうございました。
そして、お疲れさまでした。
(May 15, 2008 09:34:21 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   nisitakisyou10 さん
いつもありがとうございます。
銃弾を受けながら、凄い腕です。
~お疲れさまでした。楽しませて頂きました。 (May 15, 2008 10:12:12 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   #56 さん
こんばんは。
こういうラストシーンになるとは…続きはどうなんだろうと、読み手の自由な想像力をかきたてますね。 (May 15, 2008 10:40:53 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   よりちゃん0606 さん
お疲れ様でした
1位もダントツだし3位はもっとすごいですよね。
次回も期待大です。
もっとファンが増えますね。きっと♪

私もお蘭さんみたいにいい女房!って言われたいなあ (May 15, 2008 11:21:38 PM)

 おはようございます   ショウ(晶) さん
お疲れ様でした。
次回の作品楽しみにしております。
「綺麗事ではなくドロドロの作品」
が人間臭くて好きです。
(May 16, 2008 05:47:15 AM)

 おはようございます。   修32 さん
お疲れ様でした。
次回作も期待しています。 (May 16, 2008 07:23:11 AM)

 龍5777殿、ご機嫌よう(^^ 5.16   individual.investor さん
おはようござる、龍5777殿(^^

拙者のブログへのご訪問&コメント、そして、「ご挨拶の一句」、ありがたき幸せm(_ _)m

『血風甲州路』完了、おめでとうござりまするm(_ _)m

次作もまた期待でござる(^^

いつも応援かたじけないでござる。

重ね重ね、繰り返し、まことにあつかましいお願いながら、人気ブログランキングの応援クリック(ランクリ、1日1回、3つのアイコン「日経225mini先物」、「専業投資家」、「Kabukome」をポチ!)をお願いするでござる。

お礼に替えておすすめ~(レコリン)を「控えめに」ポチポチっとしておくでござるm(_ _)m

また拙者のブログに、気軽に遊びにおいでくだされ。

by 「へっぽこ」トレーダーことindividual.investor

(May 16, 2008 09:00:33 AM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   topo-di-biblioteca.st さん
おはようございます(*^^*)
いつも素敵な一句をありがとうございます。
次の作品も楽しみにしております。
でも、お体の方を優先させてくださいね。



(May 16, 2008 10:34:43 AM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   あゆみ115 さん
完結おめでとう御座います
何時も詩を有り難うございます
私も今の空は好きです。
飛行機の航路なのでよく空を見上げています。 (May 16, 2008 11:52:11 AM)

 お疲れ様でした!   素浪人199 さん
出張で今日まとめ読みをさせていただきました!
留守中応援できずすみませんでした!
今後のご活躍をお祈りいたします。
素浪人! (May 18, 2008 01:40:30 PM)

 Re:血風甲州路(97)(05/15)   人間辛抱 さん
本当にお疲れ様でした。 (Jun 29, 2008 10:47:37 AM)


© Rakuten Group, Inc.