1120187 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

長編時代小説コーナ

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


龍5777

Favorite Blog

皆様方へ New! Grs MaMariKoさん

私は知っている!(… New! 韓国の達人!さん

(^^)/花の額 New! 月のひかり★さん

ゴーヤーを2個収穫… New! Pearunさん

^-^◆【助言の光】支… New! 和活喜さん

Comments

 http://buycialisky.com/@ Re:士道惨なり(11)(12/10) cialis muscle paincialis daily use side…
 http://buycialisky.com/@ Re:改定  上杉景勝(12/11) cialis 5 mg prezzo in farmaciaanti cial…
 http://buycialisky.com/@ Re:騒乱江戸湊(04/28) cialis in spanien kaufenavoid counterfe…
 http://buycialisky.com/@ Re:「改訂  上杉景勝」(04/21) what happens if a woman takes viagra or…
 http://viagraky.com/@ Re:士道惨なり(11)(12/10) offshore viagra &lt;a href=&quot; <sma…
 http://viagrayosale.com/@ Re:改定  上杉景勝(12/11) waar kan je viagra pil kopen &lt;a hre…

Category

Freepage List

Calendar

Mar 31, 2010
XML
カテゴリ:武辺者
 

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ クール にほんブログ村 小説ブログへ 


        「死に遅れた男」

 加持庄兵衛も彼等の勧誘をうけることになる。この時期、庄兵衛は永の浪々

の身で、窮乏した生活を大阪の下町で過ごしていた。

 藤堂家を見限って七年の歳月が経っていたが、高虎が諸国に廻した回状で、

再仕官の口がなく無為な日々を過ごしていたのだ。

 併し、世の中が沸騰し、大名達は藤堂家の回状を無視しだしたのだ。

 ようやく庄兵衛にも運が訪れようとしていた。

 彼は薄汚れた身形で下町の長屋に向かっていた。相変わらず高い鼻梁を

見せ、不敵な面魂で肩を怒らせている。

「お帰りやす」 なかなかの美人が出迎えた。庄兵衛の女である。

 正式な女房ではないが彼は気に入っている、名前はくめと言う。

 居酒屋で酌婦をしていた彼女を強引に自分の女にしたのだ。くめも男前の

庄兵衛に惚れ、生活の面倒を一切みてくれた。

 くめとの出会いは大いに助かった、欲望の吐口と生活の面倒が解消できたの

だ。大阪女として気象も強く、さすがの庄兵衛もやり込められる場合もあった。

「誰ぞ、わしを訪ねてはこなんだか?」

「旦さんがお出かけされた後に、立派なお侍さまが参られましたが、留守と

申しあげますと明日参られると申され、お帰りになられました」

「家中の名は言わなんだか?」

「なんにも申されませんでした」

(明日か) 庄兵衛は狭い部屋の奥に座り心が躍っている。

 ようやく世に出る機会がめぐって来たと実感された。

「旦さん、嬉しいお話でもおましますのか?」

「わしにも出世の糸口が見つかったようじゃ」

「仕官でっか、わてかて嬉しいお話ですがな。一本つけまひょか」

「一本なんぞけち臭い事を申すな、大いに飲みたい」

「お足が」 くめが申し訳なそうに眉を曇らせた。

「明日になれば金子は入るじゃろう」

 その言葉に、くめが浮き立つように勝手口に消えた。

 その夜は大いに飲み、くめにも勧めた。

「おおきに」 白い咽喉元が眩しいほど色っぽく感じられる。

「くめ、もそっと側に寄らぬか」

 くめの柔らかい躯を引き寄せ唇を吸った、甘い吐息を耳元に感じ欲情が

募ってきた。くめの手が庄兵衛の股間をまさぐった。互いに愛撫を交わし、

睦言を囁き二人は獣となった。くめの嬌声と太い庄兵衛の吐息が混ざり、

何度となく二人は求めあった。

「旦さん、今夜は激しゆうおますな。もう堪忍」

 そう言いながらも、くめの手が再び股間にのびた。

 久しぶりの酒と媾合の疲れで高鼾をかいて寝込んだ。翌朝、庄兵衛は

爽やかに目覚めた、思いっきり精を出した所為かも知れない。

「昨夜の旦さんの鼾は凄うおましたな」 くめが桜色の頬を見せた。

「それは済まぬ、・・・・して何度抱いた」

「いけずやわ、そないな恥ずかしい事を女の口から言えしません」

 朝からたわいのない痴話事を交わしているが、外の気配が気になり気持ちが

浮ついている。

                          続く







Last updated  Mar 31, 2010 11:58:55 AM
コメント(2) | コメントを書く
[武辺者] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 こんにちは   素浪人199 さん
どこの誰が来るんでしょうか?
楽しみです!
しかし良い男はいいですね!

私もあやかりたいが浪人はブログの名前だけでよいですね! (Mar 31, 2010 05:30:55 PM)

 こんばんは   素浪人199 さん
肩幅
私が見る限りでは殆ど同じに見えますが・・・・
統計なのでしょうか?

最近は肥った人が増えました!
20年前は少なかったですが!

このくらいのお返事お許しください! (Mar 31, 2010 11:40:20 PM)


© Rakuten Group, Inc.