427734 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

菅原学習塾(自立型個別学習)076(272)8133      石川県野々市市の個人塾

2014/02/04
XML

 

 <ケーススタディ 1>

 「学習習慣」がまったくない場合

 

  1 ・ 得点力、過去の結果関係なく、「好きな」「面白い」「取り組みやすい」科目を聞く

  2 ・ 2科目聞いてください、メモ(記録)してください

  3 ・ 確認したその日より、「3週間から4週間」 とことんその2科目を勉強することを約束する

 

  〇<1週間後の確認作業>

   A : 学習量がしっかり増えた、なんか変わってきました ⇒ よかったですね!これからです!

   B : 最初の2日くらいしっかりやって、今はなんかもう前の状態です ⇒ お子さんはホンマもんのアホです!

                     「好きな科目がない」、「自分で没頭できる科目がない」、おっとろしいことです!

 

  ※大人だろうが、子どもだろうが「期待を裏切る」「約束を破る」奴は平気でやらかします!

   保護者の方が変えたいならば「本気で覚悟持って」 手段、方法を選択してください!

   「第三者」「別環境」をいろいろ試してみるのも手段、方法ですね。

   ないしは、「あっさり」見切ってやってください。そのほうが保護者様のストレスは減ります!

 

 

 

 

  <ケーススタディ 2>

 「学習習慣」がしっかりしているのに結果があまり出ていない場合

 

 1 ・ 「本当にしっかりしているか?」、Yes,Noで確認してください。

 2 ・ 自分に対して、「甘い」か「しっかりしている」か二択で確認してください。

 3 ・ 学習の密度(中身)が「濃い」か「薄い」か二択で確認してください

 4 ・ 学習に取り組むことは、「楽しい」か「普通」か二択で確認してください

 5 ・ 学習科目が「バランスが良い」か「偏っている」か二択で確認してください

 

 ※お子さんを厳しくジャッジしたい場合は「1つ」、甘くジャッジする場合は「3つ」以上

 マイナスコメントがあれば、そこが改善ポイントですよ。

 よろしいですか、「学習習慣をつけること」が最優先ならば「見張りつける」とか「自習室」

 毎日放り込むとかいろんな方法があります。でも最優先、願いは違いますよね。

 マイナスコメントがゼロ、ご立派ですね。

 ではなんで伸びとらんのですか? 原因を正確に把握しないで何やっているんですか?

 まずは原因をはっきりさせてください。

 たとえば、「読むこと」「まとめること」「問題解くこと」が中心の学習で、

 「暗記、暗誦、頭にしっかり残るまで音読する」「解説をすらすら書けるまで繰り返す」

 とかいうことが少ない、とか。

 

 各個人の状態を正確に把握することは、「一般論」では限界があります。

 より具体的に、的確に策を講じる必要があります。

 

 手遅れはありません、保護者の方が己で本気で格闘するのもよし、第三者に委ねるのもよし。

 早期対策は重要ということです。「ヒント」「きっかけ」「ポイント指南」は多い方がよいはずです。

 







Last updated  2014/02/04 06:12:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
[激励、がんばって!] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.