434147 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

菅原学習塾(自立型個別学習)076(272)8133      石川県野々市市の個人塾

全352件 (352件中 131-140件目)

< 1 ... 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ... 36 >

2014/05/14
XML
カテゴリ:思うこと

個別教育相談継続中

 

塾という「環境」でお預かりしている以上、

「学校」「家庭」「塾」という環境でのそれぞれのご家庭ごとの「お悩み」「諸問題」を

お話ししております。

(ほぼ雑談で終わるご家庭も2~3割あります。非常に順調な場合に限定されますが。)

 

「これは、このご家庭にはキッツい話だろうなぁ~?」

「この事実は本当に伝えるべきであろうか?」

「ここまで踏み込んでいいのかなぁ~。」

 

覚悟を持って、「真実の説明」をしている瞬間もあります。

時として非常に辛く、不快です。

時として、保護者の方自身が一番大きな不快感に陥っているはずです。

(保護者会、保護者懇談会、個別相談会を行っていない塾にあこがれるときも正直あります。)

 

お子さんに関する

学習上の問題点のすべての因果関係、解決方法をもちろん知っているわけではありません。

しかし、正確で公平な情報、真実の情報が不足している、そして行動も足りていない状態での結果が

どうなるかは自明です。その部分を「勉強のやり方」とか「やる気スイッチ」とか「人間力」という

安易な語彙で最近は逃げたくないな、っと。

(もちろんリアルな面談でことばは使いますが、あくまで一般論として逃げたくはないな、っと。)

 

 

正確で公平な情報、真実の説明

をただ行いたい。MOZUの公安刑事役の西島秀俊さん風に言えば「ゆがめられた真実は見飽きた」というところでしょうか。

 

「勉強のやり方?」「やる気スイッチ?」「人間力?」

その一般論を日常に落とし込むことに苦労しているご家庭と本気で向き合っている人間しか私は信用しない。

特にこの業界において、「新規面談(新規勧誘面談、入学面談、売りの面談)」がメインのところは怪しい。

そりゃそうだろう、「新規顧客」と「既存顧客」への優先順位の逆転も平気でおこるであろうから。

 

「ゆがめられた真実は見飽きた」

いやあ、西島秀俊さん、かっちょええわぁ。

(ハードボイルド系の映画やドラマは「救いがない」結末も多くて敬遠される方も多いのでしょうが。)

 


 







Last updated  2014/05/16 08:47:26 AM
コメント(0) | コメントを書く


2014/05/09

<個別教育相談(春)>

5月9日(金)~5月28日(水)

 

春、秋、冬の3回は定例の個別教育相談を実施しています。

(毎月、2週に1回ペースの保護者の方も数名おられます。随時相談ですね。)

 

 

完全予約制(おひとり様最低1時間枠をとっております)

 

〇現在、「教材(~ゼミ、~会)」中心の学習で、リアルな相談がしたい。

〇現在、「家庭教師」中心の学習で、リアルな相談がしたい。

〇現在、「他塾」に行っているが、「保護者面談・懇談がない」塾なので、リアルな相談がしたい。

 

つまりは、「子どもの自主性を!」 「子どもを褒めましょう!」 「子どもの可能性を!」 「子どもの未来を!」

的な対応(教材会社、家庭教師、塾、学校)に飽き飽きしている人は私との面談をお勧めします。

 

 

自塾への勧誘、そんな安っぽいことしますかいな。あくまでも純粋なセカンドオピニオンを提供いたします。

私、完全に一人で塾やってます。

上司も部下も存在しません。

つまり、上司の指示なし、部下を守る必要もないので 「気合入れた本音」話せます。

生徒本位ではない、保護者本位のお話がしたい方は特に有益であると考えます。

(基本、私も2人の子どもの保護者です。子ども本位、主導権が子どもにある状態の良し悪しを語らせてください。)

 

本当にお困りの場合はご相談ください。

お子さんの貴重な「10代の時間」の消費、浪費に手を打ってください!

 

 

 

菅原学習塾 076(272)8133

代表:福村幸治

 







Last updated  2014/05/09 05:43:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/05/08
カテゴリ:思うこと

身体にしみこんだものは残る

 

出汁の染み込んだ大根おでんのおいしさ、のような。

 

感覚的なことなので、伝わらない人には伝わらないのだろう。

 

知恵を出す、工夫する、改善する、必死にやる、自分を追い込む

明るく前向きに取り組む、向上心を持つ、徹底的にやる

勝負(結果)にこだわる、覚悟を決める

 

上記をしみこませればよいだけ、それだけで必ず良くなる。

 

わが子に期待するならば、上記のような精神を染み込ませることはとても大切ですよね。

スポーツ、芸術、学問(学習・勉強)において、「身体知化」が最も重要な気がしています。

 

 

 

 







Last updated  2014/05/08 09:52:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/24

「〇〇君、△△に受かってんて、すごい!

 なんか、塾もなんもせんと、とことん家でしっかりやってんて、すごい!」

 

 

「〇〇君、△△に受かってんて、すごい!

 なんか、◆◆塾にとことん通って、しっかり習ってやってんて、すごい!」

 

 

 

この2つの話の間に

無数の目盛(無数の状態)

が存在するのをお気づきであろうか。

 

 

 

優秀な教師・講師・家庭教師はここの「心情」「環境」「コンテンツ」をコントロールできる、だからうまくいく。

優秀な生徒・保護者はここの「心情」「環境」「コンテンツ」をコントロールできる、だからうまくいく。

教師・講師・家庭教師、生徒・保護者の連携がうまくいけば、その効果は自ずと高まる。

 

 

ある機関の調査によると、学校外教育の「満足度」はあまり高くないらしい。

そりゃそうだろう、

「腕の足りない教師・講師・家庭教師」と「覚悟の足りない生徒・保護者」 

が連携したって何が変わるちゅうねん!

 

昨日の新規保護者がほざいとったな。(体験学習なし、今後のご縁なし。)

「こないだまで行っていた塾、成績保証あったのですがお宅様は?!」

あほくさ、そんな立派な保証あって、なんでウチに来んねん! 俺は既存塾生なんとかするだけで精一杯じゃ!

 

 

「無数の目盛(無数の状態)がある」「人はそれぞれ」 

にお気づきください。

「相性を考える」「好きか嫌いか、好きならしっかりやる、嫌いならやらない・辞める」

意外とシンプルな思考に重要な解決策・解決方法がある気がしますね。

 







Last updated  2014/04/24 08:25:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/23

性格を変えるのは難しい、行動を変えてください、行動してください!

 

行動を変える、行動のレベルを上げた者のみに訪れる「喜び、幸せ」ってあります。

行動レベルを「家庭レベル」「保護者レベル」「子どもレベル」で上げていないくせに

「文句、不満、愚痴だらけ、いじける、評論ばっかり、口ばっかり、噂話ばっかり」ってことはありませんか?

 

「本気になる」か「覚悟決める」か

 

   本気になりやすい、覚悟決めやすい、「環境を整える」か

 

どこに投資するかお決めください。

最終決定は、各ご家庭ごとの価値観によります。貴重な判断を他人に任せてはいけません。







Last updated  2014/04/23 06:47:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/22

昨年、6時間強の手術をした。

人生初の入院もした。

南先生も見舞いに来てくれた、綺麗な奥さんだった(笑)

 

あれからちょうど1年が経過、主治医および発見していただいた内科医の先生には本当に感謝している。

抗がん剤も1年間飲み続けてきた、副作用もだいぶ慣れてきた。

飲み薬の抗がん剤には本当に感謝、この薬がなければ定期入院が普通だったわけで。

現在廃業、開店休業中の可能性も普通にあったわけで。

まあ今年、来年の再発も大いにありうるわけではあるが、発見がもし「今」とかであれば確実に人生の終焉間近で

あったのは間違いないわけで。家族や肉親との時間、仕事をできる時間を伸ばしていただいた恩は大きく感じる。

 

 

以下は私の「手術前」、「手術後」のお医者様との関わりである。

金沢赤十字という病院には本当に感謝している、スタッフの皆様の献身的な姿勢は本当に感謝している。

自分との相性はとてもよかったみたいです。近いことも非常に継続しやすいですね。

 

 

以下は手術前、手術後の病院利用のフロー、この微妙な手順前後をご確認いただきたい。

これは塾およびいろんな習い事の利用にも通ずること、いろいろ考えて利用する

ことの重要性を示唆している気がします。

「丸投げ体質」 「過干渉体質」 「杞憂体質」の方はぜひ大きなヒントとしていただきたい。

 

 

<手術前>

1・ 問診

2・ 精密検査(血液、CT、エコー、PET、MRI、内視鏡等)

3・ 治療方針

4・ 治療

5・ 効果の確認、検証

 

<手術後>

1・ 定期的な検査(血液、CT、内視鏡)

2・ 検査結果の確認、検証

3・ 問診

4・ 効果の確認、検証

5・ 適正な日常生活

 

 

 

塾の業界に限って言えば、

「結果の確認・検証」 「効果の確認・検証」

をご家庭、保護者様の満足度の軸に置いてください。

 

・やっているわりにはあんまり・・・

・1年以上通っているのですが・・・

・あんまりやり方がわかっていないみたいのですが・・・

 

「結果・効果の確認・検証」をもっと要求すべきです。

不平、不満、心配、不安、微妙な感覚・・・、自分も2人の子の親なので感じるのですが、

必ず「理由、原因」があります。

もっともっと発信すべきに思います。

モンスターピアレンツだと思われる?! わが子のために覚悟したならば、ぜひなってください。

ご自身の我欲でないならば、迷わず発信すべきです。

 

 

「そんなん言わんでも分かってよ~、察してよ~。」

おっしゃるとおり、ごもっともです。

しかし、最先端のテクノロジー、最高峰の頭脳集団である医学の世界においても問診

が重要なわけです。ましてや未成熟な子ども、ご家庭の心理分析においては絶対最重要なわけです。

 

 

私は1年前、生きられる時間の期限を実感しました、死は当たり前(より強い生への感謝)

という感覚もいただきました。

故に、たかが勉強ごときで困っている子ども・ご家庭の弱さをより感じるようになりました。

 

 

考え方・行動の仕方、個人ごとに正解は違うのでしょうが、可能な限り正確な手順で生きたいものです。







Last updated  2014/10/04 11:42:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:思うこと

「俺たちはリング上で

     色んなものと闘っていた」

             (前田日明)

 

 

私にとっての金言。

今でこそ、個人でのんびりのんきに塾をしているが、

組織での仕事時代は、「色んなもの(複雑さ)」との闘いだった気がする。

 

 

矛盾だらけの日常、整合性のとれない出来事、天から降ってくる仕事、非情なる現実、言えない真実

振り返ると本当に「自分の才能の無さ」に気づく、がむしゃらにやるしかなかったんだな、と。

 

 

アントニオ猪木、前田日明、両方とも大好きなレスラー。

野々市市立図書館はありがたい。

プロスポーツ本が豊富にある、プロレス・プロ野球・サッカー・F1の歴史とリアルを読みまくろう。

 

小学生、中1、中2、高1、高2、読書せえよ!

10代での感性、20代の感性、30代の感性、40代の感性、明らかに違うのでね。

「読書」「学び」「知的好奇心」への誘導をうまく行いたいですね。(ポイントは「観察」「誘導」「巻き込み」です!)

 

 

 







Last updated  2014/04/22 09:43:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/11
カテゴリ:思うこと

 リーダーシップ(リーダーに求められること)

    ・率先垂範

    ・責任を感じることができる、責任を果たすことができる、責任を取ることができる

    ・常識と規律に基づいて、客観的に判断できる、まとめることができる

 

 前職は組織の塾にいました。

 末端の週1回勤務の講師も含めれば 400人ぐらいはスタッフがいたように思う。

 「雇用の創出・継続」、「高額な人件費負担」、「組織の継続」、振り返ればみんな立派な仕事していたなぁ。

 大きな犠牲的精神を持ったリーダーが多かったなぁ。 

 

 

 リーダーシップは当然、「他者」に対して一番発揮せねばならない。

 よって、「自分を律することは当たり前のこと」

 

 保護者のみなさん、

 お子さんに対する悩みの本質はどっちですか?

 「人としての問題ですか? 学習面での問題ですか?」

 どうも混乱している、正しい現状認識に欠けている、本質に向き合えていない方も多い気がする

 そういう状態なのに「相談」「質問」ばっかりしている、「不安」「心配」ばっかりしているケースが存在している

 

 もう少し本質を捉えたらどうでしょう?

 学習以前の躾にもっとこだわったらいかがでしょうか?

 保護者の皆さんはお子さんへの「偉大なるリーダー」なのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2014/04/11 09:04:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/04
カテゴリ:思うこと

   君、そんなことも知らんかったのか?  はい、すみません。

   あるお寺さんのブログにて発見、学ばせていただいた。

 

 

 

   健康は最上のご利益

 満足は最上の財産

 信頼は最上の縁者

 心の安らぎこそは最高の幸福なり

 

    (法句経204巻)

 

 

 

   既存顧客(既存在籍の保護者様)への「満足提供」「安らぎ提供」をしっかり行いたい。

   各ご家庭では、「健康管理」「生活管理」のみを行えばよいという状態を常態化したいものだ。







Last updated  2014/04/04 07:59:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/03/31
カテゴリ:思うこと

 

 適度に自信があり、適度な緊張感もあり、適度な余裕もある

 

 そういう保護者、お子さんと「より良い」「より上の」状態を目指していきたい。

 リアルな現実はそうもいかない。

 「自信がない、自信がなさすぎ」状態

 「自信過剰、自信過剰ぎみ、もうちょい謙虚になれよ」状態

 が多い気がする。

 

 まあ成績をきっちり点とる、しっかり合格を勝ち取るには多少自信過剰なくらいが良いかも。

 自信がない状態 ⇒ 自信が芽生える ⇒ 自信がある状態  ⇒ 自信過剰 ⇒ 天下無敵

 

 

 

 楽勝! 簡単! 余裕!

 

  ときどき間抜けな奴も多用する言葉ではあるが、

  自信のない、勉強が苦手な子が多用する言葉ではない。

 

  健全に明るい状態で、保護者からもしっかり認められている状態のお子さんが発する

 楽勝! 簡単! 余裕!

  は適正な自分の状態確認になる気がする。

 

  保護者の方々はぜひわが子の言動においての「小さな自信、小さな芽生え」を日々感じていただきたい。

 

 







Last updated  2014/03/31 05:30:38 PM
コメント(0) | コメントを書く

全352件 (352件中 131-140件目)

< 1 ... 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ... 36 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.