434348 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

菅原学習塾(自立型個別学習)076(272)8133      石川県野々市市の個人塾

全352件 (352件中 151-160件目)

< 1 ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ... 36 >

2014/01/30
XML
カテゴリ:思うこと

 

遡行学習

(=過去のできないところまでさかのぼり、しっかりできるところを積み重ねて、現在に復帰させること)

 

最近、大手のFC個別塾より、「3名」転塾してきた。

マンツーマン個別(1:1)の〇〇〇〇学院、CMでおなじみの〇〇〇塾、やる気スイッチの〇〇〇〇〇〇

3名とも「遡行学習」が足りない、保護者にしっかり了解とってさかのぼってやりゃよかったのにね。

まあ現場の若いお兄ちゃん、お姉ちゃんなりの努力は伝わっては来る。

しかし、要はその統括・管理者だわな。

 

成績上がっとらん、むしろ下がっとる!

しっかり見んかい、最低限保護者のケアでもせんかい!

 

 

FC塾はやっぱりコンテンツ持っているところ(東進、ベネッセ、公文)のほうが強いなぁ、

ノウハウ系のFCは「現場での実践度合」によって、本当に同じ塾なの?と思う。

つまりは「コンテンツノウハウ」と「属人的ノウハウ」は当然コンテンツノウハウのほうが

現場で落とし込みやすいわけで。

 

新規FC塾をお考えの方、「コンテンツ重視」「属人的ノウハウ重視」しっかり見極めんと

お金損しますよ。FC主催側は「絶対に損しない仕組み」になっていますからね。

 

保護者の皆様、「生徒集めが必死すぎる」「教材・行事販売が必死すぎる」ところは

なにかしら問題があるかもしれません。素肌感覚、直感で察知してください。

「1年は信じて継続してみよう。」

という良心的な保護者さまもたくさんおられます、この業界で働く人間にとっては「神」の

ような保護者さまです。私は「時間対効果」「費用対効果」重視をお勧めします。

 

 

 

 

 







Last updated  2014/01/30 09:51:01 PM
コメント(0) | コメントを書く


2014/01/24

ご存知でしょうか。

 

「勝ち」「負け」はルール、設定によって変わります。

テストというハードルにおいてわが子を勝たせたいならば、

「絶対に到達可能な目標設定」を定めれば必ず勝てます。

「低い目標をクリアしても意味がない!」

はい確かにその通りです。

しかし、「目標設定」「目標認識」において本当にお子さんと「真の合意」が

あるでしょうか?

私も2人の子の親ですが「心情」は残念ながら完全につかみきれていません。

だからこそ「意外な成長」に必要以上に喜び、「意外な失敗・怠慢」に怒り、嘆くのかなと。

 

「勝ち、負け、結果なんて関係ない。

    常に全力で努力している姿を見せてくれ!」

こういう関係が出来上がっている親子は強いですよね。

お子さんが自分のために努力する確率は増します。

 

 

「幸せ、不幸せ」は精神状態、 価値観、経済感覚で変わります。

息子さん、娘さんが「幸せな表情」を見せるのはまさに親の成果。

しかし、いずれ旅立つ「社会」は絶対に息子さん、娘さんに合わせてくれません。

難しい時代になっています。

守れる保護者の方々は「ずっと守ってやる」のも1つの選択肢でしょう。

ただ、多くの保護者の方々は「10代後半、20代における自立(精神、社会、経済)」

を願うのではないでしょうか。

 

 

学校および民間教育機関にはまだまだ「優秀な先生方」はいらっしゃいます。

お子さんの応援を真剣にしてくれる「人間」をお探しください、大きな影響力さえ

あればお子さんは必ず変わります、伸びます。







Last updated  2014/01/24 09:44:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/01/22
カテゴリ:思うこと

「勝手気儘」

 

勝手気ままな人っています、本当にいます。

おっとろしい位、無意識で身についている人もいます。

 

・子ども、生徒、当然います。

・保護者、大人、当然います。

・じいさん、ばあさん、当然います。

・教師、講師、塾人、家庭教師、監督、コーチ、インストラクター、当然います。

・企業人、組織構成員、当然います。

 

 

子ども、生徒は仕方ないですよね、「躾」が行き届いていないだけですから。

子ども、生徒は仕方ないですよね、「お子ちゃま」なので今から直せばいいだけなので。

子ども、生徒は仕方ないですよね、我々大人が「身体張って」改善させればよいだけなので。

 

 

昨日の新規面談保護者、まさに「勝手気儘オーラ」全開。

なーんか嫌な面談だったなぁ。(結果、体験学習に至らず、ほっ。)

なーんか最近は特に

「電話応対での初期対応数秒間」「初回面談での数秒間」で

すべて結論が出ている気がするなあ。電話での面談設定もっと敷居上げようかな。

まあ中3がもう少しで10名以上卒業しますので、新規の方々は大歓迎な時期なのですがね。

 

既存顧客

(月謝をお支払いいただいている保護者の方々)

が利益を享受する、得していただくことが最優先で仕事しております。

 

明らかに、「年下の」保護者の方々も増えてまいりました。

すみません、チラシで募集もかけていますが、新規の方々に「媚びたり」「お世辞ふりまいたり」

一切しておりません。「あま~く期待感を煽るセリフ」も一切述べておりません。

新規の方々を「ソフトに」「期待感たっぷりに」「お得感満載で」ご勧誘しておる教育機関は

いっぱいございます。

 

保護者の皆様は大人なので、

しっかり、「ご自身の目で」「判断基準、価値観をしっかり持って」「自己責任の自覚を持って」

考え、行動し、決断してください。

 

 

 







Last updated  2014/01/23 05:51:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/01/18
カテゴリ:思うこと

センター試験真っ最中、すんません、今日明日は祈るのみです。

 

 

「気力」「体力」「根性」

 

つきつめていくと、どうも自分の

「生徒への不安・心配・不満・物足りなさ・納得できない感」

はこの辺にあるようだ。

 

 

心配性、不安症、神経質な保護者の方々であればなおさらであろう。

なんといっても、かけがえのないわが子なのだから。

真摯に、毅然と、真正面から受け止めてくれる「配偶者」「先生(教師・講師・アルバイト)」「身内」

が各ご家庭にしっかりおることを願う、そこがなければ相当しんどいだろう。

 

 

 

最終的には、自分の「気力・体力・根性」がポイント

この部分をいかに「感覚的に」染み込ませるか、伝えきるか。

それこそがまさに「親魂」「教師魂」の最大の見せ場だと思うのだが。

えっ?!人に恵まれていない。ほな、しっかり探しなはれ!悩んどっても解決しませんよ!

 

 

「気力、体力、根性」が不十分なお子ちゃまである限り、保護者の皆様も平穏無事では

いられないはずである。だからこそ、鍛える部分、自己研鑽させるポイントはそこなんです!

些末なことは後回し、本質的なこと・最優先なことを本当に大切にさせてください、お願いします。

 

 







Last updated  2014/01/18 02:13:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/01/05
カテゴリ:思うこと

その1秒を削り出せ!

(箱根駅伝、東洋大学のスローガン)

 

結果を出す人たちはやっぱり、

「原因」「理由」「動機づけ」

がはっきりしとるね。

 

「本質を捉える知恵、知識、知能」は誰にでもある。

実行レベルに個人差、家庭差、環境差がある。

縁があった人々にはしっかり伝えていこう、実行レベル向上&成果で応えていこう。







Last updated  2014/01/07 12:40:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/12/23
カテゴリ:思うこと

 

息子さん、娘さんが下記のいずれでも良いので

「ずば抜けている」「保護者として誇りに思う」ことがあれば

そのことを突破口にできます。

 

 

・「素直さ」がある

・「前向きさ」が大きい

・「積極性」が強い

・「向上心」があふれる

・「スピード」がずば抜けている

・「明るさ」が半端ない

・「本気度」が強い(「覚悟」がある)

 

 

 

えっ、ひとつもない?!

それは保護者の皆様、ごめんなさい。 皆様の怠慢です!

 

もう1回、お尋ねします。1つは見つかりましたか?

厳しくではなく、あまーく判断してください。1つは見つかりましたよね?

そこがお子さんの現在の「財産」です、それを膨らましたい、自信持たせたいですよね。

そこを「きっかけ」にしましょうよ、他の可能性につなげましょうよ。

最初から可能性あふれる状態でなければ「きっかけ」を多くせねばなりません、

自発的な気づきが少ない、遅いとお感じであれば「きっかけ」を多くせねばなりません。

「きっかけ増やし」「動機付け」、ぜひ積極的にお願いします!

 

 

逆に、3つ以上当てはまれば、非常に立派なお子さんですね。

自慢の息子さん、娘さんなのではないでしょうか?

えっ、全然ダメで全然心配?

もしかして

「本人ないしは保護者の方の目標設定、高すぎません?」

現状の不安、心配、不満が増えるような「目標設定」は誰が得するのでしょう?

 

自分で勝手に創造した「希望」「絶望」

の中で溺れんといてください、そんなん誰が積極的に関われますか。(ディープすぎます!)

 

良いところがたくさんあるのに、「リアルな現実」が物足りない、満足できない。

もっと、足元、己自身を固めてください。

自分の「現在状態」をしっかり固めたうえで、再度目標に向かってはいかがでしょうか?

 

えっ、目標・夢があまりない?!

あっ、保護者様でなくて、本人さんがですね。

その場合はまずは「目標設定」からですね。目標・夢がたいしたことなくて、成績ばっかり

よくなってもあんまり喜べないでしょうね。

すぐ調子に乗ったり、すぐ油断してしまう

かもしれませんね。

 

 

 

 

情報に踊らんといてください、情報に一喜一憂せんといてください。

何が真実か、何が必要かなんて本当に千差万別。

瞬時の選択、瞬時の判断、瞬時の決断が要求される、そんなん世の中当たり前ですやん!

良い、悪い、成功、不成功? 

そんなもんは結果論が多数です、リアルな現実に軸足があればよいだけの話です。

 

自分で創造した希望や絶望は幻の場合もあります、特に現実の心が弱い、弱すぎると。

 

 







Last updated  2013/12/23 01:35:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/12/13
カテゴリ:思うこと

 

「はい」という返事が「いいえ」に聞こえる生徒がいる。

納得していない

面従腹背

なんだろうな。

 

 

まあこれで「保護者も同じようなタイプ」だったら、なかなか救い難いし時間もかかる。

幸い、このパターンの保護者の方は「先生、うちの子ご迷惑かけてませんか?」という

非常にお気遣いいただける保護者の方が多い。

それは職業柄、「大いに意気に感じる」瞬間でもあります。

 

 

 

「納得できる」を増やす。

「面従腹背」状態を減らす。

 

 

 

まあ思春期いろいろ思うわな、

 

「他人の言うことを聞かない(聞けない)、親の言うことも聞かない、ただし行動力あふれる!」

 

はいいんです、全然。行動と結果を自分で示せればそれはそれでよい。

 

けれども、

 

「他人の言うことを聞かない(聞けない)、親の言うことも聞かない、当然行動力は乏しい!」

 

この状態は絶対におかしい、なにか変えないとね。

 

 

積極性、向上心、そして行動力あふれる

現状がどうであれ、我が子には普通に願いますよね。

 

毎月の「期待値」(月謝)分以上の仕事しよう、お互い「得」しないとね。

 







Last updated  2013/12/13 07:20:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/12/07
カテゴリ:思うこと

ダブルバインド

ダブルスタンダード

は「日常的に」「複雑に」存在している。

 

 

矛盾、自己矛盾が大きくて 「行動できない」

基準がブレブレで定まらないために 「行動できない」

 

矛盾、自己矛盾が大きくて 「理解しあえない」

基準がブレブレで定まらないために 「理解しあえない」

 

「そこが根本的な問題ですやん!」という生徒・保護者は少なからずおるわけで、

しかし、自分がダブルバインド状態、ダブルスタンダード状態に陥っていることを

自覚している「生徒」「保護者」はほぼおらんわけで。

(モンスターペアレンツが自分をモンスターと自覚していないのと同様に。)

 

 

啓発、啓蒙の自己レベルを上げないかんね、もっと。

 

組織仕事のときは、意図的に「ダブルバインド」「ダブルスタンダード」を仕組んだこともある。

偶然か必然かはわからんが、「ダブルバインド」「ダブルスタンダード」が天から降ってくることもあった。

 

 

縁があって通っていただいている「生徒・保護者のご家庭」における

ダブルバインド、ダブルスタンダードはなんとか解消していきたい。

 

「相互理解」「実行・行動」の大きな妨げになっているものはなんとかせんとね。

 

 

 







Last updated  2013/12/07 03:04:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/12/03

一億総ケータイ、総スマホ、総ガラケー

各企業の必死の営業努力もあり、最近は本当に快適ですね。

 

父親がほぼ創成期から使用しているので、なおさらのこと昔と今を比較しますね。

確か昔は「数分間数百円」という時代もあったようなないような。

私でも使い始めて十数年が経過しました。

 

通話状態、つまり「受信」も「送信」も本当に良い時代になりました。

 

 

 

 

では・・・、人間の

「受信レベル(受信能力)」

「送信レベル(送信能力)」

といえば・・・?

 

そうですよね、次の4パターンが存在しますよね。

1・ 受信能力 ◎   送信能力 ◎

2・ 受信能力 ◎   送信能力 ×

2・ 受信能力 ×   送信能力 ◎

4・ 受信能力 ×   送信能力 ×

 

 

「何回言っても聞かないんですよ!」

「何回言ってもできないんですよ!」

「昔から言っているのに・・・!」

 

送信と受信のバランス、送信者に問題あり、受信者に問題あり、

いろんなパターンの不具合は存在することでしょう。

 

その原因(現実問題)をしっかり把握し、改善(行動レベルに落とし込む)できる

技術者(塾職人)でありたいものだ。不具合は必ず改善できますから。

 







Last updated  2013/12/03 09:51:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
2013/11/28
カテゴリ:思うこと

本日の新規面談、かなり疲れた。

電話での面談設定より「嫌な予感」はあったのだが・・・。

 

 

あいさつ 態度 礼儀

雰囲気 仕草

 

すべてにおいてアウトであった。

 

 

現在通塾中の塾批判に始まり、兄のときの受験失敗、現在の学校担任うんぬん等、

まあ言いたいことをずっと話される。

まあこのパターンはよくあるといえばある、私に対してしっかり話すことで

「すっきり」してくれればそれはそれでよいのでずっと聞いていた。

 

ところが、一通り落ち着いたら「俺(俺様)」「うちの塾」の吟味を評論家的に始めやがった。

 

「お母さま、すみません。お引き取りください。」

 

この一言で、「はっと」された、ようやく気づいたようだ。

 

 

悪いが新規顧客は大切だが、現在月謝をいただいている既存顧客のほうが数倍

大切だ。チラシを出して集客しているのも事実だが、既存顧客へのパワーを

減らしてまで新規顧客を獲得するつもりはない。

 

 

現在体験学習中の「2家庭」が、応援しがいのあるご家庭ゆえになおさら残念。

 

あいさつ 態度 礼儀 雰囲気 仕草

私は、子ども(お子さん)が現状どんなレベルであってもそれは大丈夫です。

子どもなんで、成長すればよいだけ、変わればよいだけなので。

しかし、新規保護者の難しい方はもうけっこう、疲れちまったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2013/11/28 06:28:10 PM
コメント(0) | コメントを書く

全352件 (352件中 151-160件目)

< 1 ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ... 36 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.