043824 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

スタートプレイヤーはいや!

PR

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

high-life@ Re[2]:ブラックスパイ(10/23) なるほど!100均の商品でしたか。 これ…
ポッカすぐる@ Re[1]:ブラックスパイ(10/23) high-lifeさん、はじめましてです! 初め…
high-life@ Re:ブラックスパイ(10/23) はじめまして。ハイライフと言います。 …
すっかぽぐる@ Re:はじめまして。(10/26) ブログ開設おめでとう! たくさん遊ぼうね…

バックナンバー

2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2012年12月02日
XML
カテゴリ:ボードゲーム
先日、再びゲームフィールドさんのお宅にお邪魔させていただいた。
「テラミスティカしたいな~」という僕のつぶやきを見てなしかさんからお誘いを受けたのである。
テラミスティカといえば今年のエッセンでも注目された話題作。
因みになしかさんの車内ではレッド・ツェッペリンがかかっておりました。

terra1.jpg
terra9.jpg
terra24.jpg
ゲームボード全景(BoardGameGeekから転載)

プレイ人数:2人~5人
プレイ時間:1人あたり30分

プレイヤーは様々な勢力の中から一つを選びプレイを行う。
自分の勢力の町を拡大させたり、教団の恩恵を受けたプレイヤーが勝利する。
このゲーム、なんとその勢力が14もある!
地形は砂漠/沼地/森林/湖/荒地/山岳/耕地(畑?)の7つがあり、それぞれに2種類の勢力が用意されている。つまり個人ボードは7つ!これはワクワクする。

ひとつひとつあげていくと、
●砂漠
「ノマド(遊牧民)」
terra11.jpg

「行者」
terra10.jpg

●沼地
「錬金術師」
terra13.jpg

「ダークリング」
terra12.jpg

●森林
「魔女」
terra14.jpg

「オーレン」
terra15.jpg

●湖
「マーメイド」
terra16.png

「魚人」
terra17.jpg

●荒地
「巨人」
terra18.jpg

「混沌の魔術師」
terra19.jpg

●山岳
「ドワーフ」
terra20.jpg

「エンジニア」
terra21.jpg

●耕地
「ハーフリング」
terra22.jpg

「教団員」
terra23.jpg
(BoardGameGeekより転載)


それぞれに特殊な能力が振り分けられていて、きちんとバランスがとれているように思う。
ボード上での陣取りや教団の得点を集めてプレイをしていくわけだ。



左下に描かれているのは建造物で、プレイ開始時にはコマが乗っている。建造物を建てることで下の収入が現れ、次の収入フェイズで資源を得ることができる。一番下が住居、その上が左から交易所、神殿、その上が砦、聖域。まずは住居を建て、交易所へアップグレードすることで砦や神殿になり、神殿をアップグレードすることで聖域へと変化する。
住居を建てると労働者が得られ、交易所を建てると資金とパワー、神殿を建てると司祭が得られるシステム。これは非常によくできているシステムだと思う。司祭はスコップや船のアップグレードや、教団の得点、特別な勢力のアクションに使用される大切な資源。砦を建てると、各勢力の特殊なアクションが実行できるようになる。なるべくなら早く建てておきたいものだ。
また、神殿や聖域を建てると恩恵が得られる。教団の得点を伸ばしたり、後のプレイを有利にする能力が得られたりと大きな力が手に入る。
住居は簡単に建てることができるが、砦や神殿は多量の資源が必要になるのでどこで建てられるかが重要なようだ。

また、4つ以上の建築物が連なり、その価値が7以上になるとそこには「町」が形成される。町が形成されると町ボーナスタイルが選べる。勝利点と追加でのボーナスがそれぞれに描かれている。これも非常に大きな得点源である。

左上に描かれているのがパワーで、これも注目すべきシステム。
特定のプレイを行うとパワーが溜まり、ゲームボード下に描かれている特別なアクションが行えるようになる。3つに分けてあり、パワーがまだ最低の1にある場合は2にあげ、最低でパワー2にある場合は3に上がる。パワー3に溜まったらそれを消費(パワー1に戻す)ことで後述のパワーアクションが行える。
また、パワーコマを消費することで(アクションには含まれない)それを司祭コマや労働者、お金に変えることができる。しかしかなり損な交換なので、あまりするものではないかもしれない。また、パワーを破棄する(ゲームから取り除く!)ことで消費したことになるのだが、パワーコマが少なくなるので注意が必要だ。

各勢力は自分の色の地域にしか住居などの建造物を建てることができない。そのため、バラバラに描かれているボードの土地を自分の色に変えていくのだ。そのアクションが右上。土地を種類変形させるのに始めは労働者コマが3つも必要だが、必要なコストを支払うことで能力をあげ、少ない労働者コマで変形させることができる。たとえばノマドは始めは森林を砂漠に変えるのに労働者コマが9つも要るが、2労働者と5金と司祭コマを支払えばアップグレードできて6つで済むようになる。スコップをアップグレードすると追加で6勝利点も得ることができるのでしておきたいプレイだ。因みに、勢力の横には初期の資金と教団の得点が割り振られている。

右下が船。マップは河川が多く、住居を広げるには橋を架けることが必要な場合もある。船は土地を広げる際に河川を超える能力である。「町」を形成するためには直接的なつながりである橋を架けなければならないが、最終得点ボーナスで自分の土地の勢力の大きさの得点もあり、その場合船による間接的なつながりも認められる。ほとんどの勢力が始めの船は0であるが、多くの勢力は4金と司祭コマを支払うことで船をアップグレードすることができる。


手番では基本7つのアクションの内から1つを選び実行していく。全員がパスをするまでそのラウンドは続く。

●土地の変換と建築
土地を変換し、住居を建てる。
もちろん自分の色の土地にしか建てることはできない。

●スコップのアップグレード
コストを支払うことでスコップをアップグレードする。
自分の陣地を広げるにはいずれ行わなければ苦労するので、いつできるかが勝負。

●船のアップグレード
スコップと同様。河川を跨ぐと広範囲での陣取りになり、窮屈な争いから解放されやすくなる。

●建造物の増築
コストを支払えば増築することができる。建て替えられた建造物は個人ボードに戻るので、その分、収入は減る。

●教団への派遣
司祭コマを使うことで教団の力を上げることができる。教団に送れば高いポイントが得られるが、司祭コマは戻ってこない(一人8個?持っている)。はじめに教団へ派遣した人だけその分野で3ポイント得られ、その後の人は2ポイント。また、司祭コマをストックに戻すことで好きな分野を1ポイント上げることもできる。

●パワーアクション
前述のように、パワーコマをパワー3から1に複数個消費することで特殊なアクションを行うことができる。
アクションはゲームボードの下部に示されていて、早い者勝ち。1ラウンドにそれぞれ1回しか行うことができない。アクションは、橋をかけたり司祭コマを得られたり、7金得たり無料でスコップを得られたりと、強力なものが多い。パワーがある程度溜まったら状況に応じて他のプレイヤーより早く行いたい。

●特別アクション
勢力によっては個人ボードに描かれている、オレンジ色のアクション(ノマドを例に挙げると、砦を建設した際に解放されるアクション)。他にも前ラウンドのパス時に選ぶボーナスタイルに描かれていたり、神殿や聖域を建設した際に得られる恩恵タイルに描かれていたりする。このアクションはラウンド中1回しか使うことができないが、非常に強力である。個人ボードにこのアクションが描かれている勢力はできるだけ早く解放すべきだろう。

●パス
いちばん初めにパスをすると次ラウンドのスタートプレイヤーになることができる。
得ているボーナスタイルを返して新しいものを選び、以降は全員がパスをするまで待機。
だれも受け取らなかったタイルには1金ずつ乗るのはプエルトリコでもお約束だ。

また、ラウンドごとに特別なボーナスがあり、それはランダムに選ばれ、ボードの左側に配置される。このボーナスもあながちあなどれない得点源だ。

○ゲーム終了時のボーナス
領土が大きかったプレイヤー(この判定の場合は直接的なつながりの町とは異なり、間接的に河川で移動できる地域も含む)順に3位までボーナスが入る。1位が18点、2位が12点、3位が6点。同点なら順位の分の点数を足して割る。
それぞれの教団で得られたポイントが大きい順にボーナスが入る。領土のそれと比べると小さな点数だが、複数でトップになればそれを上回る点数が入る。8点、4点、2点の順である。


こんなに要素があるのに、ラウンドはたったの6回。つい「もういっかい!」と唸ってしまう面白さがある。それに領土争いもあり、宗教争いもあり、各勢力の能力がバラバラで特殊能力があると考えると、ワクワクしない人なんていないんじゃないかと思ってしまう。
このゲームの面白さは、この少年心をくすぐる興奮にあるんじゃないかなと個人的に感動した作品だ。









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2013年10月08日 17時44分53秒
コメント(0) | コメントを書く
[ボードゲーム] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.