14319671 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

杉山清貴の「果報は寝て待て」

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


puomao

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

瀬戸内海のマーメイド☆@ ごめんなさい…。 KTからのコメント欄開放の告知がないまま…
瀬戸内海のマーメイド☆@ Re:ビールが旨い(03/14) コメント送ってもいいのでしょうか…。 (K…
七海@ Re:いい天気なのです えっと、今週末がLAST2本で、テレビ出演が…
魚屋本舗@ Re:いい天気なのですでしたね~ こんばんは(^O^) 本日はまったりと出来ま…
イルクジラ@ Re:いい天気なのです(03/12) どもっ、 お邪魔します。 いやー、 30…

フリーページ

ニューストピックス

2012.05.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
きゅうてぃぱんちょす時代に当時はなかなか持っているやつがいなかったビデオ・カムでもって、ライブを撮ってくれていた仲間がいた。

数年前にそれらをDVDにしてメンバーにくれた。

やっぱうちらはロック・バンドだったのねと・・・再認識した。

オメガでデビューさせてもらって売れて、その楽曲や姿が皆さんにとってのイメージとなるわけです。

で、どちらが本当かというとどちらも本当だし。

ハンブルグ時代のR&Rのビートルズかデビュー後のこぎれいなビートルズか、どっちも本当です。

だけど本人にしてみると本質は前者なんじゃないかな。

アマチュア時代からそのままの作品やイメージでデビュー出来るバンドが当時うらやましかった。
でもあの時代はそのままデビューできるバンドなんて無かったね。

何かしらの戦略にのってみんな動いてたから、髪型や楽曲の方向性を変えられるなんて普通だったし。

だから当時は「本来のおれらはロックなんだぜ。杉ちゃんだぜ」
と鼻息を荒くしても、それを知っているのはきゅうぱん時代のファンや関係者だけで、圧倒的にメディアに出た後を知っている人が多いわけで・・・

だからそんな葛藤もあったんです。

きゅうぱんは自分自身であり、オメガは架空の自分かな。
そして架空の自分は結局自分を成長させてくれました。

で、その頃のきゅうぱんを見てみたい聞いてみたい人は投稿映像サイトへいってみてちょ。

最初に書いたカメラを持っていた彼が数曲アップしてくれているから。
やんちゃな浜のロック・バンドだよ。
可愛いです(^o^;






最終更新日  2012.05.28 23:57:04

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.