14428339 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

杉山清貴の「果報は寝て待て」

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


puomao

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

瀬戸内海のマーメイド☆@ ごめんなさい…。 KTからのコメント欄開放の告知がないまま…
瀬戸内海のマーメイド☆@ Re:ビールが旨い(03/14) コメント送ってもいいのでしょうか…。 (K…
七海@ Re:いい天気なのです えっと、今週末がLAST2本で、テレビ出演が…
魚屋本舗@ Re:いい天気なのですでしたね~ こんばんは(^O^) 本日はまったりと出来ま…
イルクジラ@ Re:いい天気なのです(03/12) どもっ、 お邪魔します。 いやー、 30…

フリーページ

ニューストピックス

2019.04.05
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ライトノベルからのアニメ化の作品。

図書館で出会った本によって、異世界へ召喚されてしまった若者の話。
世界を救う勇者として、異世界より勝手に召喚されたにも関わらず、些細な噂話から信頼を得られず、更に悪意のある者によって貶められてしまうというメッチャ痛い話。

第一話から観るものを落ち込ませるパワーがすごい。
そっちがそうなら、こっちだって考えはあるんだよ!!
って切り返す主人公。
でも、痛いんだよ号泣

アニメとしてのストーリーは始まったばかりだけど、こんな辛いアニメあったかショックっていうほどだと思う。
でも、そこには現代社会の闇も見え隠れする。

ほんの些細な噂や、興味本位の憶測が一人の人間の尊厳までも壊してしまうという社会の構図。
「盾の勇者の成り上がり」の主人公は、その反発や心の奥底に押さえ込んでいる他者に対する憎悪を力にして魔物に対峙して行く。理不尽なのである。

理不尽とは、自分が知らないところで、自分が悪者や不必要な人間として認識されてしまうことでもあるという怖さも描いている。
もちろん、真実を捉えて協力してくれる仲間もちゃんといるのが救いだけどね。

のほほんと生きていれることに感謝しつつ、いつ自分がそういった環境に立たされるかも知れない現代社会ってのも、認識しておくのも必要かな・・・


ピースちょきスマイル






最終更新日  2019.04.05 02:07:18

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.