000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

杉山清貴の「果報は寝て待て」

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


puomao

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

瀬戸内海のマーメイド☆@ ごめんなさい…。 KTからのコメント欄開放の告知がないまま…
瀬戸内海のマーメイド☆@ Re:ビールが旨い(03/14) コメント送ってもいいのでしょうか…。 (K…
七海@ Re:いい天気なのです えっと、今週末がLAST2本で、テレビ出演が…
魚屋本舗@ Re:いい天気なのですでしたね~ こんばんは(^O^) 本日はまったりと出来ま…
イルクジラ@ Re:いい天気なのです(03/12) どもっ、 お邪魔します。 いやー、 30…

フリーページ

ニューストピックス

2019.04.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
桑名さんを”お兄ちゃん”と慕う先輩ミュージシャンとよく飲み歩いていた時期があった。
そんなある時、六本木でミュージシャンが集まるバーで桑名さんと初対面した。
「杉山はお兄ちゃんの大ファンなんだって」とか紹介されたと思う・・・すでに酔ってたから定かでないびっくり
「おお、そうか、なんか歌おうや!」とか言われたと思う・・・すでにしこたま酔ってはいたが、その瞬間一気に酔いが覚めたのは覚えているショック

それからは直接、飲みのお誘いが来るようになり、家に遊びに行ったりもした。
マサやんと飲むと、どれだけ飲んでも酔えない・・・やっぱ憧れ続けた人の前ではどこか緊張しているのだ。
あの頃は30歳くらいかな、毎晩一升瓶やボトル一本なんて普通に空けてた・・・でも酔えないってスゴイのだ!!

時を遡ること1978年夏。
杉山少年は19になり、マサやんと同じカーリーヘアーというパーマヘアだった。

そして翌年、驚くことが起こる。
日本青年館ホールにて、マサやん率いるTEAR DROPSのコンサート。
追っかけのように楽屋口をウロウロしてたら、ギターの新井くんが出てきた。
彼の名前は新井清貴。
とっさに「僕、新井さんと同じ名前なんです!」なってぶっ込んでみたら「そうか!楽屋くるか」なんてそのまま楽屋へ通され、マサやんはもちろん、メンバー全員に紹介してもらったが、これも緊張しまくっていて細かいことは覚えていないショック
言ってみるもんだなあ・・・
しかし新井くんも何でさらっとそんなことしてくれたんだろう。

そして当時、そこにはギターの是方博邦さんもいたことは周知の事実である。

きゅうてぃぱんちょすのライブでもTEAR DROPSの曲はカバーしていたし、当時のおいらのボーカルスタイルは桑名正博そのままだった。
ただ、ステージングパフォーマンスは横浜のバンドTENSAWのボーカル、Saybowを意識していたとも思われる。
そんな頃のおいら達に興味のある方は、YouTubeで"きゅうてぃぱんちょす”検索すると、ハタチくらいのおいら達が観れますウィンク

話は逸れたけど、桑名正博は杉山清貴の血となっていると言っても過言ではございません。






最終更新日  2019.04.08 13:24:28

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.