000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

杉山清貴の「果報は寝て待て」

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


puomao

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

瀬戸内海のマーメイド☆@ ごめんなさい…。 KTからのコメント欄開放の告知がないまま…
瀬戸内海のマーメイド☆@ Re:ビールが旨い(03/14) コメント送ってもいいのでしょうか…。 (K…
七海@ Re:いい天気なのです えっと、今週末がLAST2本で、テレビ出演が…
魚屋本舗@ Re:いい天気なのですでしたね~ こんばんは(^O^) 本日はまったりと出来ま…
イルクジラ@ Re:いい天気なのです(03/12) どもっ、 お邪魔します。 いやー、 30…

フリーページ

ニューストピックス

2020.05.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

現在までの自身の作品群の中で、一番思い入れのあるアルバム。
ここまで自己主張した作品はこの一枚だけだと思ってる。

ハワイにのめり込んで住んで、暮らして遊んで、いろんなこと覚えて識っていった。

家のスタジオでコツコツ音を作って、ハワイ島に渡ってレコーディング。
ミュージシャンはハワイの精鋭たち。勉強になったなあ。

ブックレットにある入江のコテージで寝泊まりして、昼からスタジオ。
スタジオといっても山の上の一軒家。
もう思い出しても頭がポワ〜〜んとしてくるくらいに幸せな時間だった。

ただ、レコーディングが決まっていた時期に、波乗りのしすぎで左耳の鼓膜が破れていて、スケジュール自体を一ヶ月くらい遅らせたな。
鼓膜が再生しないと飛行機にも乗れないし、もちろん片耳聞こえてないし。

一ヶ月遅らせても完治はしていなかったし、しんどかったけど、あの環境があれば全てOKだった。

完成した音は手作り感満載で、当時のハワイの匂いや空気がしっかり詰まっていると思う。

でも、東京では「誰があんなアルバム作らせた!」って事務所の社長が激怒していたという。
「あいつは目を離すと好き勝手やるからお灸をすえてやる!」みたいな感じで。レコード会社にも「宣伝はしないでいい!」みたいなことを伝えていたとかいないとか、、、いろんな噂が飛び交ってました。

でももう作っちゃたもんね〜〜〜!!って舌を出して小躍りしていたおいらでした。

カヴァーのイラストに決まるまでも、デザイナーのSLACKEYとNICKで島中を奔走していた。
ハワイを愛してやまないアーティストとデザイナー、コーディネイターの力が合わさって出来た作品だ。






最終更新日  2020.05.18 13:03:47



© Rakuten Group, Inc.