000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

酔生夢死

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

書籍 宮部 みゆき

2008年09月15日
XML
カテゴリ:書籍 宮部 みゆき



[登場人物]
本間 俊介・・・刑事。捜査中負傷し、現在休職中
栗坂 和也・・・本間の親族。彰子の婚約者

関根 彰子・・・和也の婚約者。
新城 喬子・・・彰子になりかわっていた女。


[物語]
捜査中のアクシデントにより足を負傷し休職中の本間のもとに親族の和也から相談が持ち込まれる

婚約をしていた女性に自己破産の過去が浮上し、問い詰めたところ失踪してしまっていた

失踪した女・関根彰子を追ううち、本間は、追っている女が戸籍上の関根彰子とは別人であることに気がつく

サラ金地獄に落ちた彰子とそんな彼女になり変っていた喬子

二人の間に何があったのか



[観想的なもの]
山本周五郎賞、このミスベスト1受賞作品

サラ金規制法ができる前、なんでもありの取り立てにあい、崩壊したいくつかの家族

今考えると、サラ金規制法以後の世界というのはいかに住みやすい世の中になったか

夜遅くの取り立ては"法律上"できなくなっているし、暴力なんかもしづらくなっている

暴対法なんかもあるんだろうけど、着実に日本という国は生きやすくはなっているんだろうなと昔の作品を見ると感じさせられる(法律に引っかからない新たな手口も生まれているが)今日この頃です


ということで(どういうことで???)、宮部みゆきの「火車」2回目の読了です

初版が平成10年だからもう10年も前の作品

相変わらず、プロットが冴えわたり、無駄なく物語が展開していく

普通は二人の女性の入れ替わり、というとそこのところをメインにやっていきそうだけど、宮部サンはあっさりとこの事実をオープンにした上で、二人の女性の悲劇を浮き上がらせることをテーマとしている

とくに真犯人新城喬子が追い詰められ、やむを得ず彰子の身分を奪った挙句に、その彰子も自己破産という借金の烙印が押されていたことを知った時の絶望は察するに余りある

それまでに借金のために泥水を飲むような生活を強いられていたのだから

タッチとしては東野圭吾の「白夜行」に似ているのかも

あっちも生きるために必要で犯罪を犯す二人を描き、その二人の視点を排し、周囲の人たちの視点を通して事件を浮き上がらせていた

今回も主人公は新城喬子だけど、追跡する刑事本間の視点で事件を浮き上がらせている



宮部さんの作品ははずれがなくて、それでいて何度読んでも楽しめる。また過去の作品をピックアップして読んでみようかしらん


[採点]

人物描写    ★★★★★★
世界観     ★★★★☆  
物語      ★★★★★  
技術      ★★★★★ 
インパクト   ★★★★★★ 

総合      ★★★★★


〈おこづかい稼ぎ一緒にやりませんか?〉
お財布/com

まめな人にオススメ。只今キャンペーン中です。








最終更新日  2008年09月15日 15時09分06秒
コメント(0) | コメントを書く


2008年08月09日
カテゴリ:書籍 宮部 みゆき



[登場人物]
井筒平四郎・・・同心。深川臨時廻り。
弓之助・・・平四郎の妻の係累。井筒家の養子候補。
政五郎・・・岡っ引き
おでこ・・・政五郎のもとに身を寄せる少年。記憶能力者。
佐吉・・・葵の息子。鉄瓶長屋の元差配人。

湊屋総右衛門・・・俵物問屋を一代で築いた大商人
葵・・・総右衛門の姪。前作でのキーパーソン。


[物語]
前作「ぼんくら」からしばらくした江戸市内

鉄瓶長屋は湊屋の思惑どおり、とりつぶされ、お屋敷が建てられる

そこには湊屋のお内儀おふじが入り、「藤屋敷」と呼ばれるようになる

佐吉は差配人の任を解かれ、元の植木職人に戻り、お恵と所帯を持つ

平四郎は、弓之助、中間の小平次、政五郎、おでこらと相変わらず市内の平和を守っている

前作でおふじの手にかかって鉄瓶長屋の中に埋められたと思われた葵も登場するが、今度は本当に殺されてしまう

しかも、第一発見者にして容疑者は佐吉

佐吉はどうやって葵の行方に行き着いたのか?

そして葵殺害の真相は?


[観想的なもの]
前作「ぼんくら」の続編

前作なんとなく生きていそうな感じで終わった葵は、佐吉や平四郎たちの懸念をよそに、総右衛門の庇護の下、表面上は何不自由ない人生を謳歌していた

物語のメインストーリーは前回の佐吉から今回は葵にバトンタッチ

その葵が殺されて、ミステリ作家宮部みゆきの本領発揮かと思いきや、真相を暴くために幻術団を使ったり、「子盗り鬼」という怪異を匂わせたりするあたり、京極夏彦の「巷説百物語」を彷彿とさせる

探偵役は完全に弓之助に移行し、平四郎はむしろ読者代表というか聞き役に徹したようだ

前作と比べると前作が人情ものといった感じが強かったが、今作はミステリ色が強い。

といっても、前作を読まなければわからないところも多いので、合わせて一つの作品というべきなのかもしれないが

今作の評価としては、平四郎や佐吉のその後に触れられたことはうれしかったが、ミステリとしてのなぞ解き部分は正直物足りなかったかも

それこそ京極のいう動機なしでただただ魔がさした瞬間に事件が起きるということか

(ちなみに平四郎の中間小平次の口癖「うへぇ」は京極の百鬼夜行シリーズの鳥口の口癖でもある)

ほんとうに京極色が強い作品になってしまった(京極作品は好きだが、宮部作品のオリジナリティがとんでしまったという意味で・・・)


[採点]

人物描写    ★★★☆☆
世界観     ★★★★☆
物語      ★★★☆☆
技術      ★★★☆☆
インパクト   ★★★☆☆

総合      ★★★☆☆




http://mutsugoro.myminicity.com/
  ←こそっとワンクリック














最終更新日  2008年08月09日 21時41分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年08月02日
カテゴリ:書籍 宮部 みゆき



[登場人物]
井筒平四郎・・・同心。深川臨時廻り。
小平次・・・平四郎の中間

お徳・・・鉄瓶長屋の住人。煮売屋。長屋の住民の世話役
久兵衛・・・鉄瓶長屋の差配人(管理人)

弓之助・・・平四郎の妻のいとこ。井筒家の養子候補
おでこ・・・岡っ引き政五郎の家人。絶対記憶能力者


[物語]
その昔、井戸から鉄瓶がふたつも現れてから鉄瓶長屋と呼ばれるようになった長屋で騒動が起きる

寝たきりの父を抱える少女・お露が差配人である久平衛の家に駆け込む

兄・太助が"殺し屋"に殺されてしまったという

しかし、大量に浴びた返り血がお露への疑いを向かせてしまう

久平衛は、一計を案じ、久平衛を付け狙う不心得者が太助を手にかけてしまったとし、自ら出奔することでお露への疑いをそらせていく

代わりに来た差配人佐吉は、家主の縁者であったが、あまりにも若輩であり、長屋の住人は次々と離れていく

佐吉の苦しみに接したお徳、同心・井筒平四郎は裏事情を調べ出すが、そこには家主湊屋総右衛門の隠された意図があるのだった


[観想的なもの]
久しぶりの宮部作品。それも時代もの

宮部作品は読めば、はずれがないことは分かっているのだが、不思議と敷居が高い

今回は久しぶりに手に取ってみたら、「ぼんくら」→「日暮らし」のシリーズものということで続けて読書中。

今回の作品も江戸・深川を中心にしたミステリもの

一つ一つの事件が根っこでは繋がっていて、最終的には人間のどろどろしたところに行き着いてしまう

期待を裏切らないプロットの巧さはさておき、登場する人物が魅力的

仕事に情熱を傾けるわけでもないが、市民を愛し、愛されている同心・平四郎

世話好きでアツいお徳

人間テープレコーダーと化すおでこ

中でも一番は平四郎の養子(候補)の弓之助

平四郎の妻の係累で、その美しさを受け継ぎ、平四郎の妻曰く「町場においておけば道を踏み外す」くらいの美貌の持ち主

それでいて13の少年には過ぎたる抜群の推理力

本来の探偵役平四郎もすっかり当てにして事件現場に引き回すほど

宮部さんショタコンだろうか

ジュブナイルものも書いているし、心に傷を負った少年を主役にした作品も多いが、今回の弓之助くんはやりすぎじゃあ

その分平四郎が頭脳労働しない役割となっている感じがして役割分担してるのだろうか


[採点]

人物描写    ★★★★★
世界観     ★★★★☆
物語      ★★★★☆
技術      ★★★★☆
インパクト   ★★★☆☆

総合      ★★★★☆




http://mutsugoro.myminicity.com/
  ←こそっとワンクリック














最終更新日  2008年08月09日 20時17分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年06月06日
カテゴリ:書籍 宮部 みゆき

第120回直木賞受賞作

[登場人物]
小糸 信治・・・ヴァンダール北千住北ニューシティ2025室所有者
小糸 静子・・・信治の妻
小糸 孝弘・・・信治の子

砂川 信夫・・・2025室の住人
砂川 里子・・・信夫の妻
砂川 毅・・・・信夫の子
砂川 トメ・・・信夫の母

石田 直澄・・・2025室の買受人
石田 直己・・・直澄の子

片倉 義文・・・片岡ハウス主人
片倉 幸恵・・・義文の妻
片倉 信子、春樹・・・片倉の子
片倉たえ子・・・義文の母

宝井 綾子・・・宝食堂の娘
宝井 康隆・・・綾子の弟

早川・・・不動産会社社長


[物語]
現代のバベルの塔・超高級高層マンションヴァンダール北千住北ニューシティ2025室で一家4人が殺害された

初動捜査に乗り出した警察だったが、所有者である小糸一家は余所で発見される

一体、マンションで殺されたのは何者だったのか

なぜ、彼らは殺されなければならなかったのか


[観想的なもの]
宮部みゆきの長編社会派ミステリ

テーマは競売・占有屋で、社会的な問題を取り上げているところ、「身代わり」ってところが、同じく宮部みゆきの「火車」とダブる。

また、長期連載もの、ということで一気に結末まで持っていくのではなく、サイドストーリーを積み重ねていって事件を浮き上がらせる手法は「模倣犯」を彷彿とさせる

宮部みゆきの強さは、連載ものだから展開を捻り出すために時間稼ぎしてるんじゃないかと思う一方で、そのサイドストーリーの一本一本が実によくできていて、苦痛なく引き込まれるその力強さにあると、つくづく思い知らされた

一応殺人事件が起き、その解決がゴールになるところがミステリだけど、あえて今回はウェートが抑えられている感じ

今回のはあくまで、どんな家族でも(血が繋がってようが、繋がってまいが)一緒に生活すれば軋轢があるのが当然で、そこをどうやって乗り越えていくか(付き合っていくか)とか、あとは最初に書いたけど、占有屋という社会問題があるよってことがメインだった気がする


人物描写    ★★★★☆
物語      ★★★★★
技術      ★★★★★★
インパクト   ★★★★☆

総合      ★★★★☆









最終更新日  2007年06月06日 20時43分56秒
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.