021901 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

水仙堂のページ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 水仙堂@ Re:祝更新(05/30) 千葉真弓さま コメントありがとうございま…
 千葉真弓@ 祝更新 有我すずな様 マンガ更新おめでとうござ…
 有我すずな@ Re:楽しく拝見させて頂きました(05/08) 川浪さま イラスト展にいらして下さったの…
 川浪です@ 楽しく拝見させて頂きました 雑司ヶ谷の川浪の墓を守っている川浪です…
 水仙堂@ Re:御礼とお問い合わせ(04/02) 千葉真弓さま こんにちは‼ >web政宗の方…

フリーページ

2018年06月05日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは。
5月の展示のアンケートに住所の書きこみのあった方へ、やっとお礼を書き終わりました。ひと月かかった・・・・かかりすぎかな~(◎_◎;)
来年、実はできるかどうか不安だったのですが、なんとなーーく内容が見えてきました。
最近は、「やる」と決めて追い込まないと出来なくなりつつあるような。なので、来年も展示します、と、ここで書いてしまいます。
でも、いつやるか、どこでやるかは、未定です。
2年続けて産業会館で展示したため、「来年も」と期待して下さる方もいらっしゃいます。ありがたいことです。
そして、今年は「カナリヤの会」の主催の方が、服部躬治作詞の「水仙の歌」を歌って下さいました。
去年、「知る古会」のYさまにお渡した楽譜が、Eさまに渡って、歌を披露して下さったんです。
さらに‼Eさまが、須賀川で「釜屋」の屋号を使っておられる近藤さまを連れてきてくださったのです。
服部家のことなど色々とお話を聞かせて頂きました。
服部家と近藤家は長い間親戚付き合いがあったこと、直太郎さんから借金した証文が残っていることなど。お話を聞くうちに「あれ?」と思いました。近藤さまに、「酔いたる商人」という小説があると説明しました。私はイラストに「不器用な須賀川商人」と説明をつけてしまいましたが、近藤さまの方から、「不器用っていうのとは、ちょっとちがうな~」と言われました。確かに私も、「不器用」というと、ちょっと違和感があるなあと思っていたのですが、うまく短くまとめられなかったのです。
そんな経緯で、家に帰ってから、「酔いたる商人」のコピーとお手紙を送りました。そして「小説を読み、うちのご先祖の事だと思いました」と、お返事いただいたのです。
小説なので、人の名前などは変えてあり、誇張した表現はありますが、伝え聞いていることと、ほぼ一緒なのだそうです。
直太郎さんからの借金の証文を掛け軸にして戒めにして、身を粉にして働いてきたご先祖を近藤さまは誇りに思っておられます。
展示を続けてきたおかげで、また幸せな出会いをいただきました。

真面目で普段はそつのない主人公が、お酒で気持ち良くなって、「本家」でしゃべっているうちに涙もろくなっていく様子を描いた「酔いたる商人」、読んでみて下さい。
「綿や」→「釜屋」で、服部家からのれんわけした「釜屋」さんは、今も須賀川でがんばっておられるのですね。感慨深いです。






最終更新日  2018年06月05日 17時03分32秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.