3817071 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

御三家中学受験・桜蔭・開成・東大サピックス家庭教師・ファインウェブ

2021.02.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
認知症予防教材と中学受験の基礎教材





どちらも、よく似ていると思います。

ある考えでは、

認知機能には「記憶力」「判断力」「計算力」「言語能力」「遂行力」などがあります。

という定義があります。

中学受験でも全く同じ能力が必要とされます。

ですから教材が似ていても、なんの不思議もありません。

「ワーキングメモリー」という言葉も同じ使い方です。

脳の中で「今」使える記憶領域ですね。

中学受験では、これを広げるために、いろいろな方法が

あります。

脳は、死ぬまで進化し続けるので、考えてみれば、脳を鍛える

方法が似てくるのは、当たり前かもしれません。

私が中学受験生に取り入れてみたい方法は、足踏みをしながら、

数字を順に言ってみる、2つの動作を同時にやる方法です。

楽器をやる方は自然に身についている力ですが、この力が

あると、問題文を多角的に読める様になります。

数字を、3の倍数にして、足踏みを4の倍数になったら一歩

前へ出す、とか、レベルに合わせていろいろなことができると

思います。





ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

この記事がなにかのお役にたちましたら、2日に1回、以下の

タグをクリック頂ければ、とてもありがたいです。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



中学校受験ランキング









大学受験ランキング












PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2021.02.23 12:26:57



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.