4021892 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

御三家中学受験・桜蔭・開成・東大サピックス家庭教師・ファインウェブ

2021.06.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
極端にする




算数、理科で問題が解けない時、その問題を極端にしてみると解けることが

よくあります。

たとえば、理科で太陽光線は平行光線だとされていますが、これは地球から

太陽への距離があまりにも遠いため平行光線とされているだけで、実際には

完全な平行ではないと思います。

この様に、説明されているものさえ、極端にして考えて、説明をして

います。

こういう極端な考えにして問題を解きやすいのは、例えば理科で、空気から

水面に光が入る様な時ですね。

どういう時が反射で、どういう時が水中に直進するかは、極端にして考えて

みればわかります。

例えば、極端に水面にほとんど平行に近い形で水に触れた場合。

多分、「反射する」ということが、容易に想像できるでしょう。


「極端にする」という考え、アイデアを持っていると、

これ以外のいろいろな問題に応用できます。

初見の問題を解く時、こういうアイデアを持っているかどうかで、かなり

差がついてしまう時もあると思いますので、書いてみました。





ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

この記事がなにかのお役にたちましたら、2日に1回、以下の

タグをクリック頂ければ、とてもありがたいです。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



中学校受験ランキング









大学受験ランキング












PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2021.06.21 11:25:07



© Rakuten Group, Inc.