2020.12.04

同じ傾向の問題はありません

カテゴリ:カテゴリ未分類
同じ傾向の問題はありません





入試本番を考えると、「同じ傾向の問題は出ない」と考えて

臨んだ方が、安全だと思います。

事実、多くの学校が、ある年突然、入試形式、問題形式、

問題傾向を変えています。

昔になりますが、桜蔭中は試験時間を変えました。

女子学院中は、算数、理科の難易度を変えています。

開成中は、国語問題を変えました。


ですから、子供たちには本番でどんな問題が出ても、いつも

通り、しっかりした手順で、最後まで解く様に指導しています。


準備ですが、まずは今までの過去問で合格点をとり、新傾向に対しては、

第二志望の学校、一月校の問題で対応する形をとり、なるべく

無駄がない様にしています。

さらに、塾でいろいろな形式の問題に触れています。

十分でしょう。

あとは、いつも通りの方法で、しっかりと合格に持っていく練習を

積み上げることだと思います。




ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

この記事がなにかのお役にたちましたら、2日に1回、以下の

タグをクリック頂ければ、とてもありがたいです。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



中学校受験ランキング









大学受験ランキング












PVアクセスランキング にほんブログ村





TWITTER

最終更新日  2020.12.04 15:21:38