001131 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

好きなことだけで行く!

PR

楽天プロフィール


いっしんかいしゅうパパさん

成功の反対は、失敗じゃない!挑戦しないこと!

フォローする

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

サイド自由欄






Gポイント
2017.05.01
XML
カテゴリ:旅行日記

GWに富士山へ行きました。

今回は、長男が夜に出発したい(いつものことですが)と言い出し、


家内と私は疲れていましたが、仕事が終わってからの出発となりました。


何日も前から、長男が楽しみにしていたため


『疲れたから明日の朝出発にしよう』


と言いましたが却下されてしまい、仕方ないので夜出発に。


低予算旅行の宿泊事情




低予算のレジャー旅行なので今回も、24時間営業の健康ランド宿泊。


今回は、『大江戸温泉物語 天下泰平の湯 すんぷ夢ひろば』へ行くことに



場所は、駿河湾に面した高台の好立地




地図をクリックするとgoogle mapで見ることが出来ます。

さて出発です


前もってgoogle mapの機能で目的地までの時間を割り出していたので


時間を調節して出発できるので、2017年4月29日午前0時に決定して


時間が来たので出発!目的地はすんぷ夢ひろば


もちろん高速道路を利用せず、国道1号線を利用。低予算だからだという理由と


眠くなったら、安全な路肩で停車して休めます。高速道路は緊急以外は停車する場所は


S.AかP.Aしかありませんので、自分の都合で停車できません。


前もってルートも調べてすんぷ夢ひろば情報も調べておいたので準備OKです。


さぁ!出発です。

行き先変更


すんぷ夢ひろばへ向けて順調に進んでいましたが、天気がすごく良いので


富士山の五合目を目指すことにしました。子供も家内も初めてです。


私は、就職して上京した時に会社の仲間と一度だけ車で五合目に行ったことあります。


その時の富士山の山頂までの光景が忘れられない程の衝撃だったので


子どもたちにも見せてやりたくなりました。家内も行きたいということで


富士山の五合目まざして進路変更です。今回は静岡側から行きます。

地図をクリックするとgoogle mapが開きます。


で、目的地が近づいてきましたが子どもたちはもう限界です。睡魔に勝てず爆睡。


長男は、『もう、すんぷ夢ひろばに行きたい。眠い』ということで、目的地は


再びすんぷ夢ひろばに。これが後で良い結果になろうとは、この時は知る由もありません。


すんぷ夢ひろば到着

大江戸温泉物語 天下泰平の湯 すんぷ夢ひろばは、高台に位置し駿河湾が一望できます。





霞んで見えませんが、晴れていて空気が澄んでいれば伊豆半島も見えそうですね


入場する前にチケットを買うのですが、朝風呂の時間帯です。券売機では朝風呂のチケットしか


買えない設定です。しかたなく朝風呂のチケットを買おうとしていたら


『朝風呂のチケットで、一日居れるよ』ととなりの女性が教えてくれました。


ちなみに朝風呂のチケットは500円、一日滞在するには900円とオーバーナイトステイ料金


1500円です。とりあえず、500円で入館。


温泉につかり、運転の疲れを癒やし一眠りしました。


その間子どもたちと家内は、管内をうろちょろと散策していたようです。


お昼近くになったので、長男が赤外線の銃でサバゲーがしたいと言い出し、


受付で聞くと、13:00からだそうで、その時は断っていけば外出後の再入館も


料金不要で外へ出ても良いそうです。


サバゲーで遊んだあと、お腹が減ったので4km離れた回転寿司海王へ行きました。


約3時間ほどで施設に戻ったんですが、再入館料金は払ってません。


その後、温泉、夕食、リラックスルームとくつろぎ倒し、オーバーナイトステイ料金を


払いにチケットを買おうとしたら長男が、『リクライニングシートがおじさん臭でくさい!ここで


寝るのは嫌だ!』と言い出しました。無料のコミックルームなら畳だし静かだし、


そこで雑魚寝も出来るよ。と言いましたが、長男は誰に似たのか


言い出すと聞かない頑固者。結局施設を出ることに。料金も


大人×2名 500円×2=1000円と


子供×2名 200円×2=400円の合計1400円で温泉に癒やされ、おいしい食事で癒やされ


さんざん癒やされて1400円しか払ってません


そして、行けなかった富士山目指し午前0時にすんぷ夢ひろばを後にしました。

富士山五合目目指し出発


大江戸温泉物語 天下泰平の湯 すんぷ夢ひろばから車で約2時間。


休憩や車への給油、そして路面のコンディション等で到着は


午前2:30頃になりました。


五合目は気温が低くおまけに強風という最悪の気候で、長男は車からでません。


家内は、夜景の写真を撮ろうと車外へ出ましたが、強風と周りの暗闇への


恐怖で、結局すぐに車内へ戻ってきました。


私も、星空写真の撮影を試みるも、強風で三脚が使えず、少し降りたところの


広場へ向かうことに。そこは風も弱く撮影出来ました。気温は低かったけど。


で、撮影した写真がこちら



左上から少し右寄りの真ん中下まで天の川銀河が




富士山山頂が白いです。左側に北斗七星がくっきり。




写真の真ん中あたりはうっすらと天の川銀河。




こちらにも天の川銀河がうっすらと。


今回のカメラの設定は、


シャッタースピード 30秒
F値 4.0
ISO 3200
MF(マニュアル・フォーカス)モード


で、初心者の私にもこの写真が撮影出来ました。







星空写真は、初心者でも比較的簡単に撮影できますよ。被写体が小さくて暗いので


難しいと思われがちですが、チョー簡単。


星空撮影に必要なものは、上にご紹介した一眼レフカメラ。


それに三脚。




30秒も動かさず手で持っていることは不可能ですので、


星空撮影には必ず必要です。


上に紹介した組み合わせで約9万円くらいです。


多少高くても良いものはずっと使えます。それに、コンパクトデジカメで出来ない


撮影も可能になります。


それでも、高いと思われる方は、こちらのコンパクトデジカメでも撮影は出来ます。

光学14倍ズームもついてますが、星空写真には必要ありません。


というか、わたしも初心者なので必要か、不必要かわからないんです。


ぜひ、感動するような神秘的な星空撮影にチャレンジしてみてください。






最終更新日  2017.05.01 13:23:58
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.