716472 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


三日月84

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

KAZE@ Re[1]:ほんとに…(09/15) 昨日は突然すいませんでした。 初めまし…
三日月84@ Re:ほんとに…(09/15) KAZEさん >こんにちは^^ >始めまし…
KAZE@ ほんとに… こんにちは^^ 始めましてなのに突然の…
三日月84@ Re:マスコミも卑怯だし情けない(09/12) 北川悪太郎さん >マスコミも情けない …
北川悪太郎@ マスコミも卑怯だし情けない マスコミも情けない というか 卑怯だよ…

フリーページ

ニューストピックス

2011.10.05
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
大地震の前には銀雲も宇宙から観測出来るそうな・・・

ラジオのFM放送も大地震の前には乱れるそうな・・・

ラドンガスってどうよ?
おばさんはラドンガスって知らないよ~~~
怪獣のラドンは知っているけどね。。。。













大地震予兆あった?! 震災前に大気中のラドンガス濃度急変 (産経新聞)
 東日本大震災の発生前に、大気中のラドンガス濃度が昨年6月から半年間増加していたことが、東北大と神戸薬科大、福島県立医大の研究で分かった。12日から静岡市で開催される日本地震学会で発表する。研究グループは「今後の地震予測に寄与する可能性がある」と期待を寄せている。

 東北大、神戸薬科大、福島県立医大(本間好施設長、鈴木俊幸放射線取扱主任者)の研究グループが、福島県立医大(福島市)にある非密封放射性同位元素使用施設内の排気モニターの計測データを分析することで、この施設から半径30キロ圏内の地面から大気中に出たラドンガスの濃度を調べた。

 その結果、季節により規則正しい増減傾向を示す大気中のラドンガス濃度が、平成20年ごろから数値が乱れ始め、昨年6月から12月初旬まで増加。その後急激に減少し、東日本大震災発生までの約3カ月間、通常よりやや低い濃度レベルを維持した停滞期間が続いた。

 一方、研究グループの東北大の長濱裕幸教授と神戸薬科大の安岡由美講師は、7年の阪神大震災が発生する前に、神戸薬科大(神戸市)で計測された大気中ラドンガス濃度変動も分析しているが、阪神大震災の際も今回の震災と同様に、地震発生の前年から、ラドン濃度に異常な増加が認められたという。

 ただ、阪神大震災では、3カ月前からラドンガス濃度が増加し、増加後の停滞期間が約半月程度と短く、東日本大震災と停滞期間や変化があった期間に違いがあった。

 この違いについて、長濱教授は「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)と兵庫県南部地震(阪神大震災)の地震規模(マグニチュード)の違いではないか」とみている。

 また、長濱教授は「大気中のラドンガス濃度の計測は、放射線測定をしている施設(原発周辺のモニタリングポスト、大学、病院など)でも可能だ」としたうえで、「今後大気中のラドンガス濃度を計測するモニタリングネットワークができれば、大規模な地震発生地域の予測に貢献できる」としている。




[ 2011年10月5日11時56分 ]






最終更新日  2011.10.05 18:14:43

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.