2994680 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

オイラは山佐が大好きだ!!

第五章


第五章 スロット博物館利用システムについての考察


今日は利用システム、つまりスロ博に入ってから帰るまでの
一連の流れ
を考えてみます。

まず、入り口にて入場料を払います。それから、空いている台を
確認して自分の遊ぶ台を決めます。
決めたら、カウンターにて登録をして、情報記録用のカードを
受け取ります。

台に着いたら、記録カードを利用してメダルを借ります。
この記録カードは、何の台をどれだけ打ち、何枚メダルを借り、
また流したかを記録します。
また、最高獲得枚数やボーナスをどれだけ引いたか等ランキング
(第四章参照)に関係することも記録します。


メダルを借りたら、あとは打つだけです!!
設定は変えたくなった場合、スタッフに言えばいつでも変えることが
できます。(希望すれば本人が操作することも可)

打ち終わったら、最後にメダルを流しカウンターにカードを
返却してから帰ることとなります。情報は個人ごとに記録され
二回目以降は最初の登録が簡易になります。

以上が一連の流れとなります。基本的にほったらかしなのが
気になりますが、わりとスロットを打つ人は外部から
なにやかややられるのが好きではないようなので、それでも
いいかなと考えています。

PS メダルを流したとき、4桁以上のぞろ目が出た場合、
なにか特典があっても面白いかも。フリーパスの類や、
出来るなら7777枚とか9999枚(笑)を出した人には
ラスベガスツアーとか出したら面白いかもしれないですね~。
(あくまで妄想ですから、もちろん採算とかは考えてません;)




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.