2018.08.30

夏休みの過ごし方の反省2018

カテゴリ:その他
​​​​我が家の3人の小学生の夏休みが終わり、

27日(月)から登校しています。

37日間あった夏休みの過ごしかたについて振り返ってみます。


まず、宿題をさっさと済ませ、遊びや旅行を満喫する

というのが理想でした。

その理想像のために、

休みに入る前からあれこれと準備をしていました(わたしが^^;)。

その一例。(↓)



夏休み特別カレンダー
エクセルで自作した、夏休み開始日から最終日までのカレンダー。

◆過去記事◆
キツイ!こどもと一緒の夏休み!!


遊びや旅行はじゅうぶん満喫できたのですが

宿題についてはグダグダ・・・(TT)

苦手な課題を最後の最後まで残してしまったり、

ウッカリ忘れていた課題があってあわてたり・・・



たくさん家族でお出かけをして

せっかく良い思い出も作れたのに、

最後は焦りやイライラでしめくくられた夏休みでした(TT)



以下は、来年の夏休み攻略法!我が家の備忘録です。

​​​やってよかったこと​

☆簡単な課題は休みに入ってすぐに終わらせた。

☆少し難しい課題は、小分けにして計画的に終わらせた。

☆「おうちで夏期講習」という制度をつくった。



やっておけばよかったこと

★とても苦手な課題こそ、休みに入ってすぐに取り掛かればよかった。。

★自由研究のテーマは、早めに決めておけばよかった。
 →休み前に決めておいてもよかった。

★旅行は、夏休みの前半に組み込めばよかった。
 →自由研究や絵日記の材料にでき、
  前半に行くことで、自由研究や絵日記も早く済ませられる。

★宿題が確実に終わったのか、確認日を設ければよかった。
 →登校前夜になってドリルの丸付けを忘れていたことに気づき、親子であわてました。



こどもの宿題に

親が気を配りすぎたり手を出し過ぎるのもアレですが

ある程度フォローしないと、

終盤に親子で大変な思いをするのも事実です^^;

さて、来年は今年の反省を生かせるでしょうか?

☆ランキングに参加しています☆

​​​​





TWITTER

最終更新日  2018.08.30 17:33:23