1192654 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ハーブと一緒に私のスマートライフ

PR

Free Space

ご訪問ありがとうございます。
横浜市在住のSumikoです。

自己紹介
北欧スウェーデンハウスでエコ生活を
実践している50代です。
中央大学卒業

保有資格
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
(厚生労働省・国家資格)
宅地建物取引主任者
日商簿記2級
ライフオーガナイザー1級
ハーブアドバイザー
ハーブコーディネーター
(日本園芸協会)
ハーブ研究家

ブログを読んだ感想など是非聞かせてください。
ハーブティーレッスンをスタートしました。
自宅でのプライベートレッスンです。

お問い合わせはこちら




シンプルスタイル(インテリア・雑貨) ブログランキングへ

ブログ村ランキングに参加しています。↓

にほんブログ村

お気に入りの雑貨やコスメがたくさん。
ロフトネットストア

本の大好きな私は、楽天ブックスを利用。
楽天ブックス

Recent Posts

Category

Archives

Rakuten Card

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

2021.12.05
XML
テーマ:読書日記(1334)
カテゴリ:読書感想



広がる格差社会から眼をそらしてきた平成期。
コロナ禍で、格差社会は明確になっている。

・家族格差
・教育格差
・仕事格差
・地域格差
・消費格差

この本では、5つの格差に関して
著者が統計やフィードワークを分析し提言している。

世帯減収による学習格差
デジタル格差
コミュ力格差
そして住む場所によって格差が生まれる令和時代。

昭和の頃にあった「お互い様」の成り立つ社会は
今はない。
移動の自由、通信手段の自由は、私たちを
生きやすくしているが「住宅すごろく」は機能しない
世の中になってしまった。

小学4年生ぐらいの時点で、毎月5万円以上の
受講料がかかる中学受験専門塾に通えるかどうかで
その後の人生ルートがある程度決まってしまうと
著者は言う。

親の所得が子供世代に影響し、格差が再生産
されている状況を著者は「階級社会への
道」に戻りつつあると憂う。

最後に著者は、これら格差社会への課題解決の
道をも提案している。
「時代は私たちの手で作られていく」
という著者の言葉が印象的です。

日本の今のリアルがこの1冊に凝縮されている。
格差を直視することが私たちに求められている
課題かもしれない。


本が好きに参加しています。




本は楽天で注文‼



読み終わった本は、ブックオフに!

店舗に持っていくのは大変なので
買取宅配を利用しています。

ブックオフオンライン





旅に出よう!



今年は、楽天ふるさと納税をメインにしています!

ポイントが貯まるし、ポイントが使えるのでお得。





生活スタイルの変化に伴って、食材宅配をはじめよう!

Oisix(おいしっくす)のおためしセットが大人気

Oisix(おいしっくす)



いつも読んでいただき、ありがとうございます。
以下の写真バナーをクリックしていただけると、うれしいです!
励みになります!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村


いつもブログを応援していただき
ありがとうございます。


ハーブと一緒に私のスマートライフ - にほんブログ村






Last updated  2021.12.05 00:00:20
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.