1850918 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Raw Food Lab® 乳製品フリー♪ローフードとアンチエイジング

PR

Free Space

ローフードとは、Raw(生)・Food(食)という生で食べる食べ方。野菜や果物を加熱せず、生きたビタミンや栄養素を摂取します。乳製品やお肉・卵といった動物性食品は使わないヘルシーな食べ方。カロリー密度も低いのでダイエットにもオススメ。
IMG_4544.JPG
小麦粉も使わないグルテンフリーで白砂糖の害もないロースイーツは女子の味方!ビタミンやミネラルなどの栄養素が摂取できる、身体に嬉しいスイーツです。
IMG_4949.JPG

QLOOKアクセス解析

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

本日マルシェ開催 … New! Hotohaさん

レシピブログさんの… New! あいりおーさん

Beyond the Waves … New! Fugu-chanさん

初めての楽しみ!iPh… New! ひより510さん

【20年間の、ファ… すずひ hd-09さん

Recent Posts

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2013.08.02
XML
カテゴリ:バリ ウブド旅行
この旅行で私が必ず行ってみたかったのが、Fivelements Puri Ahimsa Hotel
このホテルの中のレストラン、Sakti Dining Roomで
ローフードやビーガンのお料理がいただけます。

ここのローフードは、絶賛されているようなので、
高価なのですが絶対試してみたいと思っていました。
「バリにしては高価」ではなく、日本で食べるより高価なんです。
21%のTax&Service chargeも効きますー。

宿泊は一泊5万~とも言われる超高級ホテル。
宿泊は到底無理なので、せめて食事は体験したいと
今回のウブド旅行で私の優先順位、1位の先。
ウワサに期待値が高まります。

予約しなくても大丈夫だったかもしれませんが、
(食事をしているお客さんは、3組ほど?)
一応、日本からランチの予約をしておきました。

ウブド市街地から車で20~30分、
行きは、タクシーで向かいました。
モンキーフォレスト通りで交渉、Rp120,000.
DCIM1372.JPG
若目のお兄さんだったのですが、
快適なピカピカの車でした。

車移動途中も、驚くほどのガタガタ道路。
イメージでは、
「田舎道を走って、ぱーっと開ける風景に、あのホテルが出現するのでは…」
と思っていたのですが、現実は、
景色の良い道は、ほんの一部で
生活感のある道や、狭ぁーい道を通ってるうちに、到着(笑)

DCIM1396.JPG

HPの写真で見るより、こぢんまりした感じ。
案内されたレストランは吹き抜けの気持ちの良いスペースでした。

DCIM1373.JPG

素敵な照明。
夜に燈ると、きっと幻想的なんだろうな。

DCIM1388.JPG

風味のついたお水をサーブしてくださいます。
リンゴと何かが入ってるっていってたかな?

DCIM1374.JPG

オーダーは
3Course Prix Fix Menu (Rp350,000)
という、ジュース、前菜、メイン、デザートのセット。
メニューにある中から、好きなものを選べます。

ジュースはどれも、なかなかマニアックな組み合わせ。
手前のが私のオーダー
Electrozyme Tonic
(Cucumber,apple,wheatgrass,celery,lime,coconut water,kale,spirulina)
ウィートグラスにココナッツオウォーターにスピルリナ!
甘くなく、グリーンな味が勝つのだけど美味しかったです。

奥のはつきももさんのオーダー、
Super Immunity Booster
(broccli、dark leafy greens,parsley,turmeric,ginger,apple,orange)
これも面白い組み合わせ。
DCIM1376.JPG

付きだしは、クラッカーにグレープフルーツみたいなのが乗っかってて、
オレンジとゴマっぽいソースがかかってました。

前菜。「Bruschette Plate」
トマトベースのクラッカーの3種盛り。
トマトバジル、コリアンダーペーストのアボカド、
アーモンドフェタチーズのタマリロ。
DCIM1379.JPG
「タマリロ」って初めて食べました。
英語では「ツリートマト」と呼ばれるそうで、
トロピカルトマトって感じで、酸味があって、でもフルーツっぽくって
とっても美味しかったです。
アーモンドフェタチーズも、すごく発酵させてあってコクがあり美味しかったです。

DCIM1380.JPG
つきももさんの前菜は「Stuffed Zucchini Brossom」
美しい盛り付け♪
ズッキーニの花には
シイタケやマッシュルーム、豆腐等のパテが詰められていて、
グリーンチリペースト、ゆずタマリソースが掛かってます。

そして、メインは、ラザニア。
いろんな人がブログでも紹介されてるから、違うのも興味があったけど、
非常に美味しいというからには食べてみないと!
なんと単品だとRp165,000。
(税込みだと¥2,000弱!!!)
DCIM1386.JPG
盛り付けが素晴らしい。
カシューチーズやトマトマリナラソース、
バジルペースト、ペシャメルハーブソース、
しいたけのマリネがズッキーニで層になって奏でるハーモニーは最高。
ウワサどおりの美味しさでした。

DCIM1387.JPG
もうひとつのメインは、「Mushroom Farinata」。
ココナッツクレープに包まれているのは、
キャラメリゼオニオン、
マッシュルームのマリネやほうれん草、ドライトマトなど。
こちらも、見た目が美しくて、
ラザニアより美味しいんじゃないか?ってくらい美味。

両方、半分こして食べたので、
2種類試せて幸せ~~♪
きっと、ほかのお料理も美味しいと思います。

ここまでは、ゴキゲンだったんです。

問題はスイーツ。

結論から言うと、完食が苦痛なほど、激甘。
The Symphonyという、いろいろ少しずつ頂けるのをチョイス。
DCIM1390.JPG
ラズベリーチーズケーキ、バジルのシャーベット、ビーツのケーキ、
ティラミス、レモンのアイリッシュモスゼリーみたいなの。

とにかく、甘い。
普通5種類も入ってると、それぞれのいろんな味が楽しめるだろうに、
どれも同じように感じてしまうほどの甘さ。
食べていて、スプーンが止まる感じ??(笑)

メニューに、「シャーベットかアイスクリーム」って表示があったので、
アイスクリームでオーダーしたら、別で出てきました。

DCIM1392.JPG
バニラアイス。これは、さっぱりしていて美味しかったです。
プレートに乗ってくるかと思ったのに、まさかの別料金??と
つきももさんと顔を見合わせていたのですが、
追加料金はなかったです。

それから、なんと、私のデザートプレートの
ラズベリーチーズケーキになんと、「毛髪」が混入!
プレートに手をつける前に気づいて、伝えると、
おもむろにスプーンを持って来て、
プレートの交換ではなく、一部分だけ(ラズベリーのだけ)を持っていくという斬新さ。
日本ではありえないですね。

その後、もう忘れ去られてるのか?と言うほど待たされた挙句、
申し訳ない気持ちが空回りの、激甘フルサイズで登場(笑)
DCIM1395.JPG

飾りのチョコ、チョコレートに見えるけど、まったく違うものだったんです。
不思議な、固さのあるものでした。

ごはん系はとっても美味しかったです。
特に、チーズ系の発酵が素晴らしかった。

なので、スイーツの甘さ加減が本当に残念。
チーズクリームとか、きちんと発酵された濃厚なものなので
甘さが強いと、くどく感じるのでしょうね。
甘さを抑えたら、抜群に美味しいスイーツになると思います。

きっと、そう感じるのは日本人だけなんでしょうねぇ。
いや、日本のロースイーツはレベルが高いです。
海外ローフードへの羨望が薄らいだ瞬間でした。

なんだか、マイナス要因を書いてしまって申し訳ないけれど、
マイナスついでに全部書いておこう。

ホール担当のマネージャー的な人が、
最初は、「後で、ホテル内を案内してあげる」って言ってたのですが、
ずーっと他のお客さんと話していて、結局、案内なし。
そんなに離れた場所に居るわけではないので、
私たちが食事を終えて席を立つのも見えてるはず。

ほかの人のブログでも施設内を見学させてもらえると書かれていたので
高級ホテルの中を拝見するのを少し楽しみにしていたので残念。
きっと、「案内して」って言えばしてくれたと思いますが、
毛髪混入の代替ケーキに随分待たされたりしたので、
もう、いいやーっ、帰ろうってなりました。

それから、ランチの予約をするときにメールで、
「ホテル周辺にはタクシーがないので、予約しておくほうがいい」
って言われてたので、帰りのタクシーだけ予約しておいたのに、
すっかり忘れられてるというか、聞いてませんが??みたいな対応。

説明すると、ああー、そうだったね、と思い出してくれましたが。

ホテルの車が空いてたから、その後すぐに送ってもらいましたが。。。

んーたまたまだと思いますが、
高級ホテルとしては対応がいろんな意味で、微妙、でした。

ウォーターヒーリングやスパ、コロンクレンジングもやっていて、
きっと、皆が憧れて来るホテル。
もうちょっとサービス面は頑張って期待に応えて欲しいですね。

↓ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほぅ~」と思われたら、ポチッとお願いします。
料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


 








Last updated  2013.08.04 13:54:53
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.