1851385 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Raw Food Lab® 乳製品フリー♪ローフードとアンチエイジング

PR

Free Space

ローフードとは、Raw(生)・Food(食)という生で食べる食べ方。野菜や果物を加熱せず、生きたビタミンや栄養素を摂取します。乳製品やお肉・卵といった動物性食品は使わないヘルシーな食べ方。カロリー密度も低いのでダイエットにもオススメ。
IMG_4544.JPG
小麦粉も使わないグルテンフリーで白砂糖の害もないロースイーツは女子の味方!ビタミンやミネラルなどの栄養素が摂取できる、身体に嬉しいスイーツです。
IMG_4949.JPG

QLOOKアクセス解析

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

満月の夜。。。☆ New! Fugu-chanさん

つきももキッチン、1… New! Tsukimomoさん

本日マルシェ開催 … New! Hotohaさん

レシピブログさんの… New! あいりおーさん

初めての楽しみ!iPh… ひより510さん

Recent Posts

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2014.05.23
XML
少し前に作ったRawクラッカーとクッキー。
写真を撮っていたのでブログ記事にしておこうと思います。

ディハイドレーターはローフードで使うオーブン的なもの。
温度調節ができるのですが、
ローフードでは48度以下の低温の風で乾燥させます。

最初に60度くらいの高温で使うこともあります。
早く乾くものや薄くカットしたものをドライする場合は短時間高温に、
分厚いものを乾かすときは1時間くらい高温に。
中まで高温になることはないので酵素壊滅させるわけじゃないし、
表面をすばやく乾燥させることで、雑菌繁殖も防げるそうです。

高価で独特な装置だし、大きいし置く所ないし、って思いますが、
私は、高速ブレンダーよりディハイドレーターを優先して購入しました。
ローフードでいろいろなものを作ろうと思うとコレが無いとお料理の幅が広がらないので。

「ディハイドレーターは人工的に良質な水分を飛ばしてしまうし、
長時間の乾燥で酸化させてしまう、電気代がかかる」ということもありますが、

・グルメローフードの醍醐味の凝ったお料理ができる
・長期保管できるドライフルーツ等の乾物・スナック類が作れる
・浸水したナッツを乾かしてストックできる(←これ、結構重要)
・加熱したような調理ができる
・お皿ごと暖める
・一定の温度でカカオバター・ココナッツオイルを溶かす
・高温使用で、甘酒もできちゃう

など、いろいろ使い道があります。
ウチは、わんこがいるのですが、ディハイドレータを使い始めてから、
もう犬用のおやつは購入することは無いです。
蒸したサツマイモをディハイドしたものや(これ、人間用としても美味しいの♪)
余分な野菜の茎やあまった野菜をミキサーにかけてフラックスと固めて乾かしたりします。

クラッカーやクッキー系を作ったりするのは
使い慣れるまでは、レシピ本を開いたりするワケですが、
慣れてくると、分量は「だいたい、これくらい」で作れるし、
どんな野菜やナッツを使ってもOKだし、
クラッカーを作って持ってれば、
ローフード独自の「サラダだけやったら、お腹すくしなー」という心配も回避できます(笑)

久し振りにエクスカリバーUSAのサイトをみると↓
http://www.excaliburdehydrator.com/
クリアドアという、ガラス張りっぽい中が見える蓋だけ売ってるみたいです。

前に書いたブログで紹介してますが、↓ステンレスのはやっぱり見た目がいいですよね。
ステキすぎるNew ディハイドレーター

と前置きが長くなりましたが、
洗いごまでシマシマにしてみた、小松菜・ひまわりの種ベースのクラッカー。
つなぎはゴールデンフラックスシードで作りましたが、
チアシードでもOKだし、サイリウムでもOKです。
DCIM0367.JPG
アルミホイルを細く切って、シマシマに貼り付けてから
ごまをフリフリ、その後、
アルミホイルを剥がしたらシマシマ模様の出来上がり。

DCIM0374.JPG

乾燥後、冷凍しておいたら、1ヶ月くらい大丈夫じゃないかな。
1ヶ月も残したことがないけども、冷凍臭くなる前に食べきりましょう。

そばの実・シードの入ったクッキー風。
ドライ苺をトッピングしたら可愛くなりました。
こちらの繋ぎは、デーツ。
アガベでもメープルでも、ネクター系ならOK。
DCIM0399.JPG

お弁当にたっぷりサラダを持っていって、
クラッカーを2~3枚、おやつにRawクッキーを持参したら、
家に帰るまでの空腹の心配もなしで、Raw100%で過ごせます。

ローフードマイスター準1級では、
ディハイドレーターの初心者向けレッスンもありますし、
これから、購入・使用する人が増えるのではないかなと思います。

買ったけど、使ってないし。。。とかもったいないので、
是非、いろいろ作って楽しんでいただきたいと思います♪

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 










Last updated  2014.05.27 18:04:30
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.