1805063 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Raw Food Lab® 乳製品フリー♪ローフードとアンチエイジング

PR

Free Space

ローフードとは、Raw(生)・Food(食)という生で食べる食べ方。野菜や果物を加熱せず、生きたビタミンや栄養素を摂取します。乳製品やお肉・卵といった動物性食品は使わないヘルシーな食べ方。カロリー密度も低いのでダイエットにもオススメ。
IMG_4544.JPG
小麦粉も使わないグルテンフリーで白砂糖の害もないロースイーツは女子の味方!ビタミンやミネラルなどの栄養素が摂取できる、身体に嬉しいスイーツです。
IMG_4949.JPG

QLOOKアクセス解析

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

半日以上、アナログ… New! Hotohaさん

大好きミルクブレッ… New! あいりおーさん

ついに妥協する。。… New! Fugu-chanさん

楽天カードについて… New! ひより510さん

【ミニマリストブロ… すずひ hd-09さん

Recent Posts

Archives

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

ローフード入口、まずは・・・

2018.03.13
XML
ローフードラボ ローフードマイスター京都壬生校Sumiです。
ローフードラボ京都のホームページはこちら→☆

ローフードの定番のミキサー、バイタミックス。

私が以前から使用しているバイタミックスはスタンダードモデル。

ウソみたいなホンマの話、
懸賞で当選しゲットしたんです^^

そのときの2011年のブログ↓
夢みたい!霧島酒造の懸賞でバイタミックスをゲット!!

その翌年、ローフードの大会で優勝し
懸賞にいただいたのもバイタミックスで、
(2台も不要なので、お安くお分けしたのですが)
なにかとご縁がある(もらえる)、と勝手に思っています♪

ずっと悩んでいた小型のバイタミックスも
何らかの形で手に入らないかな?と思っていたのですが
それは厚かましかったみたいで(笑)、

バイタミックスのS30、
自力で購入しました!

じゃじゃーん♪

rblog-20180314033058-00.jpg

S30の評判、お友達からは、
スタンダードモデルを使用していたら
パワー不足に感じるからイマイチ、なんて聞いてたのですが。

少量が回せるミキサーを探していて、
ニュートリブレッド(マジックブレッドの上位機種)を購入して失敗して、
やっぱり、トライベストかな?と思っていたところ、

期間限定20%引きと聞いて、
生徒さんが実演販売されている現場へ赴き、
いろいろアドバイスしてもらって決めました^^

rblog-20180314033058-01.jpg

ぴっかぴかシルバー💛
900mlのコンテナと
そのまま持ち運びできるジャグも付け替えられます。

2月の一定期間、20%引きで販売されていて、
思い切ってゲットしました。

20%引きといっても
5万円弱!!
やっぱりお値段、バイタミックスだわーって感じです。

rblog-20180314033058-02.jpg

スタンダードモデルでは取り外しできないブレード部分が取り外しでき
中までしっかり洗うことができます。

外せないバイタミックスと比べると、
正直、毎回、外して洗うのは面倒です。

(ねじ目のところにスムージーなど入り込むので、
すすぐだけではダメで、毎回取り外しての洗浄が必要)

スタンダードモデルは
外せないから、洗えない=洗わないだったんで、
S30は外してキレイに洗えるのは長所でもあるのですが。

rblog-20180314033058-03.jpg

さて、私が購入決定した決め手は
「少量が回せる」こと。

底辺が小さく、ブレードまでの距離が短いほど
少量の水分で攪拌できる、ということなので、
目安として測っておきました^^

直径7.5cmくらいで、
深さは2.8cmってとこでしょうか。

rblog-20180314033058-04.jpg

このブレードより上まで入れることで
ある程度攪拌できるってことです。

ここに、ひたひたの水を入れて測ってみました。

rblog-20180314033058-05.jpg

結果、86g。
飛び散っても良いなら、このくらいの水で回せるということですね。

rblog-20180314033058-06.jpg

実際、購入する際に
バイタミックスのインストラクターの方に相談させてもらっていたら、

ラズベリー50gがまぁまぁペーストになって、
ハイパワーの攪拌で種まで滑らかにしようとおもったら100g程度。

胡麻だったら大匙1でミルできるし、
(チアもフラックスもいけますよねー^^)

カシュー+水も、スタンダードモデルの最小攪拌量の
約半量で回せます。

ということで、一番最初に購入した
タイガーのミルミキサーを処分して
S30が後釜に居座ることになりました♪

実際に使った感覚的には
S30のパワーは、スタンダードモデルの半分くらいに感じます。
(おなじように滑らかにするのに、ちょっと時間がかかる)

ですが、小型といえどもバイタミックスですからね♪
十分なパワーです!

スイーツの盛り付けに、ちょっとだけベリーソースを作る、
とか

クリームを半量だけカカオパウダーを入れ攪拌、
とか

今ままで無理だった分量が攪拌できるので
レシピの幅も広がりそうです♪♪

購入迷われてる方の参考になれば幸いです~💛

ピカピカのS30、
大事に使おうとおもいます^^

レッスンスケジュールUPいたしました。
最新情報&ご予約は↓↓ホームページにて♪♪

ローフードラボ京都のホームページはこちら→☆

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

お料理教室総合サイト「クスパ」さんにも登録しています



インスタグラム、
自分の画像をUpするアルバム的に使っています。
お気軽にフォローしてくださいませ^^
Sumi(RawFoodLab Sumiのインスタグラム)


PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2018.03.14 04:07:32
コメント(2) | コメントを書く
2017.04.11
サラダドルチェ ローフードマイスター京都壬生校Sumiです。
ローフード京都壬生校のホームページはこちら→☆

ロースイーツ基礎コースでは
改めてナッツ・種子の浸水についてお話しします。

一晩浸水して発芽酵素抑制物質を無害にしてから使う
というのが基本ですが、
フラックスシードやチアを「粉」状態で使うときは
そのまま(浸水せずに)使う、とも言われます。

浸水しちゃうと、ドロドロになるから
粉にしにくいからという使い勝手からなのですが、
皆さんどうされていますか??

昔、とある海外のローフーディストに
その件について質問したときの返答は

「酵素抑制物質が含まれますが、
ナッツほど多量に使うわけじゃないから、まぁよしとする」

というローフードらしいアバウトなお返事がかえって来ました^^

そのアバウトな説明を受け、
粉で使用する場合は、浸水しないで使っていましたが

先日のレッスンで
浸水してから、酵素抑制物質を取り除いて粉にできるか?
という話になり
実際にやってみた実験です^^

フラックスシードを一晩浸水します。
しーっかり、とろみ成分がでてきます。

そして、酵素抑制物質を取り除くべくしっかりすすぎます。

ですが何度すすいでも、
種の周りのヌメヌメは取れませんー。


この水分は酵素抑制物質を含んだヌメヌメのはずだ、と思うと
取ってしまいたいのですが
しっかりすすいでも無理でした。

結局、ヌメヌメは残ったまま、ディハイドレーターへ。
ノンスティックシートに移し替えてると、
発芽しているの発見!



なにかの本で、
「フラックスシードは発芽しない」って書いてあったと記憶してたので
フラックスシード=発芽しない、と思い込んでましたが
鵜呑みにしちゃダメですね。

可愛い芽が、ぴょこっ♪

で、ディハイドレーターで一晩。
結局シンプルなフラックスチップスができた、
って感じに乾燥させて、、、



これをバイタミックスで粉にすると、
結果、
酵素抑制物質を省いたであろう、フラックス粉末が出来ました。



いやはや
ローフードらしい手間がかかりますねー(笑)

でも浸水→乾燥というのは、
Rawで使用するナッツでも行うのと同じことなので、
フラックスやチアも同様の処理をするというのもいいかもしれません。

粉にしてしまうと酸化しやすいので
乾燥後のシードの状態で冷凍しておいて、使う分だけミル、という感じで。

あ、この粉を作った後に、もう一つ試してみたのが
粘り気の実験。

最初に、浸水→粘りけをよくすすぐ
という作業をしたので、
粘り気が弱まってるんじゃないか(使う量を多くしなきゃいけないかも)
と疑問がわきまして。

浸水後のフラックスシード粉末と
浸水なしそのままの粉末に
同量の水を入れて比べてみました。

結果、意外。

一度粘り気をとったほうが、粘りが強くでました。
不思議ー。

ちょっとした、実験くんのシェアでした^^

4月のスケジュールUPいたしました。
最新情報は↓↓ホームページにて!

ローフード京都壬生校のホームページはこちら→☆

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

 



お料理教室総合サイト「クスパ」さんからもご予約いただけます



インスタグラム、はじめてみました^^
Sumi(Salada Dolceのインスタグラム)






Last updated  2017.04.13 00:52:11
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.06
「仕事しながら、ローフードマイスター認定校してる人って少ないですよね」
何気にそんな質問をされて、
そうかも?って思いました。

って、私がそういう方を知らないだけだと思いますが、
やはり、主婦さん、ママさん、子育てひと段落の方とかが多いのかなーと思います。

サラリーマンしながら、お料理教室やマイスター認定校をするということは
メリット、デメリットはそれぞれあります。

でも、どんな境遇でもメリットとデメリットがあると思うので、
サラリーマン+お料理教室、サイコー!とかはありません(笑)

まぁ一番の良い面は、
固定給があるから「食べていくため」にがっつりレッスンををしなくてもよいということ。
原価計算をシビアにする必要もないし、レッスン回数もボチボチ、
参加者数もボチボチで、みたいな感じで、自分が楽しめればOK。

これは、ダンナさんが世帯主の扶養に入ってる主婦さんとかも同じかな。
稼ぎすぎてもダメだというのも一部、似ているかもしれません。

デメリットは、時間が限られる、ということ。
平日が仕事ならレッスンは休日に、となると当然忙しくなります。
レッスン回数は自分でコントロールすればよいことですし、
全てを段取りよくこなせば良いだけのことですが、、、

私が思うに、
フルタイムで仕事をしながら、休日にお料理教室を開催するということは、

「仕事が終わって帰宅後、夜の1時、2時までキッチンに立ち翌日の準備をすること」

です。

そして、お料理準備だけではなく、お客様をお迎えする最低限度の片づけや掃除も必要ですし、
良い野菜にこだわるなら、仕入れるタイミングから準備は始まります。

これも、たとえば、お子さんのいらっしゃる方とかだと
子供が寝てから夜しか準備できない、とか
部屋を掃除してもすぐ散らかされてしまう、とか
何かデメリットというか苦労があると思います。

レッスンで盛り付けされたお料理だけを見ると、
ローフードはビタミンカラーで華やかなイメージがあるかもしれませんが、
結構、地味な作業・準備も必要なわけで。

特に大人数の仕込みなどがあると、
「もう二度と受けるまい」と思いながら深夜の仕込みをこなすことも(笑)

なのでどういう境遇であれ、
良い面が勝る・悪い面が勝る、ということはなく、
最後は

「それが好きか、楽しいか」だと思います^^

IMG_7836.JPG
(何にも画像がないのも寂しいので、、、
実家のうさぎちゃん、めっちゃ可愛いロフィー、13歳。
元は、兄のとこの子ですが甥っ子がウサギアレルギーになっちゃって。。。
お父さんのことがめっちゃ好き、私には全然なつきません、笑)


お料理教室を開催する、というのは、
別段資格が必要なわけではないので、誰でも始めることができます。

ただ、そのレッスンに人が来てくれるかは別です。

そういえば、私はローフードにはまった2010年から1年間は
毎日ブログ更新をしました^^

365日、毎日。

まだ、マイスター資格も取得するかどうかも未定で、
自宅でお料理教室をするのも考えてなかったのですが、
ローフードにはまったことをきっかけに、
「毎日更新」を続けました。

最初はただただ、ローフードが楽しすぎて、
そこから広がる世界が興味深くて、書くことに困ることはありませんでした。

結果、それなりにローフードに興味のある人が
私のブログを見てくれる機会が増えていったように思います。

2012年にローフードマイスター認定校を取得。
これは、がっつり認定校としてマイスター講座をするというよりは、
自宅でのお料理教室に、「看板」がないと来る人も不安なのでは?と考えてのことでした。

そして当初のレッスン目標は
「月に1度は何か開催しよう♪」というものでした。

「ブログ、見てます」と初対面の方がお越し下さるのも、
「継続」しているからこそだと思います。

こうして、約5年コツコツ積み重ねてきたものが、
6年目の今の現状、ということになります。

先日、犬のロースイーツ専門店のサラダドルチェのネットショップを立ち上げましたが、
「Salada Dolce for Dog」
こちら、まぁ、想像以上に軌道に乗らなくて(笑)、
犬界におけるコツコツ下地の大切さを痛感しているところです。

とちょっと話がそれましたが、

お料理教室を開催するにあたり
私がとてもラッキーだったと思うのは、
広いキッチン&リビングが自宅にあったということ。
(対面キッチンだと言うことないのですが^^;)

お料理もロクにできなかった当時の私が、
「一番広いシステムキッチン入れて」
とお願いしたことが役立っています(笑)

自宅にレッスンできる空間がない場合は、
場所を借りて行うこともできるのですが、
最初は少し敷居が高く感じるかもしれませんね。

でも、「好き」や「やってみたい」、「楽しい」が勝れば、
どんな境遇でも始めることはできると思います^^

人生、この一瞬の「今」が自分の一番若いとき、
何かを始めるのに、今からでも遅くはないのですって^^

今まずは始めなきゃ、何も始まらないですもんねー。
ジャンルに関わらず、
やりたいこと、やっていこうと思います♪

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

 












Last updated  2015.12.09 22:20:46
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.27
デジタルクッキングスケール。
いわゆる、計量器、なんですけど買い替えました♪

今まで使っていたのは
普通に1g単位で、1kgまで計れるもの。
昔から、お菓子作りは好きだったので必需品、
もう10年以上使い込んでいるものです。

でも、
ローフードを始めてからずーっと不便だなーって思っていたのです。
何が不便って、バイタミックスのコンテナが重いので、
あっという間に1kgなんてオーバーしてしまうので、
わざわざ、材料を別途ボウルで計量してから、バイタミックスへ戻すという作業が必要でした。

今までそれなりに使えていましたが、
そろそろ電池の寿命なのか、最近電源ONされないことがあったり。。。
(四つ角のネジを外さないと、交換できないタイプのようで、面倒^^;)
レッスン中に使えなくなったら致命的だなーと懸念していたので
前から狙っていた新しいクッキングスケールを購入しました。

200円クーポン発行先着!3月1日(日)00:00~3月5日(火)3:59まで 【クッキングスケール】 タニタ デジタル クッキングスケール KD-321-SV シルバー 【RCP】

前のとサイズを比べると、置く場所を取りそうなのですが。。。
IMG_4785.JPG
300gまでは最小計量0.1g、
300 ~ 1,500 gまで 0.5 g
1,500 ~ 3,000 gまで 1 gで計ってくれるすぐれもの。
最大計量3kg!!

ちなみに大きい方のバイタミックスのコンテナだけで
計量してみると重さが857.5g。
IMG_4786.JPG
なので、今までの計量器だと1kgまでしか計量できなかったので
たった142gほどしか合計で計れなかったことになります。

この大コンテナは2リットル入るので
合計3kgが計量できればこれからはストレスフリー♪♪
IMG_4788.JPG
収納に便利なケース付。
ってめんどうになってケースに入れないかもしれませんが^^;
ステンレス皿が取り外せ洗えたりと衛生面でもGOOD。

使うか?だけど、
水・牛乳の容積計量が可能な「mlモード」もついてるそう。
何といっても300gまでは0.1グラム単位で計れるので
繊細な、寒天の量とかを計るのに役立ちそうです^^

ちょっとしたお道具のバージョンUP。
ローフード作りが快適になりました♪
もし、買い替えをご検討でしたら、おススメです♪
_________________________


■□イベントのお知らせ■□
はじめてのローフード説明会
2015年3月7日(土)11時~13時半 
募集ブログ詳細はコチラ→☆
参加費用¥3,000
持ち物:筆記用具
開催場所:ローフードマイスター京都壬生校
     (最寄り駅は阪急 四条大宮・JR丹波口です
      お申込みくださった方に詳細をお知らせします)
お申込み:sumi_rawgood@@yahoo.co.jp
(@を一つ削除してご連絡くださいませ)

※当方、室内犬がおります。また、アレルギーのある方はご相談ください。


料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 










Last updated  2015.12.07 10:26:14
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.16
ジューサーとミキサー(ブレンダー)の違いは、
簡単に言うと、不溶性食物繊維が残ってるか、残ってないか。

ジューサー・・・不溶性植物繊維を省かれる。(水溶性食物繊維が残っている)
ミキサー・・・不溶性繊維も、水溶性繊維も残っている

ジューサーで作った飲み物=ジュース
ミキサーで作った飲み物=スムージー

と一般的に言われていますね。

ミキサーは、野菜や果物を丸ごと使って作りますが、
例えば、そのミキサーでできたジュースをさらし等で絞った液体が、
ジューサーで作ったジュースと同じようなものです。

最近ではジューサーというと、「低速ジューサー」のことを指すので、
低速で、熱を発生させずにジュースを絞るので、
熱に弱いビタミンなどの栄養価も損なわずに摂取できるということも違いのひとつになります。

ジューサーのジュースは不溶性食物繊維を含まないので、
消化に時間がかからない=負担が少ない、吸収力が良い、お腹が空きやすい(笑)、
ということになります。

一番消化に負担の無い食べ物は、ジューサーで作ったフルーツジュース、
ということになるらしいです。
食物酵素もたっぷりで消化吸収が良く、すぐ、エネルギーになってくれるので、
体力的に弱っている時なんかに摂取するのはとても効果があると思います。

流行りのファスティング(断食)も、
消化にエネルギーを使わないほうがよい、ということから、
スムージーではなく、ジュースで行います。

市販のお砂糖たっぷりの酵素ジュースでやるのではなく、
フレッシュな野菜や果物を使ったジューサーを取り入れるのが良いと思います。

こう書くと、ミキサーよりジューサーのほうが良さそうに思いますが、
ミキサーは、不溶性食物繊維も摂取できることから、
ホールフードでより多くの種類の栄養素を摂取することができるし、
繊維質もより多く取り入れることができ、満足感のあるドリンクになります。

バイタミックスの場合は、ミキサーでありながら、
繊維質を感じないほど滑らかなスムージーができるし、
ハイパワーで、食物の細胞壁を傷つけてその中から栄養素を取り出すことができる、
と言われているので、ジューサーに負けないほどの栄養素摂取ができると言えます。

比べると、どちらもそれぞれに良いところがあるのですが
私はジューサーを持っていないので、欲しいなぁと前から思ってました。

でも、

「作るの・洗うのが面倒らしい」
「パルプ(絞りかす)がなんだかもったいない」
「置き場所がない」
「バイタミックスがあるからいいじゃない」

ということで、伸ばしのばしにしてきました。

ところが、最近パートナーが「ファスティング(断食)」に興味を持ちだして、
これは始めるタイミング!ということで、思い切ってジューサーをゲットしました。
(バイタミックスのロースムージーもあまり好きではない彼は、
飲むのが少量でよいらしい、というところに惹かれたようですが^^;)

購入する際、
ヒューロム以外のジューサーもいくつか候補はあったのですが、
情報量が多いヒューロムの最新型の購入を決定。
価格は、思っていた型落ちのよりもずいぶん高価・予算オーバーだったのですが
同じ材料でも、ジュースの絞れる量がUPしているというのが決め手になりました。
長い目で見ると、そこって大事ですよね。

購入したのはコチラから。

ヒューロムから“次世代”の低速回転ジューサーがついに上陸!今話題のコールドプレスジュースも搾れる!内部構造が一新したこれからのスロージューサー!【9大特典】2014年新モデル登場! ヒューロムスロージューサー H2H《カラー:フェラーリレッド》【送料無料】【H2H-RBA11】【HH エリート】【HH Elite】【HUROM】【低速ジューサー】【コールドプレス】【クレンズ】【低温圧搾】【楽ギフ_のし】
無農薬の人参3kg、リンゴやレモンがついてくるということで、
届くと同時にジュースが楽しめるというのはどう考えても楽しいので、
こちらのお店で購入しました。
DCIM1091.JPG

我が家のバイタミックスとお揃いの白を買おうと思っていたのですが、
パートナー推薦のフェラーリレッドを購入。
結果、白だったら押し込む棒とかも白で、人参の色素沈着とかが気になりそうなので、
赤にしてよかったと思っています。
(赤は、棒は黒です)

ジューサーが届いたその日に、
セットでいただいた人参とリンゴ、レモンでジュースを作ってみたら、
それはそれは、とっても美味!

パートナーも、おいしいといって、ゴクゴク飲んでました。
(心の声:ゆっくり飲んでほしいなぁ。。
その辺りは、おいおい伝えていこうと思います、笑)
DCIM1102.JPG

人参って、ロースムージーでは使わないから
なんだかオレンジの飲み物に躊躇してしまいます。
ミドリがないと、落ち着かないというか(笑)

スムージーとは違うので、またジューサーで美味しい野菜やフルーツの組み合わせを
探っていこうと思いますが、なんだかそれも新鮮で、
毎日、ジュースにするのが楽しみ。

まだ、1週間も使ってないのですが、最初の感想としては、
思っていたほど場所も取らないし、重くないし、
使うときに移動する、というのもそう苦にならない感じです。

けど、マイナスポイントは、

投入口が意外と小さいのと(まぁまあ、小さくカットしないといけない)
ポイポイ放り込むと、すぐストップする、
(使用方法のDVDはそんな雑な使い方は推奨してないのですけど^^;)
それと、分かってたつもりだけど、想像以上のパルプの発生。

で、やっぱり
一番は面倒だと思うのは、バイタミックスに比べると、洗うのが大変なこと!!

ですが、パルプもなるべく使い道を模索して無駄にしないようにして、
洗浄も慣れたらそう大変でもなくなるという、ジューサー諸先輩方のご意見を参考に、
楽しんで続けていこうと思っています。

まだまだ、ジューサーデビューの新米さんなので、
使い始めのジューサーレビューをしていきたいと思っています。

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 



☆☆11月2日(日)は京都二条ワンデーカフェ「vege smile」OPEN☆☆
ローフード、自家製酵母100%パン、ヴィーガンスパイス料理のベジなカフェです。
ランチセットやアフタヌーンティーセット、秋のRawスイーツや焼き菓子などお楽しみください。
詳細は近日ご紹介いたします。

場所 1/8bldg.(ワンパーエイトビルディング)4F 
・JR二条駅 徒歩10分
・地下鉄「二条城前」駅3番出口 徒歩5分

カフェOPEN 11:30~15:00L.O、15:30close

ご予約優先でお席をご用意いたしております。
満席や、売り切れの際はご容赦くださいませ。

ご予約はコチラ↓
vegesmilekyoto@hotmail.com
_________________________________






Last updated  2015.12.07 10:27:28
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.11
以前から書こうと思いつつ、ずいぶん前、そう8月のこと(笑)

我が家のバイタミックスの大コンテナがどうも調子が悪かったのです。
使用して丸3年というところでしょうか。

回すと、「キー!!!!」というなんとも耳障りな音がして、
どうもおかしい。
ん???と小さいコンテナに変えてみると、問題なし。

ということで、バイタミックスの本体がおかしいのではなく、
コンテナに問題があるということで、いじってみました。

コンテナの底、本体とドッキングするネジですが、
通常は、手で回すと、軽くクルクル刃が回るのに、
ギューッっと力を入れないと回らない状態。

どうも、何か引っかかっていて、高速回転すると「キー!」と異音を発するようです。
家にある工具をパートナーに引っ張り出してもらい、
コンテナの内側からは、刃を分解することはできたのですが、
特に何かが引っ付いてる様子もなく。

コンテナの底側からは、特別な工具がないと分解できないようになっているようで、
応急処置として
ココナッツオイルを潤滑油的に使ってみましたが、変化なし。

ということで、バイタミックス(アントレックスさん)にお電話してみました。

「ということで、コンテナの調子が悪いんですけど」

そう伝えると、送ってください、ということで、
東京本社ではなく、倉庫の住所を伝えられて、送ることになりました。

太っ腹なのは、着払いでOKということ。
特に、購入●年とか、保証書云々等、なにも細かいことはおっしゃいません!
バイタミックスはなかなか故障しないとはいえ、
こういうことがあると、正規代理店から購入していると安心かも。
(って、私は、霧島酒造さんの懸賞で頂戴したものですが^^;)

今回の、刃のねじが固くなるという故障??は
原因不明、よくあるケースではなく、レアなケースだそうです^^;
「何か、特殊な使い方をされてますか??」
って聞かれても、そりゃ、スムージー以外にローフードで負荷をかけてるとはいえ、
でもそれが可能なのがバイタミックスであって、特殊にははいらないですよね??

毎日使うバイタミックス、ミニコンテナがあったからレッスンも乗り越えられたけど、
使えないとなったら、毎日、気が気じゃないですよね!

「毎日愛用しています。
一日も早く、修理をお願いします」

とお願いをしたため、梱包して修理に出しました。

で、ここで一つ注意点。
電話をしたときの、担当者さんをきっちりメモしておくことをお勧めします。
どうも、修理担当という方がいらっしゃるようではなく、
次回、問い合わせする際に、「誰に伝えたのか」が大事になってきます。

問い合わせの際に、相手の名前を控えておくのは当たり前のことなのですが、
アントレックス(バイタミックスさんの正規代理店さん)の方、
とっても丁寧なので、名前なんて控えなくても大丈夫という気になってしまうのです(笑)

1~2週間で、直るか交換かで戻ってくると聞いたのですが、
なかなか連絡がないので、こちらから問い合わせをしたのですが、
その際に調べてくださった方が、
「明日発送予定です」とおっしゃってくださってので安心して、そのまま待つことに。

その後、2~3日たっても届かず、またお電話をしたら、
「まだ工場にあります」と言われて、は???!!!

「誰」が「明日発送だ」と対応してくださったか、なんてメモしてなかったので、
「明日発送」を聞いた、言ってない、という話になり、たらい回しになってしまいました。
●●さん、というのを伝えられればスムーズだったと思います。

修理は終わっていたのに先方の手違いで発送が遅れてしまったとのこと。

結果としては
ネジの交換?かなにかできちんと修理してくださって
手元に戻ってきたので問題なしなのですが。
(ちなみに今回の場合、費用の負担は無しでした^^)

バイタミックスの故障のお話はあまり聞かないのですが、
私のように、コンテナの調子がおかしい?ということがある場合に
お役に立てたらなと思い、シェアさせていただきました。

対応してくださった方のお名前のメモ、お忘れなく^^;

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 



☆☆11月2日(日)は京都二条ワンデーカフェ「vege smile」OPEN☆☆
ローフード、自家製酵母100%パン、ヴィーガンスパイス料理のベジなカフェです。
ランチセットやアフタヌーンティーセット、秋のRawスイーツや焼き菓子などお楽しみください。
詳細は近日ご紹介いたします。

場所 1/8bldg.(ワンパーエイトビルディング)4F 
・JR二条駅 徒歩10分
・地下鉄「二条城前」駅3番出口 徒歩5分

カフェOPEN 11:30~15:00L.O、15:30close

ご予約優先でお席をご用意いたしております。
満席や、売り切れの際はご容赦くださいませ。

ご予約はコチラ↓
vegesmilekyoto@hotmail.com

_________________________________







Last updated  2015.12.07 10:27:45
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.11
私はストイックに乳製品フリーを続けて4年目。

乳製品だけを省く、というのはなかなか難しく、
また、いろいろな食害などを知ると、
動物性のものは極力避けたいということで
ほぼ、ベジ的な食生活を送っています。

外食するお店は、
ヴィーガン対応のお店がありがたいです。

なぜなら、「ベジタリアン」というくくりの中には、
乳製品が含まれることがあるので、
確認しないといけませんから。
インド料理でよく見かける、ベジタリアンセット。
これは普通に乳製品(ギーとか)が使われていますし。

というようなことを書くと、
ヴィーガンって?ベジタリアンって?
ややこしいので、簡単にまとめたいと思います。

ヴィーガンとは、完全菜食なので、
動物性のもの(お肉類・卵・乳製品など)は一切食べません。
具体的には、牛・豚・鶏・魚・牛乳・バター等が入ってる食事はNG。
いりこ出汁のお味噌汁もNGだし、チキンエキスの入ったスープストックとかもダメ。
ハチミツも動物性になるのでNG。
それと、食事だけではなく、
毛皮や、皮製品も身につけないというのも、ビーガンに含まれます。
シルクなんかも、動物性ですよね。
ちなみに、ベジフェスは「ヴィーガン」だそうです。
(いないと思うけど、ベジフェスに毛皮を着ていくとヒンシュクを買うと思います)

で、ベジタリアンというと、もう少し範囲が広がって、
肉系だけは食べないという感じになります。

いろんなベジタリアンの種類があるのですねー。
卵だけは食べるベジタリアン、とか、
乳製品は摂取するベジタリアンとか、
魚だけは食べるベジタリアンとか、って感じ。

でも、広い意味で(ヴィーガンも含めて)ベジタリアンと言う場合もあります。
なので、ベジタリアンと名乗る人には、
どういうベジタリアンなのかを確認しないと
厳密に何が食べられて、何がダメなのかが分からないということになります。

これを書くとややこしくなるかも知れませんが、
ローフード≠(ノットイコール)ベジタリアン、なのです。
ローフードとは、生で食べることなので、
野菜・果物だけでなく生肉・生卵・生魚も含む、生で食べる食べ方、なのですね。
ただ、一般的にヘルシーローフードとしては、
動物性食品は省く、ヴィーガンローフードが主流ではありますが。
(生はちみつを使ったりすると、厳密にはヴィーガンでもなかったりするのですが)

マクロビは=ビーガン、なのかな?
動物性食品は使わないと思うので、
多分、そうだと思います。

もっと詳しく知りたいという方は
どうぞネットで調べてくださいねー。
フルーツだけを食べる、フルータリアン、
呼吸だけで生きる、ブレサリアン、なんてのも興味深いですよね。

そうそう、それから、ビーガンやベジタリアンがヘルシーかどうか、
これは、イコールではありません。
単に、肉を食べないというだけで、
例えば、市販のポテトチップス等のスナック菓子や
炭酸飲料はじゃんじゃん飲むとか、
植物性油脂(マーガリンとか、ね)を気にしないとか、
そういう話も聞きますし。

なぜ、ヴィーガンやベジタリアンになるのか。
これは、人によりいろいろな理由があると思います。
海外だと、宗教的な問題もあると思いますし、
もともと苦手な人もいらっしゃるし、
動物愛護の観点からベジになった人もいらっしゃるし、
大きくは、食物不足・地球環境なんかがきっかけの方も。

私を含め、周りには
健康に気をつける人が動物性食品の害を知って摂取を控える、
というパターンが多いと思います。

完全にヴィーガンやベジではないけれど、
選択できる場合はお肉は食べないし、自主的にも食べないという感じ。

そういうところから、
添加物は摂取しないとか、無農薬野菜をチョイスするとか、
順序は前後することはあっても
ローフードとか、マクロビ、自然食みたいに繋がっていくのだと思います。


最近、
単に野菜多めで、魚や卵が入っているのものを、
菜食弁当とうたっているものを見かけます。
紛らわしいー
飲食業を営む人は、もうちょっとこういうところも勉強してほしいな。

あと、アレルギー表示も、ね。

「乳製品入ってますか?」
「豆乳を使っています、あ、マヨネーズも。」
とかって会話、うんざりなんです(笑)
アルバイトの方ならまだしも、オーナーさんだとがっかりします。

ちょっと脱線しましたが、
ヴィーガン、ベジタリアンについてでした。

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 









Last updated  2013.12.13 23:17:55
コメント(0) | コメントを書く
2013.10.08
また調理器具が増えて置き場に困るわけですが
バイタミックスのミニウェットコンテナをゲットしました。

以前は、ドライコンテナ(乾燥したものを粉砕する用)が欲しいと思っていたのですが、
ウエットコンテナでも十分に対応できるので
次に買うなら、ミニウェットコンテナ、って決めてました。

前から気になっていたのですが
国産のミキサー1台、余裕で買えるお値段なので躊躇していて・・・
ちょっとお安く買える機会があったので奮発して、ついにゲット♪

DCIM1664.JPG

Vitamixと書いてある箱だけでもわくわく!
テンションが上りますー。
丁寧な梱包の中にはサラピンのキラーンとしたコンテナ。

DCIM1665.JPG

通常のバイタミックスのコンテナは2リットルなのに対し、
ミニのほうは0.9リットルと約半分。
DCIM1666.JPG
ミニ専用のタンパーも付いているのですが、
通常のタンパーも使えるようになってるのです。

DCIM1667.JPG
タンパーの上部は太くなっていて、これ以上、下に行かないようになってます。
なかなか考えられてます。
ただ、付属の専用ミニタンパーのほうが、ギリギリ、刃の真上まで届くので、
きっと使いやすいと思います。
(1センチ強の違いかと思われます)

早速、グリーンスムージーを作ってみたのですが、
注ぎやすいこと♪
洗いやすいこと♪

別に、通常サイズのコンテナがあれば、
ミニコンテナは取り立てて必要ないと思いますが、
やっぱり、適度なサイズのものだとしっくりくるし、
おお、便利!って感じです。

大事に使おうと思います。

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 








Last updated  2015.12.07 10:28:00
コメント(2) | コメントを書く
2013.10.07
ローフードをやってる人におなじみの回転式野菜調理器 Clulu。
私のは、旧「サラダッコ」なのですが。

販売元の株式会社 愛プロダクツさんがサンプルを送ってくださったので、
以前にもブログにしたのですが、再度Cluluについて書こうと思います。

愛プロダクツ 野菜調理器 Clulu クルル愛プロダクツ 野菜調理器 Clulu クルル

サラダッコ(クルル)とコックヘルプの違い
以前のブログ↑にも書いてるのですが、
いろいろな太さをチョイスできることを優先するなら、
刃を替えて対応できるコックヘルプなのですが、
日常使いに便利なのは断然、Clulu。

受け皿が付いていて、そのままマリネしたりできるのもポイントが高いし、
なんでかな、なんか、手軽につかえるのですよね。

私の持ってるのはオレンジなのですが、
白もキュート。
DCIM1661.JPG

でも使ってる間に、人参の色とかが色素沈着するので、
オレンジのほうが汚れが目立ち難いかもしれません。
(白はまだ使ってませんがー)

旧サラダッコのときより箱もお洒落なイメージになってる気がします。
DCIM1663.JPG

クルクルと、押しながらまわす感じで
簡単に2種類の切り方ができるので、
お子さんが喜んでお手伝いしてくれるというお話も聞きます♪
DCIM1662.JPG
絵のように、薄切りと大根のツマのように細切りが簡単にできるのです。

ちなみに、下の写真では、人参はCluluの細切りを使用し、
きゅうりはCluluの薄切りを使用、
ズッキーニのパスタはコックヘルプを使っています。
DCIM1118.JPG

手軽なお値段で買えて、
かなり出番が多く、アレンジもできる優れもの。

何より、固い野菜も生で食べやすくなるというのは
ローフーディストにとって、便利な調理器具だと思います。

ちょっとお皿の彩りが寂しいな、なんてときに、
人参をクルクルしたり、レッドオニオンや、
これからの季節だと、紅芯大根なんかをちょっと載せるだけで、
彩りが豊かになったりします。

教室にお越しくださる方はだいたい、お持ちなのかしら。
(私、いつも勧めてますものねー)
お持ちでなくって、一度使ってみたいという方、
どうぞお知らせくださいね♪

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 









Last updated  2015.12.07 10:28:17
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.08
今年の京都のベジタリアンフェスティバルは無いそうです。

ベジフェスというのは、
完全にヴィーガンなお店しか出展しないという素晴らしいイベント。
飲食の出展も充実していて、
乳製品フリーで食いしん坊な私にとって、
チョイスしなくても全部食べられるという夢のようなお祭りだったのですが。

ベジフェスのHP
「今年2013年のフェスティバルの開催についてですが、1年間お休みをさせていただきます。」
とのこと。

とっても残念ですが、
毎年、開催されるものと思ってしまっていたことに気付かされました。
実行委員の方が、企画・実行してくださってのイベントですものね。
今まで感謝の気持ちが足りなかったなーと反省。
来年はパワーアップしての開催とのこと!
心待ちにしたいと思います。

ベジなお店が一同に会するというのはベジフェスならではですが、
最近、ベジなお店のNewOpenがあったりと、
お店もいろいろ選べて嬉しいです。

それに、いろんなレシピ本が出版されるのも、
徐々にベジに関心が高まっている証拠ですよね♪

Rawなレシピ本はLLMPさんの。
プレゼントレシピ欲しさに購入したりしたこともあるので、
持ってるレシピもあるのですが
過去のレシピも入ったこの本はとってもお得感があります。
それに、Wa-LivingのMimiさんのレシピの写真は、
ドウエルブランシュのAsamiさんが撮られたもの♪

DCIM1613.JPG

右側の本は、ericoさんの本。
以前は北山でベジカフェをされていたそうですが、
京都を中心に、マクロビのお料理教室を開催されています。
ロースイーツに飽きぎみのお友達なんかは
去年くらいからこぞって通われているというお話を聞いていました。
私も行ってみたいと思いつつ、なかなか。。。

で、昨日、お邪魔したCHOICEさんに行ったら置いてあって
実際に本を手にとって見ることが出来ました。

LLMPさんの本もそうなのですが、
なんとまぁ、写真がキレイなこと♪
マクロビというと、煮物で茶色、っていうイメージがありますが、
この本は、とってもお洒落なお料理本でした。

眺めるだけでも楽しそうなのですが、
以前のカフェで出してらしたメニューなんかも
惜しげもなく載せてらっしゃるようで、思わず購入^^
早速、作って見たいレシピがあるので挑戦してみます♪

先日送ってきたVeggyの最新号を見ていたら、
ローチョコの本も出版される予定だそうだし、
(Raw界の著名な方々がレシピ提供されてるみたい♪)
ウーニンさんの本も楽しみだし。

レシピ本は買って眺めるだけじゃなく、
実際に作ってみないとなーんの勉強にもならないので、
ちょこちょこ、作らせていただこうと思います。

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 









Last updated  2015.12.07 10:30:42
コメント(2) | コメントを書く

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.