1847706 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Raw Food Lab® 乳製品フリー♪ローフードとアンチエイジング

PR

Free Space

ローフードとは、Raw(生)・Food(食)という生で食べる食べ方。野菜や果物を加熱せず、生きたビタミンや栄養素を摂取します。乳製品やお肉・卵といった動物性食品は使わないヘルシーな食べ方。カロリー密度も低いのでダイエットにもオススメ。
IMG_4544.JPG
小麦粉も使わないグルテンフリーで白砂糖の害もないロースイーツは女子の味方!ビタミンやミネラルなどの栄養素が摂取できる、身体に嬉しいスイーツです。
IMG_4949.JPG

QLOOKアクセス解析

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

WEB内覧会・2階トイ… New! ひより510さん

シンプルなパンが好き New! あいりおーさん

満月の日の 自然農… New! Hotohaさん

【まさかの!?】「… New! すずひ hd-09さん

オーガニック生活♥ … Fugu-chanさん

Recent Posts

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

発酵リビングフード

2018.06.14
XML
ローフードラボ ローフードマイスター京都壬生校Sumiです。
ローフードラボ京都のホームページはこちら

ウチのご近所の井上漬物店さん。
      ​本業であられるということでなかなかの発酵マニアっぷり、
      ちょくちょくお世話になっています^^

      糠床レッスンなどもされていて、
      特別に育てられている
      マニアックな糠床を味見させてもらったことがあるのですが

      私好みのスッパめ糠床💛
      そして、
      最初っから美味しく浸かる糠床を販売してくださっています^^

      市販の糠床のスターターキットとかって
      やったら塩からすぎて

      好みの味にするまでに挫折しちゃうんですよね。

      しかも井上さん、
      「発酵は難しいから、プロに任せたらいい。
      失敗したら、またイチから始めたらいい」

      なんて言ってくれちゃうんです!



      糠床といえば、お世話が大変で
      誰もが経験する「失敗」への恐怖心。

      ちょっと放置すると酸膜酵母でまくり、
      アルコールやセメダインの匂いになって
      慌ててネットで救済方法を探すも

      復活ならずで
      あえなく挫折(笑)

      で、お世話できなかった自分への嫌悪感に負け
      「私は糠床は向いてない」
      なんて思うんですよねー

      で、私もしばらく糠床はやってなかったのですが、
      今回、
      井上漬物店さんのぬか床が
      あまりにも美味しいので

      これから夏野菜が豊富になる時期だけでも始めてみようと
      スタートしました。

      ダメにしてもともと、
      ダメになったら、
      また新しい糠床もらってくればいいしー、くらいの気持ちで。

      まー、しかしこの糠床、
      もう糠だけ食べたいくらい美味しくて。
      (あくまでもSumiの好み、笑)

      最初は塩気が少し強かったのですが
      今は酸味でまくり、私の好みに染まっています。

      今までサラリーマン時代は
      バタバタと朝出かけて
      「あ!混ぜてくるの忘れた」
      ってなって、

      頻繁に混ぜなくていいように
      冷蔵庫に入れるようになったら

      そのまま忘れてしまって、、、

      結果、セメダイン臭、みたいな^^;

      冷蔵庫に糠床を入れるデメリットとしては
      庫内の菌環境が変化して
      いろんなものが酸っぱくなること(笑)

      でも今は、自宅でレッスンをしているので
      準備で出た野菜の切れ端を入れたりしつつ、

      よい付き合い方が出来ていて
      この季節も朝晩混ぜさえすれば
      冷蔵庫に入れる必要がないし

      今のところ順調に継続できています^^

      野菜のヘタとかも美味しく食べられて
      ぬか漬け、ほんとエコ!

      最近のお気に入りは
        生ナッツのお漬物(笑)

      ローフードならでは、ということで気に入っています。


rblog-20180615020937-00.jpg

      ローフードでよく使う生ナッツ、

      浸水後、低温乾燥機で乾燥させて保管してあるナッツを
      糠床へ放り込んでおきます。

      くるみが一番のお気に入りですが
      アーモンドも美味。

      塩味がそこそこ強い糠床でも
      しばらく入れておいても、
      おつまみナッツみたいになって、いい塩梅。

      ちょっと、燻製?っぽいお味もしつつ
      酸味もあってかなり気に入っています。

      乾燥ナッツを使うことで
      糠床の水分も吸ってくれるしいい感じです。

      Rawにこだわらなければ
      市販のローストナッツでもよいかもですね。

      漬けて失敗やったなーっていうのは
      「黒にんにく」笑。

      父が作っているので
      少し古いのが乾燥してるのがあったので
      糠床に放り込んでみました。

      そしたら、次の日混ぜるとき
      「うわ!!黒カビでた!!」
      と一瞬ヒク景色になっていました(笑)

      私の糠床は酸味が強いので
      甘酸っぱい黒にんにくと合うかなと思ったのですが、
      大誤算。あまり美味しくない。
      (どちらかというと、まずい)

      毎日、糠床を混ぜるので
      入れおけば
      忘れずに食べることができるのは便利なのですが。。。

      発酵食をさらに発酵、ってことで
      すごくなってるのか、NGなのかもよくわかりませんが^^;

      ということで、
      今のところ、機嫌よく糠床ライフを楽しんでいます。

      また、糠床をはじめようと思われてくださった
      井上漬物店さんに感謝です^^

      が、糠床ライフを楽しむがゆえに気になることが出てきたので

      またの機会にブログにしたいと思います。


レッスンスケジュールUPいたしました。
最新情報&ご予約は↓↓ホームページにて♪♪

ローフードラボ京都のホームページはこちら→☆

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

お料理教室総合サイト「クスパ」さんにも登録しています



インスタグラム、
自分の画像をUpするアルバム的に使っています。
お気軽にフォローしてくださいませ^^
Sumi(RawFoodLab Sumiのインスタグラム)


PVアクセスランキング にほんブログ村



​​​​​​​​​​






Last updated  2018.06.18 00:39:09
コメント(2) | コメントを書く
2017.07.04
サラダドルチェ ローフードマイスター京都壬生校Sumiです。
ローフード京都壬生校のホームページはこちら→☆

私はローフードに出会ったことをきっかけに、
ローフードの枠を超えてドンドン健康オタクになっていったのですが

「発酵」は初期にはまったものの一つでもあります。
手作り調味料に興味を持って作り始めたり、
酵母を起こしたり。

手作りのお味噌、塩麹や甘酒、醤油麹はもうなくてはならないものですし、
酒種酵母でパンを焼いたり、
柿と水から柿酢を作ったり、
みりん、梅干し、ぬか床、紅茶きのこや黒砂糖きのこなど
いろいろ経験してきました。

そんな中、前から一度やってみたかった
「キムチ」のよい材料がそろったので作ってみました^^



なかなか手に入りにくい無農薬の韓国唐辛子♪
そして、もう終盤かな?と思われる、無農薬の白菜♪

残り僅かな減農薬リンゴをすりおろし、
レーズン、デーツなどで甘味を加え、
にんにく、昆布でうまみを加え、
その他もろもろいれつつもビーガンで完成。

常温で1~2日発酵させて
とってもいい具合に完成。
1kgの白菜がこんな量?ってくらい少なくなったのですが、
実家に持っていったら大絶賛♪

気をよくしたので、また材料が揃ったら
また作りたいと思います^^

それから、
いただいた無農薬イチゴで作った
コンブチャの2次発酵ドリンクも作りました。



イチゴの香りと可愛い色が
紅茶きのこに移ります。

一度、甘味がなくなるまでしっかり発酵させた紅茶きのこに
お好みのフルーツを入れての2次発酵、お勧めです^^

砂糖の入った甘い紅茶液を入れ、
「甘い」と感じる状態で飲んでいる分には
しっかり「糖分」を摂取してることになります。

白砂糖で作ってるなら、
「甘い」と感じる分だけの「白砂糖」を摂取しています。
まだ発酵で糖分が分解されてない状態です。

(白砂糖+果物の酵素ジュースなんて、もう作ってないですよね?
先日、マニアックな集まりで、
「白砂糖+単一のフルーツの酵素ジュースがヘルシーだなんて、ないわー!」
って話ていたもので、笑)

フルーツの自然な甘味で作るなら
その甘味も罪悪感なく受け入れられますよ♪



グレープフルーツで作ると
ビールみたいになって、お勧め(笑)

そういえば今ちょうどグレープフルーツがあるので
また仕込んでみようと思います♪

レッスンにお越しくださっている方、
コンブチャに興味をお持ちでしたら
株分けしますのでお声がけくださいませね^^

スケジュールUPいたしました。
最新情報は↓↓ホームページにて!

ローフード京都壬生校のホームページはこちら→☆

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

お料理教室総合サイト「クスパ」さんからもご予約いただけます



インスタグラム、はじめてみました^^
Sumi(Salada Dolceのインスタグラム)






Last updated  2017.07.08 12:49:05
コメント(2) | コメントを書く
2017.03.24
サラダドルチェ ローフードマイスター京都壬生校Sumiです。
ローフード京都壬生校のホームページはこちら→☆

さかのぼること去年の話しになるのですが、
8月お盆のころに誘ってもらって、鮒ずしを漬けました。

鮒ずしって、滋賀の郷土料理でもある発酵させたフナ(笑)。
作る会のメンバーに入れてもらったのはいいのだけど、
私、鮒ずし自体を食べたことがないんですー

ちまたではクサヤに並ぶ「臭い代表食」みたいに言われるし
私はまず、フナを触れるのか??ってところも心配だったし、
食べられるのかどうかもわからないのに作るってどうなん?
と思いつつ、
でも、発酵食を作るのが楽しそうなので参加させてもらいました。

一緒に作るメンバーも鮒ずしを作るのは初めて。

もう少し人数がほしいなって何名かメンバーに誘っても、
あんまり参加してくれなくて、、、(笑)
っていう、ちょっとマニアックな会でした。

だって、この図ですもん↓(笑)


滋賀では昔から毎年作る、という人もいらっしゃるので
いろいろ聞いてもらったり、調べてもらって手探りでのスタートです。

まず、どこから仕入れてきたのか?っていう鮒の塩漬けが樽で登場!
二ゴロ鮒が柔らかく美味しくできるそうですが、
時期的に手に入らず、ゲンゴロウ鮒で挑戦です。

鮒ずしの材料って、ほんとうにフナで、ちょっと引いたのですが(笑)、
触ってる間に慣れていきました^^

作る工程は、
塩漬けの鮒を青光りするまでよく洗う。

少し水につけて塩抜き。

その後、水分を飛ばす。(この工程が上記のフォトです)

フナにご飯を詰め、樽にもごはんを入れて保管。


事前配布された、指定の無農薬米を
それぞれ、固めに炊き上げて当日持参して、
そのごはんを詰めました。



少し糀を入れて(井戸糀店の糀♪)
おいしくなーれと、保管。

保管はYさんにお任せしてしまったのですが、
途中、上がってくる水を捨てたりお世話していただきました。
(ニオイがするので大変みたいでした。ありがとう!)



こんなお酒をいただきつつ、
楽しくみんなで仕込みました^^

これが、去年のお盆に作ったお話しで、
先日、出来上がってるハズと、解禁!

で、仕込んだメンバーで集まって
樽を開けると、、、、

重しに、みたこともない、びっしりの青カビ!!!

その時の場の空気といったら^^;
ああ、、、全滅や、、、みたいな(笑)

でも、大丈夫だったんです^^
外側の重しだけカビてて、中身は影響なし♪

後から、鮒寿司を毎年作るプロの方に聞いた話では、
青かびや、う●は当たり前だそうで、
いやはや、青かびで良かった!!



鮒にごはんを詰めるとき、
ギューギューやってしまったので、
カットしたら
おなかの中に卵じゃなく、白いところ
(=飯=「イイ」とプロは呼ぶそうな、笑)
が出るんじゃないかって心配してたんです。

が、見事に売ってるやつみたいになりました。



お味見してみると
まろやかで、甘味、濃くのあるお味。

どうやら、一般的な鮒寿司の味とは違うらしいのですが、
ほんと、お酒にあうアテです^^
もしくは、白ご飯、笑

骨&皮が固いのが、たまに傷。。。
もう少し漬け置くと、発酵で骨も柔らかくなるとか。

また味が変わりそうです。
発酵は奥深い。。。

一度にたくさん食べられるものでもないので、
パートナーも多分食べないだろうし、
鮒寿司、好きだと言ってた父にプレゼントしようと思います。

来週は、鮒寿司が
お好きな方と一緒に、ふなパー(鮒寿司パーティー)する予定です^^

マニアックな会になりそう。楽しみ~^^

サラダドルチェ ローフードマイスター京都壬生校Sumiです。
ローフード京都壬生校のホームページはこちら→☆


4月のスケジュールUPいたしました。
最新情報は↓↓ホームページにて!

ローフード京都壬生校のホームページはこちら→☆

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

 



お料理教室総合サイト「クスパ」さんからもご予約いただけます



インスタグラム、はじめてみました^^
Sumi(Salada Dolceのインスタグラム)






Last updated  2017.03.28 19:06:18
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.05
サラダドルチェ ローフードマイスター京都壬生校Sumiです。

またまた、少し前のことですが、
Hさんとご一緒させていただいたことをブログにします^^

どこかランチでも^^とお疲れ会の予定が
アスカ有機農園さん主催の万能酵母液の会に行きたい!ということで
盛りだくさんな1日に💛

まずはモルフォカフェさんでランチをして腹ごしらえ^^


モルフォカフェさん、ずいぶん久しぶりだったのですが、
OPEN前から、もう海外の方ばかり並ばれて
店内も英語が飛び交う異国な雰囲気でした^^

メインが3種類から選べたのですが、
久しぶりなクリームコロッケ(もちろんビーガン)をセレクト。

めちゃくちゃ、クリームコロッケでビックり!
すごく久しぶりに出会えた風味で大満足。
他に「カイフライ風」というのもあって気になってます。

また行きたいなー^^

スイーツなど食べる間もなくあわただしく次の会場へ。

万能酵母液って去年あたりから
私の周りでも、その噂をチラホラ聞くようになって
全国で100人規模の講習会が満席っていうのを拝見していて
一度、どういうものか話を聞いてみたかったんです^^




ますは「菌」がいかに大事か、というお話をしてもらって、
実際の万能酵母液を教わり、仕込みもさせてくださいます^^

「万能」ってことで、飲んでも、塗っても、お風呂でも、掃除でも
なんでも使えるそうです。

ネットで検索すると万能酵母のレシピなども出てきますが、
実際に講習会を受けて、単に「発酵させる」だけじゃないってことがわかって新鮮でした。

原材料は、
玄米、黒糖、塩、水。
(それぞれ、適した素材があって教えてくださいました)

玄米酵母やリジューベラック的なもんやろ?って思ってたのですが
「プシュー」って発酵させてしまったら、失敗だそうです。
発酵の見極めが独特。

乳酸菌やらを増やしたいわけじゃなく、
一番最初に登場する「スーパー玄米菌」が優位な状態で
発酵を止めるのが大事らしいです。

一般的に発酵が進んだ元気な状態は
たくさんの種類の菌でごったがえしてる状態だそう。

ではなくて、スーパー玄米菌が主体の酵母液を作るのが、
万能酵母液の目的。



原液が3回作れる分量いただいたので、
出来上がりで36リットルできる計算^^

熱を加えても死なないそうなので、
お味噌汁に使ったり、お風呂に入れたりして
体調の変化を楽しみにしたいと思います^^

そうそう、それと、「納豆菌水」というのも教えてもらいました^^

万能酵母液と一緒に摂取すると効果が3倍になるそうです!

ちょっとまだ、納豆菌水は仕込めてないのですが^^;

飲み始めると、
好転反応が出たり、体温が上昇したりするそうなので
続けてみようと思います^^

気になる浄水器なども紹介してもらったので
ゲットすることになったらまたシェアしたいと思います。

いろいろ興味深いことを教わって
楽しい1日でした。
お世話になったみなさま、
御一緒してくだっさったHさん、ありがとうございました^^
そして、
美味しいグルテンフリースイーツ、ありがとう💛



11月のスケジュールUPいたしました。
最新情報は↓↓ホームページにて!

ローフード京都壬生校のホームページはこちら→☆

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

 
お料理教室総合サイト「クスパ」さんからもご予約いただけます



インスタグラム、はじめてみました^^
Sumi(Salada Dolceのインスタグラム)







Last updated  2016.11.06 01:34:46
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.15
先日ブログにした乳酸菌ライスミルク。
そのときのブログ↓
乳百楽みたいな乳酸菌ライスミルクを作ってみるの巻

気に入って、あれから作ったのを種菌にしてずっと継いで作り続けています。

貴重な自家製の米粉を頂いたので、
これで作ったらきっと美味しいだろうなと張り切って1.5倍量で仕込みました。

寝る前に
ディハイドレーターにライスミルクを入れてから布団に入り、
「明日は朝起きたら一度混ぜてタイマーするのを忘れたらあかんな。仕事から帰ってきたらいい感じかな♪」
なんて考えていたら

「あ!麹を入れるの忘れてる!」と思い出しました^^;

温まりだした布団に後ろ髪引かれつつ、ゴソゴソ起き出して、
お鍋に麹を投入してから眠りにつきました。

順番が違うのは承知してますが、ま、問題ないと思って。

そして朝確認したら、いつもよりブクブク。
少し暖かくなってきたから、ディハイド温度は同じでも発酵が進んだかなーと思い、
再度、タイマーをしてディハイドレーターへ。そして仕事へ向かいました。
IMG_8364.JPG
帰宅してごはんを済ませ、
ん?何だか、麹の華やかな香りが強いな、と
ディハイドの中のライスミルクを見るといつもと様子が違う。

味見をすると、アルコール発酵!!!
そう、完全にどぶろくになってました^^;

パートナーに味見してもらうと、「美味しいやん」ということでお酒、決定(笑)
職場に持っていく用に作ったのだけど、、、
どうしよう、1.5リットル(笑)

とにかく、麹のツブツブが残ってるのでバイタミックスにかけて
タンブラーがある分には詰めこみ、
入りきらない分は飲むか~♪とこたつに入り、目を離しているとこんなことに(大笑)

IMG_8367.JPG

わーん、もったいない!!
あーあ。。。
やられた!と一人で笑っていると、もこ犬に変な目で見られました^^;

麹を入れるタイミングが違うだけでこんなことになるとは!
それとも別の原因?!
種菌がシュワシュワしてたしかなー。前回はそれでもうまくいったのに。
発酵って面白い(怖い)ですね^^;

いやしかし、このどぶろく、かなりおいしい(笑)
1カップ飲んだら、顔が真っ赤になったので2~3%前後のアルコール度数と思われます。
また、日がたつごとに味も変わっていくのかな?

以前のブログでは4回もリベンジしたことをつづったので
レシピが埋もれて自分でもわかりにくいんですよね(笑)
だから順番モレたんかな、、、

自分用に書き改めます。

【ライスミルクレシピ】注意:どぶろくではありません
【材料】水900g、米粉250g、麹40g、乳酸菌(プロバイオティクス2カプセル)

1.米粉を40~50度のお湯に1時間浸す
(乳酸菌活性のため、オリゴ糖を2倍にしたい場合)
2.1を火にかけ、コテコテになるまで練り上げる
3.2を60度まで冷まして麹を入れる
4.人肌まで冷めてから、乳酸菌をいれる
5.人肌キープで24時間保温(ディハイド35度設定)
6.バイタミックスで滑らかにし完成、冷蔵庫保管

※乳酸菌は、ビオフェルミンなどのサプリでもよいし
酸味が強めのリジューベラックでもできると思います^^

さて。
タンブラーが空いたら、また仕込もうと思います。

種菌はなくなったのですが、
つきももさんに分けてもらった、
彼女の「ぬか床の水分乳酸菌ライスミルク」があるのです!

これを種に使わせてもらっても大丈夫かな?
味は、ほぼ私が作るのに似た感じなんです^^

でも、もったいないので、プロバイオティクスにしようかな。

次もどぶろくになったらどうしようと、どきどきしつつ、
また仕込むとします(笑)

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

 










Last updated  2016.03.17 10:23:40
コメント(6) | コメントを書く
2016.02.22
先週、滋賀の高島でゲットした、米乳百楽。

その酸味がクセになってしまい、
乳酸菌ライスミルクの作り方がHPに記載されているということもあって、
作ってみよう!と試してみました。
IMG_8149.JPG

eplesuのミユキさんもこの味を気に入って
再現してみられたそうな♪
ミユキさんのブログ↓
乳酸菌入りライスミルク。
ライ麦で出す酸味ってどんなんでしょうね~♪♪

ホンモノは楽天で、お試し送料込みでお徳にオーダーできるみたいです♪
↓私もまたオーダーしてみます。

\\乳酸菌 セット おためしセット 7本セット 送料込み//乳酸菌入りライスミルク米乳百楽 (べいにゅうひゃくらく)145ml 乳酸菌 セット7本セット 送料込み【50セット限定】

米粉でお粥を作り麹を投入、そこに乳酸菌投入→発酵で酸味を出すということらしいのですが、
どのくらの分量を入れてよいのかしら?

ということで、まず、米粉をゲットして作り始めたのですが、
麹を使う=粒々が残る、ということで、
ドリンクにしようと思うと、最終的にはミキサーで撹拌させるので、
米粉でなくても、ごはんでもいいのかなーと思いました^^;

が、米粉を買ったので、それでお試し。
乳酸菌は、1本大切に残してある、米乳百楽を使おうと思っていたのですが、
出来がりの比較味見用に残しておこうと決めて、
プロバイオティクスで作ってみました。
IMG_8139.JPG

米粉+水でおかゆ状に炊き上げ、
60度まで冷まして、麹を入れ、
人肌まで冷まして乳酸菌を投入、
人肌キープで24時間発酵、出来上がりのはずだったのですが、、、

ディハイドレーターの温度が46度のまま一晩放置してしまい、
翌朝には、乳酸菌、もういないよね?という温度になってしまってました(笑)

で、ここでもう一度やり直し。。。

米粉+水で少し固めに練り上げたおかゆを再度投入、
人肌まで冷めたところに、もう一度プロバイオティクス投入、
そして、また24時間。。。
今度はディハイドレーターの温度を低く35度で。
少しぶくぶくしてます^^
IMG_8141.JPG

ほどよい酸味が出たので、
バイタミックスで滑らかにしていただきました♪

米乳百楽と飲み比べてみたのですが、
・とろみ不足
・酸味不足
・麹の癖(甘酒味)が強すぎ
という出来具合。

比べなければ、十分酸味があって美味しいのですが、
目指す米乳百楽の味には程遠い。。。
IMG_8143.JPG

ううーん。
ということで、2回戦(笑)

麹の量を極力減らして、米粉を多くして作ってみました。

水900g、米粉100g、麹20g、プロバイオティクス2カプセル

これだと、麹の癖は前にでないのですが、
甘味不足と、とろみはまだまだ、ぜんっぜん足りません。
個人的にはまだ1回目のほうが好きかなー。
(ちなみに1回目は水900mlに対して、米粉・麹を大匙6、だったかな?)

ということで、3回戦(笑)
昨日の倍量くらいの米粉にしてみようかなと

水450g、米粉100g、麹20g、
乳酸菌は昨日の2回戦ライスミルクを300g。

こんな作り方したら、同じ作り方できないですよねー^^;

でもだいたいこのくらいの分量の米粉で、
米乳百楽に近いとろみが出てきて、さわやかな酸味もあっていい感じ♪

次作ったら、もうブログにUPしよう!ということで4回戦(笑)

水900g、米粉250g、麹40g、プロバイオティクス2カプセル。
IMG_8159.JPG

乳酸菌を活性させるためには、オリゴ糖が重要らしいのですが、
こちらのサイトにオリゴ糖が2倍になるごはんの炊き方が記載されています↓

「腸内環境を改善する方法。オリゴ糖を多く含む食品の、賢い調理法。」
ご飯は、米をあらかじめ40~50度の湯に1時間浸してから炊きます。
そうすると、米に含まれるオリゴ糖の量を2倍にできるそうです。(抜粋)


米粉の状態で上記のようにオリゴ糖を増やしてから作ったら、
より美味しくなるかも?ということで、40~50度のお湯+米粉を1Hディハイドで温めてから、
ノリ状に炊き上げました。

これがドリンクになるの?ってくらい、スタートは固めに炊き上げます。
ご飯じゃ、ここまでねっちりに仕上げられないんじゃないかな?
材料が「米粉」っていうのに妙に納得。

米のでんぷんが分解されると、とろみがなくなっていくので、
相当量の米粉を入れないと米乳百楽のように「とろっ」とはならないようなので
思い切った固さにしてみました。

米のでんぷんを麹で糖に変え、
その糖を餌に乳酸菌が増えて酸味を出す、という加減が難しいですね。
乳酸菌投入タイミングや、発酵温度も関係するでしょうし。

IMG_8144.JPG

いろいろ改良したこともあって今回作ったのが一番おいしいです^^
とろみも本家に近くいい感じ。

でも、ホンモノのすっきりかつしっかりの酸味には届きませんー。
比べなければ十分美味しいのですが♪

24時間の保温が時間がかかるので、かなりネックですが、
酸味が増えていくのを味見するのも楽しいですし
夏場だと常温保管でいい感じになるかもしれませんね。

久しぶりにハマって4回連続で作って仕込みました(笑)

癖になる酸味、朝に飲むのに
いっぱい作ってストックしておきたい感じ♪
米乳百楽をお取り寄せして、この乳酸菌をベースに作ってみたいと思います。


\\乳酸菌 セット おためしセット 7本セット 送料込み//乳酸菌入りライスミルク米乳百楽 (べいにゅうひゃくらく)145ml 乳酸菌 セット7本セット 送料込み【50セット限定】

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

 











Last updated  2016.02.24 21:31:24
コメント(2) | コメントを書く
2015.12.04
ちょっと前に奈良の「アロエ専門店」でゲットしたアロエ。

そのままサラダトッピングで食べてもいいし、
スムージーに入れてもOK。
DSC_0096[1].jpg

両端のイガイガのとげのところを取り除いて、
緑の皮を全部取り除くと、半透明のとろっとした葉肉が登場。
DSC_0097[1].jpg

この粘り気にすごい栄養素が詰まっています。
苦いイメージがありますが、苦味はありませんし
そう青臭いことも無く、味的には淡泊です。

このレア食材をどう使おうかと悩んでいて、、、

やってみました、アロエ豆乳ヨーグルト(笑)
DSC_0098[1].jpg

アロエ自体が全く甘味はないので
(苦味も無いのですが)
Yさんお手製の米飴を少しプラスしました。

面白いことに、アロエを入れた状態で、
豆乳を混ぜるとどんどん、粘りが出て来て
(発酵とかじゃなく、アロエ自体の粘り)
この状態ですでにヨーグルトみたいなのですが、
常温2日目で固まりました^^
IMG_7830.JPG

豆乳自体は固まってるようですが、
アロエの粘りがすごいです^^
IMG_7831.JPG

市販のアロエヨーグルトは、もう6年以上食べてないのですが、
食感を懐かしく思い出しながら
なんだかとってもヘルシー♪と美味しくいただきました^^

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

 











Last updated  2015.12.07 21:52:04
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.10
また豆乳ヨーグルトネタです。

幻のフルーツとして以前ご紹介したポポー(ポーポー)。

以前のブログはコチラ↓
京都 丹波和知の素敵な野菜たちと幻のフルーツ「ポーポー」

Yさんが以前、岐阜へ行かれた時に道の駅で売っていたということで
買ってきてくださいました!!

あの味にもう一度出会えるなんて♪
Yさん、ほんとにありがとー!

濃厚で、ねっとりまったり甘くて、
それでいてマンゴーのようなトロピカルな香り。
以前食べたときに、
「豆乳ヨーグルトにして香りを移したら美味しいだろうな♪」
って思っていたんです。
IMG_7393.JPG
その時には完食してしまっていたのですが、
今回ポーポーで豆乳ヨーグルトを仕込んでみました。

ちょっと過発酵になってしまったのですが、
いい感じに固まりました。
(もう私の中ではどんなフルーツでも固まるのが常識みたいになってきました!笑)
DSC_0038[1].jpg

豆乳ヨーグルトは、一度作ればそのヨーグルトを種菌にして
新しい豆乳を継げばずーっと作れるのですが、
こうしていろんなフレーバーを楽しめるって面白くていろいろ作ってます^^

ポーポーで作る豆乳ヨーグルトは、
あのトロピカルな香りがいい感じに移って
予想通り美味しいヨーグルトになりました♪

一般に流通しているフルーツではないですが、
道の駅とかで秋ごろに発見できる可能性大です^^
また来年も出会えるといいな♪

それから、酒粕でも豆乳ヨーグルトを作ってみました。
伊根でゲットした、古代米の赤い酒粕。
IMG_7239.JPG

ピンクに可愛くなるかな?なんて思ったけど、
色を出そうと思うと相当量入れないといけないので無理でした^^;

DSC_0026[1].jpg
どろっとした感じなのですが、
このヨーグルト、2回目に継いだ時の固まるスピードがすごい!

家に帰って食べてから継いで、
夜寝るころには、ふるふると固まっているという(笑)
いい感じに酸味もあるので乳酸菌もたっぷりなんだろうな♪

先日、久しぶりに寺田本家のにぎり酒をいただきました^^
そう、パンも焼ける元気ちゃんということは、、、

やっぱり豆乳ヨーグルトの実験くんです♪

うふ。

最近気温が下がってきて、
固まるスピードがスローになってきていますが
見えないはずの菌たちの働きが「固まる」ということで見られる
豆乳ヨーグルト、楽しみながらまた作りたいと思います。

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

 








Last updated  2015.11.12 00:35:45
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.21
今までは玄米リジューベラック
(玄米を浸水して発芽させ、植物性乳酸菌を増やした水。
ちょっと古い2011年のブログで作り方を載せています↓

私流 テキトー豆乳ヨーグルトの作り方


で豆乳ヨーグルトを作っていたのですが、
あまりお米を食べないし、豆乳もあまり飲まないので
めったに作ることはないという感じでした。

最近、どんな野菜やフルーツでもできるというのが面白くて、
おいしくできそうな物をいろいろ試しています。

無花果をはじめ↓、
無農薬いちじくで 豆乳がヨーグルトに。発酵って面白い

梨、リンゴや、乳酸発酵酒粕、まくわうりの種とか↓

さかすけ乳酸菌発酵酒粕ですばらしい豆乳ヨーグルト

先日、和知へ行ったときに
葉でくるまれた可愛い無花果を発見。
DSC_0011[1].jpg

2つしか残ってないのを、Choiceの植物性チーズを作られているHさんと購入。
無花果の「葉」だけでも豆乳ヨーグルトができる実験をしよーって楽しみにしていました。

無調整の豆乳に、
さっと水洗いした葉をドボン。

固まりました、笑
IMG_7295.JPG

Hさんもいい具合に豆乳ヨーグルトを作られているのを
Facebookでお披露目されてました^^
IMG_7296.JPG

個人的には、無花果の果実より葉のほうが香りが強くて好きです。
過発酵っぽい感じで、炭酸になっちゃったけど、でもすごい美味しい!

また誰かに無農薬のいちじくの「葉」を分けてもらいたい、って思うくらい、
リピートしたくなる感じ♪

まだ、豆乳ヨーグルトはいくつか試してみたいのがあるので、
もう少しマイブームは続きそうです^^


料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

 








Last updated  2015.10.22 10:46:57
コメント(2) | コメントを書く
2013.06.25
先日のIL cieloさんのパン教室で仕込んで持ち帰ったパン生地と、
グレープフルーツの酵母液。
DCIM1150.JPG

パン生地は持ち帰ってからずっと冷蔵庫に入れていたのですが、
翌日の朝には、「もう焼いてよー」って言ってる感じでとっても元気。

でも、用事があったので結局焼いたのは夜。
いうことで案の定、過発酵で酸味が出てしまいましたー。

半分はベーグルにして、もう半分はちょっと甘くシナモンロール風。
DCIM1167.JPG

IL cieloさんで仕込んだから、同じ味になるはずだったのになー。
食べられないほどではないのですが、酸味が気になるパン。
残念ー。

グレープフルーツの酵母は、土曜日に仕込んで、
月曜の朝には蓋を開けるとシュワシュワ溢れるほどの元気さ♪
全粒粉とあわせたら、膨らんでくれるかなー。
これでパンが焼けたら、画期的!
酒種酵母ちゃん以外で、初の成功となりますか、ね?

↓これはIL cieloさんでゲットしたクッキー。
ほぼALLオーガニック、こだわりの材料がずらり。
ザクザクで固めな感じで、食べだすと止まらないので危険。
ほうじ茶甘夏ピール入りのがおいしかったなー。
DCIM1151.JPG

↓先日つきももさんに頂いたクッキー。
アーモンドがザックザク、ほのかな甘味が絶妙に美味しいかったです。
会社に持っていって、おやつにするつもりが、
ナチュハイにあるまじき、Amからボリボリ(笑)
止まらなくなって、一日でなくなってしまったー。食べすぎ。
DCIM1168.JPG

今週は、おやつがいっぱいあって嬉しいです。
小麦系のパンやお菓子って、おなかがすいてるわけでも無いのに
ついつい食べてしまう。
乳製品フリーな上、ヘルシーなおやつなのですが、ちょっと食べすぎかな。
ま、なくなるまでは自分に甘く(笑)、おいしくいただきます♪

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 









Last updated  2015.12.07 09:59:10
コメント(0) | コメントを書く

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.