1807226 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Raw Food Lab® 乳製品フリー♪ローフードとアンチエイジング

PR

Free Space

ローフードとは、Raw(生)・Food(食)という生で食べる食べ方。野菜や果物を加熱せず、生きたビタミンや栄養素を摂取します。乳製品やお肉・卵といった動物性食品は使わないヘルシーな食べ方。カロリー密度も低いのでダイエットにもオススメ。
IMG_4544.JPG
小麦粉も使わないグルテンフリーで白砂糖の害もないロースイーツは女子の味方!ビタミンやミネラルなどの栄養素が摂取できる、身体に嬉しいスイーツです。
IMG_4949.JPG

QLOOKアクセス解析

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

あれを食べるために… New! あいりおーさん

本日 ご予約様お弁… New! Hotohaさん

続。母として、この… New! すずひ hd-09さん

ビーズワックスラッ… New! ひより510さん

22だよ。。。。(;'… Fugu-chanさん

Recent Posts

Archives

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

ローフード

2018.11.07
XML
カテゴリ:ローフード
ローフードラボ ローフードマイスター京都壬生校Sumiです。
ローフードラボ京都のホームページは​こちら→☆

フォトレッスンやグラフィックフォトクラスなど
ローフードじゃないレッスンでも
ティータイムにロースイーツをお出ししていますが

午前午後、通しでレッスンにご参加くださる方には
簡単なローフードランチをお出しします。

rblog-20181107224111-00.jpg

ある日のローフードランチは
Rawサラダクレープ。

最近、どういう味の組み合わせが美味しいか
試していることもあって
試作にお付き合いいただいています^^

rblog-20181107224111-01.jpg

食べ応えのある生地に野菜を包むと
ローフードでも満足感があります。

まずはオーガニック粒マスタードを塗ります。
お気に入りはEvernat。これ美味しすぎっ♪

オーサワ オーガニック粒マスタード 200g ow jn

で、レタスやキャロットラペを載せ

プロバイオティクスで発酵した
Rawマカデミアナッツチーズ、

ナッツパルプとアボカドのツナ風パテ、
そして、トマトも大事なアクセント。

Rawマヨネーズも合わせて、
カラフル野菜をアクセントにして、巻き巻き。

rblog-20181107224111-03.jpg
Rawサラダクレープは
また何かのレッスンで登場させようと思っています^^

Rawデザートは
甘味は柿だけのチョコクリームに
ティラミス風ナッツホイップクリームトッピング。

この日のは
ココモンタージュさん​の美味なガトーショコラとともに。

ビーガンな上にグルテンフリー、なのに美味しい♪
ヨウコさん、ありがとうございました!!

rblog-20181107224111-04.jpg

レッスンスケジュールUPいたしました。
最新情報&ご予約はホームページにて♪→☆

ローフードラボ京都のホームページは​こちら→☆

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

お料理教室総合サイト「クスパ」さんにも登録しています



インスタグラム、
自分の画像をUpするアルバム的に使っています。
お気軽にフォローしてくださいませ^^
Sumi(RawFoodLab Sumiのインスタグラム)


PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2018.11.07 23:15:38
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.20
カテゴリ:ローフード
​ローフードラボ ローフードマイスター京都壬生校Sumiです。
ローフードラボ京都のホームページはこちら→☆

無農薬の葉物がお安く販売されていることがあって、
久しぶりに
ジュースクレンズでもしょうか、と

野菜とリンゴ、人参など買いこんで
絞るぞ!と
ヒューロムジューサーに取り組んでる矢先。

間もなく
ジューサーが動かなくなりました。

リバースは動くのですが、
スイッチボタンがスカスカになっていて
ONにならない状態。

壊れた。。。

購入して3年、4年目突入というところ。
ネットで検索してみると
ジューサーの寿命は3年が普通らしいです。

4万円弱したのに
コスパ、悪っ!

普段は
バイタミックスのスムージーメインなので
ジューサーの出番は月に何度か。

そうヘビーに使ってるつもりはないので、
個人的にはすぐ壊れた気分。

ゲルソン療法とかやっていて
ニンジンジュースを大量に絞ってるとかなら分かりますが。。。

rblog-20180627012106-00.jpg

「ヒューロム 故障」
と検索するとすぐHPがみつかり
送れば修理対応してもらえるそうな。

新たに購入するより安いだろう、ということで
修理をお願いすることにしました。

修理にかかる費用は

往復の送料、
修理内容にかかわらず¥3000、
実際の修理にかかるパーツ費用、
代引き着払いなのでその手数料ということでしたが

私の場合の結果は¥7500ほどかかりました。
(ちなみに、修理に送った日から戻ってくるまで10日ほどでした)

5000円以内でいけるかなと思っていたのですが
これなら、フリマアプリなどで安価に出品されてる
クビンスのホールジューサー買えばよかったなーと後悔。。。

というのも、ヒューロムの修理担当の人曰く、
私の場合はドラムキャップの剥離がありそれが原因で
圧搾に負荷がかかり、
スイッチボタンも入らなくなったそうな。

「剥離がおこり始めてからは、
絞ったジュースに、繊維が混じっていたと思いますよ」
って言われたのですが、
絞ったジュースに繊維が混じるのって最初からなんですけど。。。

rblog-20180627012106-02.jpg

そして、壊れる原因として、

狭いヒューロムの材料投入口に
ぎりぎり入るような大きめサイズで入れると負荷がかかり
1年ほどで壊れることも普通なんだそう。

なにそれー!
じゃ、もっと穴を小さくしておいてよ、って話ですよね。

クビンスなんて、大きなままいれられるのに
この差はなんでしょう??

「かといって、細かく切りすぎても故障の原因になる」
とも言われ、
思わず
「それ、どこに注意事項としてかいてあるんですか?」
って聞いてしまいました。

それなりに気に入って使用していたのですが、
なんともお粗末。。。

修理後、
届いたジューサーを開封すると
新品のドラムキャップとともに
以前使用していたドラムキャップも同梱されていました。

rblog-20180627012106-01.jpg

素人の見た目では
どこが剥離しているのかもわからないです。

古い方は
こすれたような筋が入っているので
それのことを「剥離」と言ってらっしゃるのでしょうか。。。

rblog-20180627012106-03.jpg

ジューサーって
頑張って活躍させ絞っていたら、
1年で壊れることも普通、みたいに言われる高級品なんですね!

なんかまた壊れるんじゃないかって
ポイポイ放り込めなくなってしまいました^^;

次、このジューサーが壊れたら修理はせずに
クビンスのホールジューサーを購入すると思います↓


クビンス JSG-622-W(ホワイト) ホールスロージューサー

ヒューロムのジューサーを選んだ理由は
圧搾率がよかったから、なんですが

どうせ寿命が3~4年なら、
小さな穴に入るよう切り刻んでの使用で壊れるより、
大きな穴にどんどん入れて壊れるほうがよいので(笑)


レッスンスケジュールUPいたしました。
最新情報&ご予約は↓↓ホームページにて♪♪

ローフードラボ京都のホームページはこちら→☆

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

お料理教室総合サイト「クスパ」さんにも登録しています



インスタグラム、
自分の画像をUpするアルバム的に使っています。
お気軽にフォローしてくださいませ^^
Sumi(RawFoodLab Sumiのインスタグラム)


PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2018.06.27 01:29:27
コメント(5) | コメントを書く
2016.04.24
カテゴリ:ローフード
たまに言われるのですが、

「ローフードはグルテンフリーですからね♪」

って、これ、いつでもイコールになるとは限りませんー

ローフード=生の食べ物、食べ方を差しているので、
たとえば、生肉、生魚、生卵もローフードという食べ方のカテゴリーに入ります。

なので、ベジとも限らないんです。

ローフードレストランで、生肉が出てくることは無くベジだと思いますが、
ロービーガン、というのが確実にRawでビーガンです^^


いきなり話がそれましたが、

ローフードで使う、グルテンを含む食材としては、
頻繁には無いですが、「小麦」を使うレシピを見かけることがあります。

小麦の粒を発芽させて、それを粉にして
Rawクッキーやスコーンといったベースに使うという感じ。
Raw全粒粉ってとこでしょうか。

他にも、

グルテンが含まれているものに、
「お醤油」があります。

ローフードでは、お醤油はよく「生醤油」を使いますが
(厳密にいうと、生醤油はrawではなくliving foodですが)

お醤油の原材料は
麦、大豆、塩、麹です。

なので、麦が入っているので、お醤油を味付けに使ったらグルテンフリーにはなりません。

グルテンフリーにしたかったら、
大豆だけで作られている、たまり醤油を使うとよいと思います。
(こないだ、Hさんに教えてもらった、そらまめ醤油というのもあるそうです。
アレルギー対応が増えて、選択肢が増えるというのはよいことです♪)

グルテンフリーというと
小麦の代わりに米粉にしたらOK程度に思ってる方も多いみたいで、
米粉と小麦グルテンで作られた、米粉パンをヘルシーと思ってる方とか、え?
と思ってしまいます^^;

それから、Rawではあまり使わないので、言われて「はっ」としたのですが、
「米飴」もグルテンを含むのですよね。
(先日、Hotoha&Mihogasiさんを予約する際におっしゃられてまして)

米飴は
お米と麦芽を使うので、グルテンを含むというワケです。

マクロビの玄米菜食とかもグルテンフリーっぽいですけど、
お醤油や米飴が使われていたら、グルテンフリーじゃないですね。


個人がなんとなくヘルシーブームに乗って
「私、グルテンフリーしてるの。調味料くらいはOKだけど」っていうのはアリだと思いますが、
飲食店はそうはいかないと思います。
小麦アレルギーの方もいらっしゃるかもしれませんし。

ということで、ローフードだから必ずグルテンフリーではないんですねー。

ちょっと気になったので、
グルテンフリーのお話でした^^

ローフード京都壬生校のホームページはこちら→☆

お料理教室総合サイト「クスパ」さんからもご予約いただけます



料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「読んだよ」って、クリックしてくださると嬉しいです

 









Last updated  2016.04.27 22:54:37
コメント(4) | コメントを書く
2014.07.03
カテゴリ:ローフード
ローフードはアメリカが発祥。
ということで、洋書にはローフードのバラエティーに富んだレシピ本があります。

レシピを解読する程度は、英語でもまぁまぁなんとかなるのですが、
なんともならないのは、その原材料の仕入れ。
手に入らない材料があると、再現するのも無理ですし。

そんな、日本で手に入りにくいローフードの材料のひとつが
「ヤングココナッツミート」というココナッツの果肉です。

私もローフードを始めてから、日本で買えたのは一度だけ。
そんなレアなものが、
「草津のスーパーハズイにある」
という情報を、Yukiさんが教えてくださいました。

テンションの上がった私は、なんとかスーパーハズイに行こうともくろみ、
滋賀にお住まいの方から、情報をゲットすべくお話していたら、
滋賀にお住まいのYさんはよくご存知だとのこと!

なんと仕入れて、しかも京都にお越しの際に持ってきてくださったのです♪
Yさん、ほんとに、ほんとにありがとうございます。
感謝します。
DCIM0655.JPG

ということで、巨大なココナッツを手に入れることができました。
500mlのペットボトルと比べてると大きいのがわかります。
さて、「割る」というなかなか困難な作業をすることになりました。

2012年のブログ↓
ヤングココナッツ、見っけた!
DCIM0656.JPG
前回同様、杭を打つというハンマー(?)でガツンと割りました。
夜中にガレージでハンマーを振り上げる私(笑)
ココナッツジュースは目的じゃないのですものー。
果肉がほしいので、少々ジュースがこぼれてしまうのは目をつぶります。
いっぱいこぼれたけど、2個から1リットル以上とれました。

DCIM0657.JPG
バコンと割りました。
なんだかこの写真も、食べ物を作る前段階の絵じゃないですよね(笑)

DCIM0658.JPG
割った2つを台所へ移動して、
果肉を取り出します。

が、、、
果肉がない。。。。

DCIM0659.JPG
こうしてスプーンですくえるほど、ふるふるな感じのもので
なんか、前のとは様子が違う。

DCIM0661.JPG

あの、巨大なココナッツ2個から、
たったの29g(笑)

多分、ちょっと古かったのだと思います。
というのも、Yさんがお知り合いのフィリピンの方に聞いてくださったのですが、

古くなると、ココナッツを振っても「ちゃぷん、ちゃぷん」
と水の音がしなくなるそう。
(確かに、この2個とも、音がしなかったから、水分は入ってないのか?と思った)

で、古くなれば、甘味がなくなっていくそうな。

↑これも納得したのですが、
ココナッツジュースというと、バリでのんだやつも、
iHerbのやつも、あまったるいというか、ちょっと飲みにくいのですが、
今回のココナッツジュースは
今まででダントツ一番おいしいジュースだったんです。

甘味がほんのりで、スポーツドリンクみたいな感じ。

果肉は取れなかったけど、
ココナッツジュースには大満足したのでありました。

あーでも残念。
果肉が手に入ったら、Rawアイスクリームと
Makkoさんのココナッツのラップを作ってみたかったのだけどー。

また、きっと機会があるでしょう^^

ココナッツが手に入ると教えてもらった時から、
手に入ったとき、割るとき、割った後と、
そうとう楽しませていただきました♪

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました♪

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 













Last updated  2014.07.06 00:20:22
コメント(2) | コメントを書く
2014.06.23
カテゴリ:ローフード
少し前の日記ですが、レッスンにお越しくださったUさんが
お庭で猛威をふるっているというバジルをたくさん持ってきてくださいました^^

バジルやズッキーニが出てくると、夏だなーって感じます。
まだ、葉もやわらかいとっても上質なバジル。
たくさんいただいてしまったので
袋を開けるだけで、いい香りが部屋中に広がります^^

イルチエロさんのおやつに、ヘチマたわしもいただいてしまいました。
Uさんありがとうございます。

DCIM0592.JPG

ディハイドしようかとも思ったのですが、フレッシュなのでもったいないし、
まずは、ジェノベーゼ風のソースに仕上げました。

レシピは、クックパッドなんかで検索しても出てくるのですが、
たぶん、適当でも大丈夫なので(笑)
お好みでオイル・ナッツを増減したり、塩分を調整したりして作ってみてください。

私は、下ごしらえ的に作って、冷凍しておき、
使うたびに用途別に利用するようにしています。

【バジルソースのレシピ覚書】
フレッシュバジルの葉 110g
生くるみ(浸水後乾燥) 90g
エキストラヴァージンオリーブオイル120g
フレッシュガーリック 10g
ピンクソルト 6g
黒コショウ(ホール)3g

作り方
バジル以外の材料をミキサーで撹拌してなめらかにする。
最後にバジルを投入してペーストに。(熱を持たないように注意して)
バジルは色が変わりやすいので、
速やかにジップロック入れ、空気を抜いて冷凍庫へ。

本当はもっとオイルを多めにするようですが、
たっぷりバジルがあるので、ナッツ・オイル少な目で作りました。

ここまで作ってソースにしておくと、いろいろ応用が利きますし、
ジップロックに入れて薄く伸ばして冷凍しておくと
パキッと折って少しずつ利用できます。

例えば、、、
定番、加熱パスタに絡めてジェノベーゼ。
オリーブオイル+ガーリックで香りを出したところに、
固めに茹でたパスタと冷凍したバジルソースを加えて、塩で調整、完了。
シンプルだけど抜群においしいです。
もちろん、野菜麺でRawに仕上げるのも◎。
DCIM0607.JPG

他にも、
レモン汁やオイルをプラスしてバジルドレッシングにしたり
ナッツマヨネーズにプラスしてバジル風味のRawソース、
ナッツチーズと合わせてこってりに仕上げたり、
トマトや野菜と和えると、イタリアンな一品になるし、
リゾットに加えてハーブ風、
トマトソースに加えて風味を出したり
ポテトや夏野菜のソテーに絡めたり、
お肉を食べる人には、チキンやお魚にも合いそう。
ゆで卵にトッピングしたり、
かつおのたたきなんかにも、どうでしょう??

まだ、頂いたバジルを使いきれていないので、
オイル漬けにするか、ディハイドするか、
くるみの代わりに松の実で贅沢にもう一回ソースを作るか考えよう。

DCIM0606.JPG
あ、バジルの保存の仕方ですが、
冷蔵庫にいれるとよくないのだそうな。
あったかいのが好きな植物なので、
室温で花瓶に入れてあげるといいそうです。

最初は野菜室に入れていたので元気が無く、黒くなる葉もあったのですが、
すでに根っこがはえてきて、
約2週間たっても、ぴちぴち元気!

バジルの季節にジェノベーゼソース、定番にしたいと思います。

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 








Last updated  2014.06.25 22:55:01
コメント(4) | コメントを書く
2013.08.14
カテゴリ:ローフード
先日のローフード試食会用に使った
ちょっとマニアックなローフードの食材について書こうと思います。

アイリッシュモスは、LLMPさんで取り扱いがはじまってから
比較的ポピュラーになったと思います。

ベジタリアン&ヴィーガン対応/とびきり美味しいなめらかロースイーツ&グリーンスムージー&ナッツミルク【ローフード通販】ロー・アイリッシュモス 227g 説明&レシピ付き

アイハーブのアイリッシュモスとLLMPさんのを比較したりしたブログを書いたこともあったっけ。

アイリッシュモス比べ~iHerbのとLLMPさんのと

今回、バリ、ウブドのAlchemyで売っていたアイリッシュモスを戻してみました。
DCIM1475.JPG
↑これは、さっと水洗いしたところ。
LLMPさんで購入したのより、塩気がなさそうで
乾燥度合いも、早く使わないと悪くなりそうな生っぽい感じです。

でもとってもキレイ。
そして、気にせいか、磯臭もそんなにきになりません。
アイリッシュモスの戻し方は、
本によってもまちまちで、
毎日水を買えて2日は冷蔵庫で磯臭を取るというのもあれば、
たっぷりの水に4~5時間浸してOKというもの。

今回、ウブドで買ってきたアイリッシュモスは、
きっと、「たっぷりの水に4~5時間」でよかったんだと思います。

というのも、、、磯臭ちょっと恐怖症なので(笑)
2日にわたり、冷蔵庫で保管したのですが、
冷蔵庫に入れているにも関わらず、浸っている水にアイリッシュモスが溶け出して
とろみがつくという感じになったんです↓
なんか、ブヨブヨでしょう?

DCIM1478.JPG

前にLLMPさんで購入したのは、
2日くらい水につけておいても、しっかり「さんご状態」を保っていたのですが、
種類が違うのでしょう。

バイタミックスでブレンドするときも、
水は一切入れず、ペーストにできるほど、水分を含んでいます。
DCIM1479.JPG
超滑らかに仕上がりました。
でも、浸水しすぎだと思いますが、粘度が弱い感じです。

アイリッシュモスにも種類があるんだって勉強になりました。
アイリッシュモスは磯の匂いをうまく消せば、
軽さを出したり、固めたりいろいろ使えます。
たとえば、Rawアイスクリームにも♪
DCIM1480.JPG
春の終わりに買って冷凍しておいた最後のイチゴとブルーベリーのアイス♪

(アイリッシュモスで検索していたら、ちょっと気になることがヒットしました。
アイリッシュモスは体にいいと思っていたのですが。。。
積極的に摂取するのは控えようと思います。
気になる人はアイリッシュモス カラギーナンで検索してみてください。)

それから、次はタマリンド。
亜熱帯および熱帯各地で栽培される、木になる果実です。
DCIM1457.JPG
写真左がスイーツタマリンドとして売られていたもの。
木で熟成・乾燥させて甘くしたもの。
殻を割ると、酸味のあるプルーンのような黒っぽい果肉があります。
ただ、筋と種が多いので食べられるところは少ないです。

写真右は、タマリンドペースト用に売られている、
スイートでない酸っぱい版。
殻も一部入っていますが、基本、中身だけを凝縮して売ってました。
DCIM1456.JPG

お料理の酸味として使用するのですが、
まずは、種や筋を省かなくてはいけません。
適度な水を入れて、全体をやわらかくします。
DCIM1483.JPG

それを、ナッツミルクバッグ(目の粗めのもの)で漉します。
DCIM1484.JPG
すると、
タマリンドペーストの完成。
9482506423_c2ec959554[1].jpg
(つきももさん、写真借りちゃいました)
半分以上、種や筋なので、あまりたくさん取れませんが、
こうしてペーストにしておくと使いやすいです。
一番のお勧めは、タマリンドソーダ。
酸味がたまらなく美味しいです。

DCIM1487.JPG
先日の試食会でお出しするのを忘れかけた、
タマリンドカシューナッツ。
タマリンドソースを絡めて、12時間ディハイドレーターで乾燥させます。
甘酸っぱくって美味しい♪

そして、最後がチポトレ。
これは、RussellさんがHomeStudyで紹介している中で使われていて、
「スモーキーフレーバー」って言ってるのでどんなものなのか興味津々。
普通に、チポトレで調べたら缶詰とかが出てきたり、
iHerbだとやたら、Bigサイズのしかなかったりー。
で、検索を仕方を変えて、「乾燥 チポトレ」で発見できました。↓

こだわりのメキシコ産唐辛子!スモーキーな香りが特徴◆乾燥チレ(チポトレ) 40g入◆ chile チレ 本場メキシコ 唐辛子  薫製唐辛子 サルサ 手作りソース スモーク 【あす楽_土曜営業】 ◆
メキシコ料理で使う食材のようです。
他にほしいものはないので、チポトレだけ+送料なので高くつきましたが、
好奇心にはかないませんー

DCIM1481.JPG
こんな感じで袋に入っていました。
「燻製唐辛子」とかかれていますが、まさに「燻製」の匂い。
Russellさんが、やたらと「スモーキー」を連発されるのも納得。

DCIM1486.JPG
これを水に戻して使います。
唐辛子だから辛いのかと思いきや、
味はほとんどなく、ただただ、スモーキーな煙っぽい匂いが口に広がるのみ。

これを混ぜて作ったのが、ベーコン風に仕上げる、なす。
DCIM1490.JPG
んーもっと、隠し味的に使えば、コクになって美味しいかもしれません。
今のところ、残りのチポトレを何に使うかは、未定(笑)

ついでに、先日の仕込みのキャラメリゼする前のオニオンの写真。
これを8時間ほどディハイドレーターにかけて乾燥させると
あめ色になります。
DCIM1488.JPG

マニアックなものや、ちょっとしたローフードのアレコレでした♪


料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 









Last updated  2013.08.16 10:44:21
コメント(2) | コメントを書く
2012.08.24
カテゴリ:ローフード
ピクルスの正統派のレシピは火入れをします。
お酢の強い酸味を飛ばすためかな?

「酢の物」のイメージだと「生」なのになぁと思っていたら、
ミユキさんがRawなピクルスを作って、レシピをアップしてくださいました♪

「ローなピクルス」

で、まねっこして作ってみました。
DCIM0413.JPG

手作りの柿酢で作ろうかと思ったのですが、
ちょうど千鳥酢があったので、
ベイリーフ、粒黒コショウ、赤唐辛子を入れて仕込みました。

薄めたり、甘味を入れたりしないのねーと思っていたら案の定・・・

冷蔵庫保管して翌日食べたら、
ま~飛び上がるほど、すっぱい!(笑)

私、お酢は大好きなので、
かなりすっぱいものも平気なのですが、
このすっぱさ、びっくりしました。

というのは、ミユキさんは、手作りの梅酢を使われてました。
私は市販の千鳥酢なので、やはり、酸味・まろやかさが違うのでしょう。
だから、同じレシピだとダメなんでしょうね。

ですが、すっぱ!と言いながら食べるのもまた美味しくて♪

ひとつ、ひとつ、つまんでる間に、瓶に隙間ができたので、
そこにまた、野菜を漬け込んで、大さじ1のメープルシロップをプラス。

DCIM0414.JPG

すると、2度付け野菜で薄まったのと、甘味を足したのとで、
まだ、充分すっぱいのですが、
(油断して食べると、むせる感じwww)
翌日はいい感じに仕上がってました。

きゅうり、にんじん、パプリカ、紫たまねぎ、プチトマト。
ご飯を作ってる間につまみ食いして、空腹を紛らわせるのにもいいし、
サラダ弁当にも、乗せるだけで彩りもキレイになるしいい感じ。

今日のサラダには、大根おろしドレッシングを合わせたけど、
ピクルスの酸味だけでも、充分おいしくサラダがいただけます。

DCIM0415.JPG

漬かりすぎたのをドレッシングに入れたりってのも美味しそう。

まだ、しっかり酸味のあるピクルス液なので、
何度か野菜を漬けられそうです。

今度は、手作りの柿酢でやってみようっと♪

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

「グリーンスムージー×エルカフェ×ムラコレ スペシャルセット」モニター募集! ←参加中







Last updated  2012.09.03 10:30:52
コメント(2) | コメントを書く
2012.03.17
カテゴリ:ローフード
ローフードの仕込みいろいろ準備しています。
なんだか今回は段取りがうまくいかない。。。

原因は、思う通りに野菜が手に入らないこと。

個人的なこだわりもあり、オーガニック野菜を使っています。
だから、近所のスーパーで売っているから手に入るというわけではなく、
ないものは、ないんですよね。

注文していたものが、「ない」と言われたら
作ろうと予定していたものができなくて、
トラブルに弱い私としてはテンションが下がります。

レシピを見直し、いまある材料で何ができるかと考えて
再度組み立てなおし。

2012-03-18 00:02:08
↑お肉っぽい感じになる、くるみのパテ。
浸水して乾かしたクルミ、ひまわりの種、
すりおろし人参、レーズンを入れて、フードプロセッサーでガー。
そのあと、オイルや味噌などの調味料、スパイス、セロリなどをいれて
くるみのナッツパテの出来上がりですー。
ダ・マエダさんのお料理教室のレシピのアレンジ。
カレー風味にしようと思ったのですが、
この状態で美味しいので、カレー味をつけるのがもったいなくって中止。

2012-03-18 00:02:08
↑出来上がったクルミのパテと
先日、グリーンスムージーバーさんへ行ったときに美味しかった
ラタトゥイユもどきの仕込み。

トマトケチャップのような風味は、ドライトマトだそう。
ドライトマトをミルにかけて粉にし、フレッシュトマトをあわせて混ぜます。
パプリカやズッキーニなどの野菜は、塩麹でマリネ。
一晩は冷蔵庫で眠って、旨みを引き出します。

ディハイドレーターで温めたら、
グリーンスムージーバーさんで頂いたような味になるはず(なってほしい)。

2012-03-18 00:02:08

それから、ローピザ生地。
(レシピはコチラ→
今回は、私の定番、ズッキーニがベースです。
まだ、だいぶ軟らかい状態。
網目のシートに移し変えて
カットして、さらにディハイドレーターで乾燥させます。
こんな感じで仕込みは続きます。


料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 

 









Last updated  2012.03.20 09:17:19
コメント(2) | コメントを書く
2012.02.20
カテゴリ:ローフード
先日、つかえるテレビで30日間発酵食品だけ生活というのをやっていて
酵素栄養学で有名なあの鶴見隆史先生がTVに出てらっしゃいました。


【送料無料】「酵素」が免疫力を上げる!


Dr鶴見隆史監修「酵素イキイキ健康ジュース」

発酵食だけを30日間食べて、
3人の被験者の体調の変化を見るという興味深い内容。

便秘が解消、おならが臭くない、生理痛が緩和
ダイエット、片頭痛の解消、肩こりが軽減
美肌、花粉症が軽減、血液がサラサラになどなど
効果があったようです。

番組で紹介された発酵食のレシピで気になったのが、
大豆発酵食のテンペを普通のハンバーグタネに混ぜてやくというのや、
ぬか漬けをつかったドレッシングなど。
(糠漬けにんじん25g、酢大2、オリーブオイル大2、ブラックペッパー少々)
美味しそうだったので是非、試してみたいと思っています☆

加熱した発酵食でも効果があるのか?というのが疑問ですが、
我が家も、もっと「発酵食」を意識して取り入れてみることにし、
お米を取り入れた発酵メニューにガラリと変更してみました。

Raw&発酵食の晩御飯。

2012-02-21 11:00:42

Raw部門
サラダ、赤カブのローアップルサイダーヴィネガーマリネ。
ドレッシングはリジューベラックで作った自家製豆乳ヨーグルトで作りました。
カブとキャベツの塩麹粒マスタード合え。
人参と水菜のカシュークリームごま和え。

珍しく炊いた白米には、黒米とたかきびをプラス。
すぐき&生姜のお漬物でいただきます。(これもローですね。)

発酵食部門
メインの鮭は手作りの西京漬け。
昨日から仕込んでおいたのだけど、かなり美味しい♪
(塩麹大さじ2、自家製白味噌大さじ2、みりん大さじ1、生しょうゆ小さじ1で
お魚を漬けて一晩置きました)

お味噌汁は、酒種酵母で野菜を合えて少し時間を置き、
冷ましたお出汁で、弱火で炊き上げます。
野菜の旨みを引き出し、いいお出汁がでます。
(本当に野菜の甘味がよく出ます、ミユキさん直伝なのです☆)
さらに、にぎり酒もプラスしてます。

それから、定番、納豆。

こんな感じでロー&発酵食。
おなかいっぱいになるので、納豆でご飯を食べようと思ったら、
お魚はなくてもいいくらい。

でも、ちょっと発酵食を続けてみようと思うので、
冷蔵庫には、
タラの西京漬けと、豚肉の塩麹漬け、
お豆腐の塩麹漬け、カブの塩麹漬けなどなど仕込んであります。

それから、玄米酵素ごはんも仕込みましたよ。
玄米酵素ごはんが主食だったら、すごい発酵食ご飯になりますよね。

発酵食のことばかり考えていたら、
糠床が欲しくなりました。

いつものご飯とは目線を変えてメニューを考えるというのは、
つくるのも楽しくっていいかも♪
パートナーが美味しく食べてくれて、さらにダイエットになったらいいなぁ。

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします

 








Last updated  2012.02.21 23:49:03
コメント(6) | コメントを書く
2012.02.03
カテゴリ:ローフード
節分には巻き寿司を食べるというのが、
すっかり定着しましたね。

通常は見かけないような驚くほど高価な巻き寿司が
たくさん売られていて、みなさん、いわしと一緒にお買い上げ。
日本人って面白いですね。

ウチは、いつもどおりのご飯。

でも、せっかくの節分だし、巻き寿司気分を味わおうと
サラダの横にロー手巻きを合わせました。

巻き寿司用の焼き海苔を半分に切って、
具を乗せて、くるくる巻きます。
最後の巻き終わりは、のりを水でくっつけたら解けないです。

2012-02-04 12:57:00

たっぷりのアボカド、スプラウトとパプリカ、ターサイを巻いて。
ちょうど食べごろのアボカドが美味しい~♪

初めて使う野菜(茎が紫で黄色い花でした)、生でかじってみたら
食べられそうだったけど、アクが強いかも?と思ってさっと湯がきました。
黄色いお花はちぎっておいたので生のまま。乾燥えのきとおひたしにました。
ブロッコリーはアーモンドバターと生しょうゆで合えました。

もりもりグリーンサラダはおかわりして食べます。
サラダ以外には、具沢山のかす汁と納豆。
今日は軽めの晩御飯でした。

料理ブログ ローフード

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


↑ランキングに参加しています。
「へぇ~」「ほ~」と思われたら、ぽちっとお願いします






Last updated  2012.02.04 20:25:52
コメント(2) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.