000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

健康豆々知識

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


すみれ薬局

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

2006年12月11日
XML
ねぎが風邪に効くのは硫化アリルを含んでいるから。

 この硫化アリルは揮発性で、熱に弱く分解されやすいんです。のどにまいたりすると、
 体温で温められたねぎから、硫化アリルが出て、首やのどをとおり、のどの腫れや炎症
 を抑えてくれます。

 ねぎの硫化アリルは、ねぎ独特の辛み成分のこと。ねぎを切ったり、皮をむいたりした
 時に、鼻につく匂いの正体です。

 首に巻くと、体温でじわりじわりと硫化アリルが染み出してきます。ねぎシップを作る
 とき、ねぎを軽く火であぶったり、ゆでたりすると硫化アリルがでやすくなって、シッ
 プの効果が倍増します。ぜひ試してみてくださいね。

 首にねぎを張るのは、のどや鼻に近く、長時間効果を得るためにはちょうどいい場所。
 おばあちゃんの知恵にはわけがありました。 

ぶどうの木より






Last updated  2006年12月11日 13時40分05秒
コメント(0) | コメントを書く
[リュウサの豆々知識] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.