234873 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ハゲちゃった

円形脱毛症 3

《自分で髪を引き抜いていることも》



円形脱毛症のように見えても実は、自分で髪の毛を引き抜く抜毛症(ばつもうしょう)のことがある。

思春期前後に始まり、男性より女性に多く、クセになって自分でやめようとしてもやめられない病気だ。

わが子の髪が抜け始めたら、親は抜毛症も疑う必要がある。

最初は、枝毛や縮れ毛が気になって抜き始めるが、
そのうちストレスや不安を覚えると、毛を抜くようになり
抜いた後は、スカッとして気分が落ち着く。

同じ部分の髪を繰り返し抜くので、部分的にハゲてくる。

髪を抜くのをやめようとすると、今度は、まゆげやまつげ、陰毛などをぬくこともある。

抜毛症は、カッターナイフで手首を切るリストカットと同じく、
自傷行為の一種と考えられる。

きちょうめんで責任感が強く、周囲からは素直で良い子と見られるタイプに多い。
だから、怒りやいらだちを他人に向けるかわりに、自分自身に攻撃の矛先を向けてしまうのだ。

環境が変わるなどして、ストレスが軽減すれば自然に治ることもあるが、
再びストレスの多い生活が続くと、再発することもある。

家族や友人から髪の一部が脱毛していることを指摘されても、
自分で抜いていることを知られたくないため、円形脱毛症と言い張ることも。

しかし皮膚科で診れば抜毛症の診断は容易につく。

メンタルヘルスの問題なので、精神科や心療内科で治療を受ける。

治療は精神安定剤や、抗うつ剤で心の安定を図り、
カウンセリングを行うなどして、自分の行動をコントロールできるようにする。




© Rakuten Group, Inc.