104404 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ここ読め本本!!―レビュー&書評―

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


カリスマ本サルタント★もっちー

コメント新着

乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
チリチリ@ 次は庭で全裸予定w http://kuri.backblack.net/2db6lpr/ ち○…
地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
バーサーカー@ ヌォォオオ!!!!!! http://bite.bnpnstore.com/iq-rnkb/ お…

お気に入りブログ

【再復刻記事】 ​ ​… New! alex99さん

後悔しないための読書 Tulipaさん
ハッピー♪♪になれる!… ハッピークリエイター♪さん

■今月の新刊案内

『君も社長になろう』    『君も社長になろう。』 吉田雅紀


   自分らしい生き方を見つけないと、

   人生がつまらなくなってしまう。

   起業を支援する団体「ドリームゲート」を立ち上げ、

   代表を務める著者が若者たちへ送る熱いメッセージ




■「ここ読め本本」とは?

『80対20の法則』
というのをご存知でしょうか?

1冊の本の中で、本当に大切な情報の80%は20%のページに存在するといいます。

ここではその大切な20%を掘り下げて、人生に役立つ「本のエッセンス」を紹介します。


■「本サルタント」とは?

「1冊の本との出会いが運命を変えた」

本サルタントの使命はそんな素敵な「本との出会い」を演出すること。

本サイトのコンテンツはメルマガ 「ここ読め本本」の書評をベースとしており、

これまでに掲載した書評総数は100、読者数は2000名を数えます。

  ⇒ 本サルティング(メルマガ登録) / メルマガサンプルを見る


■コンテンツ一覧

自己紹介 ~「本サルタントもっちー」について~

書評一覧 ~「ここ読め本本」で掲載した書評一覧~

エッセイ一覧 ~メルマガ編集後記で御馴染みのビジネス・エッセイ~

起業家の本棚 ~起業家を成功に導いた本とは?~

書評定食セット ~せっかくですからこちらから書評定食セットを取ってみませんか♪~





 
2005年03月01日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
★「失敗は失敗の母、成功は成功の母」(p56)

★「まず小金持ちになってしまうことが、お金にツキのある人間になる第一歩」(p110)

★「自分で思う「中身」より、「評判」のほうが大切である」(p128)

★「まずいときは反省するな。反省は絶好調のときにせよ」(p153)

★「1回ついたウソはウソだが、100回ついたウソはホントになる」(p179)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        【本日のブックレビュー】 ~名著の紹介~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
          『ツキの大原則』 西田文郎
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●「成功者になるために一番大切なのはツキと運である」

 スポーツ、ビジネス、受験、その他多くの分野にメンタルマネージメントを導入し、

 成功者を続出させてきた著者・西田氏は、本書の1ページ目からこう述べています。


●「たゆまぬ努力」「誠実さ」、「あきらめない心」…我々が一般に「成功」という

 言葉から連想するこれらの要素とは、およそかけ離れているようにも思えます…。

 ただ「真面目である」ことと「上手くいく」ことに全く相関関係がないことは

 残念ながら明らかのよう。


●それどころか真面目な人というのは「ツキや運」などというのを頭から否定し、

 自分の力だけに頼ろうとするため、ますます苦境に追い込まれていく傾向にある。

 「お金とツキはあるところに集まる」というのは昔から成功者の間では

 常識となっているようです。


●さて、この「ツキと運」には他にもいくつか【原則】があります。具体的には、

 「ツキのある人はツキを大切にしている」「ツキのある人はツイている人と付き合う」

 「目標意識がツキのある人生かを決める」など。ビジネス・恋愛・スポーツ・子育て、

 全てのステージで共通する【ツキの大原則】を知りたいあなたにお薦めの1冊。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        【本日の<ここ読め!>】 ~名文の掘り下げ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ★「まずいときは反省するな。反省は絶好調のときにせよ」(p153)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●「われ、日にわが身を三省す」…『論語』の中で曾子が述べている言葉です。

 どうやら人というのは昔から「反省」が大好きな生き物のよう。ただしここで

 注意しなければならないのがそのタイミング、つまり反省は好調のときにする

 べきであり、不調なときにはするべきではないというものです。


●どういうことか?つまり、「うまくいかない」時というのは、何かしら「うまく

 いかない」考え方をしているから物事が思い通り運ばないのであって、その誤った

 フレームワークで考えている限り、いつまでも事態を打開することはできません。

 スポーツのスランプというものを考えれば分かりやすいでしょう。


●テニスで思うようにサービスが決まらないときに、いくらその理由を考えても無駄。

 フォームは?握り方は?タイミングは?…頭で考えれば考えるほど深みにハマって

 しまいます。結局は無心になって打ち続け、その中でジャストミートするポジション

 を見つけていくのがスランプ脱出の最短距離だといえるでしょう。


●反対に絶好調で「我が身を省みる暇もない」というときこそ、真に反省が必要。

 「好事、魔多し」という言葉もあるように、上手くいきそうな時ほど悪い要素に

 行く手を阻まれるもの。図に乗って我を見失わないように、「三省」といわず、

 1日に「十省」も「百省」もする慎重さが必要になってきます。


●上手くいかない時ほど、勇気を振り絞って行動し、

 上手くいっているときこそ、頭を冷やして考える…。

 やたら「運がいい人」「ツイている人」… 一見お調子ものに見える彼らこそ、

 こういった本当の意味での「慎重さ」を徹底している人達なのかもしれません…。




□■エッセンス■□

・「まずいときは反省するな。反省は絶好調のときにせよ」(p153)

▼あなたは「ダメ→反省→もっとダメ」の悪循環に陥っていませんか?



□■今日の紹介書籍■□

『ツキの大原則』 西田文郎

『ツキの大原則』


オススメ度★★★★☆

→・これまで「ツイてない」人生を送ってきた人
  ・いま周りに「ツイてる」人間がいない人
  ・これから「ツイてる」人生を送れる予感のない人






最終更新日  2005年03月19日 11時44分47秒
コメント(61) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.