2008年10月12日

長谷川龍生

カテゴリ:カテゴリ未分類
長谷川龍生の詩集を高校のときに読んで以来、大ファンなのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E9%BE%8D%E7%94%9F
引用文「個人の内部にある素朴な意識を即物的かつ幻想的に表すことのできる異色の詩人として1945年(当時17歳)から本格的に詩を書き始め、18歳でデビュー。
その幻想・妄想的な世界は時に難解ともとられるが、詩人の立場は貫徹しており、抒情のみに流されず真実を徹底して追究していく姿勢は、デビュー時より今日まで全く変わらない。関係妄想を駆使した詩や、ドラマの中に動的なダイナミズムを感じさせる、この詩人ならではの作品を数多く書いている。その詩的世界は、常に知識をリニューアルし続ける非常にマメな姿勢にもみられる、すぐれた批評精神によって保たれている。自らを称して曰く、現場主義の詩人。」




ネットで長谷川龍生を調べてみると、大阪文学学校の校長をしていることが分かりました。

年間10万円ちょっとの学費はためらいましたが、長谷川龍生に会えるなら安いものかと思い、入学。ここは4月と10月に開講しています。

家から近いので通ってもいいのですが、通信部のほうが長谷川先生にスクーリングでお会いできる機会が多いみたいなので、通信部で申し込み。

今日は通学部も共同の入学式に行ってきました。
生で長谷川龍生に会えて嬉しかったです。

最後は長谷川先生と名刺交換しちゃいました。
ツーショットで写真も撮ってもらっちゃいました。

ふふふふふふふ。

嬉しい嬉しい。

☆ ☆ ☆


さて、入学したからには、来週には課題をださないといけません・・・・
詩とエッセイのクラスなのでなんとかなるかなぁ。


でもなんも思いつかないw





TWITTER

最終更新日  2008年10月12日 20時45分11秒