000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

札幌からMAZDA 3 FASTBACKと

青森県のホテル

青森県のホテル

 ここでは、青森県にあるホテルを紹介しています。

 観光旅行やビジネスでの宿泊施設の予約にご利用ください。青森ねぶた祭りや弘前ねぷた、五所川原の立佞武多(たちねぷた)、八戸三社大祭もありますよ。青森県のホテルに宿泊することをおすすめします。

青森市近郊

青森ワシントンホテル
住所 : 青森県青森市本町2-1-26    TEL:017-775-7111
チェックイン:14:00    チェックアウト:10:00

客室数青森市内最大規模のホテルです。陸奥湾に近く大通りに面し繁華街・オフィス街へもアクセスが便利です。館内は、1階ロビーから12階まで吹き抜けで、青森の伝統工芸『七子塗』やヒバ材を取り入れた内装となっております。木の温もりとやさしい色調でゆったりとお過ごしいただけます。
青森国際ホテル
住所 : 青森県青森市新町1-6-18    TEL:017-722-4321
チェックイン:14:00    チェックアウト:11:00

青森国際ホテルはリニューアルOPENしました。青森駅から徒歩約5分!やっぱり駅近が便利です。
心のこもったおもてなしをモットーに、お客様へ最高のサービスをご提供いたします。
ホテルルートイン青森
住所 : 青森県青森市新町1-1-24    TEL:017-731-3611
チェックイン:15:00    チェックアウト:10:00

ホテルルートイン青森は青森駅の正面にあります。大浴場・駐車場をご用意しております。
客室は清涼感のあるゆったりしたスペース、2階には手足を伸ばせる広々とした活性石人工温泉大浴場がございます。


八戸市

八戸第1ワシントンホテル
住所 : 青森県八戸市十三日町7    TEL:0178-46-3111
チェックイン:14:00    チェックアウト:10:00

八戸市の中心商店街に位置し、客室数215室を有する八戸第1ワシントンホテル。やさしい木目が映える落ち着いたゲストルームは機能性と快適性を重視。遠方からのお客様にも、そのまま泊まっていただけるのが嬉しい安らぎのスペースです。スタイリッシュなインテリアに一新しました。シモンズ製ベッド・デュベのシングルが誕生!全室高速インターネット対応です。
ホテルJALシティ八戸
住所 : 青森県八戸市廿六日町8    TEL:0178-46-2580
チェックイン:14:00    チェックアウト:11:00

八戸の観光名所は、ウミネコが繁殖する蕪島、風光明媚な種差海岸、朝市、史跡巡りなど、少し足を延ばせば、十和田湖や奥入瀬渓流、八甲田山、三陸海岸などの国立公園を控え、「ホテルJALシティ八戸」は、まさに北東北観光の拠点としてもご利用いただけます。緑豊かな自然と静かな城下町の風情を残す八戸市の繁華街にあり、官庁街へも徒歩圏内です。全室に広く贅沢なベッドと広い浴室、ライティングデスクを設置しております。
ホテルメッツ八戸
住所 : 青森県八戸市尻内町館田1-1    TEL:0178-70-7700
チェックイン:15:00    チェックアウト:11:00

ホテルメッツ八戸は、なんと駅から0分!!そして、自動精算機とカードキーの導入により、チェックイン・チェックアウトもスピーディーにしていただけます。シンプルながら清潔をモットーに、ビジネスの疲れを癒し、又、青森県の南の玄関口として、ビジネス・観光の拠点として最適。お客様の声を大切に、最大限ご要望に添えるよう、頑張っております。


弘前市近郊

弘前国際ホテル
住所 : 青森県弘前市大字土手町73-27    TEL:0172-37-5550
チェックイン:14:00    チェックアウト:11:00

この度、当ホテルは、より快適にホテルライフを楽しんで頂き、よりご満足いただけますように全館の改装を済ませました。どうか是非ご来館いただき、何卒お引立を賜りますようお願い申し上げます。ランチバイキング(11:30~14:30)1,050円(税込)食べ放題です。
弘前プリンスホテル
住所 : 青森県弘前市駅前1-3-4    TEL:0172-33-5000
チェックイン:12:00    チェックアウト:12:00

週刊なんでもランキングの『暑さに負けず働くビジネスマンに人気の宿ランキング』でランクインしました。弘前駅より徒歩で5分の距離。ビジネス・観光の拠点に便利です。チェックイン・アウト共に12時。たっぷり弘前を満喫できます。二日酔いの方でも十分な時間となってます。
弘前グランドホテル
住所 : 青森県弘前市一番町1    TEL:0172-32-1515
チェックイン:14:00    チェックアウト:11:00

弘前公園に一番近いホテルです。弘前の中心に位置する当ホテルは、津軽富士と名高い岩木山が一望できるロケーションが自慢です。 心暖まるおもてなしとアメニティあふれる施設でご利用いただくお客様すべてにご満足いただけますよう「親愛なるホテル」を合い言葉に歩んでまいります。朝食は「レストランマロン」の和洋バイキングをどうぞ。季節の素材を活かしたメニューが好評です。

青森県のホテル情報

ステーキ食べ放題 ホテルJALシティ八戸で
 ホテルJALシティ八戸のレストランでステーキ食べ放題をやっているということで、電話電話予約して行ってみました。 ステーキ食べ放題は、期間限定で、2,500円で90分間ステーキ・ライス・パン・スープ・サラダがおかわり自由です。さらに、ランチタイムはソフトドリンクのドリンクバーがついているようで、ソフトドリンク飲み放題でした。ステーキのお肉は、1枚150gということで、お皿に乗った状態でかなりの大きさがあります。気合を入れて食事食べたのですが、今回食べたステーキのお肉は、3枚でした。合計450g になるでしょうか。 かなり満腹でしたね。 パンも美味しく食べることができて、食パンかなり満足です。お店の雰囲気も良かったので、機会があったらまた行ってみたいですね。

ウェルサンピア八戸からの眺め
 ウェルサンピア八戸からの眺めです。 結構いいですね。 花火大会のときなら、花火が綺麗に見えそうです。

青森県の観光情報

十和田市現代美術館
 先日、青森県十和田市にある、十和田市現代美術館に行きました。2008年にオープンした施設です。 十和田市現代美術館は、街の中心街にあり、国道4号線からのアクセスも良いですね。近くに駐車場もあり、車で行くこともできます。 建物の外にもアート作品が展示されており、屋外作品は無料で楽しむことができます。中にある作品には、人肌、毛髪などの質感をリアルに再現した高さ約4mの巨大女性像「スタンディング・ウーマン」や、アザラシと同じように、下から天井裏を覗き込むと、驚きの別世界が出現する「ザンプランド」、部屋に入った瞬間に驚きの空間になる「デッド・スノー・ワールド・システム」など、普段味わえない世界が広がっています。特に、 下から天井を覗き込む「ザンプランド」は、1人ずつしか楽しめないため、今回は見ることができませんでした。 また、建物の設計も独特のものとなっており、ガラス張りの開放感溢れる作りとなっています。ポール・モリソンの風景画「オクリア」が描かれた休憩スペースには、カフェ、ミュージアムショップが併設されています。 私もそのスペースでコーヒーを頂きましたが、天井がとても高い空間で、かなりリラックスできました。

八甲田山のロープウェイで紅葉
 青森県の八甲田山にある八甲田ロープウェイに乗りました。 三連休ということもあり、ロープウェイ乗り場は、観光客デ混雑しています。 ゴンドラに乗り込み、外の紅葉を眺めてみると、すごくキレイです。デジカメで写真を何枚も撮影してしまいました。山麓駅でもさむかったのですが、山頂駅は、凄く寒い! 手袋が欲しくなります。 山頂では、青森市街地や陸奥湾までみることができます。 また、津軽半島や下北半島も眺めることができて、綺麗ですね。紅葉狩りに、また機会があったら、行ってみたいですね。

嶽きみ を岩木山で
 嶽きみを食べるため、青森県の津軽地方にある、岩木山へ行きました。 毎年の恒例行事となってきています。 嶽きみとは、岩木山の嶽地区で育てられている、とうもろこしのことです。2009年の嶽きみシーズンが始まっているのか、心配でしたが、岩木山へ行ってみると、とうもろこしの販売店が多数並んでいました。商品の嶽きみは、まだ量は少ないようですが、購入することができました。ゆできみと、焼きとうもろこしを購入して早速食べてみました。

ホロンバイルでまきばソフト(葦毛崎展望台)
 青森三大ソフトクリーム制覇!八戸「ホロンバイル」でも紹介されている、ホロンバイルのまきばソフトクリームを食べに車行ってみました。 場所は、青森県八戸市鮫町日蔭沢の葦毛崎展望台の前です。ホロンバイルへ行ってみると、すでに、5~6人の人が、ソフトクリームを食べています。さらにソフトクリームを購入しようと並んでいるではないですか!

嶽きみ 電子レンジで簡単に
 先日の、道の駅 ふかうら や 千畳敷海岸や道の駅 おおがた で ソフトクリームなどの道の駅めぐりの途中で車立ち寄ったのが、青森県弘前市の岩木山にある、嶽地区です。ここで栽培されているとうもろこしは、通称「嶽きみ」として、青森県内では有名です。嶽きみ は、高地で栽培されていて、日中と夜間の温度差により甘みが増して、あまくておいしいようです。

戸田書店を目指して 青森県青森市へ
 アオモリ探検隊さんのブログで、県内最強品揃えの本屋発見!「戸田書店」 と紹介されていた本屋さんが気になり、青森県青森市の戸田書店へ車で行ってみました。駐車場から建物を見た時は、それほど大きい本屋さんには見えません。しかし、中へ入ってみると、すごく広い

モーターランドSPでドリフト走行を観賞
 モーターランドSPでドリフト走行を見ました。 D1のDVDは最近沢山みているのですが、本物のドリフト走行を見るのは初めてでした。 大きな車は迫力が違いますね。ドリフトがうまい人の走行をみると、すごいです。車連続コーナーでもドリフトしっぱなしです。

青森はもう、ねぶた祭り
 電車に乗り込もうと、青森駅構内へ入りました。 すると、通路脇に赤い何かが吊るされているではないですか! どうもこれが金魚ねぶたのようです。本物の金魚ねぶたは初めてみました。もう青森市はねぶた祭りの雰囲気へ突入ですね。今年はねぶた祭りを観ることが出来るかな。

つがる地球村 円形劇場
 つがる地球村 円形劇場です。 見やすいですね。 ドリカムのライブでも使われますので、楽しみですね。

青森ねぶたまつりのお囃子
 会社の帰り道、公園のそばを通ると、笛と太鼓の音がしていました。  聞いていると、音が大きくなってきます。どうも、青森ねぶたまつりのお囃子の練習が始まったようです。 私はこれまで、生で青森ねぶた祭りを見たことがありませんが、おはやしを聞いていると、体が熱くなってくるような気がします。 今年は生で青森ねぶた祭を見ることができるかな。ハネトにはなれそうもありませんが。

青森ベイブリッジとアスパム
 青森ベイブリッジとアスパムです。 今日から青森市での生活が始まります。 パソコンはこれからセットアップなのでしばらくお待ちください!?

青森県 弘前さくらまつり
 青森県弘前市の弘前さくらまつりへ行きました。  途中、少し渋滞がありましたが、なんとか弘前城周辺に到着。  公園の周辺駐車場は混雑しているのではと、中三の近くの駐車場にレガシィを停めました。 歩いていくのには少し時間がかかりましたが、弘前城周辺の駐車場はどこも満車でしたので、結果的に良かったと思います。 お堀のまわりのさくらから、すでに綺麗ですね。すこし花びらも舞い始めています。

八戸えんぶり
 八戸えんぶり開催中

紅葉といえば十和田湖と奥入瀬渓流
 おすすめの紅葉スポットといえば、やはり、十和田湖と奥入瀬渓流ですよね。  去年行った際の写真。紅葉のシーズンは、奥入瀬渓流を観光する車が沢山走っています。観光バスとも沢山すれ違いますね。 この日は天気があまり良くなかったくもりのですが、綺麗な奥入瀬渓流を楽しむことが出来ました。遊歩道をゆっくり歩いて、いろいろな滝を楽しむのも良いかもしれません。 十和田湖湖畔にある、乙女の像もいいですね。

八戸三社大祭 前夜祭(画像あり)
 行くことが出来ないのではと思われた、八戸三社大祭の前夜祭に行くことが出来ました。スマイル  写真も何枚か撮影しましたので、掲載したいと思います。 ライトアップされた山車は綺麗ですね。日中も行ってみたいです。

八戸公園(こどもの国・植物園)写真
 今日は時間があったので、車で少しお出かけです。  最高気温は17度と少し肌寒いですが、青森県八戸市にある、「八戸公園(こどもの国・植物園)」へ行ってきました。久しぶりの、こどもの国ですね。 ゴールデンウィーク明けの第1週目ということもあるのでしょうか。人影はまばらで閑散としています。曇り空で寒いのも影響しているのでしょうか。

桜が咲いた(長者山新羅神社)
 今日の長者山新羅神社とさくらです。 結構桜が咲いていましたね。お昼に行ったのですが、お花見をしている方もちらほら。 露店も並んでいました。桜を見ながらの宴会ビールしてみたいですね。

紅葉の十和田湖
 紅葉狩りに、十和田湖へレガシィを走らせました。  あいにくの曇り空で、紅葉はあまり綺麗にみることが出来ませんでしたが、丁度見ごろだったので結構楽しめました。 小雨の降る中を、乙女の像を見に行ったのですが、風が冷たい!もう冬のようです。寒さで耳が痛くなってきましたので。 久しぶりに見た乙女の像ですが、シルエットが綺麗でした。










© Rakuten Group, Inc.