063269 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

くじらブログ(自殺未遂から奇跡的に生還し、幸福に生き続ける物語)

PR

プロフィール


砂くじら(自殺×生還×幸福)

カレンダー

バックナンバー

2022年01月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月

カテゴリ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年04月24日
XML
テーマ:心の病(7286)
カテゴリ:









【一灯を下げて暗夜を行く、暗夜を憂うることなかれ、ただ一灯を頼め】


ここでの一灯とは、「私にはこれがある」と思えるもののことをさします。


わかりやすくいうと、


「『私にはこれがある』という得意なものが何か一つでもあれば、困難に見舞われても、それを乗り越えていけるようになる」


ということを表しています。


(中略)


「学歴がない」


「派遣社員だ」


「貧乏だ」


といって、落ち込むことはありません。


「◯◯の資格を持っている」


「中国語がペラペラだ」


といったように、何か一つでも得意なものがあれば、それが生かされるときが必ずくるのです。


今からでも遅くないので、何か一つ特技を持ちましょう。


それによって、チャンスがめぐってくれば人生は必ず花開くようになるのです


→強みを持つ


引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より











自分の得意なもの。


就職活動などのとき、よくこれを考えますね。





でも、日本人は自分の得意なものを、人にアピールするのが苦手な人種なような気がします。


もちろんそれは僕も例外ではなく、


「自分に得意なものなんて、あったかなぁ、、、」


と思ってしまいます(笑)。





日本で一番だ、とまではいかなくても、みんなよりそこそこ得意かな、のようなものは必ずあります。


僕みたいな人にだって、そこそこ得意なものはあります。





たとえば、僕はお金についてはそこそこ得意です。


お金というよりは、お金の知恵、ですかね。





僕は決してお金持ちというわけではありませんが、お金の知恵を使って、お金に困らないようにしています。


そこそこ上手くいっていると思うので、それは得意なものと言っていいんじゃないかなと(笑)。





逆に、僕は人間関係が苦手です。


仕事やプライベートでも、あまり多くの人と関わることにストレスを感じてしまいます。





だからこそ、何回か転職をしたわけです。


もしそのとき、お金がなくて、むしろ借金がたくさんあったら。


僕は転職することなく、死にそうになりながらでも、その会社で働き続けていたと思います。





困らないだけの貯金があったから、その仕事を辞めて、転職するという選択ができました。


自分にとっての「困難」を、得意なもの「お金の知恵」のおかげで乗り越えられた、そう思います。





今後もおそらく、大なり小なり困難はやってきます。


そのときにも、得意なもののおかげで、きっと乗り越えられると信じています。





桜、咲いた🌸


では、またー🐳















最終更新日  2021年04月24日 06時16分54秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.