062888 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

くじらブログ(自殺未遂から奇跡的に生還し、幸福に生き続ける物語)

PR

プロフィール


砂くじら(自殺×生還×幸福)

カレンダー

バックナンバー

2022年01月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月

カテゴリ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年04月26日
XML
テーマ:心の病(7283)
カテゴリ:








【おのれの得るところを軽んずるなかれ】


「人生に不足や不満はつきもののように思えるが、恵まれて生きていることは忘れがちである。


心が不満でいっぱいになったら、そのことを思い出すことが重要だ」


ということを、この言葉は表しています。


(中略)


「飢饉が起これば、お粥とて食べることはできない。


戦争や災害が起これば、ボロ家にも住めない。


今ある恵みにもっと感謝すべきである。


そうすれば、今の暮らしが極楽に思えてくるはずだ」


同じことは現代を生きる私たちにもいえると思うのです。


(中略)


そうなれば、心だってマイナスからプラスへと移行するというものです。


→恵まれていると感謝する


引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より










「感謝する」


当たり前のようで、簡単なようで、忘れがちになってしまいます。





少なくとも、僕はそうかもしれません。


こういう本を読むと、そりゃそうだよなぁ。


感謝しないといけないことは、いっぱいあるよなぁ、と納得します。





でも、普段の生活で、感謝できているかと考えれば、なかなか出来ていないような気がします。


文句や不満を感じ、感謝なんてもってのほか。


なんで、どうして、そんな思いばかり。





もっと普段の生活から、感謝する気持ちを持っていれば、もっと人生がしあわせになるのかもしれません。


自分に、家族に、恋人に、友人に、会社の人に。





せめて自分が関わる人たちにだけでも、感謝を。


そんなことを、今日は思いました。





桜、咲いた🌸


では、またー🐳















最終更新日  2021年04月26日 06時02分34秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.