060584 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

くじらブログ(自殺未遂から奇跡的に生還し、幸福に生き続ける物語)

PR

X

プロフィール


砂くじら(自殺×生還×幸福)

カレンダー

バックナンバー

2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月

カテゴリ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年07月02日
XML
カテゴリ:








【舌は禍福の門】


「口から発せられる言葉は、禍にもなれば幸いにもなる」


ということを表しています。


(中略)


「プラスの言葉は、基本的には自分に向けて発するもの」


と考えます。


他人に対しては、状況に応じてマイナスの言葉に同調したり、


自らマイナスの言葉を口にしてもいいことを、肝に銘じてほしいのです。


それができるかどうかで、人から好かれる態度もガラリと変わることでしょう。


→会話は相手に合わせる


引用:小さなことにクヨクヨしなくなる100の言葉(植西聰著)より











僕は声が大きいです。


自分では普通に話しているつもりでも、ついつい大きな声になることがあるようです(笑)。





普通の会話ならいいのですが、やはり他人に聞かれたくない会話というのもありまして、、、。


そんなときは、ちょっとだけ後悔したりもします(笑)。





『プラスの言葉は、自分に向けて発するもの』


この一文を読んで、なるほどなと思いました。





僕は基本的に超ネガティブ思考なので、自分にも他人にも、ネガティブな思考からくる言葉を言うことが多いです。


だからこそ、プラスの言葉しか発しない人のようにならなきゃだめなんだと、そう思っていました。





ですが、それは状況によるものなんだと知りました。


そして、プラスの言葉は、自分に向けるものなのだと。





自分にプラスの言葉を投げかけることで、それがプラスの行動に移り、良い行動になっていくのかなと。


良い行動の積み重ねこそ、しあわせな人生をつくっていくのだと、そう思いました。





では、またー🐳















最終更新日  2021年07月02日 06時32分13秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.