1627095 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

SF映画好きのドラゴンズ応援 Sunny

2005年06月29日
XML
カテゴリ:映画、TV
サニーです。こんばんは。

いつも ご覧頂きまして、ありがとうございます。
宇宙戦争(SFスペクタクル大作!スティーブン・スピルバーグ監督とトム・クルーズが、再びタッグ...DVD発売中!


6/29 「宇宙戦争」初日、観てきましたよ~!!

感想は、「いいよ~!」

できるだけ、ネタバレ無しです。


原作は、ご存知、H.G.ウェルズ といっても 若い人ってしってるのかな~?

ラジオドラマが最初にあり、全米に衝撃を与えたらしい

昔、映画にもなってるのも 知ってるのかな?

1953年「The War of The World」です。

まだ、SFXとか CGとかない時代の映画です。

小説の書かれた頃には、まだ、宇宙人といえば、「火星人」

で、たぶん 科学的なバックグラウンドがない小説なんですね。

ですから、基本的に 宇宙人に脅える人間の姿・・・パニック描写がメインです。

今回の作品も テーマは「家族愛」である。
(53年版より 深い映画ですね。)

でも、宇宙人とか出てくるだけで、私は、楽しい!


53年版とは、全く 違います。

でも、共通する「恐怖」は同じです。53年版を思い出しながら書きます。

「圧倒的な未知の攻撃」と「パニック時の横暴な人間たち」

征服者の攻撃から逃げる。そして、我先に 逃げたいので 他人なんか 構わない。


怖い、宇宙人と同じくらい 人間が怖い。


今回の作品については、

「宇宙戦争」
「War of The World」

・監督:
スティーブン・スピルバーグ
・出演:
トム・クルーズ
ダコタ・ファニング
ジャスティン・チャットウィン

皆さんも TVCMで見ての通り、高速道路が空中分解しながら、飛んでくる。

そして、恐怖に引き攣った「トム・クルーズ」と泣き叫ぶ「ダコタ・ファニング」



やっぱり、恐怖(・・いろいろ)の一言ですね。

そして、監督がスピルバーグですから、基本は、「どう驚かすか!」ですね。

セットやCGは、文句のつけようがないです。



いい作品ですね。
(最近のスピルバーグは、俳優に合った作品を作ろうと心がけているんですね。たぶん)

トム・クルーズ、いいです。って、どこがいいって、ダディだってところ。


かなり、53年版を意識していると思われます。(当然ですが)

そして、「インディペンデンス・デイ」も意識しています。インタビューで、「あの映画が出ちゃったので、時期を遅らせて作ることにした」と言ってましたから、あれに似た部分はゼッタイないようにしたんでしょう。


でも、いい感じだったのは、いい役だったのは、「ジャスティン・チャットウィン」



トムの もう1人の子供、長男、ダコタ・ファニングの兄役。



写真は、6/23のロスでのプレミアで、


当然だが、後ろに乗ってるのは、婚約者。ケイティ・ホームズ。

バイクに乗るトム・クルーズを見ると、「トップガン」を思い出してしまいますね。


そういえば、次の期待は、「キングコング」になってしまいました。

ヒロインは、リングの「ナオミ・ワッツ」。予告よかった。


皆さんのブログを観て回って、少しずつ、こんな考えが・・・

「世界同時上映」なのは、上映と同時に悲観的なコメントが広がり、興行収入が減りそうだからかな?

その点、「スターウォーズ3」はすごいです。ほとんど、ストーリーはばれてるし、ネットで映像流出してるし ・・・それでも、観たい人、たくさんいるし、何回も観たいっていうコメントが多い。
(「宇宙戦争」は、もう一回観たいっていうコメント・・・あったかな?)


スゴイです。やっぱり!






Last updated  2005年11月10日 09時49分24秒
コメント(46) | コメントを書く
[映画、TV] カテゴリの最新記事

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Wishlist

Rakuten Ranking

Recent Posts

Archives

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Calendar

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.