148228 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

不動産投資で目指す経済的自由

不動産投資で目指す経済的自由

PR

全184件 (184件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

2011年02月10日
XML
カテゴリ:不動産

  スマイルあけましておめでとうございますスマイル


  何をいまさらという声が聞こえてきそうだが(笑)、お久しぶりです。
 前回、ブログ5周年の記事を書いたのち、本業でショック大変な問題ショックが発生し、体調も悪化し、とてもじゃないがパソコンに向かえないというか、パソコンに向かうと吐き気がする状況になって更新が滞ってしまった。

 まだ本業の大問題は解決していないのだが、めどは立ったので、ようやくブログを書く気になった。

 といっても吐き気が治まったわけではない。

 さらに言えば、昨年半ばから空き部屋が順調に埋まって全45部屋満室まであと2つと迫っていたのにぱたっと動きが止まり、1月末から昨日までの7日間で立て続けに3つの退去通知があったことも吐き気の原因であるショックショックショック

 さて、新年の目標を挙げなければ年が始まった気がしないので今年の目標を掲げたい。

 今年最大の目標は「自由になる」ということである

 結構切実な目標である。このままだと本当に体も心も参ってしまう。

 「江」においてセリフ棒読みの織田信長(笑)が「人生は短い」と言っていた。

 僕はあと100年は生きるつもりだが、こんなストレスを受け続けていればそれも危うくなる。本来人間は150歳までは生きることができるものだ。
 信長の好んだ「敦盛」風に言えば、「人間「150年」 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり  ひとたび生を得て 滅せぬもののあるべきか」

 それならば楽しんだ方がましだ。いよいよ「人生の楽園計画」を発動したい。

 この目標は必ず達成する!!!

  というわけで、「自由になる」ために必須の目標が空き部屋を埋めることである。どうして埋まらないのだろう。

 あまり具体的数値を挙げるわけにもいかないのだが、たとえば9月から4か月空いている部屋は、市内便利な地域、3DK、リフォーム済み、5万円、駐車場2台込み、エアコン、光ネットである。これで埋まらないのは、管理不動産屋が力が無いとしか思えない。この物件、埋めきらないうちにこの1週間でさらに2つ空いた。頭が痛い。やはり管理会社変更も考えなければならないだろう。

 さらに、去年は物件を買わなかったが、今年は、基盤強化のために積極的に買いに動きたい。銀行からは4月に法人決算5期目が過ぎた段階で新たに融資したいという話になっているので体力・気力を戻しておきたい。不動産を買うのは体力・気力が必要である。

 また、不動産と並ぶ収入基盤としてFXを本格化する。昨年12月から現在までの2カ月強の実験的売買で+10万ほどである。吐き気のためパソコンに向かえなかったので体調のいい時に電話で売買していた(笑)。実験段階は終了したのでさらに資金を増額していきたい。


 その他、くだらない目標としては、今年もアニメを見倒すことである。スイートプリキュアって甘いプリキュア?もはや何なんだという感じであるが(笑)。

 そう言えばハートキャッチプリキュアでは事前の予想通りつぼみのばーさん67歳が史上最高齢のプリキュアになり、同い年の母が大喜びしていた。
  hpvol44-kaoruko01.jpg 

  hpvol44-flower01s.jpg

 「聖なる光に輝く一輪の花!キュアフラワー!!」

 あと、「海賊戦隊ゴーカイジャー」は、過去の戦隊モノすべてが登場するということなので、そもそもゴレンジャー世代としては楽しみである。
 
 ただ、何といってもある意味で最大の目標は健康であろう

 もはや疲れ切った。大の病院嫌いであるが、今回はそうも言ってられず20年ぶり(笑)に病院に行ったら、「どこも悪くないが、やせ過ぎ」ということで、体力が低下しているので太るように指令が出た。

 やせ過ぎだと長生きできないということも「ほんまでっかテレビ」でやっていたので太らねばなるまい。

 たまに書いているが、僕は身長170センチだが、ここ20年くらい体重が40キロ台後半である。医者からの指令では20キロ増の60キロ台半ばが理想体重ということだ。

 というわけで、ただでさえ大食いなのに、とりあえずこの1か月、たとえばステーキの量を1キロから1.5キロに増やし、餃子を100個から150個、ご飯を1食2杯から3杯にするなど食事量を1.5倍にしたが全く増えないどころか出るものが一層増え(笑)、さらに痩せて43キロになってしまった。

 ウエスト53センチでもはや頭のサイズより細い。体脂肪率7%でやたら寒い。最高血圧80-最低血圧35 体温34.8度で午前中動けん・・・本当に大丈夫かな・・・。

 もともと運動不足というか運動しないし、お菓子、間食、炭酸飲料も大好きなのに太らない。どうやったら太れるのか。
 とりあえず年内に50キロ台が目標である。

 無事健康で年末を迎えたいものだ。

 そう言えば、毎年掲げている絶対達成できる目標がある。「結婚しない」(笑)。これは間違いなく達成できるであろう。

 というわけで、今年もよろしくお願いします。

 久しぶりに長文書いたら疲れた(笑)。







最終更新日  2012年03月11日 14時48分09秒


2010年11月08日
カテゴリ:不動産

 10月になって本業が始まり、さらに、時期的に不動産の動きも止まってしまい、更新が空いてしまった。
 前に書いた「人生の楽園計画」が現実味を帯びてきたため、田舎の土地を見て回っているがピンと来るものが無い。農作業ができる、300坪くらいで1000万以下、泊まるための小さな別荘(500万以下で小さいもの)を建築可能な土地で探しているのだが。

  田舎は都会より騒音がうるさいことがあるので注意しないといけない。前に書いたことがあるが、たとえば朝6時とかに有線放送が鳴る。田舎だと牛とか豚の価格が30分くらい町中に響き渡る。誰もうるさいと言わないのが不思議だ。

 そうこうするうち、このたび、移転前のブログから通算してブログ開設5周年を迎えた。
 
あっという間だったような気がする。
 かつて、「1000年女王」の主題歌「コスモス・ドリーム」において「10年は夢のよう 100年は夢また夢 1000年は一瞬の光の矢」と歌われていた。さすれば5年と言うのは夢の半分、昼寝の夢くらいだろうか(笑)。

 最近疲れているのかよく昼寝をする。最近の学説では昼寝は夜寝る場合の6倍の時間の効果があるということである。僕は10時間夜寝るので、最近は2.5時間昼寝をしているので1日25時間分寝ていることになる。時間の有効利用だ・・・そういうものではないらしい(笑)。

 僕は、5年前、平成17年の4月ごろ、不動産の世界に乗り出すことを決意した。
 当時、すでに不動産のブログをやっている先輩方が多数あり、そのブログを偶然読んだことがきっかけである。ブログで数千万円、数億円の世界に飛び込むというのも軽率かもしれないが、何か引き寄せられるものがあった。運命というものかもしれない。
 いわば、ブログが僕の人生を左右したのである。僕のブログもまた誰かに影響を与え、いや、惑わしているのかもしれない(笑)。
 

 幸いと言うか、もともと不動産屋に知り合いがいたので「アパートを買いたい」と相談し、物件を紹介してもらう日々が続いた。しかしいい物件はなく、また、いい物件と思って銀行に持ち込んでも全く相手にされなかった。
 半年が経った平成17年11月初頭、「あまりにも融資が通らないが、この戦いを記録としてブログに書いていこう。いつか懐かしく思えるときも来るに違いない」、と思ってブログを始めた。
 ただ、当時、本当に物件が買えるのか自信が無かった。買えないのにブログをやっても仕方ない、また、ブログが「融資がだめだった記録」になるのではないか、とも思った。
 しかし、ブログを始めて2ヵ月後、初めての物件が買えた。そのとき、物件が買えたことはもちろんうれしかったが、ブログを始めていて本当に良かった、と思ったことを覚えている。なんといってもリアルタイムで大家になる瞬間が記録できたのだ。

 その後、いろいろあってブログがこちらに移転してきて現在に至る。
 現在、4棟、45部屋に拡大した。昨今、いい物件はなかなかないが、5年前と違い、銀行からは「お金を借りてください」と電話がかかってくる。
この間も突然「貸したいんですが…」とほとんどお付き合いのない銀行からかかってきたが、物件が無い。
 

 もし、5年前の僕に何か言えるとしたら、「必ず買えるから、自信を持って不動産の世界に邁進するように」と言うだろう。

 ただ、当時の僕に「5年後はこのくらいの規模になっているよ」と言ったら、「そこまでになったか」と感心するか、「なんだそのくらいか。もっと増えていると思った」と言うかは分からない。

 当初はどんどん増やすつもりだったが、今は、このくらいのペースがちょうどいいような気もしている。

 ただ、確実に言えるのは、5年前と今では「変わった」ということである。
  

   ガンダムララア.jpg

「人は…変わってゆくのね。私達と同じように…」 (ララア)
「そ、そうだよ。ララアの言う通りだ‥」 (アムロ)
 

 もちろんいい方に変わったと信じたい。何もしないで時が過ぎるより、変化を求めるべきだろう。

 少なくとも5年分、資産は増えているはずだ。借金額が2億円あることなんて、ギレン・ザビに言わせれば

  
 「今や5年前に購入した1号物件の借金の4分の1以上が返済によって消えた。
 この返済こそ、正義のあかしである。
 いかほどの借金が残っていようと、それは既に形骸である!
 あえて言おう、カスであると!
 今こそ、明日の未来に向かって立たねばならぬ時であると!」(笑)。

 「士別れて三日なれば、まさに刮目して待つべし」だ。

  ただ、5年経っても見た目は変わってない。相変わらず学生に間違われる(笑)。


 ブログについても変化がある。
 初期のブログと比べると、更新頻度が少なくなっている、一回当たりの記事が長すぎるくらいになっている、内容が不動産以外と言うか不動産に絡めて怪しい話(とくにアニメ)が多くなっている(笑)、という変化がみられる。

 まあ、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」も僕が幼稚園の頃の連載開始時と今では全然違う。長続きするものは変化していくことで長続きするのだろう。

  翻って鑑みるに、この5年で、いろんな理由でブログをやめてしまう方もたくさんおられた。僕が不動産を始めたきっかけとなったブログをやっていた方も、所有している不動産の状況が厳しくなったということでブログをやめてしまった(売ってしまったのかな?)。


 すなわち、ブログを続けられること自体が不動産の世界で生き残っているという証であるような気がする。


 思えば、ブログをやっていて、もちろん嫌なこともあった。来てくれていた人が来なくなると変なこと書いたかな、と気になったりもする(自分で言うのも「りなんなん」(笑)だが、かなりの小心者である)。

 ただ、遥かにそれを上回る素晴らしく楽しいことがあった。皆様方と知り合えたこと。いろんなことを教えていただいたこと。励まされたこと。数え上げればきりがない。



 ブログ10周年、15周年を迎えられるように過ごしたい。そうすれば、そのころは「人生の楽園」で悠々自適だろう。


 これからも、よろしくお願いします。スマイルスマイルスマイル







最終更新日  2010年11月08日 19時31分13秒
2010年10月08日
カテゴリ:不動産

  さて、長かった夏休みが終わり、授業の準備やら何やらで忙しく、ようやくブログを書く時間が出来た。


  前回の怒り、まだ収まらないが、そのような不動産屋はこちらからは基本的に相手にしない、という、「近衛文麿の国民政府を相手とせず」的対応でいくしかないだろう。

  普段も怒りっぽいのだが、それも抑えている。これは精神衛生上良くないかもしれない。「ヤヌスの鏡」のように自分が知らないうちにもう一人の自分が街で暴れていないことを祈る

  「ヤヌスの鏡」は大映ドラマ屈指の名作、主題歌も名曲だと思う。「誰でも天使のように自由になりたい. 心熱く燃やせばきっと叶うだろう」。 

 さて、前回のブログを書いた翌週、日銀がようやく為替介入をし、FX含み損10万が一気に解消したあたりから流れが良くなった。

 といってもユーロがここまで高くなるとは。売らずに持っておけばよかった。
 

  4号物件について、3部屋あった空き部屋のうち立て続けに2部屋申し込みが入り、先週までに入居したスマイルスマイルスマイル
  

 これで夏場から4連続入居だ。めざせ!双葉山!・・・って69も部屋持ってないしそんなに空き部屋があったら大変だ(笑)。

  2階の部屋は空室期間1ヶ月で埋まり、それはそれで非常に嬉しかった。

 しかし何より嬉しかったのは、、最上階の4階の部屋が埋まったことだ。

 僕が購入した時点ですでに8ヶ月空室、その後10ヶ月空室で、1年半空いていたことになる。

 前々回の記事にした、8月に埋まった1号物件の空室期間1年2ヶ月の部屋を上回る、最大の問題部屋であった。
 

 この部屋がなかなか埋まらなかった理由は、単に4階だからであった。つまり、
1 田舎の人間は車で動くのでとことん歩かず、都会人より体力が無い。上の階ほど階段がこたえる。
2 田舎は治安がいいので、1階でも鍵をかけず、窓も開けっ放しで出かけたり、寝たりしている。つまり、1階は危険とか、上の階ほど安全とかいう思考回路が無い。
3 上の階の住民の音がうるさいとか言う神経質な人間が少ない。
4 もともとプライバシーという概念が発達していないので、下の階に住んでいて覗き込まれても気にしない。
ということで、ある。

  よって、とくに新築マンションとかは、1階から埋まっていって、上にいくほど埋まらないことが多い。エレベータがあっても、めんどくさいとかで下から埋まっていく。上の階の方が家賃が安かったりする。

 僕は東京やらで7箇所部屋を借りたが、僕は上の階の音がダメなのですべて最上階を借りていたので、この田舎の特徴を知ったときは驚いた。

 そういうわけで、今回4階を借りたのは、県外からの転勤者である。「なんで、こんないい眺めの最上階の部屋が空いているの?」と即決してくれた。
 

 地域に応じた戦略があるといっても、すべて1階のマンションとか無理だしなぁ。

 前回のブログで不動産が嫌になった、うんざりだと書いたが、正確には「不動産屋にうんざり」である。

 不動産自体、赤ハート「やっぱ好きやねん」赤ハート
 

 「あらびき団」で「やっぱ好きやねん」を歌い踊る「きゅるりんアイドル りなんなん」にはまっている。吉本所属だが、分類上はアイドルなのだろう。決して美人ではない。しかし、外見も声も昭和レトロな感じがする。つんくも絶賛していた。

 sn3d091500010001.jpg
  

 「りなんなんだよ」という声が耳にこびりついて離れない(笑)。

  これで、空き部屋は2号物件の1部屋と4号物件の1部屋である。あと少しで満室だ。

 今日はお祝いに「トマト3個とセロリ3本、きゅうり3本、レタスとキャベツ山盛り、もずく酢の物、わかめ酢の物、たこの酢の物」を食べよう!

 いつも夕食時はこのぐらい食べているので特別なお祝いというわけではないのだが。 

 肉や餃子ばかり大食いしていると思われるかもしれないが、大の野菜・海草・酢の物好きでもあるので、量は異常だが全体のバランスは取れている・・・と思う。もちろん魚も大好きである。

 「てゆーか、食費は月にいくらかかるの?」とツッコまれそうだ(笑)。







最終更新日  2010年10月08日 17時39分36秒
2010年09月10日
カテゴリ:不動産

 唐突だが、敬愛する黄金ガールさんによると、僕は文章からして結構クールな印象があるとのことだった。 職業柄文章がそうなるのかもしれない。
 実際はとんでもなく喜怒哀楽が激しい短気でせっかちな人間である(笑)。子供のころは「樋屋奇応丸」が欠かせず、中学校までは喧嘩ばかりしていた。大人になって表面上は抑えるようになったが、三つ子の魂百までである。       
テレビを見て感動してよく泣くのだが、毎年夏は戦争映画を見て泣く。今年は「歸国」で号泣した。ゲームでもよく泣くのだが、泣きながらやっていて母が別の意味で心配する(笑)。
 このような感動とか同情とかで泣くのは、心がきれいな証拠である(自分で言うな、と突っ込まれそうだ(笑))。

 しかし、前回の記事の後、小沢一郎出馬を受けた「みんなの党」の渡辺嘉美の言に倣えば、「クソ暑いのにさらに不快指数を上昇させる」大トラブルが発生し、怒り心頭。泣きたくなるほど頭にきて不動産が嫌になり、ブログも書く気がしなかった。 ちょっと長いが皆さまの参考にもなるかと思い、書く。
 

 前回書いた、1年以上ぶりに決まった部屋について、申し込みから2週間たった、まさに入居前日のことである。
 管理会社から電話があり、なんと、客づけした不動産屋が入居前日にチェックしたところ、別借り駐車場について、借りてるところと全く別の駐車場を客に紹介していたことが判明したとのこと。 ぶっちゃけありえない。メップルもミップルもびっくりだ。
管理会社は募集要領には正しく書いているので、まさかそんな間違いをするとは思っていなかったとのことである。それでも客が申し込みを入れた時点で管理会社も念押しするべきだと思うのだがそれはここではおいておく。
 
 すぐ、その客づけ不動産屋女性店員から直接電話があった。この電話を「最初の電話」とする。 全く勘違いしていたらしい。

 どうやって勘違いするんだ?駐車場の名前も場所も違うぞ。

 そして、「入居予定者がごねている。仲介手数料を返す方向で解決するつもりだ」ということなので、「そうですか。ただ、電話で交渉するとこじれるので、絶対に、入居予定者が店に来てから直接話してください」、と電話を切った。
 ここまででも驚くべきことなのに、ここからがとんでもない展開になった。

 さらに1時間後、管理会社から「55,000円の家賃を51,000円にする、ということで話がついた、大家さんも了承済みだ、と客づけ不動産屋の女性店員から連絡があったが、本当ですか?」と電話があった。

  驚いて客づけ不動産屋の女性店員に電話したところ、なんと、「最初の電話で、家賃値下げを同意したと思っていた。自分の早合点だった」と言う。そんな話は全く聞いていない。そもそもこちらのミスではないので家賃値下げする必要は無いのだ。

 しかし、入居予定者にはすでに言ってしまっていたので、「あれほど電話では交渉するな、と言っていたのに入居予定者に言ったのだったら、その点は仕方ない。毎月4,000円の差額はお宅の不動産屋が負担してください」と言って電話を切った。

 この電話を「後の電話」とする。この時点で怒りが限界に近い。

 そしたら30分後にまた電話があり、「社内の役員に緊急に報告し、当社で2,000円、大家さんが2,000円負担ということになりました」と言う。「おい、いい加減にしろ」と怒鳴ったら、上司と言う男が出てきて「後の電話で大家さんが2,000円負担することに同意した、と女性店員が早合点したようで、いまさら役員には撤回できません。なんとか2,000円負担してください」と言う。

 「何度早合点すれば気が済むんだ」と怒鳴り散らした。ザケンナーになった。 そもそもの駐車場のミス、さらに2週間確認しない、入居予定者と電話で交渉するなと言ったのに電話でやる、電話を自分の都合のいいように早合点する、決定事項をこちらに押しつける。

 とんでもない不動産屋である。普通、黙っていてもミスをした不動産屋が4,000円負担するものだ。
 管理会社も怒り狂い、3者交えて押し問答したのだが、向こうは「お願いします」の一点張りである。

 都合の悪いことにはこの客づけ不動産屋は地域では大手で、かなりの力がある。一回限りなら怒鳴って取引停止だが、この場合、僕も、管理会社も、この不動産屋と絶縁状態になると損である。
 間違って紹介した駐車場が確保できれば問題は解決するので、本当に頭にきたが、さまざまな条件をつけて2,000円負担することにした。

 まず、広告料は払わない。当たり前だ。誰が払うか。これで、2年以内に間違って紹介した方の駐車場が確保できれば得になる。
 次に、1年しかこちらは負担しない。1年目以降は協議、とした。当たり前だ。いつまでも続いてはたまらない。
 さらに、僕が所有する他物件について全面的に客付けする。実際するかどうか分からんが、約束しないよりましだろう。

 というわけで一応けりがついたのだが、このことを明記する契約書案を持ってこさせたのだが、箸にも棒にもかからん内容であった。僕は法律家もあるので、こちらで一から文書を作り、つきつけて、ようやくまとまった。3週間がかりである。

 県や宅建協会に言うことも考えたが、閉鎖的な田舎でそういうことをやると、その大家の物件には当該不動産屋のみならず他の不動産屋も客づけしてくれなくなるので逆効果になるのでできない。

 本当に疲れた。頭にくる。どんな店員だ。こんなミスをやるなんて、僕のいる大学の卒業生の可能性がある(笑)。あえて調べなかったが。

 こんなことなら、ほぼ同時に申し込みが入ったもう一つの不動産屋の客にすればよかった。すぐ駐車場の間違いが分かればそうしたのに、2週間も放置された後に分かったのではどうしようもない。
 

 実は、不動産屋とのけりがついた後、電話の前で地団太を踏んだら転倒し、左足首・ひざ・さらに両腕をひねってしまい、2週間ほど痛みでブログを書けないどころかほとんど動けなかった。大の病院嫌いなのでひたすら安静にしていた。大学の授業が無い時期でよかったのだが。

 書いていて気が晴れるどころか「思い出し怒り」が込み上げてきた。
 口直しにFXのことを書こうと思ったが、3万ほど利益が出た後、お盆のころに戻りを期待して買ったユーロとカナダドルとNZドルが瞬間塩漬けになってしまった。書いても気が滅入るだけだ。NZドルは利益が出てさばけたが。官僚時代の同僚が財務省や日銀にいるので「いつ為替介入するのか。やるときは教えてくれ」と言ったら「ノーコメント」と言われた(笑)。
まあ、アメリカが元気になれば日本はもともとダメダメなので円安になるだろう。

 よく、短期は損気という。しかし、僕は、よく怒る。ただ、限界までは我慢している。まさに「ああ、もう、いやだ。堪えられるところ迄は、堪えて来たのだ。怒る時に怒らなければ、人間の甲斐がありません」(太宰治の作品より)。本業についてもそうだ。前書いたように我慢の限界だ。

 太宰が言ってることはキュアブロッサム・キュアマリンと同じである。「堪忍袋の緒が切れました~」。
 こういうときは栄養とって寝るのが一番。 
 ステーキ1キロ食べて寝る!!!
 前回の記事と同じような終わり方だ。まさに8月のことだけに。涼宮ハルヒの憂鬱 第二期の「エンドレスエイト」だ(笑)。







最終更新日  2010年09月10日 18時07分39秒
2010年08月17日
カテゴリ:不動産

 前回の記事の重大な決意、まあ、疲れたので「人間活動」に専念したいということです(笑)。宇多田ヒカルと違って結婚も離婚もしてないが。

  サンシャイン1.jpg
  こういうときは、キュアサンシャインに癒してもらいたいと思ったが、キュアサンシャインには思い切り違和感がある。宝塚の男役がいきなり女役で出てきたようなものだ。

 さて、今回は久しぶりに「めでたい不動産ネタ」である。スマイルスマイルスマイル
 

 僕の所有物件1号物件には、アクエリオン的に言えば、去年の6月から「1年と2か月空いていた」、まさに、僕にとって、特に銀行関係に対しては、赤ハート恥部赤ハートとなる空き部屋があった

 原因は、その1号物件、駐車場が敷地内に台数的には足りているのだが、過去の経緯などから、今回の部屋は隣の駐車場を借りている部屋であった。

 隣であれば別に問題はなく、これまで埋まっていた。

 しかし、何と、空き部屋となった直後に、その駐車場の持ち主が、マンション建設業者の「相続対策」というありがちな甘い言葉に引っ掛かり、マンションを建ててしまったショックショックショック。猫の額ほどの狭い敷地なのでずっと駐車場にする予定だ、と聞いていたのだが。

 そういうわけで、急遽別の、道一本挟んだ駐車場を確保した。

 都会人には理解できないだろうが、田舎では車は1人1台が常識のため、ファミリータイプで駐車場が車1台分、敷地外というのは、いくら距離が20メートルくらいといってもかなり苦しい。物件は特急停車駅の駅前でバスのターミナルもあるのだが、それでも田舎の普通の人間は車で動くのだ。かくいう僕もJRもバスも5年以上のってない。

 そういうわけで、家賃を10%以上下げたのだが去年はさっぱりダメ。

 今年3月に奇跡的に車を持っていない家族の申し込みが入ったのだが、「敷金礼金ゼロにしろ、仲介手数料ゼロにしろ、保証人が居ないのに保証会社も使わずに入居させろ、引っ越し代と前の部屋の修繕費ももってくれ、2か月フリーレントにしろ」、と小刻みに言ってきたうえに、ペット禁止なのにこっそり猫を持ち込もうとしていたことで3週間引っ張られた挙句お断りした。

 
 そんな変な客に引っ張られているうち、入居シーズンも過ぎてしまい、これはえらいことになった、と「心の花」が萎れてしまった。

 何度もデザトリアンになって叫んだ。

「なんで埋まらないんだよ~。もう1年だよ~。銀行になんていえばいいんだよ~。本当に埋めたいんだよ~」。
 

 そこで、7月になって、リフォームを決行した。思い切り僕の趣味で予算15万で内装を変えたのだ。不動産屋は「これでは客が限定されすぎる」と大反対し、さらに母は僕と趣味が全然違うので大反対したが、「これ決まらなかったら我が社の事務所にすればいい」。ということで押し切った。

 完成して不動産屋に情報をばらまいたところ、内見が急増し、1週間で申し込みが入った。それも同時に別々の客が申し込んできた。あれだけ苦しんでいたのに、重なる時は重なるものだ。

 当たり前だが入居者は宇宙人でも未来人でも超能力者でもない・・・と思う。いや、実はそうかもしれない(笑)。

 やっと埋まった。

 1号物件が、1年2か月ぶりに満室となった。スマイルスマイルスマイル

 先月に2号物件が1部屋埋まってから連続入居だ。流れが変わった。

  3号物件はもともと満室なので、あと2号物件、4号物件の空室を埋めなければならないのだが、それにしてもこの入居は大きい。3部屋分くらいの価値がある。勢いに乗っていきたい。

 心の種.jpg 心の種2.jpg
 心の種が産まれそうです~。
 また一歩満室に近づいたです~。

 満室目指して頑張ろう。

 今晩は祝いに餃子100個食べる!!!

(僕は100個、母は50個食べるので合計150個の餃子を母が作る(笑))。







最終更新日  2010年08月17日 17時24分37秒
2010年08月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類

 久しぶりにブログを書く。

 更新が空いた理由は、本業における半期に一度の試験のためである。

 が、その時に非常に嫌なことがあったので今までブログを書く気が起らなかった。今回は本業ネタがメインである。

  僕は基本的にどんなに読むに堪えない答案でも単位を出すのだが、中にはどう考えても単位を出せない答案がある。

 白紙とか、関係無い話で埋めてあるとか。

 めんどくさがりの教員だとそれでも単位を出すか、単に不合格とするらしい。

 しかし、僕の場合は学生のためにならないのと、まじめな学生に対して不公平になるので、個別に呼び出し試験を補うレポートを書かせたうえで単位を出している。

 例年それでやっているのだが、今年はとある学生に会ってその話をしたところ、いきなり怒り出し「単位なんかいらねえ。不合格にしたければしろ」と逆ギレされ物を投げられたびっくりびっくりびっくり

   カミーユ2.jpg

 「おまえはカミーユ・ビダンか」という突っ込みをしたかったがやめておいたことは言うまでもない。

 
 こちらとしては筆記試験が箸にも棒にもかからない時点で不合格にしていもいいところ、何とか単位を出そうと思って配慮しているのに、これである。

 内心ではどう思っていようが、教授に対して、というかそもそも年長者に対して言う言葉ではないし、態度もチンピラだ。

 喧嘩には自信がある。昔は野戦の喧嘩では「東方不敗」だった。

  東方.jpg
  

 よって、「流派、東方不敗 最終奥義! 石破天驚拳!!」(要するにビンタ)を喰らわせたかったが、学生を殴るわけにもいかない。

 「いとうあさこ」ではないが本当に「イライラする」。

 今回の学生は大学4年生だ。こんなのが「大卒」として社会に出ると思うとぞっとする。「若さゆえの過ち」という問題ではない。こんなことは着任以来初めてだ。年々学生が幼稚化している。ゆとり教育世代が大学に入ってきているからである。

 先行き考えると気分が悪くてブログを書く気がしなかった。

 よく考えると大学教授という職業は危険な職業である。相手は中身は幼稚とはいえ体は大人である。数百人いれば数名は危険分子が居るのは当然だ。その危険と、大人を相手に教育するという責任に応じて給料が高ければまだいい。

 しかし、公表するが、僕の今の給料、常勤の「教授」なのに年間400万である。びっくりびっくりびっくり

 銀行に所得証明を出したところ、あまりの安さに「市役所で発行するときの金額の出力間違いと思われるので出しなおしてください」と言われたこともある。

 大学院に5年行った際にかかる費用なども考えると割に合わないどころではない。同年齢の普通に企業に行ったやつらや他大学の教員になったやつらの半分である。

  ギレン.jpg 

 ギレン・ザビに聞いてみたところ、やはり「あえて言おう、「安すぎる」と」ということであった。


 給料の話は事前に聞いていたのと全然違う。給料表が無く、上層部の気分で決まるのだ。東京を引き払って着任前日に「事情が変わったのでこの給料でやってくれ」とぬけぬけと言ってきた。

 
給料の話は事前に聞いていたのと全然違う。給料表が無く、上層部の気分で決まるのだ。東京を引き払って着任前日に「事情が変わったのでこの給料でやってくれ」とぬけぬけと言ってきた。

 

 めっぷる.gif 

 まさに「ぶっちゃけありえない Max Heart」であるメポ。

  その後さらに年々給料が下がり、この金額である。ジオングの足が無いより大きな問題だ。

 ジオング.jpg

 「こんなことではろくな教員が来ないしすぐ出ていく。上にはそれが分からんのですよ」。
 
  ギレン2.jpg   シャア10.jpg

 まさに「こんなところに来たのはなぜだ」 「坊やだったからさ」である。

 これまで、僕の出身大学ルートで他大学への移籍の話がいくつもあったのだが、流石に給料は倍以上の提示がある。

 では、なぜこれまで移籍しなかったかというと、情報が入ってくるにつれ、どこに行っても現在の大学生が幼稚化していることは変わりない、むしろ都会の大学生の方がより危険と思いだしたからだ。

 さらに大学生の親もモンスターペアレント化しているし、そもそも少子化にもろに影響を受ける。

 
 というわけで、物件も一定レベルに増えたし、そろそろ「重大な決意で臨む」時だろう。「重大な決意で臨む」といえば、かの海部俊樹元首相の名セリフだ。結局金丸信につぶされたが。海部元首相の演説は憲政史上一番うまかったとされるが、一番かどうかはともかくうまかったと思う。

 ということで、実は夏休みだ。2か月。

 この夏はとにかく空き部屋を埋めなければ。7月に入り同じ日に同じ2号物件について退去通知と入居申し込みがあった。

 これはプラマイゼロなのだが、昨日、4号物件について新たに退去が。これは非常にまずい。気分が悪い。所有物件の空き部屋が合計5部屋になった。4月以降、入退去成績が1勝3敗である。

 緊急役員会議を母と開催し、4号物件について、年末の管理契約期間切れをもって管理会社変更を決定し、他の不動産屋複数と条件面の協議に入った。

  シャア2

 「戦いとはいつも2手3手先を考えて行うものだ」・・・というか、任せる管理会社を誤ったのだが、その「過ちは認めたくないものだ」

 それにしても、退去もあってまだ気分が悪い。まったく、「触らぬ学生に祟りなし」「見て見ぬふり」しかないのである。

 本当はそれじゃいかんのだろうが、この危険な社会で生き抜くには、まずは自分の身を守るのが最優先だ。 

  ワッケイン.jpg

 ワッケイン司令官風に言えば「寒い時代だと…思わんか?」 

  キュアブロッサム2.jpg

 あー、もう堪忍袋の緒が切れました!! 何もかも嫌になった。

 旅に出ようかな。本当は旅に出るのもめんどくさい。寝よう。

 長くなりましたが、読んでくださってありがとうございました。







最終更新日  2010年08月05日 00時03分12秒
2010年06月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類

 唐突だが、昨年末取得した物件の不動産取得税が300万ほど来た。

 さらに固定資産税が4物件合わせて年間200万。

 とりあえず固定資産税の1期分50万と取得税合わせて350万を現金で払ってきたが、たまったものではない。とくに固定資産税の減税を要求する。

さらに空き部屋を埋めるどころか退去者が出てしまいもはや涙目である。

 さて、このたび法人が4期目の決算を迎えた。

 僕は、自力で法人の申告をやっている。会計ソフトを一切使っていない。

 帳簿や財務諸表はワードで作って計算機で計算している。エクセルで入力してもいいのだが、心配症なので結局計算機で計算してしまうので同じことだ。

 原始的だが一番確実な方法ともいえる。ちなみに簿記は勉強していない。本を見ながらやっている。書き方自体は難しくないのだが、清書と検算で時間を食ってようやく税務署・県税・市役所に完成提出した。

 内容に間違いは無いので、税務調査官・窓辺太郎はわが社にはやって来ないだろう。このシリーズは好きなシリーズでずっと見ているのだが、先ごろCSでやっていた一気再放送を全部見てしまった…。

 今期は、巨大物件取得にもかかわらず黒字。減価償却しなかっただけだが。
 
というわけで、実質的には黒字三期目である。貸借対照表の左右の一番下が1億5千万くらいの数値となっている。当たり前だ。借金も資産だからだ。

 規模的にもでかくなっており、来期はすさまじい黒字が出てしまう。母に給与を出しても、今度は母の所得税・住民税・社会保険料が高くなり、法人に残す場合とあまり変わらない出費となる。どうしよう。中小企業向けの税率の軽減を要求する。

 ともかく、会社を作って4年。最初は空っぽの箱モノであったが、ここまででかくなってきたのは感慨無量だ。

  ゴセイジャー2.jpg

 「会社護るは社長の使命! 不動産戦隊ホウジンジャー!」

  どうでもいいが、母はアラタが好きである。

 黒字なのでホウジンブラックだ。ホウジンレッドは何期も続くとまずい。ホウジンレッドは倒すべきだ。ブラックとレッドが対立しているって、ゲキレンジャーみたいだ。
 

  この決算内容をもって5号物件目指して頑張りたいのだが、空き部屋が埋まらないと前に進めない。なんとしても埋めなければならない。


 宇宙人に入居してもらってもいい。ケロロ軍曹は歓迎だ。ただしメトロン星人は困る。

 メトロン1.jpg   

 メトロン星人は推定築30年のおんぼろアパートに住んでいたが、もっといいアパートを借りれなかったのだろうか?保証人は誰がなったのか?押入れに宇宙船が格納され、アパートが真っ二つに割れて宇宙船が飛び出したが、原状回復はしてもらったのだろうか?
 

 宇宙人以外でも、未来人でも超能力者でもいい。

 ハルヒ 

 涼宮ハルヒに呼びかけてもらおう。未来人である朝比奈さんとかだったら、敷金礼金なしでフリーレント半年つけちゃう。

 2036年からやってきたというジョン=タイターに会ってみたい。

 さて、本題に戻ると、僕の住んでいる地域では、前回書いた妙な迷信のほか、困ったこととして、管理会社が入っている場合自分で営業をやるのは基本NGである。

 管理業者が他業者に流しているかどうか確認のしようが無いうえに、流れていても他社物件はほとんど放置プレイされている。これも困った慣習である。
 

 しかし、昨今の賃貸市場をミルヒ、いや、見るに・・・ミルヒはシュトレーゼマンだ。のだめだ・・・、そんなこと言ってられない。

 地域慣習という名のケガレをゴセイナイトに浄めてもらおう。

 ゴセイナイト.jpg 

 「空き部屋を浄める宿命の騎士、ゴセイナイト」
 

 「エコテロリスト」ゴセイナイトは、「エコガインダー」や「インリン」より始末が悪いと思う。

 そういうわけで、最近、知っている業者はもとより、あまり知らない業者にもぶっつけで営業している。

 管理会社は空室分の家賃保証をするわけではないので、こちらも営業するのは当たり前だと思うのだ。

 管理会社に何か言われたらその時考えよう。代わりの管理会社はいくらでもあるから。まあ、別の理由をくっつけて不動産屋に行っているので問題ないだろう。

 もはや、相川七瀬の歌的に言えば・・・古いか?・・・、管理会社任せで満室を「夢見る大家じゃいられない」のだ。

 この活動の成果が出ることを祈りたい。







最終更新日  2010年06月22日 17時05分59秒
2010年06月02日
カテゴリ:カテゴリ未分類

 先日、昼寝をしていたら不動産屋から電話があり、母がとった。

 いつも不動産屋との話は母に一任しているのでごろごろしていたところ、母が一生懸命「切れていないのも含めて全部LSDに代えてくれ」といっている気がした。

 僕が寝ぼけているので聞き違えているんだろう、と思ったら、母が電話を中断し「不動産屋さんと話してるんだけど、アパートの共用部分の電灯を全部LSDに代えようということになって、どこに見積もりだしたらいいかね」と言ってきた。

 そこで僕は「見積もるんなら、おやくざさんと、芸能界と、怪しい外国人と・・・って、ちょいちょいちょい(「ハム」の諸見里風に)!LSDじゃなくてLEDだろ!」(爆)。

 われながらきれいな「ノリツッコミ」である。

 電灯を全部LSDに代えたら「の〇ピー」とか「お〇お君」とかが入居してくれそうだ(実在の人物とは関係ありません(笑))。

 どうでもいいが「ハム」の諸見里の言ってること、僕は普通に聞き取れるんですけど・・・。

 そしたら、なぜか母が電話で「息子に相談したら、電灯を全部「赤」にしてくれといってますけどおかしくないですかね」と言っているではないか。

 そこで僕は「そうそう、電灯を全部赤にしたらアパートを警察と間違えて治安がよくなる・・・ってなんでやねん」

 プロでもめったに見れないWのボケ、Wのノリツッコミである。
  母の頭の中でLED → 「レッド」 → RED → 赤って、勝手に変換してしまったみたいだ。

 これ以上任せると、今度はAEDを設置してくれとか言い出しかねない。AEDといってもアラブ首長国連邦の通貨であるディルハムの方ならいくらでも設置してほしいのだが。

 僕が電話を代わったことは言うまでもない。

 ところが、不動産屋もLEDを知らなかった。だから母が「LSD」といってもなんとなく通じてしまったのだ。どんな田舎だ。

 電話の後10分くらい笑い転げた。


 母は横文字に弱いのではない。こないだもF1トルコグランプリ中継を見ながらジェンソン・バトンと道端 ジェシカの破局がどうだとか、ヴェッテルとウェーバーの接触はウェーバーが譲るべきだったとか言っていた。

 LEDという情報が誤ってインプットされていたことが原因だろう。

 さて、頭痛の原因である滞納について。3人が滞納していたのだが、6月になって動きがあった。

 6月1日に3か月分滞納者が2か月分入金し残り1か月。1か月滞納者がその1か月分を入金し滞納が解消。

 もう一人は2か月たまっている分について6月15日までに入金するとなっている。

 保証会社が入っていないが、いざとなれば保証人が2人いるので何とかなると思うのだがなんとか自力で払ってほしい。

 半歩前進といったところか。

 さらに頭痛の原因である空き部屋についてだが、僕の住んでいる地域は5月に引っ越してはならないという風習があり、よって、例年4月になったとたん急速に動きが鈍くなる。

 すなわちサラリーマンがまとまった休みをとれるであろう5月の連休に引っ越すことはありえない。どんな風習だ。

 ついでに言えば1、9月も引っ越してはならないので12、8月も動きが無い。

 不動産屋は「神道に基づく風習」というが、絶対ありえない。

 たしかに神道的には1、5、9月は特別な月だが、引っ越してはならないという教義は無い。実家が神社の僕が言うのだから間違いないのだが、一応「なぎ」に聞いてみた。

 なぎ.jpg 

 「わらわは神じゃ!そんな迷信聞いたことないぞよ!」とのことだった。

 そうだ、なぎに満室を祈願してもらおう。

 「美少女土地神ウブスナガミ! 空室は根こそぎ許さない!」

 戸松遥(僕の一押し声優である)が歌う「かんなぎ」のエンディングはアニメ史上最高のエンディングだと思う。

 それにしても困った迷信だ。

 先日も、管理業者から「この地域は5月は引っ越さないので動きがありません」・・・って、5月に部屋を探す人間は引っ越すのは6月だろう。見え透いた言い訳だ。

 このことから分かるように、客づけの決定力が無いことの言い訳に使われている。先日のイングランド戦における自軍のゴールに対する日本代表の決定力を見習ってほしいものだ(爆)。

 言うに事欠いてこのような言い訳をする管理会社は100円払ってざんげちゃんに懺悔してもらいたい。

 ざんげちゃん.jpg 

 僕の周りの「大きなお友達」は「ざんげちゃん」の方が好きだというのが多いのだが、ぼくは「なぎ」の方が圧倒的に好きである。

 管理会社を変えなければならないかもしれない。

 海より深い.jpg 

 「海より深い僕の心も ここらが我慢の限界だ!」

 そう言えば、6月になった昨日、別の不動産屋から案内が入り、本人夫婦は大変気にって近日中に両親と再度見に来るとなった。本当に来るかどうかが問題だが。

 ほかの物件もだが月が変わって少しは動きが出てきたようだ。これまた半歩前進だろうか。

 これまでのブログで折に触れ書いてきたように、また、皆様方も体験されておられるように、普段の不動産活動は苦しいことが多い。

 しかし、前を向いていこう。

 不動産は、やはり、「おもしろき こともなき世を おもしろく」してくれるものだから。

 前回に続いて高杉晋作である・・・。







最終更新日  2010年06月03日 01時59分02秒
2010年05月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類

 4月にいろいろまいることが多く、また、あまりの寒さに体調を崩し、寝込んでいました。本業だけは這うようにして行っていたのだが…。
 5月になってようやくあたたかくなり、パソコンに向かう気になったので久しぶりにブログを書こうかと。

 しかしこの寒さはこたえた。地球は温暖化どころか、ここ二年余りで急速に寒冷化しているというデータがある。

 僕の住んでいる地域は日本有数の温かい地域なのだが、この4月は100年ぶりの寒さだった。今年は超久しぶりに雪が降った。

 政府・マスコミの温暖化の報道に踊らされてはならない。あれはエコビジネスだ。二酸化炭素は温暖化と関係無いし、そもそも温暖化していない。
 いろんな記事があるが、旧竹田宮家の竹田常泰氏のHPあたりにも結構わかりやすく書かれていた。転載禁止なので引用できないが。

 さて、前回の記事はすなわち今の職業である大学教授が第二の人生で田舎で農業が第三の人生ということだが、別にもったいないとは思わない。

 つぼみの父.jpg

ハートキャッチプリキュアにおける花咲つぼみの父親は大学教授を辞めて花屋のおやじだが、楽しそうだ。何より、娘が現役プリキュア・キュアブロッサムで、さらに母がかつてのプリキュア・キュアフラワーということはすごいことだ。プリキュアの遺伝子が受け継がれている。ひょっとしたら史上初の男のプリキュアになるかもしれない。

  キュアフラワー.jpg

 この、つぼみのバーさんのキュアフラワーが67歳という同い年であることから僕の母が喜んでいたので、母に「干からびてせいぜいドライフラワーだ」と言ったらすねてしまった。F1においてキミ・ライコネンが居なくなったら、さっさとセヴァスチャン・ヴェッテルを応援しているだけあって気が若い。僕は当然ながらシューマッハを応援している。
 

 人生好きなことをやったがましだと思う。人生は長いようで短いと思う。2012年12月21日に人類が滅亡する際には後悔の無いようにしたいものだ。といっても僕は生き残るつもりですが。そうだ、宇宙戦艦ヤマトで逃げよう。
 そういえば、地磁気が2012年ごろにゼロになるという説もある。冬が寒くなり、夏が暑くなっているのは地磁気の乱れだからとか。
 

 まあ、こういうわけで、2012年12月22日が来るかどうか分からないので好きなことをしたがましと思うのだが、ただ、何も起こらなかった場合も考えなければならないことは言うまでもない。というわけで人生の楽園計画は短期的+長期的視点で進めねばなるまい。

 さて、不動産の話だが、といっても、あまり景気のいい話ではない。というか、景気のいい話ばかりと思われても困る。頭が痛いことが多い。

 まずは、滞納者が続発している。年末に買った4号物件に限った現象で不思議なのだが、23人中4人滞納。うち一人は3ヶ月目。すなわち都合6か月分が未入金である。

 ファミリータイプなのでちょっとというかかなりおかしい。前所有者のときはこれほどの滞納者はいなかった。これ、管理会社の対応がなっていないのか、はっきり言ってなめられている。

 管理会社は、電話して「あと2週待ってくださいと言われました」とか「また入金してませんでした」しかいって来ない。ガキの使いだ。

 さらに頭が痛いのは、所有不動産の現状について。

 1号物件。駅前のRC3DK8部屋。長い期間1つ空室があったのが申し込みが入って喜んでいたら問題ある客であることが次々発覚し、3週間ごたごたした揚句こちらから結局お断りした。この客については回を改めてちょっと書こうと思う。というわけでシーズンの貴重な時間を食われたのが痛かったのか、まだ1部屋空いている。

 2号物件。このブログ開始初期に購入した鉄骨2LDK8部屋。満室が続いていたが、2月半ばに1部屋空いたら翌日に申し込みが入って喜んでいたら3月下旬に1部屋退去。ちょっと時期が過ぎてしまったのか。1部屋空き。

 3号物件。以前書いた鉄骨3LDK4部屋。ずっと満室。

 4号物件。昨年末取得のRC3DK24部屋。取得時3部屋空き。12月下旬にさらに1部屋空いてすぐ埋まり、1月下旬、2月上旬に1部屋ずつ埋まった。最後の1部屋に2月中旬に申し込みが入り、保証会社の審査も通ったのだが、「身内の保証人がたてられず」2週間引っ張られた揚句にキャンセル。その後頻繁に案内が入るも不動産屋の決定力不足。1部屋空き。


 というわけで、現状、シーズン突入前に4部屋空きだったのが、3部屋退去、4部屋入居、2キャンセル・お断り。差し引き現状3部屋空き。

 うーん。2つのキャンセル・お断りが痛すぎる。
 

 不動産屋によると今年の厳しい状況においては大健闘ということらしいが、近所を見渡しても埋まっている物件は埋まっているので戦い抜かねばならない。

 目標は高く満室にするべきだ。このくらいでいいや、と思ったら駄目だと思う。
 

 こういうときは、敬愛する高杉晋作の名言「苦しいという言葉だけはどんなことがあっても言わないでおこうじゃないか」の精神で頑張ろう。
 

 僕の前世について以前書いたことがあるが、多分幕末も活躍していたと思う・・・ああ、電波系なことを書いてしまった。

  

 ついでにマ・クベの名言に倣えば


「戦いはこの1ヶ月で終わりではないのだよ。考えてみろ、我が軍が買った物件の量を…。気ままなネコ。軍は、あと12年は戦える…」
  

 まくべ.jpg   ギャン.jpg

マ・クベのつぼがほしい。 

あと12年というのは、1号物件のローンがあと12年だからそこまでいけばなんとかなる、ということだ。それまで「ギャン」と言わないように頑張らねばならない(笑)。

 頑張れば夜明けは近いぜよ、と思って頑張ろう。

 クモジャキーではない。

 僕は坂本龍馬みたいな天パだが、土佐では武市半平太の方が好きだ。 

 ほったらかし大家だができる範囲で頑張ろう。







最終更新日  2010年05月14日 13時31分11秒
2010年04月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類

 久しぶりですスマイル

 「ハートキャッチプリキュア」と「ゴセイジャー」が視聴者から対照的な評価を受けている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 ゴセイジャー、たしかに「アラタ」の首は長いし「モネ」は僕的には大変苦手なお顔立ち(笑)なのだが、それほどつまらなくはないと思うのだが…。

 春休み、前回書いたように2つほどでかいやることがあって更新が空いてしまった、というか更新できませんでした。

 1つは、もうちょっとの間「ひ・み・つ」赤ハートです・・・腹をくくっていた方です。結婚とかではありません(笑)。まあこれだけならばブログもできたでしょうが、もう1つでかいことをやっていまして。


 実は、というか、昨年末の物件取得により、不動産収入・所得の規模が「勤め人」をいつ卒業してもいい状況となったため、遠からず始まるであろう第二、いや、経歴的には第三の人生・・・この若さで第三(笑)・・・のために、春休みを利用して「人生の楽園」を探しに行ってました。


 「人生の楽園」は、テレ朝においては日曜朝の時間帯、さらにクレヨンしんちゃんと並んで大好きな番組だ。テレ朝の青少年に見せたい番組に指定されていたが、よく考えると、第一の人生も始まってないだろう青少年に第二の人生についての番組を見せるって・・・いろんな人生がある、ということを周知するということなのだろう。

 なお、クレヨンしんちゃんの方がよっぽど青少年に見せたい番組であることは言うまでもない(笑)。

 さて、僕にとっての「人生の楽園」とは、赤ハート「愛する母とともに」赤ハート(笑)

 1 自宅で温泉
 2 自宅で農業
 3 空の暗いところで好きなだけ天体観測する
 4 テレビ・アニメ・ゲーム・漫画・ごろ寝 三昧
 5 魚のうまいところ
 6 田舎にありがちな閉鎖的なところでないこと
 7 人家が密集も誰も居ないでもなく、散在しているくらいのところ
 8 今のところと近い県
 

 などなどである。

 いわば、そこそこの田舎で晴耕雨「寝」の生活をすることだろうか。

 収入源は不動産+農業(小遣い程度だろうが)+紙の資産運用+母の年金(笑)を予定している。結婚しなければ十分すぎる収入であろう。

 そういうわけでずっと候補地をめぐり、付近の旅館にしばらく泊まったり、現地の就農相談などに行っていたのだが、なかなか全条件を満たすところが無い。

 当たり前か。そもそも田舎は閉鎖的だ。今居る田舎でさえ閉鎖的なのだから、さらに田舎は推して知るべし、である。密接な人間関係は言われているほどいいものじゃない。この意味では東京(ただし下町在住時はこの点で合わなかったが)が懐かしい。

 自宅に温泉が引けるところも少ない。

 今居るところは日本有数の空が暗い地域なのだが農業ができない。


 いくつかの条件は妥協しなければいかんだろう。

 この「人生の楽園計画」©(笑)は引き続き進めるが、本業が始まったのでとりあえず帰ってきた。

 本業については、昨年における元中日・立浪和義の気分である、とだけ書いとこう。意味深だ(笑)。

  熱狂的・生まれる前から巨人ファンであるが立浪はPL学園時代からいい選手だと思っていて、ずっと応援していた。立浪の応援歌がガラスの十代だったこと、どのくらいの人が覚えているだろうか。


 というわけで、ブログまた書きます。不動産についても当然書きます。

 物件、もう1つくらい買いたいなぁ…。物件情報は入ってくるがなかなかいいのが無い。


 また、よろしくお願いしますスマイルスマイルスマイル







最終更新日  2010年04月05日 17時26分55秒

全184件 (184件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


© Rakuten Group, Inc.