000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

静岡市の税理士 酒井文人税理士事務所通信

6月29日 唐松岳

日時 6月29日(火)
場所 北アルプス 唐松岳
天気 ガス時々晴れ
ルート 八方尾根・八方池山荘⇔唐松岳
メンバー caz、マキ、エミ、嫁さん、俺

 前日までcazと雨飾山とどっちにするか迷っていたが、冬の下見も兼ねて
唐松に行こうとなった。いつものように、仕事が終わってから集合。
午前2時頃、八方のゴンドラ下着。3時まで軽く宴会をし、就寝~~。
のつもりが、コーフン気味でよく眠れず。。睡眠不足のままゴンドラへ乗り込む。

 ゴンドラからは放牧してある牛が見え、ほのぼのしていた。

8:40 八方池山荘発。右ひざをテーピングとサポーターで護っているのだが
    なんとなく痛い。さっそく不安がこみ上げるが、しばらく歩いている内に慣れてきたのか
    痛みがだいぶひいてきた。これなら大丈夫そうだ。

9:40 八方池着。ここで小休止。ガスっているので周りの景色がほとんど見えない。
    モノの本によると、八方尾根は展望が素晴らしいとのこと。こんな天気じゃなければ
    右に白馬三山、左に五竜、鹿島槍を見ながらの稜線山歩になるはずなのになあ。
    八方池を出てからは体も足も慣れてきていい調子で高度を稼ぐ。
    嫁さんもマイペースで歩いている。
    caz、マキ、エミは先行してどんどん進んでいる。みんな、いい感じだ。

11:40頃 唐松岳頂上山荘着。ここまで3時間。意外と早く着いた。
    ちょっと休憩して、荷物をデポして、唐松山頂を目指す。そして、12時過ぎに唐松岳山頂に到着!!

 山頂に到着すると今まで視界を遮っていたガスが晴れだした。おお~~~~。
鑓ヶ岳への縦走ルートもくっきりと見え出した。槍穂までは見えなかったが、剣がうっすらと見えた。
壮大な景色だ。ここまで頑張ってきた甲斐があったってもんだ。

 頂上山荘でおみやげを買って、昼飯を食べようと思ったら、雨だ。やばい!風も出てきた。
ってことで、風をしのげる小屋の裏手で急いで昼飯を済ませて、1時半下山開始。
下山も開始する頃には雨も風もやんでいた。よかったよ~~~。

 下りは快適なもんだ。途中の雪渓で尻セードで遊ぶ。俺はケツアツが高めなのか
どんどん滑っていく。ケツも痛くなかった。マヒしているのだろうか?
八方池まで降りてきたところで振り返ると、唐松岳山頂が見えた!遥か彼方に感じる。。。
よくぞ、あんなとこまで行って帰ってきたもんだ。

16:10 八方池山荘着。おつかれさまでしたっ。大勢で山に行くと、ほんと楽しい!
     今度はこのメンツで1泊したいっす。

尾根上を歩く人々
八方池から尾根を望む。

八方池
八方池で一休み。

女性陣休憩
丸山ケルン付近で小休止。

山頂
山頂にて。俺と嫁さん。

かずこけそう
cazさん、転びそう。が、さすがに転ばなかった。つまらん。

エミ尻セード
エミ、尻セード中。尻圧高めか?





   


© Rakuten Group, Inc.