000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

静岡市の税理士 酒井文人税理士事務所通信

PR

X

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

超極私的税務経営有益思考

2011.03.24
XML
答えは、「来期に計上してもOK」です。


法人税基本通達2-6-1に、こうあります。


(決算締切日)

法人が、商慣習その他相当の理由により、

各事業年度に係る収入及び支出の計算の基礎となる決算締切日を

継続してその事業年度終了の日以前おおむね10日以内の一定の日としている場合には、

これを認める。




20日、または、25日で売上を締め
21日、または、26日から月末までの売上を追加で計上する。
そんな処理の仕方が一般的であり、会計的にも正しいやり方です。

しかし、面倒。。。

そこで、事務の簡便性を図るため、20日、または25日で
締めた売上を当期の売上としても構わない、としています。

ただし、「継続」が条件です。
利益調整に使ってはダメよ、という意味です。

今期は20日で締めて、来期は月末、来々期はまた20日で・・・。
というのは無しです。



これを適用する時は、在庫に気をつけて下さい。
棚卸は月末に行います。
しかし、売上の締めが20日だと、10日分のズレが生じます。
売上は計上されていない=販売していないのに
在庫が計上されていない⇒在庫の計上漏れ、になってしまいます。

20日で締めた御得意先の21日から月末までに販売した分の
商品などは、棚卸高に含めるようにして下さい。



適用する際は、顧問税理士さんと相談してください。








Last updated  2011.03.24 12:01:09
コメント(0) | コメントを書く


2011.03.18
日本赤十字社を始め、各報道機関や芸能人が義援金を募っています。

国税庁でも義援金に関する発表がされています。
「募金団体を通じた義援金等に係る税務上の確認手続きについて」


これらの義援金が最終的に国、地方公共団体に拠出されるものであったり
義援金配分委員会に拠出されるものが募金趣意書などで
明らかにされているものは、全て「国等に対する寄付金」として取り扱われます。

これに該当すると
個人の場合は「寄付金控除」の対象となり
法人の場合は「全額損金」となります。


要件が複雑そうですが
日本赤十字社、報道機関が行う義援金の募集は、確実に該当します。
芸能人が行うものでも、日本赤十字社を通じて行われるものは
集まった義援金が日本赤十字社を通して被災地に送られることが
明らかなため、これに該当します。
(AKB48やGacktが行っているものは日本赤十字社を通していますので該当します。
 両者への義援金を推奨するものではありませんので、御了解ください。)

義援金や募金の要綱を読んで「日本赤十字社を通じて」などの
文言があれば該当すると言えます。


仕訳は法人の場合、「借方:寄付金 貸方:預貯金」となり
消費税はかかりません(不課税取引)。
決算時に寄付金の別表調整を行い、全額を指定寄付金とします。
(詳細は顧問税理士さんに聞いて下さいね。)

個人事業者の場合「借方:事業主貸 貸方:預貯金」となります。
寄付金控除は所得控除であるため、経費にはなりません。
確定申告書の税金を計算する時に考慮します。

サラリーマンの方は、仕訳は関係ないですね。



通常、「国等に対する寄付金」に該当すると
その旨が書かれた領収書が発行されます。
しかし、今回の震災の義援金では、そういったものが発行されないことが多いでしょう。
振込先、振込日、振込金額が分かるものがあれば事足りると考えております。
(税務署、顧問税理士さんに確認して下さいね。)


本ブログを御覧頂き、ありがとうございます。


本ブログは引っ越しをしました。
引っ越し先はこちらです。

静岡市の税理士 酒井文人のブログ


どうぞ、こちらのブログを御覧くださいませ。


酒井文人税理士事務所メインサイト:
独立開業、資金調達、節税、相続税・贈与税なら静岡市の酒井文人税理士事務所






Last updated  2012.10.07 07:57:16
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.27
とても良いものを見つけました。

これです。

iosafeの「SOLO」
洪水にも火事にも耐えられる外付けHDD。
なんという・・・。
この会社、こんなのも作っています。


欲しい・・・。
こんなのあればいいよなー、と昔から
うちのシステムでお世話になっているTKCの社員に
言っていたのです。
彼らは笑っていたけど、どうだ!あるじゃないか!!


どこで手に入るのでしょうか。
価格コムで調べてもヒットなし。
amazonで調べてもヒットなし。
楽天で調べてもヒットなし。

こりゃあ、英語サイトを解読するしかないか・・・。
英語が得意そうな大学生に読んでもらうか?



どこの会社でもほぼ同じだと思うんですが
うちの会社もご多分に漏れず、LAN上のNASに
いろんなデータを詰め込んでます。

NAS自体はRAIDを組んであるし
ハードディスクの異常が無いか、確認してます。
弊社のお客様でハードディスクの異常に気付かず
NASそのものが逝っちゃった御客様がいます。
データは100%復旧しましたが、ン十万かかりました。。。

しかし、火事などでHDDが焼けたら、終わりですよね。
外付けHDDでバックアップしていても
同じ場所にあって焼けたら終わり。

水がかかっても同じです。


バックアップは同じところに置いておいちゃダメ、と考えています。

火事などの被災後、データが100%復旧できるようにする。
これは、東海大地震が予定されている
我が故郷・静岡県中部地方では重要なことで
優先順位がとても高いことだと考えています。
特に私達の仕事はデータ命で、弊社では過去の申告書など
ほぼ全ての資料をデータ化して保管してありますので。

で、私は
主たるデータがサーバー・NASにあって
それをバックアップする媒体が他にあって
その媒体が社内と社外と、2か所以上にあって
その上、オンラインストレージと同期していれば
サイコー!と考えています。


オンラインストレージがあれば、バックアップの媒体は要らないのでは?と
言われそうですが、オンラインストレージそのものも100%は信頼していないのです。
人間がやることですから、何かミスがあってデータが消えるかもしれませんから。
1つに頼り過ぎた時、その1つがダメになると全て終わりです。
そうならないためのバックアップですから
バックアップに頼り過ぎないようにすることが必要かな、と。(変な日本語ですね。)

これは経営でも同じだと考えています!



現在、弊社ではサーバーとNASと、2つ使用しています。
サーバーには税務申告書作成システム(TKC社製)が。
NASには、それ以外のエクセルやPDFなど、諸々が入っています。
サーバーは古いので、バックアップが、なんとDAT!です。
DATを毎日取り替え、メディア用の耐火金庫で保管しています。
メディアは燃えなくても、熱でやられちゃうので専用のものが必要です。

NASはポータブルハードディスクを2つ購入し
交互にバックアップを取っています。
1つはNASに接続し、1つは私が持ち歩いています。
もちろん、ハードディスク内のデータは暗号化されているので
普通の人は読めません。もちろん、私も読めません。


ここまでできたので、後はオンラインストレージのみです。
今はいろんなサービスあって、価格も安い!
しかし、うちのNASのデータを自動でバックアップしてくれる、となると
なかなかありません。
手動じゃ忘れちゃいそうですからねえ。
それを頼まれる方も面倒ですからねえ。
それじゃあ、意味が無い。


まだまだ、オンラインストレージを探す旅は続きそうです。



本ブログを御覧頂き、ありがとうございます。


本ブログは引っ越しをしました。
引っ越し先はこちらです。

静岡市の税理士 酒井文人のブログ


どうぞ、こちらのブログを御覧くださいませ。


酒井文人税理士事務所メインサイト:
独立開業、資金調達、節税、相続税・贈与税なら静岡市の酒井文人税理士事務所






Last updated  2012.10.07 07:54:57
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.19
タイトルの中小零細企業は実は私のことだったりします。

私の過去の実話やお客様の会社の実話を踏まえて
ここら辺で私の偏った考えを。



中小企業の社長さんというと幅広いので
20代~40代前半で、起業したてで規模が小さい(社員数15人以下)会社に
限定します。

「どんな人が欲しい?」という質問をすると多種多様な御回答を頂きます。
業種や性格によってマチマチなのですが、最近、ある1つの答えに辿り着きました。

「どんな人が欲しい?」のどんな人、社長さんが欲しい人物像は
「自分自身」なのではないか?と。

私自身は、そうでした。究極的に欲しい人物は「私のコピー」です。
数名の現在求人中のお客様に伺って得た回答も、そうでした。
気付いてはおられないのですが、自分自身か酷似している人物が欲しいようでした。

ちなみに、パーマンのコピーロボットが発売されたとして
耐用年数(実際の使用可能期間と税法上)とメンテ費用にもよりますが
私は5,000万円以下なら、迷わず即買いです。
1億円以下でも、たぶん買うでしょうね。どうやってローンを組もうかなあ?


証拠に私も含めて社長さんが好きな言葉は「成果主義」です。
「成果主義」の失敗が喧伝されているにも関わらず、大好き。

そりゃそうです。脱サラした創業社長は
自らの意思で「成果主義」の世界に飛び込んだんですから。
「やればやっただけ、給料が貰える。こんなにイイ事はないよなー。」と
平気で語ります。
で、「そういう給料だったら、おりゃあ、勤めを辞めなかった」と言っちゃったりします。

そして、仕事のレベルは自分と同じモノを求めています。
「俺が若い頃は・・・・」とか「俺が新人の頃は・・・」が大好きです。
そりゃそうです。
若くして脱サラして会社を起こそうだなんて言う「変わり者」なんですから。
仕事に対する「モチベーション」なんていう浅薄なものではなく
使命感や、自分に課している仕事のレベルの高さ、とか
「自分とはこういうものだ」というセルフイメージの高さとか、が
他人と全然違います。
だから、他人と仕事のレベルが違って当然です。
だから、現在の会社の姿、現在の役員報酬額があったりするんでしょ?


「成果主義」と「自分と同じ水準」。
この2つを求めるから、イラつくし、失敗するんじゃないでしょうか?


私は、まさにこれでした。というか、これです。

従業員さんで「成果主義」を求めている人は少ない、というのが実感です。
「やればやっただけ貰える」というのは
「やらなかったら、それなりだ」ということでもあります。
さらに「やらなかったら、今月の給料はナシ」という考えもあります。

こんな、疲れる会社じゃイヤでしょうね。

「こんな少ない給料でいいのかな?俺だったら○○○万円は欲しいから
 めちゃくちゃ頑張っちゃうけどな。あいつはやる気がないんだ」
と、なっちゃったりすると、もう末期でしょうか。


仕事のレベルもそうでしょう。
元々、零細企業にはハイスペック(とされる)な人材(特に男性)は来ません。
入社してくる社員に
「静岡銀行とウチと2つから採用貰ったら、どっちに行く?」と聞くと
100%「静岡銀行」と答えます。(ウチの社員はとても素直です。)

そりゃそうでしょう。
吹けば飛ぶような会計事務所と上場している静岡銀行様では、比べるまでもありません。
静岡銀行でなくともキーエンスやスクウェアエニックスには入れないから
しょうがないから零細企業に入社するしかないのです。

仕事に対する考え方も違ってきて当り前です。
(上場企業に入る人全てが仕事に対して高い意識を持っているとは決して思っていません。)


このブログは社長さんが読む、と仮定して書きますと
従業員さんが望んでいることは「安定」です。

「安定」・・・。
なんて甘美な響きでしょうか?
私達、零細企業の社長達は、それが存在しないものであることを知っています。

しかし、従業員さんのニーズが「安定」である以上
私達はそれを用意する必要に迫られます。
「社長の仕事は毎月給料を払うことだ」と私に仰って頂いた
年配の社長さんがおられました。名言だなーとしみじみ思います。
会社は、毎月給料を支払うために存在し、そのために仕事を組み立てる必要がある
と言ってもいいでしょう!

給料は安定することも必要です。必須でしょう。
もう1つは、仕事の内容でしょう。

社長さん達は飽き症(性ではない)で、新しいことに目が無い人が多いです。
しかし、従業員さんは同じ仕事を続けること
自分ができることをできる範囲で行うことを望んでいる人が多いと感じています。
このミスマッチを埋めてあげる。

この埋め方は2つあると考えています。
まず、「自分と同じ」と従業員さんに求めない。
もう1つは、期待値を下げる、です。
両者は同じことかもしれません。


さらに言えば「長い目で見る」ということが必要でしょうね。




どうだ、分かったか、俺!








本ブログを御覧頂き、ありがとうございます。


本ブログは引っ越しをしました。
引っ越し先はこちらです。

静岡市の税理士 酒井文人のブログ


どうぞ、こちらのブログを御覧くださいませ。


酒井文人税理士事務所メインサイト:
独立開業、資金調達、節税、相続税・贈与税なら静岡市の酒井文人税理士事務所






Last updated  2012.10.07 07:49:51
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.02
相続によりアパート・マンションの他、テナントや
駐車場など貸し土地を取得される方は多いと思います。


相続があったら行うのが名義変更の登記。
結構な金額ですよね。
あの金額まるまるが司法書士さんの手数料になるのではなく
ほとんどが登録免許税などの税金です。


これが経費になるのか?

なる部分があります。


所得税基本通達37-5によると
相続により取得したアパート・駐車場など固定資産の
登録免許税は必要経費になる、と定められています。
ちなみに、平成17年1月1日以降に取得したものに限られます。
なので、昨年相続があった方は該当しますね。


ちなみに、司法書士さんの報酬となる手数料部分はと申しますと
経費にならない、と考えられます。
理由は、アパート・駐車場などの賃料を得るために
直接要したものでもなく、間接的に必要なものでもないからです。
(税理士の確定申告手数料は間接的に必要なものなので
 必要経費に算入できます。)

司法書士さんから渡される請求書を見て
登録免許税の部分を経費に入れて下さい。
ただ、自宅など賃料を得ない部分の登録免許税は
必要経費にはなりません。
内訳を司法書士さんに出して頂いて下さいね。



所得税基本通達37-5

(固定資産税等の必要経費算入)

業務の用に供される資産に係る固定資産税、登録免許税
(登録に要する費用を含み、その資産の取得価額に算入されるものを除く。)
不動産取得税、地価税、特別土地保有税、事業所税、自動車取得税等は、
当該業務に係る各種所得の金額の計算上必要経費に算入する。
(昭51直所3-1、直法6-1、直資3-1、平5課所4-1、
 平17課個2-23、課資3-5、課法8-6、課審4-113改正)

(注)

1 上記の業務の用に供される資産には、
 相続、遺贈又は贈与により取得した資産を含むものとする。

2 その資産の取得価額に算入される登録免許税については、49-3参照










Last updated  2012.03.12 23:34:13
コメント(1) | コメントを書く
2011.01.29
以前のブログでアップした税務調査が
とりあえず終わりました。
1日の予定でしたが、半日延長して1日半でした。


「とりあえず」と言うのは、現場=御客様の会社での調査が終了したということです。
1日半のうちに調査官が持った疑問や指摘事項に対して
こちら側が資料をまとめて意見を伝えるという段階に移ります。

なので、しっかりとは終わっていないんですね。
確定申告期(2/16~3/15)に入ると調査が行われないので
それまでに資料を提出する段取りになっています。




最近の税務調査、と言うか、私が今まで経験した税務調査(少ないですが)では
いわゆる高圧的な調査や犯罪者と決めつけた様な調査はありません。
ただ、調査官も人の子です。あんな巨大組織になれば、いろんな人がいます。
言葉使いが厳しい人もいれば、優しい人もいます。
性格的に高圧的な人もいれば、こちらが「え?」と思うほど低姿勢の方もいます。


「当たった人による」ということは否定できませんが
ヘンテコな事を言う人は少ないのではないでしょうか?

むしろ、高圧的な調査を受けたり、無理難題を言われている様に感じたら
自社の事を振り返ってみるのも良いのでは無いでしょうか?
キャリアある調査官は累計では相当の数の会社を見ているはずです。
その方の人間性に依りますが、意地悪な人で無ければ
そんな風になる相応の理由があるはずです。



話がそれました。
変な調査は、少ないです。

なので、昔から「税務署と闘う」という言葉に抵抗があります。
税務署は闘うところじゃない、と考えています。

税務署や調査官は法律で考え動きます。
だから、法律が全てです。
日本の法律は全て明文化されており、判例も豊富です。
それらに則って、主張すべきは主張する。
資料を整え理論武装し、明快な説明でもって主張する。
仮に調査官が無茶苦茶な事を言えば、調査官を諭して
引っこんでもらいます。

誤りがあれば、素直に認め修正します。
間違っていることは間違っているのですから
ゴネても仕方がありません。

それよりも認めた方が後々良いです。



本ブログを御覧頂き、ありがとうございます。


本ブログは引っ越しをしました。
引っ越し先はこちらです。

静岡市の税理士 酒井文人のブログ


どうぞ、こちらのブログを御覧くださいませ。


酒井文人税理士事務所メインサイト:
独立開業、資金調達、節税、相続税・贈与税なら静岡市の酒井文人税理士事務所






Last updated  2012.10.07 07:46:16
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.26
昨日から税務調査に立ち会ってます。

昨日1日の予定が取引量が多く、終了しなかったので
今日の午前中まで延長です。

やましいことは無い、と思いながらも
やはり御客様は緊張している御様子。当たり前ですね。
微力ですが、その緊張を和らぐように私達がサポートさせて頂きます。



税務調査対策のモノがいろいろと出回っています。
税理士向けのものもあり、いつかは手に入れてみようと
考えているものもあります。スタッフの勉強用にもなりますし。

個人的な考えですが
税務調査対策で最も重要なものは、準備だと考えています。
決算をし申告書を出す前に、どれほどの準備ができているか、です。

法律の解釈をめぐって意見が分かれそうなところ、や
事実関係の立証が不足しているところは
事前に証拠書類の充実や根拠となる条文などを抜き出しておいて
理論武装を図る、と。

何年も前の取引の質問をされたりもしますから
忘れてもいいように、申告前にしっかりと記録をしておかないと。
私は一昨日の晩御飯も覚えていませんから
ここら辺はしっかりとやります。


そしてこれらを書面添付の内容に含めれば
かなり充実した準備になる、と考えています。



では、そろそろですね。行ってきます。









Last updated  2011.01.26 07:26:51
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.19
無い資産は削除しましょう!これだけです。


新規にお取引が始まった御客様の償却資産税の申告書作成の時の話。


製造業を代表とする固定資産の投資が大きい会社さんは
この償却資産税が結構大きい。
逆に、私達のような業種は全然かからない。

こんなもんにまで税金を未だにかけるのか、と
毎年毎年思うのだけれども、法律だから仕方無いですね・・・と
これまた毎年毎年同じような会話を御客様としています。


で、申告書作成の時。
初めての会社さんなので、前期決算書の減価償却資産明細やら
会社で作成されている固定資産台帳を市役所から送られてくる
償却資産の明細と突き合わせ。

特に漏れは無い。
前任の税理士さんもちゃんとやっているようだ、と感じた。

念の為、御客様に廃棄・除却してしまったものが含まれているかどうかを
確認したところ、出てくる出てくる・・・。
すでに存在しない資産がいくつか、と言っても、10以上はあった。

無い資産は償却資産税は支払わなくても良いので
この会社さんは余分に税金を払っていた訳です。

ちなみに、決算書の減価償却明細にものっているのです。
と、いうことは、除却損が計上されていない、のです。
そして、ちなみに、この会社。
思いっきり黒字です。
法人税を減らしたい~という希望で、私のところへ来られました。
過去に除却損を計上すれば良かったのに。



前任の税理士さんを信頼して任せていたのに、と仰っていましたが
御客様にも問題があることを伝えさせて頂きました。
プロとしてきっちり仕事をするのは当然ですが
やはり、自社のこと。任せっきりも良くなかったのかもしれません。


これは他人事ではありません。
私達も気を引き締めていかないと。







Last updated  2011.01.19 06:33:25
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.23
この記事は自分への戒めも兼ねて。


この3年以内既卒者トライアル雇用助成金の詳細は
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/c-top-b.pdf
このPDFが当たり前ですが、良く纏まっていると思います。


テキトーなことを書いてはいけませんが
例の実習型雇用の書類は大したことありませんでした。
A4で数枚程度。それも教育方針と具体的な取り組み方が
メインでしたから、そんなに難しくは無かったです。
これも同じでしょうか?


私どもの事務所でも積極的に紹介し
損益の改善に役立てよう、と提案しています。


しかし、しかしですよ。
本末転倒になってはいけないと思うのです。

助成金が欲しくて人を雇用している訳ではありません。
たまたま、助成金に該当しただけ、というのが正解のはず。
増員しようか、補充しようか、迷っている方達の
背中を押してあげる程度ならば良いとは考えます。
それ以上は行き過ぎでしょう。

助成金が貰えるから、補助金が出るから、で決断してしまっては
先が見えています。

そんな奴はいないよ、と言われそうですが
自分がそうならないように書き留めておきます。



本ブログを御覧頂き、ありがとうございます。


本ブログは引っ越しをしました。
引っ越し先はこちらです。

静岡市の税理士 酒井文人のブログ


どうぞ、こちらのブログを御覧くださいませ。


酒井文人税理士事務所メインサイト:
独立開業、資金調達、節税、相続税・贈与税なら静岡市の酒井文人税理士事務所






Last updated  2012.10.07 07:38:19
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.08
昨日、ある営業の方が来られた。
昼の11時頃だろうか。

通常、月末と月初は会社内で事務仕事をしていることが多く
昨日は新規のお客様の件で、社内で打ち合わせをしているところでした。

簡単な打ち合わせですが、佳境に入り熱も入ってきました。
そこへ突然の訪問、となった訳です。



このタイミングで打ち合わせを中断してしまうとスッキリしない。
途中で切り上げることになりますから
イチから、とは言わなくても、再度、話をしなくてはならない。
自分と社員の時間もロスしてしまう。
仕事も進まなくなってしまうし、仮に進めたとても完成度は低くなる可能性もある。
そうなった時のリカバリーで時間をロスしてしまう可能性もある。

ここまで考えた上で
「すいません。いりません。申し訳ありませんが、お引き取り下さい。」
と、一言伝えました。

こう言えば、邪魔されることなく打ち合わせを継続できると思ったからです。

しかし、先方も引き下がりません(ある意味、当然です。)
しかも、上司風の人も同伴しています。

いろいろと食い下がってきますが、私の優先事項は打ち合わせの継続。

「お電話でも伝えたように、全く興味がありません。」でトドメ。

(数日前に電話でも営業されたのですが、その時も事務仕事中で
 いろいろと考えている時でした。思考を邪魔されたくないので
 思考が途切れる前に電話を切るために、断りました。)

で、お帰り頂きました。




全く別の時間帯だったら、どうだったでしょう?
私が1日の仕事を終え、ぼけ~としている時だったり
打ち合わせをしておらず、仕事の切れ目だったり、ちょっと飽きちゃった時など。


私は話を聞いていたと思います。

打ち合わせと思考を継続したいが為に断ったのであって
心の底から不必要だと思って断ったのでは無いのです。
なので、少し「断っちゃったけど、よかったのかな?」という後悔もあります。
心の底から不必要と思っていれば、昨年依頼しません。





時々、お客様から「社員の話を聞いてやって欲しい」と依頼され聞いてみると
「営業に言っても断られる」という悩み、ということがあります。

「断られる」ということに慣れていない、又は、真に受けてしまうので
(慣れる人は少ないと思うのですが・・・)
心が折れそうなんですね。「営業がツライ・・・」と。


こういう事を知っていれば、少しは違うんじゃないかなあ?と思います。




本ブログを御覧頂き、ありがとうございます。


本ブログは引っ越しをしました。
引っ越し先はこちらです。

静岡市の税理士 酒井文人のブログ


どうぞ、こちらのブログを御覧くださいませ。


酒井文人税理士事務所メインサイト:
独立開業、資金調達、節税、相続税・贈与税なら静岡市の酒井文人税理士事務所






Last updated  2012.10.07 07:29:13
コメント(0) | コメントを書く

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.