279289 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

静岡市の税理士 酒井文人税理士事務所通信

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

リスケジュール

2010.01.30
XML
カテゴリ:リスケジュール
リスケジュール 略してリスケの続きです。


現在(2010年1月)ですと、昨年末に通った円滑化法もあって
リスケジュールが通りやすい感触を持っています。
金融機関サイドの方と話をしても、それを感じます。
前向きに進めようとする意志を感じます。


なので、お金に余裕があるうちに
リスケを申しこんだほうがいいです。
なぜなら、リスケを行うにもカネがかかるから。


信用保証協会付き融資の場合、借入実行時、その後は年1回
保証料を信用保証協会に支払います。
この保証料は借入金残高と保証料率で決まります。
ざっくりですが
保証料=借入金残高×保証料率
で求められます。

保証料率は借入実行時に決まるので、ずっと一定です。
借入金残高は返済が進むので年々減少していきます。
なので、支払う保証料は毎年減少していきます。

しかし、リスケを行って、例えば、元本返済をストップすると
借入金残高が減少しません。
なので、保証料も減少しません。

ややこしい話は置いておいて
当初は借入金が毎年減少することで
毎年支払う保証料を決めていたのに
その前提が崩れたこととなります。
なので、保証料が不足していることとなるので
その分を支払ってくれ、ということになってしまうのです。

これが痛いんです。

信用保証協会、金融機関側から見れば当たり前のことのようですが
こちら側から見ると、寝耳に水、です。
資金繰りに詰まっているからリスケを申し込んでいるのに
追加支払を請求される、この矛盾。


なので、できれば、リスケは資金に余裕があるときに行った方がいいです。
既存の借入金の借り換え、組み換えを行ったとしても
または断られて、今後数カ月の資金繰りがアヤシイようであれば
早目に申し込むことをお薦めします。


本ブログを御覧頂き、ありがとうございます。


本ブログは引っ越しをしました。
引っ越し先はこちらです。

静岡市の税理士 酒井文人のブログ


どうぞ、こちらのブログを御覧くださいませ。


酒井文人税理士事務所メインサイト:
独立開業、資金調達、節税、相続税・贈与税なら静岡市の酒井文人税理士事務所






Last updated  2012.10.07 07:22:02
コメント(0) | コメントを書く


2010.01.26
カテゴリ:リスケジュール
現在、リスケに取り掛かっています。
年末に例の法案も通りましたし・・・。

私どもの事務所に御縁を頂いた時で
すでにかなりの借入金でした。
そこへきて、この消費減退の世の中。
なかなかモノは売れません。


この社長、正直、自殺まで選択肢に入れていました。
しかし、自殺しても、ハッキリ言って、しょーがないです。
決算終了後、深夜まで法的処理方法である破産・民事再生から
私的整理方法に至るまで、説明をしました。
その後、自殺という選択肢を外す決断をして頂きました。

本当に良かった。
自殺するくらいでしたら、生きて借金をなんとかしましょう。
「借りたものは返す」
これは、私達が親から教わった道徳です。これはこれで大切なこと。
しかし、商売をやっていると、どうしても返せない事もある。
それを自分の命で何とかしようだなんて思わないでください。
自分の命でなんとかする前に、なんとかする方法がいくらでもあります。
追加融資を受ける方法もありますし
現在、取りかかっているリスケという方法もあります。

リスケを行えば、月々の返済金のうち
元本の部分が大幅に減少し、追加融資と同じような効果をもたらします。

まずはリスケを行って、手元資金を安定させましょう。
リベンジはそこから、です。



本ブログを御覧頂き、ありがとうございます。


本ブログは引っ越しをしました。
引っ越し先はこちらです。

静岡市の税理士 酒井文人のブログ


どうぞ、こちらのブログを御覧くださいませ。


酒井文人税理士事務所メインサイト:
独立開業、資金調達、節税、相続税・贈与税なら静岡市の酒井文人税理士事務所






Last updated  2012.10.06 08:49:24
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.