117758 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぶんじ日記

第1話

ある日あるところに、
ぶんじがいました。
ぶんじは冒険が大好きで、荷物をもっては旅をして、
流れ者とまできていました。

ぶんじ2

今日もぶんじが旅をすると、
決闘してる2人を見かけました。
敵「やんのあかぁ?」
ゆきゴール「こいつ強い・・・・」


ぶんじ3

そのゆきダルマに似ているゆきゴールは、もう死にかけで、
敵は攻撃を止みません。

敵「とどめだーーーーーー!」

敵が攻撃をしようとした瞬間!
バキ!!!!敵を一瞬で吹っ飛びました。

ぶんじ4

敵「な・・・なんだてめぇ」
ぶんじ「もう死にかけてるよこいつ」
敵「勝手に邪魔をするなぁ」


ぶんじは敵の攻撃を身軽な体系でかわし、
くぐりぬけて何度も攻撃を連発します。

ぶんじ「※龍豪拳!!!!」※技
敵は大きく飛ばされ木に直撃、敵は気絶しました。
























実はこんなことをしていた!?


裏ストーリー
ぶんじ「あーひま、どっか居候できないかな?」
メルネ「ちょwwお前金節約のために居候か?w」
ぶんじ「そんなことはないけど焼肉食いたいよね」
メルネ「やっぱそんなこと考えてたのか・・・」

決闘してる2人をみつけ
ぶんじ「カモみっけ!♪」
メルネ「ちょwwまwwうぇwお前カモとか言うなってw」
ゆきゴール「もうだめだ・・・・」よわよわ
敵「この雑魚め!」
ぶんじ「雑魚みたいなじゃれあいしやがって、蹴ってやる!おらああああ!」
メルネ「あーみてらんね(ノ△イ;)」

敵「ぐはww痛すぎやってらんね」
ぶんじ「ちょwwwよわww」
メルネ「弱い相手じゃそりゃそうだろうが(ノ△-´;)

裏ストーリー完




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.