000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

セブ爺のつぶやき


ようこそ セブ島マクタン島(Cebu・Mactan)セブ爺ヘ!

セブ島マクタン島で翻訳の仕事とたまに観光案内もしている鈴木 了(Rio Suzuki) 通称;Rio。

在フィリピン日本企業・在住日本人の日英翻訳と法律問題相談アシスト
フィリピン妻子への遺族年金申請等やっている。

HomePageアドレス=www.cebu-mactan.jp

暇なときに見てください!

HomePageアドレス=www.mactanboy.com

観光部門専門(写真、ビデオを入れ替えなければならないが、ほぼ完成)。

DSCF0753 blog.jpg
写真はマクタン島間近にある名もなき無人島である。一般日本人観光客が案内される島である。
その時にはどこからか、もの売りが集ってくる。
所有者不明だが入島料金が取られる。この島は遠くから見る島である。


2017.06.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
午前10時00分, 曇り 、23℃
              [My wifeの戸籍氏名変更申請]
 
  4月22日のブログに記載したフィリピン妻との間の子供の出生年月日が間違って戸籍謄本登録された事件はフィリピン国ではPSA(フィリピン統計局)再発行の訂正証明付記のある公文書が発行されたが、
日本での戸籍の訂正は大変で時間がかかりまだ済んでいない。ほぼ最終段階だが、計5回も家庭裁判所に行ってもらっている。

 今回はMy wifeの氏名変更だが市役所に行くだけでOKと聞いたので行った。戸籍謄本の修正だから、「なぜ子供の出生年月日の訂正に裁判所の事件審判申立が必要なのか」と知りたかったからである。
 

 My wifeの氏名変更はセブ爺のID(写真付)とWifeの旅券だけで本人は来なくとも良いとの電話返答だったので、旅券を持ち近くの市役所支所に出かけた。約1時間で手続きが済んだ。訂正された戸籍謄本は10日後には発行される。

 担当職員に子供の出生年月日の訂正も可能かと聞いたら、必要書類が整っていれば出来る筈との返答だった。

 それは戸籍筆頭者が直接出向きその
事件申請本人になり、戸籍筆頭者の戸籍内の変更だから、裁判は不必要だろうと、その職員は詳しくはないがとの前置き後に答えた。


 これを聞き4月依頼された子供の出生年月日の訂正に裁判所の審判申立が必要なのかの理由がほぼ分かったからである。この子供の出生年月日の訂正に戸籍筆頭者が死亡し直接できないので、フィリピン妻からの申立だからである。これがおそらく正解だろう。戸籍筆頭者が死亡前に本人がやっていれば簡単だったに違いない。 

 昨日から数日間「曇り雨」の天気予報で今朝は室内で23℃、足元がスウスウする。マイケルとWifeが東京に出かけたので、一人でのんびり気分になっている。

 居候生活は止めて雨風をしのげ、眠る場所だけの小さなアパートでも一応「我が家」だから、今感じている様なのんびり気分になれるかなと思っているのだが?






最終更新日  2017.06.27 11:02:15
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.