827310 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

セブ爺のつぶやき

2017.08.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
午前6:30分, 曇り 
                                  [水道光熱費]

  水道光熱費が最小限必要な生活費である。水、電気、ガスを意味すると思うが、最近はこれに電話(携帯)、インターネットが加わり、ライフライン(life line)と言われている。 

  セブの生活と比べて日本での生活は経費がかさみ、最大限の経費節減を図っているが、どうしても節約できないものが[水]である。電気はエアコンをかける時間を減らし、ガスも設定温度を下げ、携帯もできるだけ使わなければ節約できるが、水はどう節水するかというと、セブでは朝晩花壇にかける水を朝だけにしたり、洗車も毎日しないとかで出来るが、ここでは何もできない。

  マイケル家でも我々が滞在中一番増えたのが水量で、計量に来たからおばさんがどこかで水漏れしてないかとドアベルを押して尋ねた程だった。


  出来るだけマイケル家のへの負担を減らそうと、Wifeが朝晩使うシャワーも倹約するように言ったし、セブ爺も風呂を多く使わなかったが、トイレはどうしようもない。シスタンクの水量調整をここのアパートでしようとしたが、さびついて動かず無理やりやり壊したら大変だからやめた。


  こんな細かい事にも気を使わなければならないとは本当に情けないが、稼ぎがない貧乏人には
仕方がない事である。

 台風は千葉県にはほとんど影響がない様だ。昨日のNHKは台風ニュースで見るものがなかったが今日はどうかな? 17日は病院行で消化器内科の採血と面談、呼吸器科での治療開始日の決定がされる筈だがこれよりも、Wifeがビザの関係で24日から1週間セブに帰るので、この間の食事をどうするかが今一番の心配事である。

  毎日カップヌードルでは持たないし、配達される夕食サービスも2週間ずつ2社で試したが正直上手くなかった。一食で約600円だから、ローソンで弁当を買った方が良いと思うが、
ローソン迄片道1km弱で、今のセブ爺の状態ではかなりキツイ道程である。

  毎朝生卵を2個ご飯にかけて食えとセブのご同輩から電話があったが、飯の炊き方を勉強しなくてはならない。一度も自分で炊飯したことがないので初体験になる。

  晩年になってこの有様は不徳のなせる業で、自業自得で正に
イソップ物語の痩せこけたキリギリスが現在のセブ爺である。






最終更新日  2017.08.08 07:30:43
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.